漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

砂の城 1

通常価格:
400pt/440円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数31件
砂の城(7巻完結)

作品内容

【ナタリーとフランシスの哀しい恋物語】富豪ローム家にうまれたナタリーは、屋敷の前に捨てられていたフランシスと兄妹のように育てられ、結婚を誓い合う。しかし当然反対されたふたりは海に身を投げた。それから数年後。離れ離れの場所で命をとりとめたナタリーはフランシスを発見するが…。せつない純愛物語、第1巻。

作品ラインナップ  全7巻完結

レビュー

砂の城のレビュー

平均評価:4.5 31件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 幸せは砂の城のごとく。
    ミルちゃんさん 投稿日:2021/2/14
    こんなに不幸が連続するわけない!こんなに悲しい恋愛あるはずない!と思いつつ何回も繰り返して読んだ。エッセイでも一条先生は「ナタリー、もう少し肩の力抜いて生きて!」と自ら生み出したヒロインに語りかけてましたが、このストーリーを編み出し、幸せを 砂の城に例えてしまった若かりし一条先生と会って話してみたかった もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) テレビドラマでハマりました。
    まーまれーどさん 投稿日:2021/1/24
    この作品は先ずテレビドラマでハマりました。 かなり人気で、当時20歳くらいでしたが 学校の友だちと夢中になって観てました。 日本と外国という設定の差はあるものの ふたりの想い合う気持ちとか、、、純愛のままです。
  • (5.0) 大恋愛ドラマ
    bokaさん 投稿日:2021/1/11
    恋愛漫画の大河ドラマと言ったらよいか(時代劇ではないが)、王様のような作品!作者も言うように、暗いストーリーではあるけれども、主人公を一途に思うフランシス(子)の未熟さがもどかしい面もあり、主人公はどうしたら幸せを掴めるのか考えてしまいまし た。 もっとみる▼
  • (5.0) 秀逸作品
    たかちゃんさん 投稿日:2020/9/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 一条ゆかり先生は子供の頃から大好きな漫画家さんでした。なのにこの砂の城は最後まで当時読まなかったのです。59才で読んで、更に更に一条ゆかり先生が大好きになりました。但し、先生の悲恋のラストって今でも悲しく、切なくなります。子供時代だったらこの恋は理解できなかったかも。大人が読んで理解する作品なのです。 続きを読む▼
  • (5.0) 砂の城に生きる私達とは
    Lycoさん 投稿日:2020/7/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 一条ゆかり先生といえば、ドロドロとした女の情感を大好物とする少女漫画界の大御所。この「砂の城」はドラマ化もされた80年代恋愛漫画における金字塔的名作です。「悲劇のヒロイン」という言葉は、この主人公ナタリーの為にある言葉かといわんばかりの悲劇っぷり。孤児や格差社会、駆け落ちに心中、記憶喪失をふんだんに織り交ぜながら、不幸続きで怒涛の展開が大波になって読者を呑み込んでいきます。 当時、一条先生は自立した活発な女性が好きで、敢えて本作では対照的な主人公を描くのに挑戦したそう。あまりの悲惨さに初見では可哀想だとナタリーに同情したけれど、読み進めていくほど、作中でエレーヌが明言したように「身を焼き尽くすほど愛する相手を見つけられた貴女は一番幸福な女なのかもしれない」と思い始めました。たびたび周囲や過去に囚われすぎて自分の幸せを優先できない姿も最初は理解できず、どうしてと苛立ちさえ募りましたが、『王子様とお姫様を含めて皆が幸せになる物語』を誰よりも尊く想い、それを絵本にして名誉実力ともに世界的に評価された人だからこそだったのかなぁと。おとぎ話の中に身を置き、現実世界の理不尽を恐れ、自分の砂の城が崩れるのではないか...と終始、情緒不安定なナタリー。でも本当は、城が崩れて流されても、また一から作る強さが人間にはあるのだと言いたいですよね。実際、どんな悲劇の波が幾度と襲いかかろうと、全てを流されてしまうわけでなく、彼女の側にはいつも絶えず大切な友人達やフランシスがいましたよね。それは、時に絵本として読者に寄り添い、時に恋人としてフランシスの白昼夢に現れたナタリー自身も同じです。たとえ、命を波にさらわれてしまった後でさえも、エディットのように新たな時代を生きる人達の中にだって、ナタリーは生きています。そうして誰かの「砂の城」があった場所に今度は次世代の子ども達が新たな「砂の城」を作っていく...。人の命、そして、人生とはこういうものだと改めて気づかされる、素晴らしい作品であることに間違いないでしょう。 続きを読む▼
  • (5.0) 名作です
    ぴのさん 投稿日:2020/4/12
    いちばん最初は絵が苦手だな〜と思っていましたが(だいぶ昔の作品ですしね)読んでいるとそれも気にならなくなります。 何年かに1度読み返したくなり毎度辛い気持ちになりますそれでも読みたい(笑)
スタッフオススメ
儚い純愛の物語
かおりん
「有閑倶楽部」でも知られる一条ゆかり先生の少女漫画です!ナタリーとフランシスは結婚を誓いますが、身分違いで反対され共に海に見を投げてしまいます。離れ離れになっても想い続ける繊細な恋模様と、しっかりと描かれたキャラクター達の心情とストーリーに考えさせられます。過去にドラマ化もされています!
▲ページTOPへ