マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ女性マンガ講談社BE・LOVE星降る王国のニナ星降る王国のニナ(13)
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
女性マンガ
星降る王国のニナ(13)
13巻配信中

星降る王国のニナ(13)

500pt/550円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

祝☆アニメ化!! 第46回講談社漫画賞少女部門受賞!! 190万部突破の大人気恋愛ファンタジー!

瑠璃色の瞳を持つ少女ニナは、アズールの命を救うため、フォルトナ国の巫女姫・アリシャの身代わりとして大国ガルガダへと嫁ぐ。しかし国交は断絶し、国王となったアズールに諭され、帰国することに。
アズールはニナを「アリシャ」という役割から解放したいと考えていたが、本物のアリシャ姫が現れたことで事態がこじれ、ニナは国外追放を命じられる。
絶望の淵に立たされたニナは、セトに救われ、運命に抗う道を探す決意をする。
「星の民」の手がかりを求め、一行は幽玄の谷<エルスフォービア>へ向かう。
そこで待ち受けていたのはニナにとって辛い現実だった…。
ニナ、アズール、セト、それぞれの想いが交錯し、物語は思いがけない様相を見せていく。

過酷な運命を自らの手で切り拓いていく王宮ファンタジー第13巻!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  13巻まで配信中!

  • 星降る王国のニナ(11) 【電子限定描きおろし特典つき】

    500pt/550円(税込)

    瑠璃色の瞳を持つ少女ニナは、アズールの命を救うため、フォルトナ国の巫女姫・アリシャの身代わりとして大国ガルガダへと嫁ぐ。しかし国交は断絶し、国王となったアズールに諭され、帰国することに。
    アズールはニナを「アリシャ」という役割から解放したいと考えていたが、その矢先、聖誕祭に本物の姫が現れてしまう。
    果たして星離宮の狙いとは――!?
    宿命が嵐を呼ぶ王宮ファンタジー第11巻!  電子限定描きおろし特典つき★
  • 星降る王国のニナ(12)【シーモア限定特典付き】

    500pt/550円(税込)

    瑠璃色の瞳を持つ少女ニナは、アズールの命を救うため、フォルトナ国の巫女姫・アリシャの身代わりとして大国ガルガダへと嫁ぐ。しかし国交は断絶し、国王となったアズールに諭され、帰国することに。
    アズールはニナを「アリシャ」という役割から解放したいと考えていたが、本物のアリシャ姫が現れたことで事態はこじれ、ニナは裁きの場にて国外追放を命じられる。
    亡き者にしようとする者、助けようとする者、様々な手をかいくぐり、ニナは独りで生きていく道を選ぶ。
    それから3か月、終わりを望んだニナの前に、セトが現れ、ニナに問う。
    「ニナ、願いはなんだ?好きなだけ望んで願え」と。
    ふたりは運命に抗う道をともに探すことになり――!?
    過酷な運命を自らの手で切り拓いていく王宮ファンタジー第12巻!

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典が付与されています
  • 星降る王国のニナ(13)

    500pt/550円(税込)

    祝☆アニメ化!! 第46回講談社漫画賞少女部門受賞!! 190万部突破の大人気恋愛ファンタジー!

    瑠璃色の瞳を持つ少女ニナは、アズールの命を救うため、フォルトナ国の巫女姫・アリシャの身代わりとして大国ガルガダへと嫁ぐ。しかし国交は断絶し、国王となったアズールに諭され、帰国することに。
    アズールはニナを「アリシャ」という役割から解放したいと考えていたが、本物のアリシャ姫が現れたことで事態がこじれ、ニナは国外追放を命じられる。
    絶望の淵に立たされたニナは、セトに救われ、運命に抗う道を探す決意をする。
    「星の民」の手がかりを求め、一行は幽玄の谷<エルスフォービア>へ向かう。
    そこで待ち受けていたのはニナにとって辛い現実だった…。
    ニナ、アズール、セト、それぞれの想いが交錯し、物語は思いがけない様相を見せていく。

    過酷な運命を自らの手で切り拓いていく王宮ファンタジー第13巻!

レビュー

星降る王国のニナのレビュー

平均評価:4.7 868件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 買って悔いなし!そろそろ終わるのかな?
    ma-koさん 投稿日:2024/5/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 逆ハーレム好きじゃないけど、これはいい。ニナ良いよね。アズとセトどっちも違う魅力。強制無自覚押し引きが不憫だけど、どっちともくっついてほしい…。相手が一人じゃなくたっていいじゃん!!三人で幸せになろうよ! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 大人買いしましたー
    きなこさん 投稿日:2023/12/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 2024.1.30追記 アズは1番大事なニナの命を守るため、ニナを追放したんだね、きっと。いや、ぜったいそうだと思う。最後、ニナの瞳を見なかったのは、ニナへの想いが溢れないようにするためだよね。だって、心を読めるアリシャがなんだか気味悪くて怖いもの。 自分の虚ろな心のせいでエゴが生じ、自分がニナを危険なめに合わせてしまったと思ったから、フォルトナからニナを追放したんだよね。王という立場の自分が助けに行ったら危険だから、ソルにお願いしたんだよね。アズはニナが大好きなんだ。とにかく何が何でもニナの命を守りたいんだ、ニナがアズを守るためにガルガダに嫁いでいったように。 孤独なアズを見てると辛い。がんばれー、アズー!!やっぱりニナとアズが結ばれてほしい。セトごめんね。 2023.12.23 一気に12巻まで読みました。そして読み返しました。 読み返して、あぁ1巻の最初のシーンはそういうことだったのねと気づきました。悲しい話になっていくこと最初からわかるはずなのに、読み進めるにつれ頭から抜けていました。(というか初めは転生とかの話だと思っていました)。 初めは断然アズ派だったのに、アズのニナへの気持ちが少しでも揺れたのかと思うと悲しい( ; ; ) ニナの瞳を見ることなくニナを追放したあのシーンは、私も傷ついたよ、アズー(/ _ ; ) でも、アズの生い立ちを考えると仕方ないとも思う。アズがアズ自身の問題を乗り越えて成長できる、強くなれると信じてる。 セトについては、初めは、ニナを切りつけてとんでもない、好きじゃないと思ってたのに、魅力的な面をたくさん知るにつれ、セトが大好きになりました。ニナを想う気持ちが揺るぎなくて、もうなんだか有難うと言いたい。 でも、私は、アズとニナが結ばれてほしいと思ってる。セト大好きだけど。セトを思うと心痛いけれど。きっとこれからアズはニナを想って動いてくれるはず。他の方も言及されてますが、ソルにニナを頼むと言ったのだってニナが大事だという気持ちがあるから。だって、あれほど好きだった人への気持ちがそう簡単に変わることはないでしょ。あぁでもセトのおかげでニナちゃん救われてるんだよね。なんかもうわからない。ツラい(笑)。みんな幸せになってほしいです。 読んでいて苦しくなるシーンもあるけれど、素敵なキャラたくさんの星降る王国のニナが大好きです。 特典漫画や制作現場頼りも大好きです 続きを読む▼
  • (5.0) 表紙の花って(追記あり)
    ニコルさん 投稿日:2024/1/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 読みやすいファンタジーで、ニナとアズ、そしてセトを絡めた恋愛関係も良く考えられている作品だと思いました。 衣装素敵ですね。絵がキラキラしています。12巻ではスタービア国が舞台になっていますので、フォルトナ国、ガルガダ国と3種類の衣装が登場しています。主人公のニナが可愛く着てくれています。 登場人物では私はセトが好きなので、どうしてもそちら寄りで楽しく読ませて頂いております。アズ派、セト派の読者が生まれるのは人物の性格設定がしっかり練られているからですね。ニナの行動がどっちつかずでフラフラしているように感じる読者もおられるようですが、それは彼女が置かれた状況から素直な思考(選択)をすると自然とそうなりますよねーって結果だと思います。でもそのことがこの物語の大事なことなのでは?話の流れのなかでニナが無意識であったとしても、“星の民”ニナが「選んでいること」が、この物語のキーになっていると信じています。 これを信じるならば、ニナが「私が見つけた人」「幸せにしたいと思った人」「ギュッギュッとしたくなる」と表現しているのは、セトだけなんざんす(ここだけ興奮してる笑)!! ところで、面白いのが表紙にデザインされている花。実は全部違うんですね。はっきりと分からない花もあり、自分勝手な考察の域をこえませんが、1巻はホオヅキなら花言葉は「偽り」(なるほどね)、3巻はバラで「愛」(まじで?)、4巻はゼラニウムなら「君ありて幸せ」(まじで?セトニナだぞ!)、7巻はラッパスイセンで「報われぬ恋」(アズニナが?)、11巻はサンタンカで「熱き思い」(セトォー!)、12巻はスズランで「再びの幸福」(再会だから?)。表紙の花にはなんらかの意味があるのは間違いないと思います。 うううぅ、、セトの行く末が気になって眠れない。 ということで、とても面白いです。 追記(2024.2.24):「二人の王子との運命の恋の行方は?」と紹介されることが多いので、運命の人とは何かと調べると、運命の人は2人いることがあるんですってね。1人目は「愛を教えてくれて、それを失うことを教えてくれる人」、2人目は1人目の別れを糧にして、「不変の愛を教えてくれる人」とのこと。で、運命の人は「安心感があって自然体でいられる。信頼感もあり、一緒にいてホッとできる」と。この物語が、15歳の少女が同時期に2人の運命の人と出会う話だとしたら、、セトエンド、、かな? 続きを読む▼
  • (5.0) 序盤は最高に大好きだったけど、、、
    jackさん 投稿日:2021/6/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 ストーリー、申し分無く大好きなやつです。まず、アズ&セトがイケ過ぎてて辛い!選ばなきゃいけない?!もう、両方頂きたい!(私が。)はぁ〜、最後にはやっぱりどちらかが辛い思いするのかと思うと、読むの怖いな。もう、2人ともキュンキュン(胸じゃなく、お腹の下辺りが)くるのよねぇ。。出会った当初は、アズも訳あり生い立ちもあり、どこか流れに身を任せて、何も望まずただ生きてるだけといった風で、ニナに対しても淡々としてたけど、両思いになってからは変わっていく。その後ニナが離れてからは、更にかけがえのない存在だと気付いたんだろうなぁ。するりと手からこぼれ落ちて手に入らなかったから、余計にニナに執着してしまいそう。何も望まずきたアズがニナ奪還の為に王になるほど! セトは冷血で有名な程だったけど、徐々に心開いてからは、、、何ですか?あのデレデレは。そして嫉妬。可愛すぎて、、、アズもだけど、コレで更に戦闘めちゃ強いとか、、ふぅ〜、欠点どこですか?!2Dには天は二物も三物もand more...与えるよねぇ。 まぁ、こんな彼等の心の変化、ニナへの思いが募っていく様が、本当に良いです。あと、冒頭の「私はこの人に2度殺される」、、、ってのが、とても気になるところであります。何故あの展開に至るのか、またあの先はどうなるのか。とにかく、続刊が待ち遠しいです!つか、待てない。----------------------最新刊まで読んで→現在はニナが分からな過ぎる。ニナ自身、想いはどうあれ、覚悟して嫁いで来たことに変わりはないんだよね?! でもやはり簡単にアズへの想いは、消せないというのなら、少し打ち解けた頃にセトに正直に伝えてもよかったのかも。「嫁いで来たのは、はじめの理由はアズを守る為、アズへの想いから。でも貴方を知っていくうちに、私は貴方にも惹かれ、今ではあなたも大切な人だという事に偽りはない。最初から全ての心はあげれないかもだけど、許して欲しい。これからは一緒に幸せになりたい。」とか。その方がずっと誠実かも。でも、あんなにはっきり「私が一生、幸せにする!」的な事を自分からセトに言いはなったからには、スパッとアズへの想いは断ち切らないとだよねぇ。アズにもハッキリ伝えてあげて。中途半端で、これでは2人とも生◯ろし。ただの男タラシになってる!あと、ニナの見かけの方も大人の女性っぽく成長して欲しい!以前ほど続刊が待ち遠しくなくなったかも。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ムフルムは兄上好き
制作:そのめろ(シーモアスタッフ)
友達に裏切られ人買いに売られたニナ。男の子かとおもいきや実は女の子!!がそこで出会った男に今日から姫だと言われアリシャとして姫として生まれ変わることに!!リチカ先生が描くアリシャ姫の『バレてる完全に』のシーンの顔がツボwww

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「星降る王国のニナ」

【声の出演】

ニナ:田中美海 / アズール:梅原裕一郎 / セト:内山昂輝

【あらすじ】

フォルトナ国城下で孤児として暮らしていたニナは、星の神のごとき深き青――瑠璃色の瞳を持っていた。事故で亡くなったフォルトナ国の王女アリシャと同じ色の瞳ゆえ、第二王子アズールに見出され、ニナは王女に成り代わることを求められる。身代わりの星の巫女として、王女として、与えられた使命――それは三月のあと、大国ガルガダの第一王子セトに偽りの花嫁として嫁ぐこと。運命に翻弄されながらも、誰かに必要とされることに喜びを感じるニナ。そのまっすぐな瞳が見ているものとは……。愛する人を守る決意をしたとき、それぞれの運命が大きく動き始める!!

【制作会社】

シグナル・エムディ

【スタッフ情報】

原作:リカチ

監督:駒屋健一郎

シリーズ構成・脚本:山田由香 / キャラクターデザイン:竹谷今日子 / 音楽:田渕夏海

【関連リンク】

公式サイト「星降る王国のニナ」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ