漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

なるたる(3)

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.6) 投稿数38件
なるたる(12巻完結)

作品内容

望んだのは平穏な生活。ただ、そこに父がいればよかった。ただ、そこに、安心できる場所があればよかった。だが、状況はそれを許さない。シイナと明(アキラ)は、「竜の子」と出会ってしまったのだから――。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全12巻完結

  • なるたる(1)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    星が、その子を導く――。今年小学校6年生の玉依(たまい)シイナが島で出会った、人の認識外のモノたち・乙姫、成竜、そしてホシ丸。シイナの日常が今、ゆっくりと、しかし確実に変わりだす。少年少女が織り成す、地球的スケールの物語が始まった!!
  • なるたる(2)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    異形のナイフをふりかざす少年は語る。「世界のカタチを変える」と。シイナに係わるはずのなかった世界の様々な思惑。しかし、それらがシイナを巻き込み動きだした――。
  • なるたる(3)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    望んだのは平穏な生活。ただ、そこに父がいればよかった。ただ、そこに、安心できる場所があればよかった。だが、状況はそれを許さない。シイナと明(アキラ)は、「竜の子」と出会ってしまったのだから――。
  • なるたる(4)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「竜の子」と自衛隊の戦闘が始まった。日常の隣で繰り広げられるその非日常に、シイナと明もいた。彼女たちが見たものは何なのか――。
  • なるたる(5)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    自分の無力さを痛感し、シイナは特訓を始める。そのさなか、シイナは一人の少女と出会う。少女の名はジュン。ほうきにまたがり空を飛ぶ彼女もまた「竜の子」に係わっていた。ジュンはシイナに何を見せるのか――。
  • なるたる(6)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    クラスメイトからのいじめを受ける貝塚(かいづか)ひろ子。しかし、その事実をシイナに話そうとはしなかった。シイナのことが好きだったから。――でも、その気持ち故(ゆえ)に、彼女はこらえていた一歩を踏み出してしまう。そして、「鬼」による惨劇が始まる。
  • なるたる(7)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    親友の死と別れを越え、中学生になったシイナ。進学先は「万朶(ばんだ)学園」。シイナの新しい生活が始まる。――しかし、そこには竜の子・アマポーラを操る小沢さとみがいた。
  • なるたる(8)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    万朶(ばんだ)学園、春の健脚オリエンテーリング大会。小沢さとみはシイナに攻撃を仕掛ける。子供の頃からの遺恨(いこん)を抱えて。彼女はどこにたどり着くのか――。
  • なるたる(9)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    機種転換訓練のためロシアを訪れたシイナの父・玉依俊二(たまいしゅんじ)。街で助けてくれたバーブシュカに恩を返すため、彼女の行方不明になっている息子を捜すことになる。そして異境の空の中、俊二は新たな「竜」に遭遇する。
  • なるたる(10)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    遠方からの、シイナを呼ぶ声。シイナはその声に呼ばれ、在日米軍が管理する封鎖地区に入る。そこには米軍から逃げ出した「竜の子」、そしてそれを追う女がいた。「竜の子」に対する米軍の執拗(しつよう)な攻撃が開始された――。

レビュー

なるたるのレビュー

平均評価:3.6 38件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 独特のお話
    うがさん 投稿日:2021/5/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 内容を理解するまで時間がかかったが、とても面白かった。 シイナの明るさと抱える闇、家庭環境、他のキャラとの関係や世界観が絡まってどんどん惹きこまれた。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 傷痕しっかり残ってえぐられる作品
    マナさん 投稿日:2018/4/6
    昔、何かのレビューに書いてあった。 この作品を見たいと思う時は既に病んでる、とか、見たら病む、とか。 見終わった自分はこう思う。心配されるような心の病じゃなく、「鬼頭作品の世界に飲み込まれる病」だと。 他の漫画とは全く違う何かが、鬼頭 作品にはある。線の細いキャラクター、展開の読めないストーリー、かわいさと残酷さが表裏一体の世界。 異質で、異形で、個性的に見える作品だけど、実はとっても現実に近いものなのかもしれない。 近年は少し作風も変わってきて、ややマイルドな印象だが、この「なるたる」や「ぼくらの」の頃はまるで鋭利な刃物のような感じ。 傷痕しっかり残して、えぐられる。 漫画に、何を求めるか。 それによっておすすめ加減が違ってくる。 頭空っぽにして「娯楽」として楽しみたい人には不向き。 友情とか愛情とか根性とか、ハッピーエンドを求める人にも不向き。 読み終わった後に色々考えさせられたり、消化不良な感じが好きな人にはおすすめ。 単に、グロとか陰惨なものを求める人も十分楽しめるだろう。 今までにない凄い漫画を読みたい!という人には、かなりおすすめ。 もっとみる▼
  • (5.0) 空想
    小林馨さん 投稿日:2018/12/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 人のなんたるか、というのを含んでいるとは思いますが、それを全面に話の柱にした作品ではないと私は全巻読んで感じました。 この作品を書いているその瞬間の作者様の想いが思想が願いが、そのまま話を進めていかれたような、そんな気持ちになひました。 エロ、グロ、鬱、それらを目的としてこの作品を読む事はオススメしません。 この作品は私の中ではとても素直で素晴らしい作品だと思います。 ただ、一点だけ私の個人的な要望を述べさせて頂くと、ラストにシイナちゃんが全てを理解する前後から終わりまではもう少し長く詳しく描いて頂けたら大変嬉しかったです。 あまりにもラストが急速に進み、もったないない気持ちになってしまいました。 近年のただ、ダラダラと話を引き伸ばし企画にもなかったような辻褄の合わない話を読むのは好きではありませんが、この作品のラストについてはもっと読んでいたい、終わって欲しくない。そう思える作品だったと思います。 大変有意義な時間となりました、ありがとうございました。 続きを読む▼
  • (5.0) 破壊と再生
    MiTさん 投稿日:2020/11/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 私は常々「破壊とは救済である」という信念をもっているのですが、この作品のラストを読んで、完全に解釈が一致して号泣しました。 これ以上ないハッピーエンドでした。全私がスタンディングオベーションです。秕と涅さんの子供はさながらアダムとイブのようで、世界再生は天地創造を連想しました。美しすぎる最終ページ。私の信念は間違っていなかったと、なるたるに救われました。骸なる星、玉たる子。ありがとうございます。 ■最終話で涅さんが秕に食べろと差し出したおにぎりは、かつて秕が涅さんに渡したおにぎりの記憶です。涅さん推しにとって最大の萌えポイント。 続きを読む▼
▲ページTOPへ