漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
さらい屋五葉 1巻
青年マンガ
さらい屋五葉 1巻
この巻を買う/読む

さらい屋五葉 1巻

通常価格:
600pt/600円(税抜)
(4.4) 投稿数25件
さらい屋五葉(8巻完結)
作品内容

気弱で恥ずかしがり屋の浪人・秋津政之助が、足踏み入れたるは裏稼業…? 新進気鋭作家が、本当の“絆”とは何かを問う、艶色大江戸絵巻!!

作品ラインナップ  全8巻完結
レビュー
さらい屋五葉のレビュー

平均評価:4.4 25件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 泣ける!
    ねねさん 投稿日:2019/2/14
    他のサイトで無料版を3巻まで読んだあと、どうしても続きが気になりこちらのサイトで購入。買ってよかった!読み終えて感動の嵐です!男気のある人々ばかり。イチが後半につれて輝きがなくなって情けなさが目立つ感じで魅力が半減しつつ、政が反対に頼もしく 魅力ある人物になっていき、どんどん引き込まれてこの世界に入り込みました。ドラマ化されてもおかしくない読み応えのある本でした。 もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) 是非一読!
    きたろうさん 投稿日:2018/4/7
    キャラがそれぞれ魅了的で、話の流れ起承転結が素晴らしく、一気に読んでしまいました。 ほのぼの系主人公のちょっと切ない経歴から始まり、温かい心の賊の集まりから、次第に深い闇に入り込んで、最後は…感無量でした。 政の魂の清らかさと強さが、最 後に格好いいのなんのって。 弥一の孤独と脆さが救われて良かった! もっとみる▼
  • (5.0) 名作です
    まーちゃんさん 投稿日:2017/3/19
    絵や雰囲気が独特ですが、ハマリました。どんどん展開がドツボにハマっていき、読んでて辛くなります。でも先が気になって読み進めてしまう。読後感の余韻が半端じゃないです。 何年たってもまた読み返したくなる作品です。 暗い話が好きなら、すごくオ ススメです。 もっとみる▼
  • (5.0) 風向き変わって
    さくらさん 投稿日:2017/2/8
    あるのは絵と言葉だけ。それなのに、まるで五感全てで江戸時代を味わっているような臨場感。ストーリー展開がシリアスだからか、特に江戸の湿り気を肌に感じるようでした。 今より闇夜の深い時代、それぞれに暗い過去を抱えた登場人物達の心の痛みが切なか った。そして気弱だけれども性根の優しい主人公・政が、そんな彼らの心に少しずつ灯を点していく姿にグッときました。 ラスト、湿った空気がどこかに拐われて、爽やかな風が吹き抜けるよう。 もっとみる▼
  • (5.0) おもしろい!
    ありんこさん 投稿日:2016/2/8
    引き込まれた〜!ぐんっぐん引き込まれた〜! 8巻で完結してます!設定がしっかりしてて、悲しさ悔しさ切なさ儚さ人間の脆さそして強さすべて詰まってます。最終回の政の男らしさに惚れる。江戸時代なので、人斬り描写などがたまにありますが、そのへんクリ アの方は是非一読あれ! もっとみる▼
  • (5.0) おもしろい!
    ひなさん 投稿日:2015/10/29
    それぞれにかくしてある、隠れている心の弱い部分がよく描かれてて、独語も余韻にひたってしまった。
青年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 何かありそうな展開
    時は江戸時代。「頼りがないから…」そんな理由で用心棒としての仕事を断られる主人公・秋津政之助。彼は誰から弱々しさを感じる浪人と見られていて、その立ち振る舞いからしても侍だったのか?と思わせるほど。ある日、秋津は通りがかった茶屋で、お団子を美味しそうに食べている弥一に出会います。弥一は秋津に用心棒の依頼をするのですが…。絵のタッチから独特で他に類を見ないような描き方をしています。ストーリー展開も静かな雰囲気がまた怪しげで、何があってもおかしくなさそうな時間の流れを一緒に共感できます。何かあるかな?何かあるかな??がこの話の面白いところではないでしょうか?「ふたがしら」「GENTE」など現代ものも歴史ものも描けるオノ・ナツメ先生のアニメ化作品、引き込まれますよ。
    制作担当:むりむり仮面
▲ページTOPへ