電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この音とまれ! 1
この巻を買う/読む

この音とまれ! 1

ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
最大1,000pt ポイント獲得 9/22
通常価格:
456pt/501円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.9) 投稿数846件
この音とまれ!(24巻配信中)

作品内容

先輩が卒業して箏曲部ただ一人の部員になってしまった武蔵。四月になり新入部員の勧誘に励むのだが、部の存在自体を知らない人も居る状態。そんな彼の前に現れた、見るからに不良で箏とは縁の無さそうな新入生が入部したいと言い出して!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  24巻まで配信中!

  • この音とまれ! 1
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    先輩が卒業して箏曲部ただ一人の部員になってしまった武蔵。四月になり新入部員の勧誘に励むのだが、部の存在自体を知らない人も居る状態。そんな彼の前に現れた、見るからに不良で箏とは縁の無さそうな新入生が入部したいと言い出して!?
  • この音とまれ! 2
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    一か月後の全校生徒の前での演奏に向け、始動した新生筝曲部。弾く曲の候補があると言う、さとわが皆を連れて行ったのは、邦楽のイベントだった。鳳月会の小学生の演奏に圧倒される愛達…。しかし愛は友人達の練習用にある物を用意して…!?
  • この音とまれ! 3
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    遂に筝曲部の存続が懸かった演奏の日を迎えた愛達。全く興味の無い様子の生徒達も演奏が始まると、その迫力に飲み込まれてゆく。亡き祖父の事を思いながら演奏する愛、そして部の存続を願う皆の調べは、全校生徒の心を掴めるのか──!?
  • この音とまれ! 4
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    さとわの秘密を知った妃呂は、部員達に暴露しようとする。それに対してさとわは…!? 一方、部員達も窮地に立たされる。定期テストで三つ以上の赤点があると、高校生関東邦楽祭へ出場出来ないと告げられ、皆で勉強会をするのだが…!?
  • この音とまれ! 5
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    関東の強豪校である姫坂女学院と明陵高校の合同勉強会を見学する事になった愛たち。姫坂の完璧にそろった演奏に実力の差を見せつけられる。さらに受験の失敗を思い出し、マイナス思考になった武蔵は心配してくれる愛と衝突してしまい!?
  • この音とまれ! 6
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    合宿中に突然、姿を消した光太。なかなか上達せず、怒られてばかりなのに嫌気が差して逃げ出してしまったのか…。懸命の捜索の末、愛が見つけた光太は──!?
  • この音とまれ! 7
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    明陵高校の演奏に圧倒されてしまった愛達だが、全国一位となるには、その上を行かねばならないのだと気持ちを奮い立たせた。その後も姫坂女学院をはじめレベルの高い演奏が続く中、彼等は重圧と戦い続ける。そしていよいよ出番は目前に!
  • この音とまれ! 8
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    右手の負傷で思うように弾けない愛に引きずられ、時瀬高の演奏はバラバラなものとなってしまう。しかし、お互いを信じる気持ちで持ち直し、聴く人の心を揺さぶった彼らの演奏の結果は!? そして大会後は学園祭に向けて動き出す愛達だが!?
  • この音とまれ! 9
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    今のメンバーで全国に行くには、今年が最初で最後の機会。決意を新たにした愛達は、自主的に朝練へ集まっていた。そんな彼らに滝浪が曲を決めたと告げる。その曲は、過去にさとわが母へ自分の気持ちを伝えようとして弾いたもので…。さらに、時瀬高筝曲部に外部指導者が来る事になり!?
  • この音とまれ! 10
    登録して購入
    ポイント還元91pt還元!(9/21まで)
    最大1,000pt ポイント獲得9/22
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    技術の底上げのため、箏曲部の指導を任された堂島晶。無償での指導という事もあり、何か裏があるのではと勘繰る部員達…。だが彼女の実力は本物で、さとわが破門される原因になった大会で一位を取る程のもの。しかし彼女は、その大会でさとわの演奏を聴いて以来、心に深い闇を抱えていて!?

レビュー

この音とまれ!のレビュー

平均評価:4.9 846件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 40歳過ぎても泣いてしまう
    タカナさん 投稿日:2021/9/16
    久しぶりに読み返して、いちいち泣いてしまう。こんなに頑張る純粋な高校生いるのかよと思うほど純粋でいい子達。同年代の頃だとどう思ってたかわからないけど、読み応えのある青春漫画。脇役たちにもちゃんと個性と背景があり、成長が描かれている。登場人物 の数だけ楽しめる。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 名作です。
    Johnさん 投稿日:2021/7/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初の方は辛い展開が続くんだけど、ヒロが入って更生してきたあたりから、段々面白くなっていって、本当に「友情って、青春っていいなあ」と思わされる作品になります。みんなそれぞれに辛い過去があって、でも筝曲部に入って皆で助け合うことで乗り越えて、後から関わってくる人たち(大人も含めて)をどんどん良い方に変えていく。13巻の天泣の演奏の場面は本当に美しくて、皆の表情が本当に良くて、読んでいるだけで泣いてしまいます。何度も読み返しましたが、読むたびに泣けます。この曲を通してさとわとお母さんも和解できたし、晶ももう一度琴と向き合えて兄とも仲直りできて、話ができすぎといえばそうなのですが、登場人物たちの言葉が本当に心にしみいるし、彼らの表情もすごくよく描かれているので、嘘くささやでき過ぎ感が全然なく、素直に感動します。新入生として入ってきた百谷と母が骨折をして家庭の事情からピンチになるミッツのやりとりも(まさかこの二人の絡みになるとは)もう本当に胸が熱くなりました。不器用で人と距離を置きたがる百谷がこんなにまで一生懸命しゃべってミッツのことを考えるとは。泣けます。全国大会直前の大山場で、宇月というメンヘラ男が出てきて愛を陥れようとしていますが(正確には愛が好き過ぎて、愛が他の仲間と幸せそうにしているのが気に食わないので、すべてを壊すことで愛を孤独にし愛を独り占めしようとしている)、筝曲部の皆で一丸となって闘い、宇月のことも更生してほしい!明陵だから時瀬筝曲部には入れないけど(笑)。絵がとても丁寧できれいで、しかも表情のかき分けがすごくうまいので、登場人物の細かな心情の違いが手に取るようにわかります。とにかく多くの人に読んでほしい作品。少年漫画カテゴリーですが、恋愛要素もいっぱいあるので、少女漫画好きにもおすすめです。個人的には、武蔵とヒロの仲が気になって夜も眠れないくらいです(笑)。武蔵は真面目なメガネとか言われているのに、発言がかっこよすぎてイケメン過ぎるし(いつも欲しい言葉をくれる!)、ヒロは登場時はあんなだったのに(過去のトラウマが原因とはいえ、何の関係もない筝曲部を壊しにくるとか人が悪すぎる)部活にも仲間にも熱い頑張り屋のお姉さんになってしまい、しかも武蔵の前では可愛すぎて「悟られないようにする」とか言ってるのに毎度気持ちが駄々洩れで、一刻も早く付き合ってほしい二人です(笑)。 続きを読む▼
  • (5.0) 熱くなる 高揚感がある和の芸術系部活物
    romance2さん 投稿日:2021/6/26
    土曜朝(記載日26日)に音楽TV番組でお箏の演奏聴いて、居ても立っても居られなくなり直行。そうしたら7月13日まで既刊のかなり(17巻分)が無料と知って想定外の喜び。急いで期間内に無料部分は読んでしまおうと。 未完結物は読みたがらない私だ が、以前ウインドウショッピング的に軽く手に取った、たった数巻の試し読みで心を掴まされ、以降忘れたことはない。しかし少年向け漫画は長編化すると手に負えない。高くついて延々と終わりが見えないと挫折感が。だから手を出しにくかった。 ずっと読みたい気持ちを胸の奥に押し殺してきた。音楽物好きな(音楽を絵で表現しようという事にそもそも素晴らしい絵描き根性を感じる)私には辛かった。 熱くて面白いのだ。前も数巻で期待は膨れ上がっていた。最初から引き込みかたがうまい。 再び第1巻から読み始めても一向に面倒さがない。かじっただけだったのに味わえたその時の感動が、また甦ってくる。もう止まらない。忘れないうちに今書き留めて置きたくなった。 後日改めて感想を書き足そうと思っているが。 本日(6/28)現在ここで読める最新刊24巻迄読了。拍手喝采。続刊を急く気分で雑誌行っちゃおうかと思う位。楽曲のYouTubeは取り敢えず速攻で。アニメも探す。ここまで、長編に有りがちなダレが無く、見苦しい継ぎ接ぎ展開感も無い。流れ違和感無し。持っていき方巧み!但し大ゴマ化少々目につき過ぎ。たまになら効果的だが、頻繁なのはストーリーの間(ま)を持たせてると勘ぐる事になるので、メリハリつけて欲しい。 絵は女性の手による作風のようで、私の苦手な不自然な男性向けお色気や筋肉ムッチリボディでなくてよい。展開も女性陣の感情に男性都合の媚びが感じ取れなくて読みやすい。 2021/07/02追記-アニメ第2クール迄全26話(最新)視聴。25話の天泣の演奏、YouTubeで全挿入曲既に聞いたはずだったが盛り上がった。ダイジェスト版といった趣も無くは無いアニメよりも、漫画の方が広がりも奥行きも感じられるが、音が入ると演奏シーンに聴覚が直に説得力を与えられて、それも良かった。 次巻を心待ちにする気分が強くなった。 もっとみる▼
  • (5.0) 感動しすぎて、ボロボロ泣いてます
    弥生さん 投稿日:2019/10/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 以前から作品を読ませていただいていましたが、21巻が感動しすぎて衝動的にレビューを書いています笑 ミッツ巻と言っても過言ではない21巻でした!ミッツにのしかかる色々な状況、心の葛藤、もどかしさ、悩み…、すごく心が痛かったです。 ミッツの状況を中心に、周りのメンバーたちも様々な思いを抱えて、悩んで、どうすればいいか考えていて、人と人が関わり合って何かを成すってこういう過程が絶対必要なんだよなぁと心打たれました。 「1人の問題をみんなの問題」として捉えて自分たちにできる選択をしていく大切さを学びました。 あと百谷くんって苦手に思う人がいると思うけど、すごくリアリティのある人だなって思います。 私自身初めは苦手意識持ってたけど、なんで苦手なのかなって思った時に「どう考えてるのかが分かりずらい + 物事の線引きがハッキリしてる」からなんだなって気づきました。こういうタイプの人はどんな場面なら心が動くのか、1歩ふみだせるのかっていうのはずっと気になっていて読んでいました。 そんな中、今回、ももやくんがどう考えてそんな発言をしたのかということをしっかり伝える場面があって、「あぁ、成長したなぁ」って親みたいに思ってしまいました笑 きっと時瀬高校箏曲部は困難があっても一つ一つ乗り越えていけるなと思います。 また次巻も楽しみにしています。 追記 最新23巻を読ませていただきました。 言葉では言い表せないくらい大感動でした。。 やっぱり百谷くんの成長がすごくすごく心打たれます。周りにただ合わせるだけじゃなくて周りを生かすことの出来る「個性」がちゃんとあって、すごく輝いていました 自分の本音を言っても受け入れてくれる仲間、フォローしてくれる仲間がちゃんといることは本当に救われることだと思います。作品を通して学ぶことがたくさんありますね!いつも心打たれる作品をありがとうございます。 続きを読む▼
  • (5.0) アニメから…
    心焔さん 投稿日:2020/7/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 レビューが高評価だった事もあって、レビューしないでいたが、アニメの♯25天泣の回だけ録画を継続している。漫画も良作だがアニメの完成度が半端なかったですね。配役の声優さんがバッチリ決まっていた。この時代に、琴を題材とした着眼点も素晴らしく、物語の軸にブレも無く孤独も友情も学園物語に、必要な要素を描き出されている。無駄に何でも取り入れるのではなく、物語に在るべき姿を映している。原作漫画を主軸として、アニメの出来は間違いなく名作の域に到達している。[十七弦と独創舞は、木で言う芽と樹なら一二琴は、其を彩る枝葉や華]このセリフにより天泣のシーンが、頭から離れなくなった。日本古来の弦楽器の良さと物語を現代に、アニメという形で広め名作として描いた原作者は、奇才の漫画家ですね。誰もが気付けるものではなく、誰もが求めた物語です。多くの作品有れど、此処に辿り着けていなかった。紛れもなく本物の作品だと思います。絵も綺麗だし細かい所やキャラの個性もしっかりした世界観も素晴らしい。まぁ…今まで観てきたアニメの中で、断突に独創性の素晴らしい作品は、これ程では無かったですよ。マジ原作とアニメ制作と声優と配役が、しっかり決まった作品は、称賛の嵐でしょうね。期待の止まらない作品です。漫画を観た方々には、アニメも観て欲しい作品ですね。私の評価で、この作品は最高評価です。 続きを読む▼
  • (5.0) すごく感情豊か
    みかんさん 投稿日:2019/10/16
    友情、恋愛感情、家族愛、仲間意識の強さ、優しさ、人間の劣等感、弱さ、などすべてが組み込まれています。 生徒たちが表情豊かに表現され、すべてが自然に流れ、自然にいい方に向かっていて、とてもすばらしい構成です。 セリフも、どれも、名言クラス のものばかりで、表情と合わさって、とても印象的で且つ引き込まれます。 部活のお話をこれほど壮大に、熱く、そしてほのかな恋愛を組み込んで書けるのはすばらしいです。一気に全巻買いしました。 個人的には、哲生くんがすばらしく世話焼きなイケメンでこのお話の基盤を支えていると思います。 しかし、チカのしぐさなどは、どの恋愛少女漫画よりかっこいいところがあるのですが、これがジャンプ連載というところも衝撃でした。こんな恋愛を読んだ後に、うすっぺらい少女漫画や女性漫画を読むことはできないです。他の漫画すべてがかすみ、作りもののお話としか思えないくらい、この音とまれはすばらしい感動、高揚感を与えてくれます。 ただ、個人的には、この作者様が乙女ゲームのキャラをデザインしてくれたら、その乙女ゲーム、ものすごく売れるだろうなーとも思ってしまいました。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 筝曲の青春部活動
    琴の部活動=筝曲部が舞台の青春漫画です。線の細い繊細なイラストと心情を丁寧に描いた、男性にも女性にもおススメの作品です。主人公武蔵はたった一人の筝曲部員。この春新入生が入部しないと筝曲部は潰れてしまいます。潰れかけの部とたった一人の大人しい男性部員に目を付けた不良たちに、部室は占領され始めています。そんな筝曲部に入部希望を出したのは有名な不良、久遠。暴力的で不器用な性格のため、なかなか武蔵にも受け入れられませんが、久遠の琴への思い入れも大変深いもので、譲りません。ここから二人の男性部員による筝曲部の物語が始まります!不良に邪魔されたりと前途多難ですが、大切な思いのため各々が頑張っていきます!作者はこれがデビュー作のアミュー。多くの人にとって縁遠い琴が身近に感じられる漫画です!
    制作:コーヒーマニア
▲ページTOPへ