漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
宇宙を駆けるよだか 1
この巻を買う/読む

宇宙を駆けるよだか 1

通常価格:
380pt/418円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.2) 投稿数395件
宇宙を駆けるよだか(3巻完結)

作品内容

かわいくて素直な性格のあゆみは大好きな人と恋人同士になったばかり。だが、初デートに向かう途中で同じクラスの然子の自殺を目撃し、意識を失ってしまう。目が覚めると、あゆみは醜い容姿の然子と身体が入れ替わっていて…。 容姿も性格もまったく違うふたりの運命が、奇妙にねじれながら交錯していく――。

作品ラインナップ  全3巻完結

レビュー

宇宙を駆けるよだかのレビュー

平均評価:4.2 395件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) タイトルだけ壮大
    ねるさん 投稿日:2021/4/17
    全巻既読。 設定は好みだが全体的にリアリティが乏しすぎ。 展開が急でキャラクターの気持ちが丁寧に描かれていないし、表情も上手くはないのであまり何も伝わって来ず、とにかく全体通して深みがない。 あゆみがいい子そうに描かれているが、そんな に好きなキャラクターではなかった。 然子と入れ替わった後も「今まで人の外見を気にしたり自分と人を比べたことがなかったから、今の姿が見にくいという自覚がなかった」そうで、その嘘くささにびっくりする。 然子は然子で、あゆみと入れ替わる前はそんなに性格悪くなかったのに、入れ替わった後の方が性格悪くなった気がするが。 そもそも然子の苦しみもわからなくはないが、大半は独りよがりというか、自分ばかりでかわいそうで不幸だと思うなよ、とも思う。 その他の男キャラも含め、とにかく全体通して嘘くさくてムカムカする作品だった。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) よく出来たストーリーです
    Snowcone さん 投稿日:2019/11/21
    低評価の口コミには然子よりの偏った意見が多いですが、単純に然子は彼女自身をさらに醜くする言動をしてるのは明らかなので、同情の意見は当てはまらない気がします。確かにあゆみは恵まれた容姿と家族、周りの環境を持っていますが、人はそれぞれ持って生ま れたモノを含め生きている環境が皆違います。一般的に恵まれていると思われている人でも陰ながらに人間が成長するための試練をいくつも潜り抜けてきているわけで、嫌な状況を前向きに考えて向上させるかさせないかで違いが出るのです。あゆみは前者で然子は後者ですね。たしかにお年頃の女の子は自分の容姿に敏感な時期ですが、努力して痩せることや清潔感のある髪型にすることなどを怠っているのは然子自身です。自分の試練を何か(誰か)のせいにしているままでは人生の試練がなくなるどころか増えていく一方です。人は内面が成長するために試練があるのです。そんな内容をこの作品は伝えているわけで、最終的にこのストーリーで伝えたかった、人は顔ではなく内面という趣旨は十分に表現されている作品です。そして他人を羨み嫉むことはすべてにおいて一利無しと伝えているのです。ただ火賀くんファンの私としてはあゆみと両想いになれず寂しいです… もっとみる▼
  • (5.0) 自分自身を思わず振り返る
    ゆあさん 投稿日:2020/9/10
    持って生まれた外見はそう簡単に思い通りにできないし、実際外見だけで相手の価値を見くびって侮辱する人間もたくさんいます。『人間は中身!』と言えるほど世の中綺麗じゃないのは確か。でもこの作品を読んで『どんな外見でも、心は必ず外ににじみ出る』とい うことを改めて思い知らされました。中身があゆみになった然子は、外側の作り自体は変わらないのに、火賀や友達のことを心配している顔・信頼して笑ってる顔・自分を奮い立たせて前を向く姿、すべてが表情豊かでとても可愛い。一方、容姿はあゆみになっても妬み・逆恨みにとらわれたままの然子は、顔はあゆみなのにしばしば表情にホラー入っちゃう。そうやってにじみ出る心の内側が、外見の一部になっていくのだなあ、と。ストーリーはどんどん先が読みたくなる面白さでしたが、最後の大詰めのやりとりがややありきたりで緻密さに欠け(特に母とのくだりとか、なんかいきなりだなって感じで…)そこが残念。それを思うと本当は★4〜4.5くらいですが、たった3巻分の出費でそれをはるかに超える密度の濃い時間をもらったので、感謝を込めて★5で。 もっとみる▼
  • (5.0) おもしろーい
    りりさん 投稿日:2016/3/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごくすごく、おもしろかった。 一巻目を無料の時に読んで、もう涙ボロボロ、心を持っていかれました。そこからは、ノンストップで。 長すぎないし、いい小説をひとつ読みきった後のようなさわやかな読後感でした。 特に火賀くんが格好よすぎです。ほんと前半の火賀くんすごい。友達になりたい。 入れ替わり物って、結構みかけますが性的に走るものばかりでうーん…て感じだけれど、これは違います。 公然と人にオススメできます! けど、もうちょっと膨らまして書いて欲しかったのは、入れ替わり前のもし失敗したら…っていう恐怖感。失敗しなくても、屋上から飛び下りるわけだし…あと、最後の男女入れ替わりの数日間を数ページだけでも…結構人生観変わる体験だと思うのでがんばって丁寧に描いて貰えたらなあ、と。だって好きな人の身体になったり、火賀くんが然子ちゃんになったりするんだもの。性的な部分の描き方のバランスがすっごく大変そうだけど。 でもおもしろかったー 続きを読む▼
  • (5.0) 然子がいいキャラしてる
    れいさん 投稿日:2017/12/24
    「美醜」と「精神の入れ替わり」をテーマにした内容ですね。読んでいてとても惹き込まれました。最終的に然子は元の姿に戻ってしまいましたが個人的には戻らず、そのまま悪役としてあゆみの姿に拘ってもらいたかったですね。無関係のあゆみの体を奪ったという 点ではかなりの悪人ですが、それでも彼女の容姿や生活環境、それによる心の心境的なことを考えるとどうしても嫌いにはなれないキャラクターです。読者としても共感できるキャラは然子の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。「人は見た目じゃない。中身だ」ってことを伝える以上、終りか方はとても綺麗で読後感もよかったです。ただそれでも、ほんとに然子はこれでよかったのかな?と思ってしまいます。正直、僕にとっては然子が主人公みたいに感じちゃいました(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 一気に読んでしまいました
    さりさん 投稿日:2016/4/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 続きが気になって最後まで一気に読んでしまいました あゆみから全てを奪い取ったはずの然子が、その実カラダ以外の何をも手に入れることができず少しずつ追い詰められていく姿は自業自得とはいえ少々同情してしまいました 愛を乞うのに奪うかすがりつくかしか方法が分からない然子の姿が不憫で悲しくなりました あゆみはあゆみで今までに受けたことのない理不尽な他人からの悪意にさらされて心が暗く汚染されていくところは、あれは隣に火賀君みたいな人がいなかったら誰だって卑屈な人間になるよなぁ、と 男性陣は心が沈みがちな時に癒しをくれたり活路を開いてくれたりと申し分ない王子様達でした 結末については全体的にハッピーエンドですがとあるキャラへの思い入れが強かったのでちょっと切なかったです 続きを読む▼
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 入れ替わってる…ッ!
    大好きな人との初デート、そこへかかってきた一本の電話。その電話によって、あゆみの人生は大きくねじれてしまう…!あゆみと然子、入れ替わることによって周りの人間性や環境が客観的に見え、さらには味方が少ない当たりなんとも辛い。醜いところも綺麗なところも全部集まった入れ替わり話。注目です!
    営業:亀
▲ページTOPへ