漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

放課後のエチュード【電子限定かきおろし&おまけマンガ付】

通常価格:
689pt/757円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数184件
放課後のエチュード(1巻配信中)

作品内容

――あなたに認められたい。
そして、いつか…俺にも夢中になってほしい。

舞台はとある芸術系高校。
バレエ学科の凡人学生・見延千裕は、性格激悪と噂の先輩・一宮 瞬と出会い、その天才的なダンスセンスに一目惚れしてしまう。
学校独自の風習「ペア練」で一宮と2人きりの放課後レッスン権を手に入れた見延だったけど、なぜか一宮が“カラダの関係”を迫ってきて…!?
恋と青春の本格バレエBL、堂々開幕――!!!
電子限定かきおろしマンガ1pと商業誌未収録の14pも収録。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 放課後のエチュード【電子限定かきおろし&おまけマンガ付】
    登録して購入
    通常価格:
    689pt/757円(税込)
    ――あなたに認められたい。
    そして、いつか…俺にも夢中になってほしい。

    舞台はとある芸術系高校。
    バレエ学科の凡人学生・見延千裕は、性格激悪と噂の先輩・一宮 瞬と出会い、その天才的なダンスセンスに一目惚れしてしまう。
    学校独自の風習「ペア練」で一宮と2人きりの放課後レッスン権を手に入れた見延だったけど、なぜか一宮が“カラダの関係”を迫ってきて…!?
    恋と青春の本格バレエBL、堂々開幕――!!!
    電子限定かきおろしマンガ1pと商業誌未収録の14pも収録。

レビュー

放課後のエチュードのレビュー

平均評価:4.7 184件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 期待しすぎてしまった…
    yuaさん 投稿日:2021/6/20
    ヒーリングパラドックスの作者さん×バレエなんて絶対イイに決まってる!という確信のもと購入したので、心のハードルを上げすぎてしまった模様。全体的に唐突感がある。だからなのか、「この先どうなるんだろう?」みたいなワクワク感があんまりない。作者さ んのバレエ愛がやや空回ってしまっているように感じる。。好きなものを描くのって逆に大変なのかも、と思った。基本的には4か5しかつけないのだけど、結構ガッカリ感が強くてつい辛口に。ごめんなさい…。作者さんは応援しているけど、この作品については2巻、いつもの即買いはしないかも。。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 画力!デッサン力!ストーリー!
    ダダさん 投稿日:2021/5/10
    デビュー作の「ヒーリングパラドックス」が発売された時、もうこちらの連載も始まっていて、その時から発売をとっても楽しみに待ってました!しかも嬉しい紙・電子同時発売。電子組にも優しい! さてさて、本作品は表題作のみ全5話+描き下ろしで合計22 9ページ。私立の芸術系高校が舞台で、クラシックバレエを専攻する見延は、偶然ケンカの相手を一蹴する一宮先輩を見て心を奪われてしまう。天才的な才能を持つと評判のその一宮先輩と、半年間の放課後練習ペアになって…という展開です。グイグイくる年下ワンコと強気な年上受けという属性も美味しいし、体格差も美味しい。体格に恵まれているけれどなかなか芽が出ない見延と、才能はあるけれど体格に恵まれなかった一宮先輩、二人がお互いにないものを補い合いながら更に上を目指すというのが、単なる救済でも相互依存でもなくて、それが良い読後感に繋がったのかなと思います。講師(先生?)の二見にはモヤモヤさせられましたが、二人の絆がより深まったので良しとして。直接的な表現で二見をギャフンと言わせられたわけではないですが、これはこれで良かったのかな。もう後は皆さん満場一致の意見かと思いますが、素晴らしい画力!作中で一宮先輩が見延に、見られることを意識して指先まで力を入れてと言ってるんですが、この作品の絵がまさにその通り。手先、足先までとっても綺麗で、たなびくシャツのその末端まで美しい!だから絵の動きが自然だし綺麗なんですよね。あまり馴染みのない芸術系高校のお話ということで、説明的な文字が多くて読むのにちょっと時間が掛かりますが、繰り返し読みたい作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) 2冊目がこれとは恐れ入ります
    鈴木さん 投稿日:2021/5/12
    デビューコミックスが素晴らしかったことはあまりに記憶に新しく、作家買いする作家さんが増えて嬉しいなと思っていたところでした。 肉体美を描くのが上手いというのは存じておりましたが、1冊目はどちらかというとエロメインの作品だったので(内容的に も大満足でしたが)、今作の題材がバレエと知って「おや?」と思ったものの、迷わず購入。 もう大正解中の大正解でした。 こんな作家さん、今までどこに眠ってたんですかね。 やっぱり絵が上手い、バレエやダンスの解説も楽しい、一生懸命な攻めに絆されていく受けの心情の変化も素晴らしい。 デビューコミックスとのギャップありすぎますよ。 今作は肉体美こそ拝めるものの、エロはそれほど多くはありません。 本番も描き下ろしでようやく見れるくらいですし、それだって体を描くのが上手いので色っぽいけれど、体より心の繋がりの方に重点をおいているかんじでした。 だからこそ、こんな話も描けるのかと思うとますます大好きなっちゃいましたね。 今回の題材については作者さん自身が経験者(?)というのもあるかも知れませんが、やはり知識のある方が描くと魅入ってしまいます。 唯一気になる点をあげるなら先生のその後と、あとは付き合ってからのイチャラブでしょうか。 なまじ描ける、というのをデビューコミックスで思い知らされている分、この二人のエロももっとみたいと欲深く思ってしまいました…。 続いてくれたら嬉しいな。 とりあえず極上の肉体美を拝みにもう一周してきます(笑) もっとみる▼
  • (5.0) タイツがヤバい合法エロの素敵DKバレエ話
    MWさん 投稿日:2021/5/10
    「ヒーリングパラドックス」で鮮烈なデビューをした作者さん。新刊でるのずーっと楽しみにしてました。元々バレエ好きなので、バレエ男子どうし(しかもDK)の恋愛、もー最高でしかないです!なんてったって、上半身裸で踊る身体つきがエッチい、そしてタイ ツがあれがヤバい、合法エロ!!タイツだから修正必要ないですしねー。昼寝先生はバレエ経験が長いとのこと、ご自身の経験を活かした指先まで丁寧な振り付けと練習風景や舞台の場面作り、ほんとに素敵でした。 芸術科がある高校の1年に転入してきた身延。クラシックバレエ専門で183cmの身長があり体格はいいが表現力はイマイチと言われ続けていた身延は、学校内で圧倒的な存在感をもつ先輩の一宮と出会い魅了される。バレエの天才と言われていた彼はコンテンポラリー専攻になっていた。もうクラシックは踊らないというけど、どうしても先輩とペア練習の相手になって踊ってもらいたい、ずっと先輩を見ていたい。。。 クラシックバレエだと、生まれつきの体格差で優劣があって、一宮の身長は166cmの身長なんですよね(私と同じだ!男性バレエダンサーとしてはけっこう低いかも。)自分では努力をしても変えられない乗り越えられない悔しさ、でも踊りたい、好きでたまらない、その気持ちが溢れ出てくる舞台シーン、素晴らしかった。そして、待ちに待った素敵エチもちゃんとありますよ〜。キャー。しかも続きます!これ以上何を望めばいいというの!ありがとうございます、先生!正座して続巻待ってます! もっとみる▼
  • (5.0) 天才ですか?
    バカだもんさん 投稿日:2021/5/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 前作のデビュー作「ヒーリングパラドックス」もすごく良かったですが、また越えてきましたね!素晴らしい。レビューは皆さんがしてある通りです。 先生と言えば肉体美。レビューにもありますように、画力にデッサン力に加えストーリー構成、本当に素晴らしいです。バレエという繊細なテーマ通り緻密な作品。頭の天辺から指先までしなやかさが伝わりうっとりします。そして先生のバレエに関する知識の深さがよくわかります。合間に挟まれるバレエやコンテについての雑学がより理解を深めてくれます。 体格に恵まれるもパッとしない見延と、バレエの才能はあるが体格に恵まれなかったイチさん。見延がイチに惚れ込みペアレッスンを頼み込み、徐々にお互いを補うように2人の距離が近付いていきます。イチにより、見延の才能も引き出されつつあります。2人の距離が近付きイチャつく度にキュンキュンしちゃいます! イチのバレエにはほんと惚惚しちゃいますよ〜。見延の雄々しい演技も良かった!見延の才能が開花するのもこれからかな?嬉しいことに次もあるそう。まだ気になることもあるし、エチはあるものの2人の関係性が深くなるのもこれからといった感じで1巻が終わるので、すごく楽しみ。大きな試練とかあったらどうしよう。次刊発売されたら即買います! 続きを読む▼
  • (5.0) 魅力的な作品だとは思います。
    りんさん 投稿日:2021/5/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 前作が強烈に好みだったので即購入。期待していたせいかもしれないですが、今回は個人的に刺さらなかった…。でも、決して内容が悪いわけではなかったです。魅せられるシーンもあり、気はがつけば作中に引き込まれてたりもして。完全に個人的な好みの問題だと思います。 字が多く読みづらさを感じたのと、詳細な説明はバレエのことを知る上では興味深くて面白かったですが、ストーリーにはそこまでいるかな…と思わなくもなかったり。内容が途切れる気がして惜しい気がしました。 イチさんが見延に表現力を指導するシーンがあるのですが、かざしたイチさんの手に触れるか触れないかほどに指先を伸ばす見延。見延のイチさんへのもどかしい想いもバレエの専門的なこともすごく伝わって来たので、漫画だからこそのニュアンスで良いのではないかな、と思いました。 河原の告白のシーンもすごく素敵でした。第三者の目を惹き付ける想いが溢れたダンス。私も綺麗だと思いました。繰り返し読んでたい (^^) そんな目を奪われるシーンがあるのに、ラストが唐突に終わっている心残りもあって。二見先生やイチさんに関しても焦点がブレてた気がしないでもなく…。ちょっとモヤる感じです。 続きを読む▼
▲ページTOPへ