漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

サイケデリック・ベイビー【電子限定&シーモア限定W特典付】

値下げ【期間限定】5/13まで
通常価格:
719pt/790円(税込)
価格:
503pt/553円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数16件
サイケデリック・ベイビー(1巻完結)

作品内容

電子限定特典に加え、コミックシーモア限定の描き下ろしマンガも追加収録!
「絵」だけが好きだったはずなのに
仕事も恋も無難にこなす雑誌編集・撫木 樹。そんな彼が人生で唯一執着する天才画家・天花寺蓮の担当に。
鬼才と聞く蓮だが、対面した本人は天然ゆるふわ、しかもスランプ打破のため撫木を押し倒してくる男で!?
ただれた関係になり、距離感を大切にしたいと思うもキス一つおぼつかない蓮が次第に愛しくなる撫木。
しかし絵に己を捧げる彼に「好き」という感情が重くのしかかり…。
羨望と憧憬と執着と――美術系男たちのこじらせ・ドラマティックラブ!
電子限定描き下ろしマンガ1P付

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • サイケデリック・ベイビー【電子限定&シーモア限定W特典付】
    登録して購入
    値下げ【期間限定】5/13まで
    通常価格:
    719pt/790円(税込)
    価格:
    503pt/553円(税込)
    電子限定特典に加え、コミックシーモア限定の描き下ろしマンガも追加収録!
    「絵」だけが好きだったはずなのに
    仕事も恋も無難にこなす雑誌編集・撫木 樹。そんな彼が人生で唯一執着する天才画家・天花寺蓮の担当に。
    鬼才と聞く蓮だが、対面した本人は天然ゆるふわ、しかもスランプ打破のため撫木を押し倒してくる男で!?
    ただれた関係になり、距離感を大切にしたいと思うもキス一つおぼつかない蓮が次第に愛しくなる撫木。
    しかし絵に己を捧げる彼に「好き」という感情が重くのしかかり…。
    羨望と憧憬と執着と――美術系男たちのこじらせ・ドラマティックラブ!
    電子限定描き下ろしマンガ1P付

レビュー

サイケデリック・ベイビーのレビュー

平均評価:4.3 16件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) いつの間に
    何様さん 投稿日:2021/4/15
    不本意な理由で描けなくなった人が他の画家を心の支えにするかなあ? っていうのが読んでる間ずっと気になってしまった。 あと、なんでもできるくらい好きって言う時点ではそこまでこっちに気持ちが伝わってきてなくて、え、そうなの?いつの間に?って なった。 好旬さんをもっと絡ませたら面白くなった気がする。 描きおろしが好きです。 私はバドエン読んでみたかったな。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 神の如き極彩色の天才画家
    ねねさん 投稿日:2020/6/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 無難に日々を過ごす無気力な雑誌編集者・樹×極彩色の天才画家・蓮。何事もほどほどにやり過ごす樹は、唯一強い関心を抱く画家・天花寺蓮の担当編集に。メディアで見る姿とはまったく違う蓮に戸惑いながらも、インスピレーションを得るための触れ合いから徐々に深い関係に。堂々としてグイグイ来るのにキスも初心者の蓮がいかにも浮世離れした天才っぽい。次第に恋人のような関係になり、絵だけじゃなく蓮そのものにも惹かれた樹は浮かれるけど、幸せを感じるほどに蓮の絵は変わっていく。あとがきにどこか死の香りが…と書かれてましたが、幸せなハッピーエンドにしか見えなかったな。描き下ろしを見ると新たな道も拓けているようなので、破滅型が幸福を得て進化する再生ものといった感じ。最初の事なかれ主義から一変、本気になった樹の情熱と覚悟が一線超えかけてる感じがすごくよかったです。好旬さんも面白いキャラでした。 続きを読む▼
  • (5.0) 作者の過去作品とは感じが違っても、良作
    奈良屋さん 投稿日:2021/1/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 他の方々のレビューをたくさん読んでから購入したので、実は不安でした。 試し読みでは割とライトなのに、後半ダークなのか? あるいは作者さんの初期構想ではバッドエンドだったものをハッピーに仕上げた為に凄く中途半端な終わり方なのか?など…。 …と思って読んでいたせいか、いや、思いのほかちゃんとストーリーが進んでまとまってくれていた、良かった!というのが正直な感想です。中途半端に感じるのは、主要キャラの人生の分岐点とかリスタートがラストだからなのかな、と私は思います。 芸術家が登場し、その才能欠乏からのバッドエンド作品はこれまで多く読んできました。でも、サイケデリックベイビーのように、そうじゃない物語があってもいい、むしろ、この作品はバッドでないラストで良かったです。読後感も明るい気持ちになれて、素敵な作品でした! 白抜き修正。雰囲気も良かったです。 続きを読む▼
  • (5.0) 初めて読みました!
    りりさん 投稿日:2020/7/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 この作家さんは初めて読んだのですが、サンプルを数ページ読んだだけで引き込まれてしまいました。まず、編集者と画家っていう設定がありがちだけども、萌えますよね。しかも、編集の方はその才能に惚れ込んでいるというところからの体の関係で、もっとどろどろするかと思ったけども受けの性格がかわいくて、良かったです。受けの子が見た目女の子過ぎるかなとも思ったけれども、読んでいくうちに慣れました。二人の過去のこととか、もう少し詳しく書かれてたら深い話になったのかなと思います。 でも、ハッピーエンドで好きな話です。 続きを読む▼
  • (5.0) 初期設定、変えていただきありがとうござい
    Motchiさん 投稿日:2020/9/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 とーっても面白かったのですが、後書きの初期設定を読んで戦慄しました。 そういう話も好きなのですが、この2人はこの結末で本当に良かった…! (その場合、蓮の性格も違ったようですが…) 続きを読む▼
  • (5.0) 破滅型芸術家とファン
    mocoさん 投稿日:2020/9/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 破滅型芸術家とそのファンである担当編集の話でとてもとてもよかったです。後書きにかいてらしたバッドエンド版も少し見てみたかった! 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • 人生をかけた恋愛
    湯煎温子先生らしいポップで可愛い絵柄とは裏腹に、自分にとっては深く重い作品でした。画家の蓮は、担当編集者である撫木との出会いをきっかけにその作風が大きく変わります。蓮と撫木の恋愛は、人生を共にする気概をもったものだと思わされる展開で、強く心に残りました。第三の重要人物、豊春も魅力的です。
    制作:そのめろ
▲ページTOPへ