漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
アオイホノオ 1巻
この巻を買う/読む

アオイホノオ 1巻

通常価格:
550pt/605円(税込)
(3.1) 投稿数27件
アオイホノオ(22巻配信中)

作品内容

1980年代初め。大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、野望だけで具体的には何も動き出していなかった。そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?

作品ラインナップ  22巻まで配信中!

レビュー

アオイホノオのレビュー

平均評価:3.1 27件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 大物アニメーターが続々登場
    Tomyさん 投稿日:2020/1/20
    作者・島本さんの青春実話を熱血漫画風にアレンジした作品。島本さんのデビュー秘話や、1980年代のアニメとそのファンの雰囲気がよく伝わる作品。アラフォー世代は自分の青春時代と比較して楽しめるのでは?さらに、今大活躍しているアニメ業界の大御所が 、主人公の同級生として続々登場!アニメ好きにはたまらない作品てす。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 1980年代の雰囲気が伝わってきます
    comicさん 投稿日:2019/12/29
    漫画家を目指す主人公を中心に描かれた筆者の自叙伝的な漫画ですが、そういったバックボーンをもった方が自分の目で見た1980年代の姿を描いてくれている点が非常に興味深いです。アニメや漫画を始めとして、本当に色んなサブカルチャーについて、当時の若 者がどう感じたのか、その当時の熱気や驚きを本当にコミカルに生き生きと活写してくれています。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白いです。
    ここ炉さん 投稿日:2019/12/22
    昔はこの作者のノリについていけなかったんですが、この作品は80年代の雰囲気がわかりやすくて面白いです。 自意識が肥大しすぎた主人公も共感できます(笑) ガイナックス関連に興味がない方には??となるとは思います。ただ、本人含めて同窓生が人 材の宝庫という感じで、当時の空気を垣間見れる貴重な作品だと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 序盤より後から面白くなる
    ハリーさん 投稿日:2017/11/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 読み進めて行くともっと面白くなるので三巻でやめないでほしい。真剣そうな描き方でギャグやるの面白い。たまにシリアスなのもいい。主人公に共感できる。庵野秀明とのサインの絡みは感動!! 続きを読む▼
  • (5.0) ドラマから入りました
    kenさん 投稿日:2016/11/9
    正直、ドラマほど分かりやすくは無いですが、当時のガイナックス旗揚げメンバーの歴史や、当時のコミック・アニメメディアが現在のクリエイターにどういう影響を与えていたのかが偏向性の強い主人公(作者がモデル)を軸に面白おかしく描かれてます。 リ アルに80年代を知っている方なら、私よりももっと楽しめる漫画なのだろうなと思うと、少しジレンマを感じますが、それ故の面白さなのかと 今でも新刊が楽しみです もっとみる▼
  • (5.0) 足掻いて藻掻いて勝手に自滅して
    仮面のオッサンさん 投稿日:2014/5/22
    島村和彦先生の自伝的作品 漫画とアニメを同時に目指しながらも他の芸大生にダメ出しされ(例キャプテンハーロックの歩き方)、とんでもないクオリティーの作品を発表され一人で藻掻いて足掻いて苦しんで自滅して… 舞台設定が80年代と自分が幼少時な ので懐かしいアニメなんかがわんさかで楽しめました もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 目指すはプロの漫画家
    主人公は大作家芸術大学映像計画学科に通う焔燃(ホノオモユル)。漫画家を目指しているが、自分の実力ならいつでもプロデビューできると思っていた。そんな自信過剰なところが笑えます!甘い考えでホノオはプロの漫画家になれるのか?!ドラマ化もされた、島本先生の注目作です!
    さくら
▲ページTOPへ