電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
ホリミヤ 16巻
この巻を買う/読む

ホリミヤ 16巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数568件
ホリミヤ(16巻完結)

作品内容

【伝えたいことはたくさんあるけどうまく言葉が見つからないから君の名前を呼ぶよ。】
名残惜しさと、ほんの少しのそわそわを纏った校舎。息を吸い込むだけで切なさで胸がいっぱいになる。ほんのささいなきっかけと、あたりまえの毎日が、この場所をこんなに愛しいものにしたんだね。大人気超微炭酸系スクールライフ、ついに卒業、完結巻。
(C)HERO (C)2021 Daisuke Hagiwara

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全16巻完結

  • ホリミヤ 11巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    【きみのこともっと好きになっていいかな。】
    透への気持ちが恋なのか友情なのかいまいちはっきりしない由紀。でもわかりにくい由紀とのわかりにくくも穏やかな時間は、透にとっても大切で…。高校3年3学期、いつもと変わらぬ愛しい時間が過ぎていく。大人気超微炭酸系スクールライフ、第11巻!
    (C)HERO・OOZ (C)2017 Daisuke Hagiwara
  • ホリミヤ 12巻
    登録して購入
    通常価格:
    562pt/618円(税込)
    【君の言葉に、仕草に、馬鹿みたいに一喜一憂だ。】
    おとなしい桜を珍しくそわそわさせるのは意外にも少年マンガ! 一方、これまたおとなしい柳も少年マンガが大好きで…? 高校3年3学期。まだまだ知らない、知りたいことだらけ。大人気超微炭酸系スクールライフ、第12巻!
    (C)HERO・OOZ (C)2018 Daisuke Hagiwara
  • ホリミヤ 13巻
    登録して購入
    通常価格:
    571pt/628円(税込)
    【だからあのその妹の好きな人がなんか俺に気があるんだよ…】
    学校では愛すべきうざキャラ・井浦も、実は家では厳しく優しいお兄ちゃん! 堀と宮村がそうだったように、みんなに見せる顔がすべてじゃない。HERO描き下ろしエピソード2編も収録した大人気超微炭酸系スクールライフ、連載100話突破の第13巻!
    (C)HERO・OOZ (C)2019 Daisuke Hagiwara
  • ホリミヤ 14巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    【ご機嫌も不機嫌も全部まとめて抱きしめたい!】
    いつも仲良しな生徒会組。だけど誰だっていつだって上機嫌ではいられない…! ケンカだって青春だ。大人気超微炭酸系スクールライフ、HERO描き下ろしエピソード1編を収録した第14巻!
    (C)HERO・OOZ (C)2019 Daisuke Hagiwara
  • ホリミヤ 15巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    【やっかいだけど、君が好き。】
    ミステリアスな物理教師中峰とユキが急接近!? そんな二人が気になってしかないのは透と、え、安田…?(笑) 大人気超微炭酸系スクールライフ、とびっきりSweetなHERO描き下ろしバレンタインエピソード前後編を含む第15巻!
    (C)HERO・OOZ (C)2020 Daisuke Hagiwara
  • ホリミヤ 16巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    【伝えたいことはたくさんあるけどうまく言葉が見つからないから君の名前を呼ぶよ。】
    名残惜しさと、ほんの少しのそわそわを纏った校舎。息を吸い込むだけで切なさで胸がいっぱいになる。ほんのささいなきっかけと、あたりまえの毎日が、この場所をこんなに愛しいものにしたんだね。大人気超微炭酸系スクールライフ、ついに卒業、完結巻。
    (C)HERO (C)2021 Daisuke Hagiwara

レビュー

ホリミヤのレビュー

平均評価:4.6 568件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 私の中の青春
    hope2さん 投稿日:2021/9/22
    私の中の青春はこれだったなと思う作品でした。あとはただただずっと面白い。宮村君と堀さんの話も、学校のみんなでわちゃわちゃしてる話も、最初から最後までどの部分を切り取っても、ほんわかして、面白かったです。

高評価レビュー

  • (5.0) 13-4巻感想。長文ネタバレ有。
    なまみさん 投稿日:2020/9/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 ※※14巻まで読破。※※ ※※ネタバレ有※※ 1巻ごとにコメントいれたいなあ、、足りない。 〜13巻〜 ◆今回は表紙の井浦がメイン◆ 13巻みなければ井浦はただの陽気な人。 学校ではキャラ作ってんのか??? 妹が関わるとあーら不思議。 なんだこれ、かっけええええ。 モテないって悩んでたけど、基子とのやり取りみせたら惚れますわ。 受験で担任(こいつはクソ)に言われた事を気にしてる妹に兄がお前なら大丈夫って無責任な言葉じゃなく、努力を認めて、できる所まで頑張れって逃げ道も与えるの最高かよ。 ちゃんと助けを求める妹も可愛い。 でもお互いに相手に嫌われてないか心配する兄妹が、くそ可愛い話でした。 ◆北原(基子の想い人)◆ 兄に夢中?微妙な三角関係? 模造刀の立ち回りに惚れたんだよね? その気持ちわかる。時代劇ごっこやりてえ。 ◆レミと仙石◆ 珍しくイチャイチャがみれます。 レミが甘えて、答えてってしてる所が仙石が大人に見える。 いつもは仙石は皆のオモチャだから。 堀さんのオモチャだから。 宮村が170cm/47kgなら仙石は何キロなの? ◆代表的なあっちの世界の人◆ 宮村セコムおめでとうございます。 パーカーは洗濯しても匂いするから。 堀さん警察犬並の嗅覚お見事です。 ◆お兄ちゃんお姉ちゃん◆ 今回は血は繋がってなくても、お兄ちゃんお姉ちゃんしてる人が多かった印象だった。 堀は妹に対して優姉、弟に対して鬼姉。 宮村は創太にとって家族よりお兄ちゃん。笑 〜14巻〜 ◆ファミレス◆ 別の人の名前書くヤツ。柳人気者。 呼ばないタイプの店員さんつよい。 ◆パフェ◆ 男4人でパフェ。宮村と仙石は半分こなのね。 そしてカップル限定パフェ頼むのね。 写真かわええ。 ◆沢田◆ 楽しくないなら楽しくないって言いに来なね。って素敵なセンパイ。 ◆生徒会◆ 喧嘩とかするんだあ、、レミ最強説。 ホリミヤの日常をブログにしてほしい。 毎日見に来る、登録する。 卒業近いから寂しいです。 続きを読む▼
  • (5.0) こんな高校生活してみたかったなぁ
    クリームパンナさん 投稿日:2013/12/8
    原作も好きですが、画に奥行き感が生まれた分、よりリアルにあの世界観が楽しめますね。原作の順番と若干違う部分もあったりですが、逆に自然な流れになってるように感じました。まだ4巻までしか出ていませんが、オモシロいのはここからですよ。登場人物も増 えますし、それぞれのキャラが立ってきて、なかなかカオスな展開になりますが、いい具合なんです。ギャグのテンポも私には心地よく、何より皆の仲の良さが羨ましくなるほど微笑ましいんです。「ホリミヤ」がこのまま原作通りに進んでいくのかは分かりませんが、恋愛要素を期待する方は3割位の希望を持ってこの先を見ていった方がいいですね。出来れば原作の本編が終わった後のオマケも全部詰め込んで欲しい!オマケの方が話数多いけど…しかもまだ続いてるけど…(^^;) 自分の学生時代を思い返しては、もう少しはしゃいでみても良かったな…と少しチクッと後悔が過ぎりました。彼らのように毎日を楽しさと勉強の両立で忙しく過ごしてみたかったものです。 取りあえず、宮村が一生ものの仲間と出逢えて良かったです。 もっとみる▼
  • (5.0) すごく面白い!!
    トモトモさん 投稿日:2015/10/11
    表紙の絵が可愛くて、気になったので1巻だけ読んでみました。高校生の日常ってかんじのゆるーい展開なんですが、すごく面白く感じました。 主人公の堀さんの性格がめちゃ可愛い!宮村くんの飄々としたキャラも好きです。クラスの人気者で派手な見た目だけ ど本当は地味で肝っ玉母さん的な性格の堀さんと地味で根暗だけど本当はイケメンでおバカで優しい宮村くん。だんだん2人の距離感が近づいていく展開に萌えました。間接キスを気にして真っ赤になっちゃう堀さんとか、初々しくて良いですねー。周りのお友達キャラもいい味出してます。 宮村くんの秘密も、ストーリーの中で良いスパイスになってますね。 そしてこの作家さんの絵は、可愛さのなかにほんのり色気があって、読んでてドキドキしちゃいます。 いっきに読むのは勿体無いので、少しずつ続きを読んでいきたいな。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ