電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

モノトーン・ブルー【電子限定かきおろし付】

通常価格:
749pt/823円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数27件
モノトーン・ブルー(1巻配信中)

作品内容

世界はモノトーンで退屈だった。――彼が来るまでは。

猫のハチがいる獣だらけの学校に転校してきた蜥蜴のアオイ。
単調な毎日を持て余していたハチにとって、それも別に興味を惹かれることではなかった。
しかし放課後、アオイの小さな秘密を覗き見る。
それは目の覚めるような、強烈な、青。
必死に隠そうとするアオイにハチは一つの提案をする。
人外ストーリーテラー、ながべの獣人青春BL!
電子限定描き下ろしマンガ1Pも収録。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • モノトーン・ブルー【電子限定かきおろし付】
    登録して購入
    通常価格:
    749pt/823円(税込)
    世界はモノトーンで退屈だった。――彼が来るまでは。

    猫のハチがいる獣だらけの学校に転校してきた蜥蜴のアオイ。
    単調な毎日を持て余していたハチにとって、それも別に興味を惹かれることではなかった。
    しかし放課後、アオイの小さな秘密を覗き見る。
    それは目の覚めるような、強烈な、青。
    必死に隠そうとするアオイにハチは一つの提案をする。
    人外ストーリーテラー、ながべの獣人青春BL!
    電子限定描き下ろしマンガ1Pも収録。

レビュー

モノトーン・ブルーのレビュー

平均評価:4.7 27件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 心に響きます。
    vamさん 投稿日:2021/8/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 初読み作家様です。フリマアプリでズラリとBL本の写真が並ぶ中、一際目を引いた鮮やかで眩しいブルー。紙本の帯の部分です。そして、対照的な表紙のモノトーンの絵。人外である猫とトカゲがまた好奇心をそそりました。視覚的な効果はかなり重要だなと、改めて実感しました。そして、まんまと落ちた私。迷う私の背中を押して下さったのは、大のお気に入り『おっふ、、』のフォロー様でした。いつも、ありがとうございます。『いいね』が一回しかポチっと出来ないのが残念です。今夜も抱き潰します。ぎゅう〜。 獣が通う学校に転校して来た爬虫類は珍しく、トカゲのアオイ君もその一人。まるで興味がなさそうな猫のハチ君ですが、アオイ君の鮮やかな色のしっぽを見て以来、急速に仲良くなって行く、という展開。 爬虫類が苦手な方、私も苦手ですが、爬虫類と見ないで二人の心の交流に重きを置いて欲しいんです。 マイペースなハチ君と遠慮がちなアオイ君。種族も違うし、性格も違うけれど、ハチ君にとってはそんな事関係なくおおらかに受け入れるのがね、いいんです。アオイ君の中にあるコンプレックスが彼を萎縮させてしまうけど、自分が気にしているものほど、ハチ君のように他人には気にならない事かもしれません。過去の辛いトラウマを持つ彼には、ハチ君が救いになったはず。何故、他人と違うというだけで、理不尽な攻撃を受けなければならないのか。アオイ君の哀しみや苦しみが辛くて、胸が痛みます。涙です。異端児扱いしてオモチャのように苛める獣達。もし爬虫類の世界に、一人獣がいたら逆に一人の獣が異端児なんだという事がなんでわからないのか。ひよってる者ほど、一人では何も出来なくて、多人数になると急に気が大きくなる大バカ者が多い世の中。なんとも情けない。種族が違えども、人種が違えども、同じ生命を持つ者。差別や苛めをする事が如何に人として愚かであるか……あぁ、この作品、学校の教材に使って欲しいくらい良作です。ハチ君とアオイ君の友愛が素敵です。 ハチ君の嫉妬の感情が、まだ友達のラインを越えているのかビミョーですが、これは私的にはBLでなくてもいいと思うのです。フォロー様の仰るように、このままの関係でまだまだ見ていたいですねぇ♪その先に変化があったとしても、不思議じゃないけど、今はまだゆっくり友情を育んでも悪くはないかなと。 『人外ストーリーテラー』と呼ばれるながべ先生。お見事! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) モノトーンの世界に煌めく青い尻尾
    ピカニキさん 投稿日:2021/6/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 授業中は居眠りか毛繕い、テストは白紙といういつもマイペースなハチは、猫ゆえに青と黄色とモノトーンの世界に暮らしています。その獣だけの学校にトカゲのアオイが転入してきます。成績優秀で真面目なアオイは何故か尻尾を隠しているのですが、その尻尾が美しく鮮やかな青色であることをハチは偶然知ります。他人に興味の無いハチですが、アオイの尻尾のことを秘密にする代わりに、放課後そのキラキラした尻尾を見せてもらう約束をし、やがて一緒にお昼を食べるようにもなります。アオイのことがどんどん気になってくるハチですが、アオイは獣ではない弱い自分への自己否定で一杯なのでした。学校を舞台に、換毛と脱皮や恒温と変温、夜目の利く利かないなど哺乳類と爬虫類との対比が恋愛に絡めて巧みに描かれています。アオイが嫉妬したハチに噛まれるシーンがありますが、これはトカゲが猫の捕食対象であることを前提に、ハチのアオイを自分のものにしたいという衝動の強さと、最終的にはそれを受け入れるアオイの覚悟という最大の濡れ場かと思いました。真っ直ぐな男前のハチと、うるうるした大きな瞳の美人なアオイとのほんのり甘い人外BL、ぜひご一読下さい。 続きを読む▼
  • (5.0) 素敵な作品です
    律花さん 投稿日:2021/6/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 表紙に惹かれて購入したものの、ネコとトカゲかぁ、ハマれるかな、萌えられるかなと思いながら読みましたが…全くの杞憂でした。全然違う2人が出会って芽生えた想い。まさに青春BLで、甘酸っぱくてキュンキュンしました。 自分とは違う形、色、性質。自分にないものに惹きつけられて、近づいて寄り添っていく2人がたまらなく可愛いです。2人の間ではっきり言葉にはしないんだけど、惹かれ合い想い合っているのがよくわかる。甘く爽やかで、このままずっと2人を見守っていたくなりました。 最初は驚いたアオイくんの姿ですが、特異なトカゲの姿であることが重要なんだと思いました。異質であるということがわかりやすい。でもハチの言うように違うことが悪いことではない。BLだけには収まりきらないメッセージがありました。そこに淡く純粋な恋が絡んでバランスの良い作品に仕上がってます。キラキラ清々しい作品なのでぜひ読んでみてほしいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 爬虫類の美しさ
    梅干しさん 投稿日:2021/6/22
    猫獣人×トカゲ獣人。爬虫類って美しいですよね。曲線とか鱗とか頭蓋に比して眼球が大きいところとか。「とつくにの少女」の作者様による獣人BL。古き良き少女漫画みたいな少女趣味とBLの相性の良さがとても好きなのですが、それを味わうことができました 。正直BL未満と思います。それでもジャンルがBLなことが嬉しい。1巻で終わってしまうのはもったいない。もっと深堀り出来るお話と思います。実のところこれだけだと消化不良の感はあります。エロが見たいとかではなく、恋愛に発展しないまでももっと二人が近づいていく様が見たいです。完結になってないので続いてるのかな。ちゃんと人外らしい獣人でとても良かったです。さすが作者様。余談ですが、トカゲってしっぽ切った後食べに戻ってくるらしいですね、強かさが美しい。合理的。もし続くなら強かさが見れたらいいな。 もっとみる▼
  • (5.0) あらゆる悩める人に
    Ruleyさん 投稿日:2021/6/21
    種族の違う人外物。猫とトカゲって大丈夫なんか?と思ってました。ケモミミとかでなく完全に猫とトカゲ。二足歩行の文化種。人外物好きなんですが、ケモミミは人間が濃ゆいので好きじゃないんですが、これはかんぜんに獣なのでとてもよかった。 種族の違い もきちんとストーリーの中に絡んでくる。 ストーリーはその種属の違いを自己否定やサ別とうまく関連付けた話。これは獣でなく、人間の現代社会の中でもある歪みで誰もがぶち当たる悩みだと思う。その表現がうまく獣の種族差で描かれていて、ものすごくうまく設定を活かした作品でこの作者の漫画表現に唸らされました。 エロは全くないんですが、青春BLとしてかなり胸キュン度は高いです。ハチ(猫)の嫉妬が可愛い! エロ目的の人にはおすすめできませんが、ストーリー重視の人には強くおすすめできます。 もっとみる▼
  • (5.0) 青春
    れいさん 投稿日:2021/6/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 人外とのことで購入しました。 Hなどはなし。告白もなし。キスもなし。 最後、告白を書かない展開で「今後どうなるのか」を期待させる・想像させる作品でした。 絵には特徴あり。好みでした。 濡場なし告白無しなので物足りないと思う人もいるかもしれないです。自分は読み終えて清い心になれました。描かれていないところでハチくんが告白してくっついてほしいなぁ…。でもアオイくんの家が厳しいならどうなんだろ…。 読解力がないせいか、噛まれたのに完全拒絶などせず許したところは「前にいじめを受けてたのに大丈夫だったの?」と思いました。また読み直して考えてみます。 前の学校のいじめの描写やいじめで服をぬがしたりのシーンがあります。苦手な方はご注意を。 貴重な人外×人外ありがとうございました。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ