電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

動物のお医者さん 1巻

通常価格:
450pt/495円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数211件
動物のお医者さん(12巻完結)

作品内容

今日も獣医学部のユニークな仲間とかわいい動物たちは大騒ぎ。思わずニヤリのおもしろさで、国民的人気大爆発のドクトル・コメディ!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全12巻完結

  • 動物のお医者さん 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    今日も獣医学部のユニークな仲間とかわいい動物たちは大騒ぎ。思わずニヤリのおもしろさで、国民的人気大爆発のドクトル・コメディ!
  • 動物のお医者さん 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    毎度お騒がせのH大獣医学部の仲間たち。人間、動物、細菌たちがエンジン全開!! お医者さんて、ぶっとい神経が必要だったのね!! 公輝(ハムテル)くん、ガ・ン・バ・レ!!
  • 動物のお医者さん 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    絶好調、ドクトル・コメディ第3巻!! 今日も公輝(ハムテル)、二階堂、チョビ(!?)をはじめ獣医学部の仲間は大騒ぎ。目玉はハードな公輝の両親です!!
  • 動物のお医者さん 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    ハムテルはバイトをしたことがない。温室育ち(!?)の公輝(ハムテル)の初めての仕事は『犬の散歩』。チョビと一緒に悪戦苦闘!公輝はバイト料を手にすることができるのか!?
  • 動物のお医者さん 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    年末年始、ドイツからハムテルの両親が帰ってきた。家族4人そろったら、始まることは…。そう家族麻雀! その上、『雪降ろし』を賭けるという意見がでて…。
  • 動物のお医者さん 6巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    雨の日に動物をつれて出かけるのは億劫だ。そんな気分をふきとばそうと漆原教授がお昼をおごると約束した。しかし、後に恐ろしい落とし穴がある事を誰も知らなかった…。
  • 動物のお医者さん 7巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    卒業・就職が近づき、残り少ない自由時間を有意義に使おうとしても、漆原教授がいる限り学生は面倒に巻き込まれるばかり…。大地のロマンはいったいどこに!?
  • 動物のお医者さん 8巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    漆原教授によって解き明かされるチョビのヒミツや、ニャオンの失踪事件。菱沼さんは果たしてニャオンと再会できるのか? 大好評ドクトル・コメディ第8巻!!
  • 動物のお医者さん 9巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    犬ゾリ使い公輝(ハムテル)の不安をよそに今年もやってきました犬ゾリレース。なんと今回は、漆原教授も出場するという…。はたして公輝とチョビの運命は!?
  • 動物のお医者さん 10巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    H大で学会が行われることに。菅原教授をはじめ、公輝(ハムテル)・二階堂たちは漆原教授の破壊能力を封じることが出来るかどうかに、学会の成否が左右されるのを知っていたはずだが…!?

レビュー

動物のお医者さんのレビュー

平均評価:4.8 211件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) とにかく面白いです。
    朔夜さん 投稿日:2021/9/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 主役より目立つ特徴を持つ、個性的過ぎる脇役達が揃っていて、どの話も面白かったです。 北海道の道民性や日常生活も描かれてるので、そちらも興味深かったです。 チョビだけでなく、出て来る動物達も飼い主に負けてない魅力に溢れてます。 個人的にはミケ姉さんが良くて、北海道在住なのに関西弁操る時点でツボでした。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) チョビーーーー!!!
    梅干しさん 投稿日:2021/8/16
    うちの犬もチョビでした!笑。セール作品を漁っていたら、名作フェア!あれー?動物のお医者さんって12巻しかなかったけ??と。うちの家の人全員好きで各々買ってからいっぱいあったイメージ笑。もちろんみんな獣医さんになりたかったけど残念ながら、まあ 無理でしたね笑。今でもずっと永遠に動物のお医者さんになりたい。そりゃもうクラークさんへの憧れはすごいものです。犬ぞりの俺はやるぜっていうのが、自分にとっての犬のイメージ。シベリアンハスキーって帰巣本能弱いんだ…とか。笑。レビューで皆さん何回が好きかおっしゃっててあーわかるわかるとめちゃ嬉しい。楽しい。自分は何だろう、どのエピソードも全部好きで。読み進めといって最初の方を見返すと、ああそういえば菱沼さんって美人だったけってなるのが好き。ハムテルって名前の読み方も。笑。漆原教授とか。ああでも自分もオペラ回好きでした。初見で読んだ時、笑いすぎて呼吸困難になったな、とふと思い出しました。 もっとみる▼
  • (5.0) 名作
    れいさん 投稿日:2016/7/1
    動物が好きな人なら、これほどにハマる漫画は無いと思います。 犬を飼っているので、この作品は好きすぎて…。 ちなみに近くの動物病院に全巻ありまして、読まれまくってボロボロになってました。 北海道大学の獣医学部におそらく徹底した取材をされ たのだと思います。難しい専門用語やそれぞれの講座の研究のことなど、とても少女漫画誌に掲載されていたとは思えない類いの、知的なユーモアが散りばめられています。 登場人物、みんなキャラが立っていて生き生きと描かれています。 吹き出しというか、あの独特のフォントでの動物の気持ちの描写の仕方、佐々木先生にしか出来ないと思います。 誰も恋愛しないのが、また面白い。 読んでいると心が落ち着く大好きな作品です。 佐々木先生の作品って、不思議と誰もあまり恋しないんですよね。笑 飄々とした作風が大好きです。 時代が変わっても愛され続ける作品ではないでしょうか。 もっとみる▼
  • (5.0) いよっ!
    Puddingさん 投稿日:2008/11/3
    待ってましたぁ! かのシベリアンハスキーブームの火付け本?!ついにデジコミで登場です! ヤター 毛の質感までもがリアルな動物描写に、毛筆タッチの動物達の台詞が妙にしっくりくるんです ペット飼ってる方なら絶対!!共感しまく りですよねぇ?! また、設定は、「北海道某大学の獣医学部の人々とその仲間(ヒト&動物)達の日常」…なんですが、生々しい内幕ネタ&北海道限定ネタの数々には、ホントに毎回ニヤニヤ&くすくす笑わせられてしまいます。 しかもそんなおかしな日常が逆にリアリティもあり… ドコから読んでも数話ごとに笑って完結しますが、メイン登場人(動)物を把握しておくと、更に笑い所倍増ですので、まずは単行本1巻分位は始めに読み進めておくことをオススメしまーす もっとみる▼
  • (5.0) 名作
    ジュカさん 投稿日:2010/3/15
    佐々木センセの代表作です 雑誌掲載は.20年?くらい前でしょうか。 思えば、このコミックがきっかけで、ハスキー犬大流行したような・・・  北海道の畜産大を舞台に、ソコで起こる動物絡みのストーリーが、リアルにボケまじりに展開されます  出てくるキャラは主人公のパパママ含め、ALL天然 実は女のコなチョビ、主人よりシッカリモノの名犬ですよね 私は犬橇の回が、北海道らしくてお気に入りです そしてお祖母様の猫、ミケ カニ話のときには、声出して笑っちゃいました どの動物もリアルに丁寧に描かれ、変人?キャラも自然な存在感で読ませて頂ける作品、動物コミックの中でも、間違いなく名作ですね もっとみる▼
  • (5.0) 愛犬にチョビと名付けるほど
    natoisuさん 投稿日:2018/2/4
    獣医学部の教授に捨て犬(シベリアンハスキー犬、後のチョビ)を託されたことが切っ掛けで獣医学部に入学し、獣医を志すことになる主人公、公輝(もともとH大希望で学部を選びあぐねていた?)。公輝を囲む個性豊かな隣人たちと、公輝の祖母の飼い猫ミケ、鶏 のヒヨちゃんなどの人間顔負けのキャラが繰り広げる様々な物語集。 ほっこりすること間違いなしです。 当時、人気犬種だったシベリアンハスキー犬を題材にしており、この漫画を読んで本当にシベリアンハスキー犬を家族に迎えたいと考えてしまったほど、とぼけた性格のチョビに惚れ込みました。チョビ以外にも、いろいろな動物が出てきますが、どの動物も、個性豊かに描かれていて面白いですよ。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 獣医学部は大騒ぎ
    北海道にあるH大学獣医学部を舞台に個性溢れる登場人物達が繰り広げる、ドタバタ劇を描いた佐々木倫子による伝説の名作!2003年には吉沢悠主演でドラマ化もされました。物語は主に獣医を目指し獣医学部に通う主人公公輝、通称ハムテルと、その親友二階堂の日常をただただ、なんのラブロマンスもなく描いてあるものなのですが、個性を通り越してもはや変人の域に達する教授、漆原や大学院生菱沼、その他大勢の登場人物が起こす騒動やこだわり、獣医学部ならではのネタ満載で笑いが止まりません。この作品を読み、獣医学部を目指す若者がたくさん出るという社会現象まで起こした不朽の名作!大柄なのに大人しい性格のハスキー犬チョビの活躍もお見逃しなく!著者である佐々木倫子先生の作品には他に「チャンネルはそのまま!」 「Heaven?」「おたんこナース」などがあります。
    分析:まゆびー
▲ページTOPへ