漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

蒼太の包丁 13巻

通常価格:
450pt/495円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数20件
蒼太の包丁(41巻完結)

作品内容

日本橋の老舗『神かわ』へ助に来た蒼太。そこでは、三代目になるはずだった親方の息子が、ケガから料理人の道を断念していた。新しい料理も学べ充実した日々を過ごしながらも、『神かわ』の跡取りの事が気がかりな蒼太。そして、『神かわ』を思うがゆえに沸き起こる蒼太の熱い気持ちが、親方を、そして親方の息子をも動かしていく――。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全41巻完結

  • 蒼太の包丁 11巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    ひとり娘・さつきが家業を継ぐことを望む女将。しかし法律家を目指す娘の意志を尊重し、そのことを告げられずにいた。ところが、さつき自身の心境に変化が現れて……。はたして彼女が下す決断とは? 銀座・板前修業日記、第11巻!!
  • 蒼太の包丁 12巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    純子の弟・健太郎が上京して来たのは、姉を北海道へ連れ戻すためだった。「仲居の仕事なんて、タダのお運び――」そう主張する健太郎に、さつきは『富み久』の仕事を一度、手伝ってみるよう提案するが……。一方、娘のさつきが、おかみ見習として戻ってきたきて安泰かと思われた『富み久』だったが、つい馴れ馴れしさの出るさつきに、おかみは厳しくあたり……。プロの仕事とは何なのか!?
  • 蒼太の包丁 13巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    日本橋の老舗『神かわ』へ助に来た蒼太。そこでは、三代目になるはずだった親方の息子が、ケガから料理人の道を断念していた。新しい料理も学べ充実した日々を過ごしながらも、『神かわ』の跡取りの事が気がかりな蒼太。そして、『神かわ』を思うがゆえに沸き起こる蒼太の熱い気持ちが、親方を、そして親方の息子をも動かしていく――。
  • 蒼太の包丁 14巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    ついに煮方としての仕事を任された始めた蒼太。しかし、親方と山村が出した課題「タイのアラ炊き」は、蒼太に「煮る」ことの難しさを改めて認識させるものだった――。そして、『うめもと』の青柳が、『富み久』に現れ、テレビ番組で料理で対決することが決まったので、その助手を蒼太に頼めないかと言うのだが――!?
  • 蒼太の包丁 15巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    追い回しとして精進をつづける須貝にスカウトの話が来た。自分の気持ちが認められてうれしい気持ちもあるが、純子に対する思いから『富み久』を離れたくない、と悩む須貝は――?  そんな中、蒼太と雅美の仲が急接近!?  気が気でない純子を、須貝が食事に誘う。求められればどこへでも行くのが料理人。そして、若き料理人たちの、恋模様の行方はどうなるのか!?
  • 蒼太の包丁 16巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    素朴で傷つきやすい純子は、蒼太への思いに胸を焦がす。そんな蒼太に雅美も淡い感情を抱いていた。しかし、蒼太の心は、ふたりではなく、さつきに向いていて――!?  揺れ動く女ごころに、蒼太はどう応えるのか!?
  • 蒼太の包丁 17巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    結婚し、いきなり一児の父となった青柳は、早速、他の親子との問題に直面する。そんな時、北海道から蒼太の父が上京してきた。東京を見物し、息子の仕事場を見ることになった父はすでに重い病気にかかっていたのだった――。父が北海道に帰る間際、空港で蒼太は「板場に立てる喜びを忘れるなよ!たとえが何があろうともな!」と言われる。家族の絆を見つめる第17巻!!
  • 蒼太の包丁 18巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    たったひとりの蒼太の家族・父が危篤との連絡が――!! しかし、蒼太には人生を賭けた料理人としての大仕事が待っていた!! 最愛の家族に、優先するものとは――。「板場に立てる喜びを忘れるな!」、そう言い残して、逝った最愛の父。哀しみに打ちひしがれる間もなく、蒼太の修業はつづく!
  • 蒼太の包丁 19巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    幼ななじみの純子が『富み久』を辞めて北海道へ戻り、『富み久』に新たな顔が。そんな、心機一転、仕事に励む蒼太の前に現れたのは、プロ野球の投手。不調に悩む彼だったが、蒼太の言葉によって大事な気持ちが甦る――。そして、若女将として『富み久』で采配を振るうさつきに、降って湧いたような縁談が!?  花ノ井が一計を案じて、さつきの元へ向かう蒼太。揺れるさつきの心に、蒼太の告白――!?
  • 蒼太の包丁 20巻
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    『富み久』の常連さんと一緒にやってきた美人客が、蒼太の料理を気に入ってくれたらしい。休日、高級車で蒼太を迎えに来たその美人客に連れ出された蒼太。ホテルに向かった二人だったが――!? そして、閉店間際の『富み久』にふらりとやって来た男。蒼太の亡き父の、おとうと弟子だという。蒼太の何かを確かめるためにやって来たその男から渡されるものとは――!? 亡き父への想いに涙溢れる感動の第20巻!!

レビュー

蒼太の包丁のレビュー

平均評価:4.4 20件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 和食修行の好青年と
    サララさん 投稿日:2020/10/23
    彼を取り巻く人間模様。和の献立とおもてなしの奥深さや、職人の世界の慣行・仁義が興味深いです。 職場の「お嬢さん」が、料理人でも接客業のプロでもなく、ビジネス展開で脚光を浴びたくていろいろやらかすのが、程よいスパイスになっている…のか??? ほんのりじわじわ、後味の良い「和」の世界です。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 安心と安定
    かれんあんなさん 投稿日:2014/3/1
    面白くて次々読んでしまい 今160話まで来た所です。 ここまで読んで まだまだ先が長いってどうなの!?(笑) 見やすい安定の画力、 美しい料理(魚など素材も含む)、 穏やかなストーリー展開。 厳しく優しい親方、 接客業の鑑の女将さん、 山村兄さん、須貝くん、 さつきさん純子ちゃん、 そして常連のお客様方の中 蒼太くんが腕を磨いていきます。 根っからの悪人は登場しません。 それを差し置いても 蒼太くんが「いい子」過ぎるのが ちょっと引っ掛かります 純情、朴訥、素直で思いやりがあって、 仕事は一生懸命の頑張り屋 なんて 悪い所がひとつもない人ってリアリティありますかね? 私がひねくれ過ぎ?(笑) でも、 それで!?それで!?と どんどん続きが読みたくなっちゃうので 心してかかって下さいね (*≧m≦*) もっとみる▼
  • (5.0) 頑張りやのジャガイモくん
    とらさん 投稿日:2016/2/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 北海道出身の蒼太が自分の料理をするため、追い回しから修行して、ついには自分の店をもつまでの物語。実直にコツコツと食材に愛を持って、取り組む姿は感動ものです。初恋は実らなかったけど、幸せなハッピーエンドは満足感を得られます 続きを読む▼
  • (5.0) 料亭漫画の決定版
    だいちちゃんさん 投稿日:2010/10/2
    料亭の様子がはっきりと描かれていて、とても読みやすくてよい。 また、アニメや実写のドラマや映画になってもおかしくないと思いました。
▲ページTOPへ