マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ少女マンガ一迅社ZERO-SUMコミックスボクラノキセキ【イラスト特典付】ボクラノキセキ: 28【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ボクラノキセキ: 28【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

ボクラノキセキ: 28【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

740pt/814円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

ついに明かされるユージンの真実――!!勢いを増す学園転生ファンタジー、滂沱の最新刊!男子高校生・皆見晴澄には、かつて一国の王女であったという前世の記憶がある。リュカとしての生を憶い、現世での己の目的を全うしようと決意する仁科。一方彼との対峙を経て、情報交換をしようと瀬々は皆見を呼び出す。そこで瀬々は皆見に自身の本当の気持ちを聞いてほしいと切り出して――…?かつては伝えられなかった真意が今明かされる――

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  30巻まで配信中!

  • ボクラノキセキ: 21【イラスト特典付】

    620pt/682円(税込)

    グレンの名を口にしたことから、仁科の前世を疑う大友。その疑惑は伝播し、七浦(コットン)の記憶を呼び起こす。記憶の中で、コットンは“ある人物”を刺しており…!? 混じりあう真実と虚妄を、皆見たちは見極められるのか――!
  • ボクラノキセキ: 22【イラスト特典付】

    620pt/682円(税込)

    信頼できる仲間に、グレンが転生していることを告げる広木。それはかつて皆見(ベロニカ)に想いを寄せていた人物が現世にあらわれたことを意味し――…。その事実は、春湖の目にどう映るのか――? 立場や性別、時を越えて前世と現世が交差する――混沌の第22巻!
  • ボクラノキセキ: 23【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

    620pt/682円(税込)

    総選挙1~3位のキャラクターの描き下ろしお祝いイラストを収録! 仁科を追い詰める瀬々は、自身の前世を露呈するとともに彼の本当の正体を暴く。目前で広がるその様子に、七浦は僅かな希望を感じる―――。追い詰められたかのように見えた仁科は、ある打診をしてきて…?
  • ボクラノキセキ: 24【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

    636pt/699円(税込)

    ゼレストリア――その国の記憶をもつ者は限られている。普通の男子高校生・皆見晴澄は、前世その国の王女であった。瀬々(ユージン)との邂逅に前世への記憶を巡らせる皆見(ベロニカ)。記憶は生々しく、想いを現世へと引きずらせ――…。その口から紡がれるのは真実か、それとも虚言か。急いて、焦らして、零れるものは―――危急の第二十四巻!
  • ボクラノキセキ: 25【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

    636pt/699円(税込)

    かつて、存在していたゼレストリアという国。前世、その国の王女であった記憶をもつ男子高校生・皆見晴澄。仁科との会話の中で、ある可能性に気付く瀬々。彼から送られるサインをヒントに仮説を導き出し――…。綴られる言葉に宿すのは、前世の妄執か現世への警鐘か。学園転生ファンタジー、緊要の第二十五巻!
  • ボクラノキセキ: 26【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

    636pt/699円(税込)

    小さな違和感が大きな運命の歯車を動かす――前世の記憶があることを除いては、普通の男子高校生・皆見晴澄。菊地に得体の知れない恐怖を感じる仁科。始まりの「あの日」を追憶するのは目黒も同じで、小さな違和感が大きな運命の歯車を動かしていく――。その燻りが更なる真実を炙り出す、火急の第二十六巻!
  • ボクラノキセキ: 27【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

    740pt/814円(税込)

    歪な信頼関係のもとに成り立つ『決別』――皆見晴澄は、前世の記憶をもつ男子高校生。仁科の頭にいるであろう精霊の目を欺くため、再び道を違えることになったように見せる皆見と瀬々。仁科の、ひいては精霊の目的を一同は推測し、ある仮説を導くが――?過去の後悔を現在(いま)の決意に変えて――逼迫の第二十七巻!
  • ボクラノキセキ: 28【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

    740pt/814円(税込)

    ついに明かされるユージンの真実――!!勢いを増す学園転生ファンタジー、滂沱の最新刊!男子高校生・皆見晴澄には、かつて一国の王女であったという前世の記憶がある。リュカとしての生を憶い、現世での己の目的を全うしようと決意する仁科。一方彼との対峙を経て、情報交換をしようと瀬々は皆見を呼び出す。そこで瀬々は皆見に自身の本当の気持ちを聞いてほしいと切り出して――…?かつては伝えられなかった真意が今明かされる――
  • ボクラノキセキ: 29【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

    740pt/814円(税込)

    ゼレストリアの王女であった前世を持つ男子高校生・皆見晴澄。突然各々の記憶に蘇る「ベンノ・ビゴー」の姿。瀬々と仁科は菊地の歪な言動に戸惑いと畏怖を感じつつも、己の為すべきことのために、精霊を欺くべく行動を開始する。片やコーデリアとしての記憶を振り返る榎本。その中にはアシュレイの恩人であるアーレンの姿があり――!? 驚悸の第二十九巻!
  • ボクラノキセキ: 30【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】

    740pt/814円(税込)

    前世一国の王女であった記憶を有する男子高校生・皆見晴澄。元井が菊地を呼び止め、揺さぶりをかけるもその本性は未だ見えない。同刻、雨の中仁科と榎本はついに”本当の姿”を晒して相見える。仁科はわざと今際に放った言葉を繰り返し、コーデリアの最期を追想するが…。一滴の憂いが不安の波を立てていく――紛紜の第三十巻!

レビュー

ボクラノキセキ【イラスト特典付】のレビュー

平均評価:4.6 349件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) こんな話だったのか…
    ヨルさん 投稿日:2024/6/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 タイトル3行位あってチート設定の多いラノベ系ではなく転生モノだけど「コールドゲーム」や「偽りのフレイヤ」に通じるガチファンタジー。すごく面白いです。どう終わるのか全然見えない。 ところで27巻まで読みましたがまだ一年生なんですね。連載開始時とはスマホやイヤホンのデザインかなり変わってるから辻褄合わせるの大変そう。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 表紙では想像つかないファンタジー名作
    あいさん 投稿日:2022/10/4
    今まで名前と表紙を薄ら認識していた程度で、あらすじすら知らなかったので表紙買い的に興味を持てずスルーしてました。 他サイトで途中まで無料だったので暇つぶしに読んだところ、謎の連続に独自の世界観に惹き付けられ、こちらで最新巻まで購入。 昨今のラノベ原作等からくる転生モノと同じ文脈で呼ばれるのは違和感。 この作品は少女漫画で昔からよく扱われてきた題材にじっくり世界観を深掘りしていくストーリーなので、そちらに馴染みがある人の方が話に入り込みやすいかもしれない。 お手軽テンプレの凝縮でサッと楽しめる作品とはまた違った良さがある。 なるべくネタバレせずに少し紹介。 ―――ある記憶を持つ少年が普通の高校生として日常をやり過ごしていたが、ある事件がキッカケで共通の敵と味方が現れ、心の奥に秘めていた世界の真相が少しずつ暴かれていく、そしてある記憶を持っているからこそ日常を保ちたい主人公と、目的が分からない黒幕や使命を持った登場人物の思惑が重なり、謎が謎を呼び核心に迫っていく。――― 少女漫画でカテゴライズされてますが、甘ったるい恋愛ストーリーはほぼなく、力・戦争・宗教などのきな臭さを少しずつ散りばめていて、もう1つの世界と現在の日常のチグハグさが風呂敷を広げすぎない紙一重に共存する世界として描かれています。 難点としては、登場人物がそこそこ多い、各キャラの役回りが複雑、描き分けがそこまで上手くない、展開の為に掻き回す動きをするキャラがたまに出てくる、画面があっさりしている。 ファンタジーにミステリ要素もあって、登場人物の心情をどこまで信用していいのか、独自の宗教に絡む能力の仕組みにも法則性があり、断片的な記憶、主人公が世界の中心人物であるにも関わらず隠されていた世界の謎を、見てる側も一緒に解き明かしていく難し過ぎず読み応えのある作品になっています。 モブだと思っていても油断ならないのも面白いポイント。 誰が嘘をついてるのか、適度な話数で答えを用意してくれていて、ヘイトが溜まりすぎるキャラも居らず、謎が明かされても世界の全貌が見えない感じが良い。 何より主人公が熱い心は持ってるのに同時に理性的で合理的、品格と器に説得力があって、弱さや甘えを失わないよう務める姿と復讐心が紐解かれていく姿に好感が持てる。 少し高いけど興味があるなら是非1度、5巻ぐらいまで読んでみて下さい。 もっとみる▼
  • (5.0) 転生ミステリファンタジー。転生好き必読。
    MWさん 投稿日:2020/12/5
    転生ものでは、古典で傑作の「ぼくの地球を守って」に並んで、間違いなくピカイチの作品だと心からオススメできます。転生もの好きな方、必読です。学園転生ファンタジーで、謎が謎を呼ぶ転生ミステリ。 エロエチは全くありませんが、純粋な愛があります。 過去に言えなかった愛。転生した今も言えない愛。 魔法で殺されると転生できる異世界で、政略結婚をして友国だと思っていた国から攻められて、王子、姫、騎士、侍従、中立のはず神官が、敵味方併せて城ごと全滅し、現代の高校の1クラスに転生してきます。前世では敵味方の関係が現世では同級生。ある出来事で前世を徐々に思い出していく。また、前世では城主の姫だった主人公が現世では男性として転生してる。それが物語を更に複雑にしていきます。(逆のケースもあり) そして現在に転生してる登場人物、ほとんど皆、何らかの嘘をついてます。ほんとうのことを言えない辛さ。転生しているので、誰が誰だかわからない、誰に殺されたのかわからない。前世のしがらみが転生後の自分を縛りつけます。個人的には、わりと早くくっつく現世の主人公CPは応援できなくて、別のひとの気持ちを推してます。切なすぎる。。。いつ言えるんだろう。言える日が来るのかな。。 この作品連載を追いかけて10年、いまだ熱は冷めず、この連載読むために、1年前からゼロサムの雑誌買いまで始めてしまってます。長い連載ですが、読者を全く離すことがありません。23巻まできて、謎が明かされていくいまが一番熱いです。登場人物が多いので、何回も読み直さないとわからないかもしれません。でも、何度も読み直すのに十分足りるほどのその場面での細かい表情の意味、23巻まできてようやく明かされる1巻からの伏線回収、何もかもが素晴らしく計算尽くされてます。こんな物語を描ける作者さんを心から尊敬します。 少女マンガ枠ですが、姫がDKに転生してますので、BL脳でみるといろいろ考えてしまいます。。(今出てる雑誌の最新話なんて、特に。。このまま押し倒せ!なんて思ってしまったのは内緒) ひとまずBL脳は抑えて読んでますが。 いまクーポンで安くなってますので、興味ある方はぜひ。一気読みすると、間違いなくもっていかれます。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白さが知られてないからここに書きます
    romance2さん 投稿日:2016/9/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 人の区別大変なんですけど言ってられません。面白くてたまらない転生ファンタジーです。 是非一人でも多くの人に読んでみて欲しいのです。 騙されたのでは?と疑う人も一冊二冊と読み進めるうちのめり込むのではと思います。前世との二重構造で且つ群像物、つまり、クラスメートが倍に膨れるかの内容。でも、そこが面白い。 主人公高校生男子の前世は王女。クラスメートも、あとからあとから、前世の王国に関連。(この作品なら、コスプレイヤーの気持ちも判る気がする。このクラスの前世がはっきりした子全員分を、集団でレイヤーになってみたら楽しそうだ。) その解る過程で点が一部結ばれて線となっていくような感覚と、しかもそれがまだまだ見えないところが興味を繋いで、毎回引き付ける展開。 この面白さは、ちょっとないです。ほんとに、多くの人に知ってほしいと思います。 私的にこれに4ツ星以下を点ける人は、いったい何を5ツ星にしてるのか逆に教えて欲しいくらいに思ってしまう。 大友は大友、瀬々は瀬々、七浦は七浦、手嶋野は手嶋野、元井も判るし、上岡と春湖も今やしっかり判然。広木かっこいいし、前世のこと偽っているのもなんだかもどかしくて、やるせないし。仁科の不明な正体が筋運びにアクセント、神官達は凄く面白いポジション取っていてまだ思い出してないことが山のようにありそう。魔法も使える魔法が分かれてる。前世は幾つかの王国があり、戦いの存在が人々裂き、疑心を生んだ。断片しか思い出せない皆の記憶のピースはまだ全体像として完成しない。思い出す人たちも、少しずつの覚醒で時間差がある。皆見の中に王女を見出だし、ユージンが今の世での姿で覚醒した時は、結構血が沸き立った。他のサイトで、絵が見分けつかないことをあり得ないほどディスっているレビューを幾つか目にしたが(久米田先生ってホントに先生なさっているという話なのにね)、この作品の良さをわからない人に語られたくない。描き分け、他の先生もやれてないこと多いですから! 後述:やっぱりめちゃくちゃ面白い!(2020/5 現在22巻を読んで) 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

前世ファンタジー
制作:八福神(シーモアスタッフ)
前世の記憶がある少年が主人公のファンタジー作品。主人公の皆見は中学1年生。魔法が存在する世界で王族、しかもベロニカという姫だった記憶があります。前世の記憶を口にしたため、小学校からずっと周囲に距離を置かれています。中学に進学してであった上岡はそんな皆見と仲良くし、前世の証明が出来ればいいと自然に皆見に伝えるまっすぐな女子。二人は純粋で素直なゆえに、中学生特有の先輩からの理不尽ないじめにも合います。皆見の前世と上岡が、これからどう関わっていくのか、明らかになっていく皆見の前世とは具体的にどんなものであったのか、続きがとても気になります!現世と前世が交差する児童文学のようなファンタジー作品です。作者は「NEWSPARADE」「携帯寓話」の久米田夏緒。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ