漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

青年マンガ
ぼくは麻理のなか 1巻
この巻を買う/読む

ぼくは麻理のなか 1巻

通常価格:
500pt/500円(税抜)
(3.9) 投稿数36件
ぼくは麻理のなか(9巻完結)
作品内容

家の中でひたすら暇をつぶすひきこもりの青年。彼の唯一の楽しみは、毎日コンビニで見かける天使のような女子高生のあとをつけることだった。そして今日も、いつものようにあとをつけていたはずが――。『漂流ネットカフェ』『悪の華』など、ココロに秘めた扉をこじ開け続ける押見修造が描く話題作!

作品ラインナップ  全9巻完結
レビュー
ぼくは麻理のなかのレビュー

平均評価:3.9 36件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 面白かった
    なまこさん 投稿日:2017/10/11
    面白かったとおもいます。 絵も可愛らしいのでサクサク読めます。
  • (4.0) いい
    にゃんさん 投稿日:2017/9/26
    どういうこと?なんで?と、わからないことだらけ。続きが気になる展開。
  • (5.0) ただの入れ替わり物ではない
    maguさん 投稿日:2017/7/13
    最初はただの入れ替わり物のようですが、話が進むにつれて謎が深まっていきます! 人間の好奇心!怖さ!欲! ハラハラ、ドキドキ、ドロドロ! なんだかんだ青春もの!?? 最後まで読んで欲しいです!
  • (1.0) 理解
    ドージマさん 投稿日:2017/6/17
    絵柄はスッキリした感じで読み易いものの、ストーリー設定が引き込もりが、ストーカーの思いがエスカレートする余りに女子校生の意識に入り込むという異常性に何の魅力も期待も望めなく、面白さが理解できない。
  • (1.0) あんまり。。
    はるさん 投稿日:2017/6/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 話の方向性というか意味がわからず。。このみではなかった。 キモいおじさんが女子高生のなかにはいっちゃうはなし。 続きを読む▼
青年マンガランキング
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 目覚めたらJKに!?
    ぼっち大学生の小森功は、大学にも行かず引きこもる毎日。そんな彼の唯一の楽しみはひそかに「コンビニの天使」と呼ぶ女子高生を尾行することです。ある日、いつものように彼女のあとをつけていた功は異変に襲われます。意識が途切れ、目覚めたらそこは見知らぬ部屋。なんと功は「コンビニの天使」こと吉崎麻里の姿になっていたのです…憧れの女の子になってしまったぼっちでコミュ障の大学生が、女子高生として生活することになります。憧れの女の子の体にハアハアしてしまうところが妙にリアルで臨場感があります。果たして元の自分はどこに行ってしまったのか、麻里はいったいどこへ行ってしまったのか、先が読めない展開にドキドキです!著者は「悪の華」「漂流ネットカフェ」の押見修三。人間のドロドロした描写に定評があります。
    制作担当:肩こり一郎
▲ページTOPへ