電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
赤ちゃんと僕 1巻
この巻を買う/読む

赤ちゃんと僕 1巻

通常価格:
627pt/689円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数370件
赤ちゃんと僕(10巻完結)

作品内容

榎木家にはママがいない。パパと小学生の拓也と赤ちゃんの実の3人家族。わがままいっぱいの2歳児は泣いてばかりで、お兄ちゃんはもう大変!「赤僕(あかぼく)」待望の文庫化!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全10巻完結

  • 赤ちゃんと僕 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    627pt/689円(税込)
    榎木家にはママがいない。パパと小学生の拓也と赤ちゃんの実の3人家族。わがままいっぱいの2歳児は泣いてばかりで、お兄ちゃんはもう大変!「赤僕(あかぼく)」待望の文庫化!!
  • 赤ちゃんと僕 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    564pt/620円(税込)
    2歳の実があこがれるのは、正義のヒーロー洗濯戦隊シャボンファイブ! 毎日おもちゃの刀を振り回して真似をする実を見て、パパが日曜日にシャボンファイブショーに連れて行ってくれることに! だけどそこで実が目にしたのは…!?
  • 赤ちゃんと僕 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    564pt/620円(税込)
    榎木家に、とんでもない居候がやって来た!? お向かいの木村さん夫婦の一人息子・成一だ!! 散々親に迷惑をかけたうえに家を飛び出し、6年ぶりに戻って来たものの両親と和解できず家に入れてもらえない…。果たして成一の目的は!?
  • 赤ちゃんと僕 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    564pt/620円(税込)
    甘えん坊の実の大泣きを振り切って、修学旅行で京都に旅立った拓也! だけど、クラスの女の子パワーにたじたじ。些細なことから仲良しグループが険悪なムードになってしまい、室長の拓也は仲裁役にまわるが…。
  • 赤ちゃんと僕 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    627pt/689円(税込)
    おたふく風邪にかかってしまった拓也。ようやく治ったと思ったら、今度は実にうつしてしまい、看病するパパの疲労は頂点に。この榎木家のピンチに拓也は…!?
  • 赤ちゃんと僕 6巻
    登録して購入
    通常価格:
    528pt/580円(税込)
    拓也が一目置いている、クールな級友・藤井君。6人兄弟の真ん中に位置する彼は、姉兄から妹たちの世話を押し付けられて、ちょっとウンザリ…。風邪でダウンした藤井君は拓也に助けを求めるが…!?スケール&パワーアップの第6巻!!
  • 赤ちゃんと僕 7巻
    登録して購入
    通常価格:
    609pt/669円(税込)
    拓也や実が生まれる前の、大学生だった春美パパと、お弁当屋さんでアルバイトをしていた由加子ママが出会った時のお話。家族との確執を抱えた二人が不器用に愛を育み、拓也が誕生するまでを描いた青春グラフィティ!
  • 赤ちゃんと僕 8巻
    登録して購入
    通常価格:
    609pt/669円(税込)
    お隣の木村さんちの若奥さん・智子ちゃんが、育児ノイローゼ寸前のお母さんと知り合った。力になりたいけれど、息子の太一は全然手がかからない赤ん坊なので、駄々っ子(実!?)のエキスパート・拓也に助言を求めるが…!?
  • 赤ちゃんと僕 9巻
    登録して購入
    通常価格:
    546pt/600円(税込)
    拓也は、両親の離婚をきっかけに急接近してきた宮前君に感じた違和感を、臨時の担任だった菅野先生に相談するが……。
  • 赤ちゃんと僕 10巻
    登録して購入
    通常価格:
    627pt/689円(税込)
    相変わらずわがままな実に我慢できなくなった拓也が放った言葉「実なんか大っ嫌いだからねっ!!」 直後、榎木家の幸せを粉々に打ち砕く出来事が――!?

レビュー

赤ちゃんと僕のレビュー

平均評価:4.7 370件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 子供の頃好きだった漫画です
    タッカルビさん 投稿日:2021/9/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 子供の頃「花とゆめ」に連載されている頃読んでいた漫画でコミックも全巻もっていたのにも関わらず、電子でも購入してしまいました。 子供の頃は主人公の拓也目線で読んでいて、あまり違和感なく感情移入して、泣いたり、笑ったり、怒ったりして読んでいました。拓也君の素直で一生懸命頑張る姿やその時々の感情に「わかるわかる」と時折同感したりしながら読んでいました。…がしかし何十年もの時を経て再び読んでみると目線は変わり怒りの感情が強く出て、主人公への感情移入ができず、ただただ実の子育てを拓也に丸投げし、家事も、育児もと息子にさせて悩んでいる拓也の気持ちも汲み取れず、普通に日常を過ごすパパに苛立ちがつのりました。 子供の頃母が「こんないい加減な親あり得ない」と怒っていたのを思い出し、今は母と同じ感情の自分が居ました。 まぁ何十年も前の思いでの作品として懐かしめば良いかと思い読みきりました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 再レビューします!
    にゃ〰さん 投稿日:2017/5/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 昔は感動して今になって読み返したら拓也に育児押し付ける父親に冷たい近所に、拓也は実に手をあげたり、怒りました。 しかし、冷静に考えてみればこれは拓也を代弁としたシングルマザーの葛藤なのかもしれない。拓也は実が何故泣くのか分からない、遊びたい、何故自分だけ!? 周りが冷たいのは誰も助けてくれないという本質を突いているのでは? 実のブラコンも、拓也を失えば自分が死ぬから謝罪と愛嬌を振り撒く業を身に付けたのでは? そうしなければネグレクト(合ってるかな?)で母親に殺されてしまうかも知れないからね。 神社参拝で実は拓也を真似していますから。父親の真似ではなく。 と言う事で、この作品は実が拓也を母親として見る、言い換えればタイトルは「赤ちゃんと僕」ではなく、「赤ちゃんと私」になるかと思います。あくまでもこの歳で感じた自分なりの考え方ですが。 だとしたら羅川先生は当時読者のクレームを受けてまで最後まで描ききった精神力は凄いと思います。 改めて全巻揃えて読み返したい。そう思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 理想的な家族
    詩希さん 投稿日:2009/8/25
    高校時代に初めて読みましたが、その時はひたすらに『実が可愛い!』だけでした。 現在、五つ年の離れた姉弟という二児の母になり、改めて読んでみると、とても考えさせられる作品です。 もし私が今他界すると、残された夫や子供たちは、この家族と限り なく近い環境になります。 しかし、私の夫は子供に榎木家のパパのような接し方をすることは出来ないでしょう。 長女に拓也のように、パパが帰るまで弟の面倒をみろといっても、不可能でしょう。 しかしながら、人の命などいつ亡くなるかわからない…だからこそ、理想的な家族愛の描かれた、この作品を、周りの人たちに読んでもらい、一度現実のことに置き換えて考えてほしいと思いました。 『現実には難しい“理想の家族”…でも絶対に不可能なわけではない…“頑張ればこうなれる”という可能性を秘めている、ある意味リアルな物語』です。 もっとみる▼
  • (5.0) イイ意味で終わった後の余韻に浸れる
    m@iさん 投稿日:2021/8/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 ママが亡くなって弟の面倒を見なきゃいけない拓也とお兄ちゃん大好きの実を中心に周りの人達を描くファミリーマンガだと思います。 少女マンガの枠ですが恋愛要素が出てくるのはパパりんとママの出会いの辺りくらいで、この話のパパりんにはしっかりしろと怒りたくなるくらいのヘタレっぷりw この作者さんのマンガはコレをとっても他の作品(オススメは「ニューヨーク・ニューヨーク」「朝がまたくるから」「いつでもお天気気分」など)を読んでもどれも引き込まれる面白い話です。最後も「あぁ、この先の主人公達はどんな人生送るんだろう」と読者にイイ意味で考えさせてくれる余白があります。 今連載中の「ましろのおと」も熱量が多く先が気になる見せ方をしてくれます。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白い
    リリさん 投稿日:2014/3/1
    この漫画は高校生の頃に一度読んで、たくさん泣いた作品です 小学生の男の子が母親を事故で亡くしてしまい、優しい父親と幼い弟との三人での生活が始まるところからスタートします。 普通の小学生なら放課後遊んだりできるのに、弟を保育園に迎えに行 かなければいけない主人公にはそれができません。健気に雑巾を縫ったり泣いて手のかかる弟の世話や家事、宿題などなど…。そんな苦労の絶えない主人公ですが、この子が本当に良い子で、読んでいて心が温かくなります。幼い子供の特徴もとてもリアルに描かれていて、二児の母になった今読むと一層引き込まれました。 涙なくして読めませんが、暗くならず前向きになれる作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) 懐かしかった
    くみちょさん 投稿日:2017/8/4
    昔単行本で何冊か持っていましたが、最終話まで読まずに買うのを止めてしまっていたので今回読めて良かったです。 低いレビューを付けている方も居ますが… 私は現在2歳の息子がいて、息子と実くんの性格が何だか似ている所もあって『幼児ってこうだよ ね』って共感出来る所が多々あってほっこりしました。 子供に子供の世話させるとか色々有り得ない、等レビューがありますが、今とこの漫画が連載されていた当時とは大分時代が違うので、それは仕方ない事だと思います。 私が幼少期の頃は幼稚園に通う子が殆どで、保育園に通っている子はごく少数でしたし、この漫画が連載されている当時もまだそんな時代だったと思います。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 赤ちゃんの弟と僕の物語
    小学生の拓也には弟の実がいますが、実はまだ赤ちゃんでわがまま。拓也のお母さんは一か月前に事故で死んでしまったばかりです。遊びたい気持ちを我慢して、実のお迎えやお手伝いをがんばる日々。自分の生活が実に支配されていくのが、最近しんどいと思うようになる拓也。分かっているのに同級生と比べてしまいます。がんばっているのは実のためではなく仕事が忙しいパパのためだと言い聞かせますが、もう嫌だと思い実を置いていきそうになります。慌てて戻り実を助け、実も寂しかったんだということに気付きます。そして実をかわいいと思った拓也は、今日も実の面倒を見ながら勉強をがんばるのでした。テニスを題材にした「しゃにむにGO」も熱い作品です。
    制作:のぞ
▲ページTOPへ