漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

リエゾン ーこどものこころ診療所ー(1)

通常価格:
610pt/671円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数27件
リエゾン ーこどものこころ診療所ー(4巻配信中)

作品内容

現代日本の痛みを描く医療漫画の新機軸! この児童精神科医は、発達障害を凸凹と呼ぶ。あなたの凸凹にハマる生き方が必ずある。/日本で発達障害と診断されている人はおよそ48万人。そして、子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。人知れず学校や家庭でトラブルを抱え、孤独や苦痛に耐えながら生きる人たちがいる。児童精神科医は、そんな親と子に向き合い続ける。第1巻は「でこぼこ研修医のカルテ」「金の卵」「学校に行けない子ども」の3編を収録。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

  • リエゾン ーこどものこころ診療所ー(1)
    登録して購入
    通常価格:
    610pt/671円(税込)
    現代日本の痛みを描く医療漫画の新機軸! この児童精神科医は、発達障害を凸凹と呼ぶ。あなたの凸凹にハマる生き方が必ずある。/日本で発達障害と診断されている人はおよそ48万人。そして、子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。人知れず学校や家庭でトラブルを抱え、孤独や苦痛に耐えながら生きる人たちがいる。児童精神科医は、そんな親と子に向き合い続ける。第1巻は「でこぼこ研修医のカルテ」「金の卵」「学校に行けない子ども」の3編を収録。
  • リエゾン ーこどものこころ診療所ー(2)
    登録して購入
    通常価格:
    610pt/671円(税込)
    現代日本の痛みを描く医療漫画の新機軸! この児童精神科医は、発達障害を凸凹と呼ぶ。あなたの凸凹にハマる生き方が必ずある。/日本で発達障害と診断されている人はおよそ48万人。そして、子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。人知れず学校や家庭でトラブルを抱え、孤独や苦痛に耐えながら生きる人たちがいる。児童精神科医は、そんな親と子に向き合い続ける。第2巻は「虐待の連鎖」「志保の告知」「お受験ママと子ども」の3編を収録。
  • リエゾン ーこどものこころ診療所ー(3)
    登録して購入
    通常価格:
    610pt/671円(税込)
    子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。親は我が子の成長を喜ぶ一方で、育てる難しさを感じ、一つの疑問とともに佐山クリニックを訪れる。――この子は発達障害ではないか? 相当な不安と覚悟を持つ親に児童精神科医が掛けるべき言葉とは何か。そして、謎に包まれていた佐山の過去が徐々に明かされる。”告知”と向き合う家族を描いた「療育」編、私立小学校を受験する幼児の心の叫びを描いた「お受験」編ほかを収録。

    児童精神科医の物語に『コウノドリ』の鈴ノ木ユウ氏共感!! 「子どもの成長は嬉しい。ただ時に、親は不満を感じたり、不安になったり、自信をなくしてしまうことだってある。僕はそんな時、ただ息子を抱きしめます。この世にはこんなにも暖かいものがあるんだよって、いつも教えてくれるから。『リエゾン』を読み終わった後、ただ子どもを抱きしめてみてください」
  • リエゾン ーこどものこころ診療所ー(4)
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。佐山クリニックの受付係・市川渚は、児童自立支援施設から一時帰宅中で、隣室に暮らす少年・阿形俊彦を気に掛ける。非行に走った俊彦は複雑な家庭環境で育ち、ある問題を抱えていた。そして、佐山クリニックでは、研修医・遠野志保が、佐山卓から、児童精神科医として診察の心構えについて、指導を受ける。限られた診察時間の中で、志保はわが子の成長に疑問を持つ母子とどう向き合うべきなのか――現代の不良と障害の複雑な関係を描いた「非行少年」編、心の病と精神科を取り巻く現状について描いた「病院選び」編ほかを収録。

    児童精神科医の物語に『コウノドリ』の鈴ノ木ユウ氏共感!! 「子どもの成長は嬉しい。ただ時に、親は不満を感じたり、不安になったり、自信をなくしてしまうことだってある。僕はそんな時、ただ息子を抱きしめます。この世にはこんなにも暖かいものがあるんだよって、いつも教えてくれるから。『リエゾン』を読み終わった後、ただ子どもを抱きしめてみてください」

レビュー

リエゾン ーこどものこころ診療所ーのレビュー

平均評価:4.4 27件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 秀逸な作品です
    わにさん 投稿日:2021/5/17
    脳の発達障害による内容をマンガで分かりやすく伝えてあります。周りの大人が子どもに寄り添う姿勢に勇気付けられる。

高評価レビュー

  • (5.0) こういう病院が増えれば良いと思う
    teiさん 投稿日:2021/4/27
    少子化対策と言いながら生まれてきた後のフォローが足りないのだと思う。せっかく生まれてきた大切な子供なのだから、家庭の問題で死んだり社会的弱者にならないよう子供の頃から手厚く保護できないのだろうか。 この作品で描かれているような小児精神科医 を国策で増やすとか、面談で要注意になった子供は病院での診察を義務付けるとか、一緒にいることが害悪になる親なら強制的に保護するとか、体系的な方策を考えて欲しい。メンタルって寛解するまでに何年もかかるから、外科や内科の医者より多くないとちゃんとした医療はできないと思う。とにかく子供を持たない私だが色々勉強になる漫画だった。 しかし小児科関連の漫画、主人公は田舎の小さな個人病院の院長で、海外で修業した凄腕医者だけどなんらか家族との軋轢がある、というのが多い。流行りなのか。 もっとみる▼
  • (5.0) まずは知らねば、
    216さん 投稿日:2020/12/25
    でも、何を?どこから?と思い、戸惑い、迷ったとき、手に取りやすい漫画という形であるこの本を読んで頂きたい。当然、全ては描かれていない、必ずしも事象が正しく描かれているというわけではない(専門家ではないのでわからない)のかもしれない、が、受け 口の広さと描かれている情報の偏向性は小さいはずなので、掴みとしては非常に良いと思う。発達障害は当人の周囲、乃至、当人自身が困っていたなら障害、そうでなければ、個性、だと思う。生きている限り、障害も個性も消滅はしないけれど、何かしらのアクションで大きさも形も変えていけると信じたい。願わくば、誰しもに佐山クリニックのような強い味方が在りますように。 もっとみる▼
  • (5.0) 我が子が分からないお父さん、読んでみて
    tjさん 投稿日:2020/6/23
    今の発達症の対策が良く表せてます。これから先、学校側の話や、中学や高校の対応、大学や就職とか読みたいです。うちはまさに読み書き症の子どもと進んでます。お父さん!是非、子どもを知りましょう。人と違うことは恥じゃない。ただ、子どもは生きづらいで す、むずかしいです。あらゆるところで否定され続けてます。親は肯定しましょう、それから、です。ある程度年齢が進むと本人も受け入れれず、成人の発達症の話もあり、参考になります。そこ、上手く表現できていて、感動です。お母さんたちは頑張ってます。お父さんたちも頑張ってます。子どもたちはもっと頑張ってます。おすすめ! もっとみる▼
  • (5.0) 面白かったです
    ながさん 投稿日:2020/6/28
    それこそ私自身も発達障害(自閉症スペクトラム)の子供を育て中なので、うんうん!そうそう!ウチの子もそういう所あるんだよな〜と頷きながらあっという間に読み終えてました。大人の発達障害のマンガも何冊か読みましたが、不安を煽るような内容ではなくて 、じゃあ大人が子供に今何をしてあげれるだろう…と寄り添った内容で、作中に出てくる先生も発達障害を凸凹と表現してるところからも、この作品のなかから優しさを感じました。心がほんわかしました。良い面もクローズアップされてて良かったです。主人公の先生のこれからも気になります! もっとみる▼
  • (5.0) 色々と胸にささるものがあります。
    あひるさん 投稿日:2020/7/9
    現在38歳、数年前にやっとADHDという言葉と、抜毛症という言葉を知りました。 小さな頃から些細な忘れ物やミスを繰り返し、中学では抜毛症を発症するも看護婦の母や兄弟も私を責めるばかり。 成人してからも小さなミスやもう退職するしかないと思 う程のミスも繰り返してきました。 この漫画の主人公をみて、思い当たるのがいくつもあり、子供の頃にこの言葉を知っていたらもう少し何かかわれたのかなと思うこともあります。 この漫画はとても勉強になります。 買って良かったです。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 発達障害
    ヨンチャン先生・竹村優作先生の描く子供の発達障害のお話・・・すごく重い話だし、子供のころから障害がある子なんて少ないと思っていたけど結構細かいことでもあるんだなと勉強になりました。佐山先生はとてもやさしい先生で小児科にこんな先生がいてくれたら親も安心ですね☆
    営業:カレー王子
▲ページTOPへ