電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

鬼と天国 【電子限定特典付き】 上

通常価格:
680pt/748円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数430件
鬼と天国 【電子限定特典付き】(2巻完結)

作品内容

高校勤務の青鬼は、最低限しかやる気を出さない省エネ教師。
先輩教師にどやされ、なかなか教室に来ない生徒の様子見のために向かった“保健室”で初めてまともに話した、どうにも掴めない養護教諭・天獄。
熱心な教師を演じる青鬼の本性をあっさり見破って、にっこり笑顔。

この出来事で天獄のことが苦手だと再認識したはずなのに、「赴任してきてからずうっと見てた」とカミングアウト。
更に青鬼のことを“純情”だと言って、いきなりくちづけをされて――?


変態系ぶっこわれ保健医×くたびれ純情教師、臆病な青鬼を待ち受けるのは天国か地獄か?

大人の色気を醸すタッチと緻密な心理描写の最強タッグ
阿賀直己原作、お吉川京子初コミックス上下刊、同時発売!!
★単行本カバー下画像収録★
【電子限定で描き下ろしの2ページ漫画が収録されています。】

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全2巻完結

  • 鬼と天国 【電子限定特典付き】 上
    登録して購入
    通常価格:
    680pt/748円(税込)
    高校勤務の青鬼は、最低限しかやる気を出さない省エネ教師。
    先輩教師にどやされ、なかなか教室に来ない生徒の様子見のために向かった“保健室”で初めてまともに話した、どうにも掴めない養護教諭・天獄。
    熱心な教師を演じる青鬼の本性をあっさり見破って、にっこり笑顔。

    この出来事で天獄のことが苦手だと再認識したはずなのに、「赴任してきてからずうっと見てた」とカミングアウト。
    更に青鬼のことを“純情”だと言って、いきなりくちづけをされて――?


    変態系ぶっこわれ保健医×くたびれ純情教師、臆病な青鬼を待ち受けるのは天国か地獄か?

    大人の色気を醸すタッチと緻密な心理描写の最強タッグ
    阿賀直己原作、お吉川京子初コミックス上下刊、同時発売!!
    ★単行本カバー下画像収録★
    【電子限定で描き下ろしの2ページ漫画が収録されています。】
  • 鬼と天国 【電子限定特典付き】 下
    登録して購入
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    拘束され、強要される行為がエスカレートしていくなか、酷くされることに快感を覚え、幾度となく天獄と身体を重ねてしまう青鬼。
    恋人でも友達でもない天獄とは相変わらず曖昧な関係。
    ある日、デートという名の食事に誘われ、セックスだけでは知る由もなかった一面を知ることにより
    天獄に対する感情が緩やかに変化し始める。

    そんな矢先、新人イケメン教師の波多野が赴任してきて、距離が近づきつつあった二人の日常に波乱が巻き起こる――?


    変態系ぶっこわれ保健医×くたびれ純情教師
    歪者同士の恋愛荒療治

    大人の色気を醸すタッチと緻密な心理描写の最強タッグ
    阿賀直己原作、お吉川京子初コミックス上下刊、同時発売!!
    ★単行本カバー下画像収録★
    【電子限定で描き下ろしの2ページ漫画が収録されています。】

レビュー

鬼と天国 【電子限定特典付き】のレビュー

平均評価:4.6 430件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) ★上下巻読了!高校保険医×くたびれ教師
    nekoさん 投稿日:2018/12/2
    「上・下」表題作+描き下ろし+カバー下+電子限定おまけマンガ収録。阿賀直己先生原作・お吉川京子先生初コミックス作品。上下同時配信。 ★ 面白かったー!!タイトルといい、上下巻での二人のバランスといい、お見事です。以前阿賀直己先生 のコミカライズを読みましたが、後半の駆け足感がもったいないと感じたことがあって。今作は漫画用に物語を書き下ろしされた作品ということで、じっくり堪能できました。お吉川京子先生の絵も素晴らしく、繊細な心情がひしひしと伝わりました。何を考えているのかわからなく、掴みどころがない養護教諭・天獄と、子供の頃のトラウマがある高校教師・青鬼のお話。病み系なのかな?と少し構えながら読み進めましたが、そんなことはなく面白い!二人の背景や感情がどんどん紐解かれ、変わっていく関係がとにかく愛しくて。特に後半の天獄の可愛さにはやられました。「上」では翻弄されていた青鬼の男らしさも素敵。大人だなーとなんだかほっとしました。描写は白抜きにて。個人的には「下」の描き下ろしが最高でした! ★ 「鬼と天国 上」1〜5話 「欲しい言葉」描き下ろし8ページ 保健室で眠る青鬼に…。 「教職員紹介」1ページ 「設定メモ青鬼編1,2」カバー下 「それぞれの夏休み」電子おまけマンガ2ページ アイス。 ★ 「鬼と天国 下」6〜10話 「超巨大感情VS…」描き下ろし15ページ 関西弁で。 「あとがき」1ページ 「設定メモ天獄編1,2」カバー下 「なくしたくない」電子おまけマンガ2ページ 特別。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白かった!
    ベグさん 投稿日:2021/5/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 攻めが生理的に受け付けないレベル?と購入を迷っていたのですが、フォローしてる方の「面白かった!」というレビューを見て、「お!」っと上巻を読んでみたら面白くて、下巻もそのまま購入です。教員ものって私の中で微妙な設定で、学校で生徒に手を出すとかはあまり好きじゃないのですが、これはくたびれたおじさん受けで、保健室っていうのも許容できました。天獄も青鬼も、確かに好みが分かれるキャラだと思うのですが、私は好きでした。青鬼と天獄の気持ちの変化が、行動で垣間見えるのが良かったし、特に、上巻ではつかみどころがなさ過ぎた天獄が、下巻では波多野というツケが回ってきて、感情が爆発するとことか「おぉ!」となりました。白衣脱いだの初めてじゃないかしら?波多野と言えば、葛西くんと波多野の対比が上手いなって思いました。そりゃ、こじらせる生徒もいると思うので、ちゃんとそこを描いてくれていて良かったです。 過去にトラウマのようなものを持つと、その他のいい思い出というものは押し込まれてしまいがちですが、青鬼も天獄もそれぞれにかける言葉、触れる手で、痛かっただけではない、拒絶されただけでない過去を少し思い出します。それでも一筋縄ではいかない天獄が残したメモに、めっちゃグッときました。そこからはもう、可愛いしかない。なにあの関西弁の描き下ろし。もっと読みたい。 好みが似ているフォローさんのレビュー、ありがたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 何度も読み返してます
    itoさん 投稿日:2019/12/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 攻め受けの外見や設定が好みだから買いました。評価の高い作品に限って読後にガッカリパターンが多いのですが、この高評価の嵐に間違いはありません。 「全く接点のない、何もかもまるで正反対の様な二人が、攻めの一方的な干渉から突如体の関係に至り、身体を重ねていく内に…気づかない内に恋に落ちる。」が、大まかなストーリーです。 互いに過去に心の傷があり、人を好きになる・恋をすることを知らなかった二人が、青鬼からはぎこちなく、天獄からは乱暴に近づきあうプロセスは生々しいはずなのに、作画のさらさらした感じと、じっくり時間をかけた丁寧な描写の効果で映画のような味わい深さを醸し出しています。 天獄の凶暴で純粋で麗しい様、青鬼のくたびれて臆病で自己評価の低い様、ホクロの位置や目尻のシワまで全て愛おしいです。個人的に青鬼と同じトラウマがあったので、繰り返される件のシーンは見るたびに胸にギュッと刺さりました。しかし逆に天獄と似た心の傷を抱えている読者の方もきっといらして、そんな二人が最後にはしっかりと「恋」に到達出来たという点で、この作品は少なくない方たちの魂の救済本になるのではないか、なんて思っています。 続きを読む▼
  • (5.0) 全ての角度から楽しめます
    りんごさん 投稿日:2020/8/23
    上巻/220P/天獄(養護教諭)と青鬼(現国教師)は同じ学校で働く教師同士。1人の生徒の問題の件で関わってく2人だけど、天獄の方は実は前から青鬼に興味を持っていた。上巻では2人の関係の始まりや天獄の拗らせ執着っぷりと青鬼の幼少期のトラウマに なってる部分の内容が中心です。下巻/236P/下巻で青鬼は天獄の事が好きだと確信するけど、波多野と言う当て馬的な彼の登場(結果良い子ですよ!)で天獄の根底にある感情を知るきっかけになり落ち込む所に追い討ちをかけるようにその根底にある感情の問題となった天獄の兄が現れる。でもこの兄の登場は2人が進展するのに大切な役でした。少しずつ恋人同士になってく過程も心理描写も丁寧でじんわり伝わります。天獄の変態部分と闇?な部分も時折入るギャグと展開の良さでソフトになってます。上巻・下巻ともにエロもしっかりあります。細かい描写はあまり無いですが体の線が肉感的でカウパー汁の表現が生々しく表情だけでもエロ増しです。最初はそっちが受けと思いましたが、最後はしっくりきます。修正は白抜きです。とても素敵な作品でした、ありがとうございます! もっとみる▼
  • (5.0) 生い立ち合戦
    かいとうUさん 投稿日:2021/5/3
    マッドな攻と中年入りかけちょいと疲れ気味の受。なんて好みのシチュエーション。新たな世界が開けそう。 エロ楽しい漫画読んでランラン気分なんだけど…その…なんだろ?攻キャラの生い立ち…。 いや、いいよ。この作品には欠かせない、一番メインの部 分だし、自然に導入されているんだが、最近生い立ちブームなのか…多いねぇ!!双方の生い立ち入る作品、本当に多くないか?正面から親切丁寧に全部説明されちゃうと何だか見合いの釣書みたいでどうにもなぁ〜。萎える。ちょっと匂わす位なら平気なんだけどな〜。蕎麦屋の子供が全員蕎麦好きな訳じゃなし、“こんな性格”チャンチャン、じゃいけないのかな。特にこの攻は狂加減が魅力であるわけだし。攻の人間的な弱い部分で奥を出す思惑かもしれないが謎のママの方が好きだな。他の部分で奥が出せないかな〜。もしくはこの部分描きたかったら番外編するか。 ま〜、こんなのは個人的な好みの問題。 ストーリーと画が凄く合っている。攻受脇全てのキャラがしっかりしていて引き込まれた。いいカップリングで退屈しない。 がっちりと計算されている感あり。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • くたびれおじさん受け
    阿賀直己先生&お吉川京子先生の最強タッグ!無気力教師・青鬼が養護教諭・天獄の手に落ち抗えず流され絆され…と思いきや、下巻でさらに思いがけない方向へ。翻弄する攻めやくたびれおじさん受けが好きな方は必読!お上手な絵が説得力を増しています。意外な結末にカタルシスを得られること間違いなしです!
    設計:あずき
▲ページTOPへ