電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
血の轍 1

血の轍 1

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.0) 投稿数162件
血の轍(14巻配信中)

作品内容

「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」!

母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと!

読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  14巻まで配信中!

  • 血の轍 1
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」!

    母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと!

    読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!
  • 血の轍 2
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    暴走する母性という狂気…愛に殺される!

    ママ、なぜ「あんなこと」をしたの!?

    母・静子の突然の“異常行動”.
    息つく間もなく
    静一の自我を粉々に打ち砕く次なる“事件”が起こり…
    幸せだった家庭は、静かに、逃げ場のない地獄へと
    変容してゆく…

    「惡の華」「ぼくは麻理のなか」「ハピネス」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の押見修造が満を持して描く最新作!!「究極の毒親」待望の第2集!!
  • 血の轍 3
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    そして、「究極のマザコン」が生まれる…

    自我を吸い取られた静一は
    ママの玩具としての生活を受け入れる。
    わずかでも自己を主張すれば
    思いもよらぬ「攻撃」が待ち受ける
    そんな“母親地獄”の日々の中で
    静一の精神は徐々に蝕まれてゆく…


    メディアでも大反響!「惡の華」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の押見修造が更に深化した最新作!「究極の毒親」第3集!
  • 血の轍 4
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    最愛の息子にカノジョが…毒母、悶絶!?

    “母親地獄”の中で、ますます精神的に追い詰められる静一。
    以前ラブレターをくれたクラスメートの吹石さんは
    その様子を心配し、静一を気遣い、二人は急接近する。

    淡い初恋。だが…
    それさえ木っ端みじんに打ち砕かれるのか!?
  • 血の轍 5
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    毒親VSカノジョ・・・静一を巡り大激突!

    「お前なんかいらない」・・・
    初めてママに反抗した静一は
    そのまま吹石さんの部屋にコッソリ泊まることになる。
    初めての女の子の部屋・・・そして迎える二人きりの夜・・・
    これで何も起こらないはずがない!?
    しかし、当然ママも黙っているはずがなく・・・修羅場必至!!
  • 血の轍 6
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    静一がママとの棲み家へ、恐怖の帰宅!?

    「女」として自分に迫りくる吹石さんを
    すんでのところで拒否した静一。
    それは脳裏に数多のママが過ぎったから…

    「ママを…ママを裏切るわけにはいかない!」

    しかし帰宅した静一には
    ママの凄絶な告白と追及が待ち受けていた!!
  • 血の轍 7
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    目を覚ました甥のしげる、その時ママは!?

    ママに崖から突き落とされた
    甥のしげるが遂に目を覚ましたーー
    しかし記憶障害により、事故の記憶どころか
    ママや静一のことすら覚えていなかった。

    そんなしげるの姿に安堵するどころか、
    ママの精神は一気に荒み始めるーー!?
  • 血の轍 8
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    咎(とが)の追及がママと静一に迫り来る!

    家で転倒したはずみで、失われた記憶がしげるに戻った!?
    そんなしげるがママに対して動揺する姿を見て、伯母さんはママを疑い出すも
    静一はそれを全否定する。
    そんな静一の姿にママは感動し、二人の仲はより強固で濃密なものとなる。

    しかし、伯母さんがママに抱いた疑念は増幅し
    ついに2人へ牙を剥き始めるーー!!
  • 血の轍 9
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    大増ページ!毒親と息子の壮絶すぎる記憶!

    家に乗り込んで来た伯母の追及に対し
    遂にしげるを崖から突き落としたことを認めたママ。
    狼狽する父、激昂する伯父、修羅場と化す居間…
    頑なに謝罪をせず出頭しようとするママに
    静一は必死に追いすがる…
    しかしその先に待っていたのは、静一の“心”の思わぬ覚醒だったーーー!?
  • 血の轍 10
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    ママの圧倒的抑圧から解放された靜一は1?

    警察に出頭したママが逮捕され捜査が始まった。
    あの日のことを実況見分で回想していた静一は、
    自分が幼い頃に従兄弟のしげると同じようにママに高台から
    突き落とされた衝撃の記憶が蘇るーー!

    それから徐々にママの呪縛から心が解放され、
    再び吹石さんと接触をはかり、安らいでいく静一。
    このまま、新しい希望の日々が訪れるかと思ったとき
    静一のもとへ思わぬ訪問者がーー!?

レビュー

血の轍のレビュー

平均評価:4.0 162件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ドハマリ!
    わわさん 投稿日:2022/10/5
    一巻目読んでからドハマリしました!!! Web漫画には課金してこなかった私ですが、この漫画には初めて課金しました。 それくらい続きが楽しみな作品です。 全部手書きと知り、細部の背景や人の表情まで見れる作品です。

高評価レビュー

  • (5.0) どえらいサイコパスホラー
    しんちゃんさん 投稿日:2021/9/16
    正直8巻くらいまではつまらなかったです。あまり話は進展しないし、淡々と共依存親子を見せられて主人公も好きじゃないし何がしたいのと思いました。でも9巻ですごく話が展開して、11巻でもうこれは本当にすごいホラーだと思いました。 昔、悪の華を読 んだ時、絵が下手な人だなと思っていたんですが、この作品ですごく絵が上手くなっていてびっくり。そしてその劇画的な絵が相まって11巻のどんでん返しやサイコパスな表情が本当に怖くて、引き込まれてしまいました。これまでを覆すような流れに本当にびっくりした。 表情を描くのが上手い人って、キュンとしたりドキドキしたり切なくさせたり、少女漫画の作家に多いんですが読んでる人の感情を動かすのが上手い作家っていると思うんですけど、逆に人の気持ちを逆撫でしたりゾッとさせたり嫌な気持ちにさせるという意味で描くのが上手い人もいるんですよね。この漫画は後者で、それも抜群に上手いと感じました。 予想もしない方向に話が転がっていって、正直これがどういう結末を迎えるのか全く予想がつかないし、なぜ主人公がこうなったのかという明確な答えは最後までもらえないかもしれないし、モヤモヤしたまま終わるのかもしれないけど、続きが楽しみなことに変わりはありません。 もっとみる▼
  • (5.0) 圧倒的な画力!衝撃的な問題作品!!
    勿忘草さん 投稿日:2022/5/10
    衝撃的な問題作品です! 素晴らしい画力!!台詞に頼る稚拙な漫画が氾濫している時代に、台詞に頼らない、作画による漫画の表現力を見せつけられました。 この作画で心理描写を表現する構成は本当に素晴らしい!!流石の押見先生による大傑作です! 常にインモラルな作品を創作する押見修造先生の新しい境地を体験出来ます。 これはサイコホラーですね。 押見修造先生が更に禁断の領域まで踏み込んだ作品です!感慨深くも恐ろしい作品です。 闇を見つめる時は、闇も読者を見ているので、その闇に囚われないように講読は注意してください! 個人的には押見先生の傑作短編『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のように、自分の内面を放出出来ない苦悩、抑圧された感情か表現されているように思いました。 抑圧された感情が、押見先生の漫画家への道の原点との事ですので、この作品にも同じようなメッセージを感じます。 母親との禁断の関係にまで踏み込んだ問題作!! 作画も素晴らしいです! ただ閲覧には覚悟が必要ですよ。 (追記) 巻末の過去の思い出のアルバムが切なくて…素晴らしいですね。 もっとみる▼
  • (5.0) 、、
    ゆゆ。さん 投稿日:2019/10/4
    6巻まで読みました... これはなんとも...何故か吸い取られるように引き込まれる。 内容にリアリティがあるからか? 個人的な意見ですが、自分が経験した事がある・経験するような事とは程遠い。 何故こんなにも引き込まれるのか。 この 母親は酷い親、毒親の一言で言い表せるものでは無い。もっと何か、深いものが... 酷い親ではあるが、最低な親だとは言えない、思えない、息子に対しての複雑な愛がしっかりと有る(?)。 その辺に量産された毒親漫画とは違う、母親目線にも、息子目線にも、また、吹石ちゃん目線にも(?)なれる不思議な感覚の漫画。 一つ一つの描写が細かい。 後、絵の書き込まれ方が凄い。トーンをひとつも使わず、背景も影も全て線で描かれており、物語の不気味さを引き立てているように思える。 時間を忘れ、まるで己が漫画の世界に居るかのような感覚に陥ったのは初めてだった。 是非、まだ此方の作品を全て読んでない方にも読んで頂きたい.. そして、私のこの語彙力の無いレビューの意味を少しでも理解して頂きたい... 語彙力が無いせいで、伝わらない感動が沢山有ります。 もっとみる▼
  • (5.0) ドキドキしながら一気見しました
    まいめろさん 投稿日:2022/8/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 画力が高いので本当に表情がリアルで怖いです。 母親の見た目が異様に美しいのは主人公のフィルターがかかってたという伏線だったり、細かい描写が素晴らしいです。 私も家庭環境があまり良くないので、支配されてる苦しみや母親に認められたいと考えてたことなど、主人公に共感するところもありました。 母親の孤独や大変さに共感する方、子供目線の毒親への恐怖や依存について、動物虐.待はかわいそう、などいろんな視点のレビューがあって面白いです。 ホラーではなくこういう家庭も本当にあるということ、自分も同じ環境にいたら可能性があることを感じ取れる作品なのかなと思います。 読むのを断念された方がいるのは、それだけ気持ち悪くリアルに描かれているからだと思います。 物語の着地点が気になります。 続きを読む▼
  • (5.0) 衝撃的!
    ちこたん♪さん 投稿日:2017/9/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 待ってました! 前から気になっていたのでようやく読めて嬉しいです。 毒親がテーマとのこと、自分にも子どもがいるので母親目線で読みました。 義姉といとこにイライラ、旦那にもモヤモヤしました。 ああいう無神経なところがうちの義姉や実母にそっくりで余計にイライラ(笑) この主人公の母親みたく、息子が可愛くて仕方ない母親はたくさんいますね。控えめなようでさりげなく自分の思い通りにしている。 あの意味深な笑顔も怖い。 息子の前でした、あの行為は許されることじゃないですが、やりたくなった気持ちはわからなくないでもない。妄想だけに留められないほど、お母さんは追い詰められ、ストレスが溜まりまくってたんだろうな。 続きが早く読みたいです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 平穏な日常に潜む狂気
    アニメ化された『惡の華』などでも知られる鬼才・押見修造が「毒親」をテーマに描く作品。静一がまだ小さい頃、母・静子と散歩をしている時に猫の死骸に会うシーンから始まります。その時に母が見せた微笑みの違和感が、その後に続くなんてことのない日常にも静かな気味の悪さを感じさせ、読者を引き込みます!
    分析:いっちゃん

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ