We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

リカー&シガレット

通常価格:
680pt/748円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数740件
リカー&シガレット(1巻完結)

作品内容

お向かい同士で店を構える酒屋のテオとタバコ屋のカミロ。二人は幼馴染みだが、カミロが自分に特別な想いを寄せていることをテオは知っていた。テオもカミロを意識していたが、それが恋愛感情からくるものなのかどうかわからずにいた。そんな時、カミロに「お試しでいいから付き合ってみない?」と提案され、迷いながらもテオは受け入れる。その後、情熱的なキスをされたり優しく愛撫されたり、今までと違う雄の顔を見せるカミロにテオは…?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • リカー&シガレット
    登録して購入
    通常価格:
    680pt/748円(税込)
    お向かい同士で店を構える酒屋のテオとタバコ屋のカミロ。二人は幼馴染みだが、カミロが自分に特別な想いを寄せていることをテオは知っていた。テオもカミロを意識していたが、それが恋愛感情からくるものなのかどうかわからずにいた。そんな時、カミロに「お試しでいいから付き合ってみない?」と提案され、迷いながらもテオは受け入れる。その後、情熱的なキスをされたり優しく愛撫されたり、今までと違う雄の顔を見せるカミロにテオは…?

レビュー

リカー&シガレットのレビュー

平均評価:4.8 740件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) あたたかい
    あいかさん 投稿日:2021/12/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 いやぁ…美しい作品ですね。さすがは座裏屋先生です。惚れ惚れしました。テオを一途に想い、甘く、時には強引に口説いていくカミロがとにかくイケメンで肉体美!ギラついていないのに攻めの姿勢があって、優しい温かな雰囲気も兼ねそろえているから完璧!あれはテオも絆されてしまうのも頷けます。テオは素直で感情がくるくる変わっていくところが魅力で、褐色肌とエロの時のギャップがいい!かわいい!何か事件が起こるわけではありませんが、日常の2人の生活の中で静かに温かく育まれていく愛情に、読後は幸せいっぱいになりました。背景もすばらしく、大人数をあんなに描き分けられる先生の技量に鳥肌が立ったほどです。先生の作品はどれも攻が受を溺愛してくれるので、大満足!一生ついていきます! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) エロ濃い目のカジュアルなラブコメ。
    ハルコさん 投稿日:2018/5/25
    今作品は物凄くシンプルなラブコメ。 舞台は煉瓦と階段で彩られたスペインの町。 家業の酒屋を営むテオ(受)と家業のタバコ屋を営むカミロ(攻)は産まれた時からの幼馴染。 テオは明朗活発な健全ノンケ男子。負けず嫌いで周りの目を気にするデリケー トボーイ。家業が酒屋なのに下戸なのがコンプレックスになり、我が恥をひた隠し本当の自分を曝け出せない。 カミロは落ち着いた大人の色気があり老若男女問わずモテ捲りなバイセクシャル。10代の頃からずっとテオに片思いしていた。 テオは性癖も自分への恋情も全く隠す事なく接して来るカミロに戸惑いつつも魅了されっ放しだが、頭の堅いテオはゲイや世間の好奇の視線に抵抗があり、カミロが幼馴染であるという認識からもなかなか抜け出せない。カミロはテオの気持ちが揺れ動いており自分をすごく意識してくれている事を感じ、テオにある提案を持ちかける。 …といった感じの山なし谷なしだがエロはバッチリ。 ストーリーは確かにシンプルで、ド肝を抜くような展開やハラハラする様なコトもない。ただ淡々とコメディを挟みつつ幼馴染の二人が恋人になるまでをとても丁寧に描いている。 座裏屋蘭丸作品はどれも作者都合で展開する事がないから好きだ。 そして作風は偏らずシリアスからコメディまで難なく熟し、どんなにライトな内容でも短編作品であってもストーリーが上滑りする事がなくびっくりするほど話が纏まっており、とても読み応えがある。 設定や構成もひと捻りあり王道なのに王道には感じさせない。 作画能力も非常に高く、構図やコマ割りも完璧でその画力は群を抜いている。BL枠どころか日本漫画家の中でもトップレベルだと思う。 【独断と偏見評:1(糞)〜10(超絶良)】 作画→ 10 10どころか100。左京亜也・わたなべあじあ・座裏屋蘭丸はBL作画ヒエラルキーの頂点。 構図・コマ割→ 10 コマ割りに無駄がない。構図…デッサン力がパねー。どんな角度であっても肢体のバランスが崩れずディテールまで物理的考証がされてある。 設定(世界観・キャラ)/構成(粗筋)→ 10 なんてない設定と構成なのに捻りが効いてて新鮮味を感じる。 展開→ 8 波乱万丈ドッカンハラハラドキドキはない。起承転結が美しい。 演出/描写→ 10 ここまで単調な内容を恐ろしい程に奥行きを持たせるのが凄い。 エロ→ 10 天下一品。BLエロの世界遺産にできる。 もっとみる▼
  • (5.0) エロスの神様が萌えを描いたら…
    R://uKnowさん 投稿日:2021/10/22
    ★褐色肌にタンクトップが映える酒屋テオ×ウェービーな黒長髪で色気際立つタバコ屋カミロの幼馴染ストーリー。 ★舞台は架空の国とのことだが、南米やスペインのようなイメージ。ノンケのテオがバイのカミロに「ステディになりたい」と迫られ、「お試し」 と称して、いいように開かれていく。それは、お酒のせいばかりだろうか。濃厚なカミロのキスとテクでパンツを履き替えさせられてばかりのテオ。カミロの一言、一手が、テオを感じさせ、意識させる。けれど、自分でも悲しくなるほど保守的なテオは、カミロと幼馴染の関係から抜け出せるのか…。 ★カミロのセクシーさがすごいですね。物語の始まりの瞬間、サンダルでマッチを擦り、髪をかき上げる一連の流れだけで、心捕らわれます。熱のこもった眼、甘い言葉。繰り返されるキスと前/戯のような行為は、まるで体で会話をしているよう。エロスの神様が萌えを描いたら、ものすごい化学反応が起こったなという感動が沸き立ちます。欲求と要求は高まりながらも無理強いはしないカミロと、受け入れながらも迷いが拭えないテオ。同性同士の葛藤や揺れる気持ち、マイノリティに対する反応への思い等も描かれ、甘さと真剣さのバランスがとても良く、読後の満足感が大きいのです。 ★描き下ろし含め202ページ。複雑さなしでとても読みやすく、美しい絵と選りすぐられたセリフに引き込まれます。坂の町並み、友人たちのキャラ立ちも素晴らしく、控えめと言えどエロスは美味で、何度もおかわりしてしまう作品です。 ★同僚のお子さん(漫画家志望)が、BL漫画家のアシスタント先を探していると聞き、BLかぁ…と読んでみたのが始まりで、すっかりBLにハマりました。この作者様の作品は、特に好きです。 もっとみる▼
  • (5.0) ナチュラルボーンで甘くて切ない
    トロさん 投稿日:2019/4/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 眠り男…ですっかり座裏屋さんのファンとなってしまい、続けて購入しました。 いきなりサンダルで火をおこすカミロにノックアウト! えーーー!なんなの、この色気… 絵からカミロのフェロモンが滲み出ている… 気だるそうな色男最高! この色気にテオがすぐコロンと行かないところが、天然ちゃんなんでしょーか。 初っ端からノックアウトされて、これはエロっ気ムンムンか?と思いきや、コメディもありの、胸がキューンとなるせつなさありの…座裏屋さん、天才? テオがゆらゆら揺れ動いてる様と、最終的に気づくところは自分自身もハッとさせられました。 カミロはもう…滲み出る色気…何処までも寛容な心を持ったロマンチスト。テオに対する眼差しが、切なくて切なくて…泣きそうになってしまった… 他のレビューにもありましたが、ヨーロッパのショートフィルムを見ているようでした。コマ割りもうますぎる… そして影の使い方が…巧すぎてもう引き込まれるとしか言いようがない… 途中出てくる「ナチュラルボーン・バリネコ」のセリフで吹き出してしまい、1日中頭の中を「ナチュラルボーン・バリネコ」が回ってしまいました。 言葉のセンスも凄い! 最後にはテオのプリケツも拝めたし、有り難や。 最終的には、カミロのフェロモンにすっかりハマったテオの可愛い事…こりゃカミロが大事に大事にしたくなるわけよね…と見てて嬉しくなっちゃった。 カミロ、良かったね。 手が震えてしまうほど大事にしたかったテオと甘々な日々を過ごしてほしい。 願わくば、カミロ目線のお話も読みたいなぁ。更にその後のお話も読みたくなったー。座裏屋さん、お願いしますー! 続きを読む▼
  • (5.0) 夜寝る前に手に取る癒される一冊
    まるころさん 投稿日:2021/9/18
    というようなイメージで描かれたという座裏屋先生のインタビューを読みましたが、まさにそんな感じです。 嫌な人がひとりも出て来ず(周りの人みんないい人!)、穏やかな気持ちで読める作品です。 シャングリラの鳥のレビューでも書いたのですが、 座裏屋先生の作品って個人的に苦手な設定だったり、自分の萌えポイントとは違うキャラクター設定だったりしても、なぜか世界に引き込まれます。そして登場人物も作品も好きになる。 ロン毛も褐色も個人的な萌えは全くないにも関わらず、いつの間にか座裏屋先生の描くロン毛の優男好き、テオ可愛い、になってます。 それだけ世界観の作り込み、キャラ設定がしっかりしており、画力はもちろんのこと、見せ方がお上手なのだと思います。 雑誌インタビューで、テオの肌を美味しそうに見えるように描いてる、というようなことを仰ってたのですが、すごくよく分かります!テオ、美味しそうです(笑) 同じ褐色キャラクターでも、シャングリラのフィーとは肌の質感の印象が違うのでびっくりします。 もちろん、それぞれに魅力的ですが。 そしてカミロの魅力! こんなに老若男女にモテるんだろうな、の説得力のあるキャラクターを生み出せるのってすごいと思います。カッコよくて優しくてセクシー。 テオのことを大好きで大事に思ってるのが伝わってきて、こちらまで幸せな気持ちになります。 座裏屋先生のお話はどれもストーリーがしっかりしているので満足感があります。 先生の仰る通り、1日の疲れをホッと癒したいときにおすすめの一冊です。 もっとみる▼
  • (5.0) 長年の片想い…実る
    花楓さん 投稿日:2019/7/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 座裏屋先生の作品って登場人物の心情や背景が丁寧に描かれていて、どの作品もとても読み応えがあります。そして先生の描く男の人の色気がハンパない!!表情、目線、仕草、浮かび上がる筋など男の人の色気の表現が素晴らしい☆★カミロのグレープフルーツのシャンプーとタバコの香りが香ってきそうなほどです! カミロがドストライクでした甘〜い顔がすっごくイイんだけど、そんなカミロが時折見せる嫉妬と不安の入り混じった表情がたまらん!!押しては引いていく波のようにテオを揺さぶっていく物腰柔らかなカミロだけど、本当にテオが大切で手に入れたいっていうしたたかで強い思いを持った男でした。隙あらば情熱的なキスやお触りをするカミロを見て、こっちがキュンキュンしちゃいました テオの葛藤も見応えあり!乙女みたいに悩んじゃうんだけど、本当は最初から答えは出てて、それを受け入れるかどうかを彼なりにカミロと向き合うことで考えていくのがすごく良かったです。 とにかくカミロがゆっくりとテオを落としていく展開が絶妙で、利き酒大会の特訓という名目でご褒美をねだるカミロ、そして挑発に乗っていたずらされてしまうテオの話のくだりがすごく好きです!!ワインかけでのテオの告白で、カミロの長年の片想いが報われたかと思うと感動的でした。2人の切ない表情もとっても素敵そのあとの情熱的で余裕のないカミロに求められるテオとのエッ○は最高待ってましたの展開でした!! ぜひ、たくさんの人に読んでほしい作品です! 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 砂糖漬けの甘えろ
    幼馴染でお向かいさんのテオとカミロ。意識はしてるけど恋愛感情なのかモヤモヤしてるテオにテオに色気たっぷりで攻めてくるカミロの駆け引きがたまらない…!信頼から恋愛へと徐々に、でも確実に変わっていく様がたまりません。重版はもちろん、ドラマCD化もされている超話題作です!!
    編集:アロマオイル
▲ページTOPへ