漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

源氏物語(牧美也子) 2巻

通常価格:
400pt/440円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数22件
源氏物語(牧美也子)(6巻完結)

作品内容

源氏の愛の遍歴を描く絢爛たる王朝絵巻平安の深い闇夜に交錯する愛と罪。父帝最愛の后・藤壷と禁断の恋に落ちた光源氏は二度と逢ってもらえぬ藤壷への愛に懊悩する。ある五月雨の夜、親友・頭中将たちとつれづれなるままに女談義。その「雨夜の品定め」に導かれるかのように光源氏は夕顔という名の女を知る。そして六条御息所、空蝉、末摘花…光源氏17歳の青春の日々が過ぎてゆく。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全6巻完結

  • 源氏物語(牧美也子) 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    源氏の愛の遍歴を描く絢爛たる王朝絵巻。時は平安、帝の愛を一身にあつめる寵姫・桐壷更衣は光輝く皇子を生んだ。この世ならぬ美貌と神才…日本文学史上最高のヒーロー光源氏の誕生である。その数奇な人生を彩る女たちとの儚くも激しい愛の遍歴。紫式部のきらびやかな物語世界を1000年の時を越えて牧美也子が描き出す絢爛たる王朝絵巻。
  • 源氏物語(牧美也子) 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    源氏の愛の遍歴を描く絢爛たる王朝絵巻平安の深い闇夜に交錯する愛と罪。父帝最愛の后・藤壷と禁断の恋に落ちた光源氏は二度と逢ってもらえぬ藤壷への愛に懊悩する。ある五月雨の夜、親友・頭中将たちとつれづれなるままに女談義。その「雨夜の品定め」に導かれるかのように光源氏は夕顔という名の女を知る。そして六条御息所、空蝉、末摘花…光源氏17歳の青春の日々が過ぎてゆく。
  • 源氏物語(牧美也子) 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    源氏の愛の遍歴を描く絢爛たる王朝絵巻北山の春。光源氏は満開の桜の下で可憐な美少女に出会った。名は若紫。後の紫の上の幼き姿である。若紫に藤壷の面影をみた光源氏は少女を理想の女性に育てることにする。翌年藤壷女御、皇子を出産。帝を欺く禁断の愛の結晶。罪の意識におののく源氏に夢占は三人の子の栄耀栄華とひとつの不吉な予言を告げた。二月、南殿左近の桜の宴。源氏は朧月夜の君に巡り会う。
  • 源氏物語(牧美也子) 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    源氏の愛の遍歴を描く絢爛たる王朝絵巻六条御息所の光源氏への愛。そのあまりに想い深きが故に魂魄さまよい生霊と化し愛の地獄の悪夢をみる。加茂祭、車争いの恨みをのせ生霊は夕霧を産んだ葵を襲う。翌冬、桐壷院崩御。藤壷は東宮出生にまつわる秘密を封じるため仏門に入り、宮中の権勢は宿敵右大臣一族に移ってゆく。そして露見する朧月夜との恋。都を離れた光源氏は秋風の中ひとり須磨の寂しき浦に立つ。
  • 源氏物語(牧美也子) 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    源氏の愛の遍歴を描く絢爛たる王朝絵巻流離の日々は終わり、都に戻った光源氏の前には輝かしい道が開けていた。源氏と藤壷の子は帝となり、明石の君は過酷な運命を受け入れる。愛する人々との別れと死。そして夢の邸宅・六条院完成。四季の御殿に女君たちを集め、光源氏は栄華の極みにあった。
  • 源氏物語(牧美也子) 6巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    源氏の愛の遍歴を描く絢爛たる王朝絵巻夕顔の忘れ形見・玉鬘。不思議な縁でめぐりあった聡明で美しい姫君を光源氏は六条院に迎え入れ、父親がわりの後見人となる。やがて押し寄せる貴公子たちの恋文。光源氏もついに慕情を抑えられず、玉鬘に恋の告白をする。髭黒大将らの求婚者、入内を望む冷泉帝、そして実父・内大臣の政治的思惑にも引きずられ、玉鬘の心は乱れていた。

レビュー

源氏物語(牧美也子)のレビュー

平均評価:4.0 22件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 光源氏も姫も艶っぽく、イメージにぴったり
    zrewqさん 投稿日:2016/11/1
    依然として最も有名な「源氏物語」の漫画といえば「あさきゆめみし」なのでしょうが、以前から私はあの作品だと紫の上が可愛い感じで、明石の上の方が美人に見えてしまうのが不満だったので。その点、この作品では、桐壺更衣とか、藤壺女御とか紫の上達が、文 句なしに美女、という感じになっていたので大満足です。そして光源氏も女性達も、本当にいろいろとセクシーです。姿や描写など。というか、この作品の場合は、艶っぽいとか、優艶とか呼んだ方が相応しいですね。私の中で「源氏物語」の艶っぽさを、見事にビジュアルとして表現しているという点では、これ以上の作品はないと思います。 また、解釈に関しても、六条御息所の夫である前東宮は、本当に病気で天皇になれなかったのか?右大臣や弘徽殿女御一族の謀略によるものではないのか?という可能性も匂わせており、けして優雅な恋物語だけではない、「源氏物語」の政治的謀略的な部分についても描かれているのも、興味深いです。そして実際にも、六条御息所の夫である前東宮が天皇になれなかった理由については、そういうような感じの見方もあるようです。 それから、寺社に参拝する女性が「懸守」というのを首からかけている場合、その女性を襲ってはならないというような習慣があったとかいうのも、勉強になりました。 やはり、牧美也子の「源氏物語」、ぜひ最終巻まで描いて欲しかったです。そこが残念です。 光源氏の晩年からは、妻の女三宮の柏木との密通、そして紫の上の病と死など、全体的に暗い感じになっていくせいでしょうか? もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) あこがれの源氏物語
    kinacoさん 投稿日:2009/3/8
    描写がとても丁寧です。黒髪があんなに妖艶だなんて今と違った平安の風流な色っぽさが伝わって一気に読んでしまいました。自分が光源氏に愛されてるような怪しい気持ちにもなり、紫上になったらどうしただろう?とかどんとん引き込まれました。読みやすいお 奨めの作品♪ もっとみる▼
  • (5.0) 原作に忠実な
    ★えれな★さん 投稿日:2008/3/8
    それでいて牧先生風味に仕上がった源氏物語でした。 他の源氏物語に比べると少々冷たい感じを受けました。 しかし、源氏物語の世界観は雅でステキですね〜 私はやっぱり朧月夜の君が1番好き! 朧月夜に似るものぞ無き。
  • (5.0) 女のバトル
    はなきんこさん 投稿日:2009/3/5
    やっぱり時代?のせいかちょっと怖いけど高貴な感じはいぃなぁ もともと源氏物語のマンガが好きだからよかった 紫には幸せになってもらいたいなぁ
▲ページTOPへ