マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

狼の花嫁 1【おまけ漫画付きコミックシーモア限定版】

648pt/712円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【民族BL×両性具有】王と侍女の間に生まれた第六王子のルーイには、誰にも明かせぬ秘密があった。それ故に父王に虐げられ、母の命と引き換えに「女」として政略結婚することを命じられる。嫁ぎ先は隣国、狼と共に生きる民族の住まう地。しかし、婚礼を終えた晩、番となる王子・ゼスに、王女ではないことを見破られてしまう。追いつめられたルーイは、自身が「半陰陽」であることを告白し―――。新たに紡がれる番の運命の物語、開幕。【コミックシーモア限定★限定配布されたペーパーの漫画付!!】

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

  • 狼の花嫁 1【おまけ漫画付きコミックシーモア限定版】

    648pt/712円(税込)

    【民族BL×両性具有】王と侍女の間に生まれた第六王子のルーイには、誰にも明かせぬ秘密があった。それ故に父王に虐げられ、母の命と引き換えに「女」として政略結婚することを命じられる。嫁ぎ先は隣国、狼と共に生きる民族の住まう地。しかし、婚礼を終えた晩、番となる王子・ゼスに、王女ではないことを見破られてしまう。追いつめられたルーイは、自身が「半陰陽」であることを告白し―――。新たに紡がれる番の運命の物語、開幕。【コミックシーモア限定★限定配布されたペーパーの漫画付!!】
  • 狼の花嫁 2【おまけ漫画付きコミックシーモア限定版】

    648pt/712円(税込)

    【民族BL×両性具有】「半陰陽」の王子・ルーイは、「女」と偽り敵国に嫁ぐが、番となった王子・ゼスに見破られてしまう。しかし、ありのままを受け入れてくれるゼスの高潔さと優しさに、ルーイは次第に惹かれていく。それは生まれてはじめての感情だった。そんな矢先、兄・アズラクが突然来訪し――…。衝撃の過去が紐解かれる、待望の第2巻。【コミックシーモア限定★限定配布されたペーパーの漫画付!!】
  • 狼の花嫁 3【おまけ漫画付きコミックシーモア限定版】

    673pt/740円(税込)

    【民族BL×両性具有】「お前は俺の花嫁で、俺の番だ――」 ルーイへの愛情を自覚したゼスと、自分にとってかけがえのない存在が誰なのか気づいたルーイ。二人はお互いを認め合い、ついに本当の「番」になった――。 そんな中、ルーイは過去と向き合い、兄・アズラクの真意を確かめることを決意する。しかし、彼の口から語られた衝撃の目論見に…? 陰謀渦巻く、激動の第3巻。【コミックシーモア限定★限定配布されたリーフレットの漫画付!!】
  • 狼の花嫁 4

    673pt/740円(税込)

    【民族BL×両性具有】――ついに戦が始まった。ゼスはルーイの身の安全を王に直訴し、前線へと赴くことに。だが、残されたルーイは、戦の引き金となった兄・アズラクの蛮行の責任を追及される。ゼスが無事戻るのをこの国で待ちたい、そのためならなんでもする、と嘆願したルーイは、第一王子のハシにその覚悟を試され――…。大切なものを守り戦う、第4巻。

レビュー

狼の花嫁のレビュー

平均評価:4.4 300件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) まだまだ続くのか?
    カンガルーさん 投稿日:2022/9/23
    現在4巻まで、不幸な生い立ちのルーイはゼスと相思相愛の仲にはなってるけど、本当の意味で居場所は得てないかな。他のシリーズ未読なのですが狼/白鹿からのルーイ争奪戦が有るわけでもなく、両性具有ならではのHもなくーなので☆3にしてます。全て親世代 のバカ王達のせいだよね、過去の不遇やら周りの者たちの状況設定は終えたかな、ってまだまだ続くのか? もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 1〜2巻読了「狼」シリーズ3 王子と他国王子
    nekoさん 投稿日:2019/11/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 「1」1〜5話+あとがき1+描き下ろし+あとがき2+カバー下+シーモア限定特典(購入者特典ペーパー) 「2」6〜10話+描き下ろし+あとがき+カバー下+シーモア限定特典(購入者特典ペーパー)収録。続刊物。 ★ 「狼は恋に啼く」〜「狼は花の馨り」〜「狼の花嫁」と続く「狼」シリーズ第3作。狼と白鹿の血を引き、狼と共に生きる民族のお話。ファンタジーもの。同シリーズは同じ世界観ですが、ストーリーはそれぞれ単体で描かれていますので、今作のみで楽しめる作品です。 ★ 完結してから読もうか迷いましたが、前シリーズ2作とも良かったので待ちきれず読むことに。まず美しい民族衣装や建物などが凄く素敵。表紙や扉絵も素晴らしく隅々まで堪能。で、ストーリーですが、今作もまた目一杯切ない設定…。王子として生まれながらも半陰陽の為ずっと虐げられてきたルーイ。やっと利用価値ができたと、隣国に王女として嫁がされて。隣国の王子・ゼスはそんなルーイを早々と見破るけど…と、ルーイが可哀想すぎて既にしんどい状態。現在2巻まで配信ですが、ルーイが幸せになるまでにはまだまだかかりそうな感じ。この独特な世界観はとても興味深いので、じっくり描いていただければと思います。現時点で最後まではいたしてないゼスとルーイ。こちらの進展も今後の楽しみの一つかな。 ★ 「狼の花嫁 1」1〜5話 隣国へ嫁いだ王子・ルーイと嫁ぎ先の王子・ゼス。ルーイが王子だと、バレてはいけないのに…。 「あとがき1」1ページ 「少し未来の話」描き下ろし14ページ 「あとがき2」1ページ 「カバー下マンガ」 「購入者特典ペーパー←シーモア限定特典」 ★ 「狼の花嫁 2」6〜10話 少しずつ馴染み始めるルーイだが、辛い過去が時々夢に現れて苦しめる。そんな中、兄が来訪して…。 「少し昔の話」描き下ろし9ページ 「あとがき」2ページ 「カバー下マンガ」 「購入者特典ペーパー←シーモア限定特典」 カバー下続き。 続きを読む▼
  • (5.0) 健気な受けが報われて欲しい
    ニースさん 投稿日:2020/11/28
    半陰陽の秘密を隠して嫁がされた受けが、政略結婚で攻めに出会うとこからスタートするのですが、受けはトラウマを抱えていて、攻めに優しくされても信じたいけど信じ切れない状態。攻めも徐々に受けに惹かれていってますが、そこにトラウマの元凶である兄が現 れて、なかなか幸せにはなってくれない。まぁ、兄も父親である王に思い人を寝取られ孕まされ、トラウマ背負ってるみたいですが。腹違いの弟に八つ当たりする前に、原因の王を引きずり下ろして倒せば良いのに。思い人が鬱病っぽくなってるのも、王に無理やり手込めにされたからじゃないの?王をぶちころして実権握って掌握すれば、思い人を妻にすることも可能だろうに。弟に嫌がらせしに来る前に、王に立ち向かえよ!と思いながら読んでました。隣国の王がカスなので、本筋に関係なく兎に角ぶちころされて欲しい!あの所業許せない!(作者さんお願いしますw) もっとみる▼
  • (5.0) 早く幸せになって!!
    kanchanさん 投稿日:2021/12/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 両性具有という体で生まれた王子ルーイが、親子共々虐げられ、母の命と引き換えに王女と偽り狼の国へと嫁がされる。でも番となった狼の国の王子ゼスにすぐにばれてしまうが、ルーイの必死の嘆願で城にとどまる事が出来る。そうしていくうちに少しずつ互いの人柄に触れ惹かれあっていく、、。そこへ、義兄であるアズラクが現れ、戦争への口火を切る凶行に及ぶ。ルーイはこの義兄に酷い目にあっているが、元を正せば、すべての元凶は実父の国王にある。唯一の癒しで想い人であったザフラを、国王に寝取られ、妊娠してできた子がルーイなのである。おまけに、ルーイ親子は半ば幽閉の様な生活を強いられてきたのである。、、。本当にこの国王だけは許せない!!こいつだけは死んでほしい!!戦争が早く終結して、二人に幸せな日々が訪れますように!そうして早く二人の子供の顔が見たいです!! 続きを読む▼
  • (5.0) 人外ではないが狼の花嫁
    モコさん 投稿日:2019/11/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 かわいい表紙で人外モノかと思い購入しましたが読んでみると違います(笑。 先祖が狼だったとされる隣国へ王女として嫁ぐことになったルーイ。半陰陽という秘密を抱えて和平協定の架け橋として輿入れするも結婚相手のユルールにはすぐに正体がバレてしまう。。そのユルールには婚約者のような人物がいたこともわかり自分の置かれている立場が疎まれていて不要とされる逆境の中暮らすことになるけれど。。 2巻まで出ていますがまだお話は続いていてルーイの母国での扱いや生い立ちが徐々に描かれてきて何とも薄幸な様子に同情しきりです。幸せになってほしい。 狼がたくさん出てきますが普通の狼で変身したり人語を操ったりはしません。国の方々は狼と意思疎通ができるようです。エッチは2巻へ来ましたがまだです。未遂はありますが2巻はほぼエロなしです。 続きを読む▼
  • (5.0) まだまだ戦は続くよ
    ペコティママさん 投稿日:2021/10/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 ルーイは戦を惹き起こした戦犯としてみんなからひどい言われよう… ゼスは命をはって戦の最前線… ユルールはルーイを守りたいのに第一王子に阻まれ… アズラクは拷問の痕も痛々しく、狼の国にいても西の国に帰っても命のろうそくは風前の灯火… ハシ〜お前もうちょっと話のわかるヤツだと思ったのに…(TωT) まだまだ辛い状況だけど、ジグルは相変わらずかわいいし、瀕死の兵士が目をさましたり、手当てした兵士に感謝されたりと、厳しい状況の中でも救われる場面がちらほら見られて良かった…(*´-`) でも最後に、ひっそりと推していたマルジャさんが… 頼む!生き延びてくれ(>人<;) 描き下ろしのマルジャさんとユルール様のお話、すごく好き!ルーイ幸せ計画を今後も2人でひっそりと企ててほしいですね! 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

狼×半陰陽!民族BL
設計:人参次郎 (シーモアスタッフ)
『狼は恋に啼く』に始まるシリーズ3作目。りゆま加奈先生が描きだすエキゾチックで繊細な画面が美しい…。狼の国の王子・ゼスと、彼の元に女として嫁いだ半陰陽のルーイ。居場所のないルーイと彼を徐々に受け入れてゆくゼスの関係性が描かれます。続刊では危機もありつつ、愛情を育む二人に萌えが止まりません。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ