漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
この巻を買う/読む
会員登録して購入

かつとし

通常価格:
656pt/721円(税込)
(3.7) 投稿数11件
かつとし(1巻完結)

作品内容

「さみしいの?」「…うん。さみしい」 あることをきっかけに、本気の恋愛をしなくなった青年・克利(かつとし)は、一晩だけの関係を繰り返している。彼の視線、声、仕草、笑顔……それらに惹きつけられた男達は、気づけば彼の身体を抱いていた。それなのに、彼は笑顔で去るだけで、誰のものにもならない。そんな克利の前に、年上でどこかおどけた様子の男が現れる。今までの男達とは違う雰囲気を持つ彼に、克利は……。謎めいた青年・克利の、愛の遍歴を描いた衝撃作。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

かつとしのレビュー

平均評価:3.7 11件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 短編でした
    にゃおんさん 投稿日:2020/5/13
    もう少し深く物語があるのかと思いましたが短編だったのであんまり深くはありませんでした。名前が一緒の人を好きになるって面白いですね笑

高評価レビュー

  • (5.0) かつとし、という何か
    mtdさん 投稿日:2019/8/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 掴み所がなく、何を考えてるのかもよくわからず、特段美形ってわけでもないのにひとを惹きつける。そうかと思えばふらりと離れていく。 恐らく彼は「先輩」や「おじさん」の前からも姿を消すのだろう。たぶん。 かつとし、って実は何十、何百年と 同じ姿のまま生き続けてて 男たちを彷徨い続けてる亡霊みたいな存在なんじゃないか。 私にはこの物語が、現代の「怪談」に見える。 続きを読む▼
  • (5.0) 物語を楽しみたい方へ
    Beemoさん 投稿日:2019/5/27
    また作家買いする先生に出会いました。 淡々とお話を進行させるだけではなく、もう一歩奥行きのあるお話を作るのがなんてお上手な作家さんなんだと、この作品を読んで確信しました。 タイトル通り「かつとし」と言う男についてです。読み終わったら、な るほど。と言うと思います。表紙の彼、最初は憎たらしささえ感じますか、読み進んで彼の行動の理由を理解できると、愛おしくてたまらなくなります。また、2作目のスイート・ハラスメントはおじさん好きなら絶対にハマるはずです。おじさんがちゃんとおじさんなんです。でも、めちゃくちゃ可愛いし格好良いんです。どちらの作品もそこまでのエロはないと思うのですが、体の肉感がむちっとしててエロいです。個性のある絵、大好きです。 もっとみる▼
  • (5.0) 向こうの人が面白かったのでこちらも購入
    MAさん 投稿日:2019/5/26
    2パターンのお話が入っていました。決してキラキラした内容ではないけれどどちらも読んでいて楽しい。ジワリとハッピーな気持ちになりました。
  • (5.0) 蝶に触れるような優しい作品
    さるささん 投稿日:2019/3/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごく良かったです! 2本立てで、表題作の「かつとし」と、もうひとつは会社の先輩と後輩の話でした。かつとしは仄暗いですが、2作品ともハッピーエンドです。 1話目はかつとしの魅力と寂しさを説明した話でした。2話目はかつとしの昔。4話目でかつとしの寂しさ、拗れを溶かしてくれる方が現れて良かったです。本当に可愛がっていることと、出会った理由がラストで分かりました。続きが読みたいです。 もうひとつの作品は、大人の不器用な感情と、子供の不器用な感情が上手く描かれていたと思います。 強引なところがある後輩とフォローが上手い先輩。相性が良さそうな2人で、ポカポカした雰囲気で終始穏やかに見れました。 絵はBLでよくある線の細い男の子でなくて私は好きです。別の作品も読んでみたくなりました! 続きを読む▼
  • (5.0) じんわり心にしみる。
    ルユニカさん 投稿日:2019/1/31
    1話目は、「かつとし」の気まぐれな一夜の相手目線、という珍しい構成。 寂しいもの同士、肌を重ねるが、「かつとし」の心は埋まらない。 2話目以降は、「かつとし」の過去、先輩との話。先輩がつり目でかっこよくて個人的には好きです。 まっとう なノンケであるはずの先輩×かつとし、そのあとに不思議な魅力のある 年上の男性と出会う。 「かつとし」の心の寂しさ、穴は、どうしても埋められないのだけど、じんわりと「かつとし」自身がいい方へ変わっていく。幸せになって!って思える影のある主人公。 絵柄も少し古い感じが素敵です。丁寧に描かれているのがわかります。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 愛に飢えた孤独
    上野ポテト先生が描く怪しくも魅惑的な初コミックス。かつとしが一夜の関係を繰り返し、孤独へ落ちていった過程、そしてそこから掬い上げてくれる存在との出会いが一冊を通して描かれています。狂おしく切ない感情が胸に突き刺さる衝撃作です。
    制作:焙煎男
▲ページTOPへ