We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
テセウスの船(1)
この巻を買う/読む

テセウスの船(1)

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.5) 投稿数725件
テセウスの船(10巻完結)

1989年6月24日、音臼村の小学校で児童含む21人が毒殺される事件が起きる。
逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。俺の父親だった...
竹内涼真主演でメディア化された話題作「テセウスの船」

作品内容

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全10巻完結

  • テセウスの船(1)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。
  • テセウスの船(2)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1989年にタイムスリップした田村心は、「音臼小無差別毒殺事件」の犯人で、現在死刑判決を受けている父・佐野文吾と出会う。雪に閉ざされたのどかな村で、若き日の佐野の人柄に触れるうち、心の気持ちに少しずつ変化が現れる。自分の「過去」を、そして子供たちの「未来」を変えるため、心は音臼小の教師になることを決意。しかし、そんな心をあざ笑うかのように、村では異変が起き始め……。
  • テセウスの船(3)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1989年にタイムスリップした田村心。4ヵ月後に発生する「音臼村無差別殺人事件」が近づくにつれ、不可解な事件が頻発することに気づいた心は、事件の犯人として現代で死刑囚となっている父・佐野文吾とともに音臼村を守るため奔走する。ところが、未来を変えようともがくほど、事態は悪化。そしてついに、一人の少女が、吹雪の夜に姿を消した――。読むほどに心凍てつく本格クライムサスペンス、急展開の第3巻。
  • テセウスの船(4)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1989年にタイムスリップした田村心。4ヵ月後に発生する「音臼小無差別殺人事件」が近づくにつれて不可解な事件が頻発することに気づいた心は、父であり、事件の犯人として現代で死刑判決を受けている佐野文吾とともに、音臼村を守るため奔走する。ところが、未来を変えようともがくほど増えてゆく犠牲者に、佐野と心の関係にもヒビが入りはじめ、ついには…。読むほどに心凍てつく本格クライムサスペンス、衝撃の第4巻。
  • テセウスの船(5)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1989年にタイムスリップした田村心。4ヵ月後に発生する「音臼小無差別殺人事件」が近づくにつれて不可解な事件が頻発することに気づいた心は、父であり、事件の犯人として現代で死刑判決を受けている佐野文吾とともに、音臼村を守るため奔走する。しかし、心は再び霧につつまれ、現代へと戻されてしまう。心のタイムスリップのせいで、変わり果てた世界へと…。読むほどに心凍てつく本格クライムサスペンス、衝撃の第5巻。
  • テセウスの船(6)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1989年にタイムスリップした田村心。4ヵ月後に発生する「音臼小無差別殺人事件」が近づくにつれて不可解な事件が頻発することに気づいた心は、父であり、現代では事件の犯人とされている佐野文吾とともに、音臼村を守るため奔走する。しかし、再び現代へと戻されてしまった心は、死刑囚となった父と対面し、現代で事件を解決することを心に決めるのだが…読むほどに心凍てつく本格クライムサスペンス、第6巻。
  • テセウスの船(7)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1989年にタイムスリップした田村心。4ヵ月後に発生する「音臼小無差別殺人事件」が近づくにつれ不可解な事件が頻発すると気づいた心は、父であり、現代では事件の犯人とされている佐野文吾とともに、事件を阻止するため奔走する。しかし謎を解くことができないまま現代へと戻ってしまう。犯人が今も生きていると確信する心は手がかりを求めて懸命に調査するのだが…読むほどに心凍てつく本格クライムサスペンス、第7巻。
  • テセウスの船(8)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    1989年にタイムスリップした田村心は、事件をとめられないまま現代に戻ってきてしまう。心が過去を変えてしまったせいで、心の家族は彼が知っていた世界よりもさらに悲惨な状況になっていた。必死に手がかりを探すうちに、心は姉の鈴や、木村さつきと義理の息子・みきおたちと出会った。それぞれの思惑が絡み合い、やがて隠されていた真実が明らかになる。かけがえのない命を奪ったのは、誰だ。そして心は新たな惨劇を止められるのか…。読むほどに心凍てつく本格クライムサスペンス、第8巻。
  • テセウスの船(9)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    炎に包まれる田中老人の家。それは加藤みきおが帰った、すぐあとの出来事だった。同じ頃「みきおの叔父」を名乗る謎の男が、佐野家を訪れる。その後ろ手には……。すぐそばに迫ってきた殺人鬼を止めるため、心と文吾は、みきおの家に入る。そこで目にするのは、底知れる悪意。未来のために過去を変える戦い、その勝者は誰なのか。読むほどに心凍てつく本格クライムサスペンス、第9巻。
  • テセウスの船(10)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    お泊り会当日。21人が毒殺される未来を変えるために、警戒を強める心と文吾は、持ち物検査を実施。さらに、飲食も禁止にする。そして行方不明の和子と鈴を探して音臼岳の小屋に行った心は、殺人鬼と対峙。一連の事件の異様な動機を知ることに。時を超え揺れ動いてきた佐野家の未来が、ついに決まる――衝撃のタイムスリップ・サスペンス、ここに完結。

レビュー

テセウスの船のレビュー

平均評価:4.5 725件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 満足
    くろあんさん 投稿日:2022/5/10
    こういうミステリー漫画を読みたかったから非常に満足しています。 序盤、中盤、終盤どの区間もだれることなく没頭できます。締めも個人的には良かったと思います。

高評価レビュー

  • (5.0) ラスト1コマ考察を語り合いたい!
    ボッチャさん 投稿日:2022/5/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 読んでなくて、これから読む予定の方はこれから先読まないで下さいね。読むと面白さ激減します。。サヨナラ。 ラストにまつわるネタバレ凄い都市伝説書いてます。どこまでぼかして書けるかわかりません。 3巻無料だったので読んだらハマりました。このドラマがレンタルされる時TSUTAYAで大々的に宣伝していたので内容は大体知っていましたが、今回全巻読みました。徹夜しました。ずっとハラハラドキドキ、いらいら、しんみり、もう感情のジェットコースターでした。 ここから、考察なんですけど。。。 ハッピーエンドで良かったって言ってる人いましたが、最後、果たしてそうですか!?週刊誌では都内某所にいるAを直撃取材しています。ところが、最後のコマと時間を見て下さい。もう映画の手法でよくあるパターンですが、これ、この後、、、怖い!犯人の中では誰かの為に犯行を重ねています。いるはずの無い場所にいるのです。元いた場所から引っ越し先まで把握しているとしたら。。史上最大級にハッピーエンドとも、バッドエンドともとれる漫画を読んでしまいました。モヤモヤする。もっと具体的に恐ろしい話をしたいけど、読んでない人の為に言えない!辛い!気になる方はとにかく読んで見てね。ドラマも面白いらしいのでTSUTAYAでレンタルして見まーす。とにかく、この家族の幸せを願います。 続きを読む▼
  • (5.0) 3巻まで買った
    もんたちさん 投稿日:2019/11/30
    北海道のミステリー漫画というと似たやつを思い出す。 雰囲気も少し似てる。 しかし、ミステリーやSFは似るのがデフォルト、むしろ展開や描写が如何に引き込ませるか、という風に勝手に思ってます。 ここ最近、気分的に明るいもの、何も考えないと いうか深刻に考えないテキトーなものを読みたい時期が長かったので説明文を読んで敬遠してました。 でも、実際読んでみると評価高いだけあって、あっという間にもってかれますね。 シリアスだけれど、難しくない、また先だけでなく直近のどうなるかもハラドキします。 冒頭の北海道のミステリーにピンときて好きな方ならまぁ☆4以上は固いです。 お宝にはならないけど、一気に3巻までいけたこと、続巻がクーポン待ちあとで買うに入ってることから☆5にしました。 あ、電子コミック大賞ノミネート11です(笑)。 追記、待ちきれず既刊の9巻まで買っちゃいました。 イライラすることもあったけどハラハラしつつ読めた。 が、こういうのは最後まで読まないと気が済まないタイプなので完結してから読めば良かったと若干後悔。 10巻は12月23日発売予定、電子版はわからないけど推理物サスペンスものを一気読みしたい方はそれまで待った方が良さそうです もっとみる▼
  • (5.0) 面白かった!
    たかこさん 投稿日:2019/12/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 心がタイムスリップしたことで、心自身が父親を信じられるようになってよかった。例え、タイムスリップしても冤罪のままの未来を生きててもそれだけで、きっと違うと思う。心たちにとっては、冤罪も起きず、家族皆で未来を迎える最高にハッピーな結末。 ホッとしたし、良かった。 でも加藤は?結局彼の以上行動は生い立ちに起因してる部分もありそうだった。生い立ちが幸せでも、先天性の異常性はありそうだけど。鈴との関係性や彼の人生のどこかで救われることがあってもよかったのかな。 皆が皆、幸せにはなれないってことかもだし、「テセウスの船」のパラドックスを感じていたのは加藤で、最後は心たちに対して「皮肉」とも取れるように、その言葉で締め括られている。 テセウスの船のパラドックスも、同じと言えるか言えないか、そこって重要?と思ってしまうが、加藤にとっては重要だったんだね。 続きを読む▼
  • (5.0) やめられない
    かんさん 投稿日:2020/1/22
    ドラマ1回目を見て、内容が気になり無料分2巻まで読み、やめようにもやめられず最後まで読んでしまいました。最近のドラマ化はレベルが上がってきているし、竹内涼真さん、鈴木亮平さんらのキャストもピッタリだと思うので、ドラマも楽しみです。 他レビ ューにもある通り、時代、場所、タイムスリップ、連続殺人、冴えないアラサーの主人公…「僕だけがいない街」にホントよく似ています。「〜しょや」「したっけ」といった方言も僕だけがいない街で印象に残ったセリフだったので、既視感がある作品でした。でもこれはこれですごく面白い。最後はなんか良かったような、もやっと物足りないような…。スピンオフというか…犯人がこうなってしまった背景みたいなのも読んでみたいと思いました。 もっとみる▼
  • (5.0) 奥深い
    あられさん 投稿日:2022/3/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初の心も辛かったけど、2回目の心はもっと辛い。 記憶や思い出がないままに、そこにあったらしい人生を送らないといけないかもしれない、というあの状況、自分だったら耐えられない。 過去で死んだ心は、きっと悔いはなかったと思う。このまま、未来の自分に託したという思いだったと思う。 だからこそ、最後(3回目?)の心の、修羅場をくぐり抜けてきていない幸せそうな表情が、すごくぐっときた。 結局、父親だけが全てを知っていて、過去の心のことを忘れていない、というのが、最初の心と父親の関係性との対比でウルっとした。 ハッピーエンドで終わるはずだと思いながら読んでも、最後までハラハラした。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • ドラマ化も決定!時空を超えて「真実」と対峙する本格クライムサスペンス。
    週刊モーニングで2017年から連載され、実写ドラマ化も決定した『テセウスの船』。21人を毒殺し、死刑判決を受けている父親を持つ主人公・心は、事件の28年後に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。心が調査のため事件現場を訪れると突然濃霧に包まれ、事件当時にタイムスリップしてしまう。圧巻の構成力に、先の読めないストーリーは衝撃の連続。登場人物全員を疑え。繊細な人間描写に誰が犯人かわからないハラハラ感こそミステリーの醍醐味!このゾクゾク感、きっと病みつきになる。
    制作:のぞ
  • 閉ざされた過去へ
    田村心の父親は“21人の職員・児童を殺害”した警察官の佐野文吾。父親の犯罪について調べていると当時の時代にタイムリップしてしまいます。タイムスリップとミステリーが合わさったお話、すっごく好きなので夢中で読みました!東元俊哉先生が描く時代が交差する本格サスペンス・ミステリー漫画です。
    制作:クリームめろん

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ