漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この音とまれ!【期間限定試し読み増量】 24

この音とまれ!【期間限定試し読み増量】 24

通常価格:
456pt/501円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.9) 投稿数799件
この音とまれ!(24巻配信中)

作品内容

※2021年5月19日までの期間限定お試し版です。2021年5月20日以降はご利用できなくなります。【買い逃してない? 集英社準新作を試し読み!!】侑(あつむ)の音が生きるように、自分の爪を替えた名都(なつ)。確認のための演奏では、浮いていた侑の音が全体に深みを出し、今までとは全く違うものとなる。4パートのかけあいも完璧に決まり「和(あい)」の完成に一歩近づくが、不穏な影が時瀬箏曲部に差し始め…。愛(ちか)と哲生(てつき)の出会いを描いた番外編も収録!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  24巻まで配信中!

  • この音とまれ! 21
    登録して購入
    ポイント還元45pt還元!(5/20まで)
    最大2,000pt ポイント獲得5/21
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    愛(ちか)たちは一英高校の演奏に刺激を受け、練習の質を上げる取り組みを始める。しかし、練習中に通孝(みちたか)の母が骨折したとの一報が!? 五人兄弟の長男である通孝は母の具合が良くなるまで、妹の杏と分担して家事を全て行う事になり、練習に割ける時間がなくなってしまい…!?
  • この音とまれ! 22
    登録して購入
    ポイント還元45pt還元!(5/20まで)
    最大2,000pt ポイント獲得5/21
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    通孝は楽譜を手直ししてもらい、限られた時間の中で一人前の音を目指すことに切り替えた。名都も退部を思いとどまり、時瀬は全国大会に向けて再始動するのだった。更に放課後に通孝の家へ行って一緒に練習すると提案するさとわに、晶は自分に良い案があると切り出して…!?
  • この音とまれ! 23
    登録して購入
    ポイント還元45pt還元!(5/20まで)
    最大2,000pt ポイント獲得5/21
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    【電子版限定! カラーイラストギャラリーを巻末に収録!】さとわから避けられた愛(ちか)は、手を振り払ったのは彼女に手を出さないためだったと本心を口にしてしまう。お互いに謝罪した2人だが、さとわは自分の気持ちをしまい込む事に決めて…。そんな中、全国大会の順番と曲が告知される。愛はさとわの家で各校の曲を聴かせて欲しいと頼むが…!?
  • この音とまれ!【期間限定試し読み増量】 24
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    ※2021年5月19日までの期間限定お試し版です。2021年5月20日以降はご利用できなくなります。【買い逃してない? 集英社準新作を試し読み!!】侑(あつむ)の音が生きるように、自分の爪を替えた名都(なつ)。確認のための演奏では、浮いていた侑の音が全体に深みを出し、今までとは全く違うものとなる。4パートのかけあいも完璧に決まり「和(あい)」の完成に一歩近づくが、不穏な影が時瀬箏曲部に差し始め…。愛(ちか)と哲生(てつき)の出会いを描いた番外編も収録!!

レビュー

この音とまれ!のレビュー

平均評価:4.9 799件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 友達にオススメされて
    ぼーろさん 投稿日:2021/5/9
    無料分から読んでみましたが、どハマりしてしまいました!!絵もすごく好きで、綺麗で見やすいです。キャラも素敵なキャラクターばかりで、泣けるシーンも多々あります。 漫画だから音は聞こえてこないはずなのに、どのような音なのかを全て絵で表現してい てすごい!! 面白いです!! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 感動しすぎて、ボロボロ泣いてます
    弥生さん 投稿日:2019/10/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 以前から作品を読ませていただいていましたが、21巻が感動しすぎて衝動的にレビューを書いています笑 ミッツ巻と言っても過言ではない21巻でした!ミッツにのしかかる色々な状況、心の葛藤、もどかしさ、悩み…、すごく心が痛かったです。 ミッツの状況を中心に、周りのメンバーたちも様々な思いを抱えて、悩んで、どうすればいいか考えていて、人と人が関わり合って何かを成すってこういう過程が絶対必要なんだよなぁと心打たれました。 「1人の問題をみんなの問題」として捉えて自分たちにできる選択をしていく大切さを学びました。 あと百谷くんって苦手に思う人がいると思うけど、すごくリアリティのある人だなって思います。 私自身初めは苦手意識持ってたけど、なんで苦手なのかなって思った時に「どう考えてるのかが分かりずらい + 物事の線引きがハッキリしてる」からなんだなって気づきました。こういうタイプの人はどんな場面なら心が動くのか、1歩ふみだせるのかっていうのはずっと気になっていて読んでいました。 そんな中、今回、ももやくんがどう考えてそんな発言をしたのかということをしっかり伝える場面があって、「あぁ、成長したなぁ」って親みたいに思ってしまいました笑 きっと時瀬高校箏曲部は困難があっても一つ一つ乗り越えていけるなと思います。 また次巻も楽しみにしています。 追記 最新23巻を読ませていただきました。 言葉では言い表せないくらい大感動でした。。 やっぱり百谷くんの成長がすごくすごく心打たれます。周りにただ合わせるだけじゃなくて周りを生かすことの出来る「個性」がちゃんとあって、すごく輝いていました 自分の本音を言っても受け入れてくれる仲間、フォローしてくれる仲間がちゃんといることは本当に救われることだと思います。作品を通して学ぶことがたくさんありますね!いつも心打たれる作品をありがとうございます。 続きを読む▼
  • (5.0) アニメから…
    心焔さん 投稿日:2020/7/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 レビューが高評価だった事もあって、レビューしないでいたが、アニメの♯25天泣の回だけ録画を継続している。漫画も良作だがアニメの完成度が半端なかったですね。配役の声優さんがバッチリ決まっていた。この時代に、琴を題材とした着眼点も素晴らしく、物語の軸にブレも無く孤独も友情も学園物語に、必要な要素を描き出されている。無駄に何でも取り入れるのではなく、物語に在るべき姿を映している。原作漫画を主軸として、アニメの出来は間違いなく名作の域に到達している。[十七弦と独創舞は、木で言う芽と樹なら一二琴は、其を彩る枝葉や華]このセリフにより天泣のシーンが、頭から離れなくなった。日本古来の弦楽器の良さと物語を現代に、アニメという形で広め名作として描いた原作者は、奇才の漫画家ですね。誰もが気付けるものではなく、誰もが求めた物語です。多くの作品有れど、此処に辿り着けていなかった。紛れもなく本物の作品だと思います。絵も綺麗だし細かい所やキャラの個性もしっかりした世界観も素晴らしい。まぁ…今まで観てきたアニメの中で、断突に独創性の素晴らしい作品は、これ程では無かったですよ。マジ原作とアニメ制作と声優と配役が、しっかり決まった作品は、称賛の嵐でしょうね。期待の止まらない作品です。漫画を観た方々には、アニメも観て欲しい作品ですね。私の評価で、この作品は最高評価です。 続きを読む▼
  • (5.0) すごく感情豊か
    みかんさん 投稿日:2019/10/16
    友情、恋愛感情、家族愛、仲間意識の強さ、優しさ、人間の劣等感、弱さ、などすべてが組み込まれています。 生徒たちが表情豊かに表現され、すべてが自然に流れ、自然にいい方に向かっていて、とてもすばらしい構成です。 セリフも、どれも、名言クラス のものばかりで、表情と合わさって、とても印象的で且つ引き込まれます。 部活のお話をこれほど壮大に、熱く、そしてほのかな恋愛を組み込んで書けるのはすばらしいです。一気に全巻買いしました。 個人的には、哲生くんがすばらしく世話焼きなイケメンでこのお話の基盤を支えていると思います。 しかし、チカのしぐさなどは、どの恋愛少女漫画よりかっこいいところがあるのですが、これがジャンプ連載というところも衝撃でした。こんな恋愛を読んだ後に、うすっぺらい少女漫画や女性漫画を読むことはできないです。他の漫画すべてがかすみ、作りもののお話としか思えないくらい、この音とまれはすばらしい感動、高揚感を与えてくれます。 ただ、個人的には、この作者様が乙女ゲームのキャラをデザインしてくれたら、その乙女ゲーム、ものすごく売れるだろうなーとも思ってしまいました。 もっとみる▼
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ