漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
宇宙を駆けるよだか 1
この巻を買う/読む

宇宙を駆けるよだか 1

通常価格:
380pt/418円(税込)
(4.2) 投稿数348件
宇宙を駆けるよだか(3巻完結)

作品内容

かわいくて素直な性格のあゆみは大好きな人と恋人同士になったばかり。だが、初デートに向かう途中で同じクラスの然子の自殺を目撃し、意識を失ってしまう。目が覚めると、あゆみは醜い容姿の然子と身体が入れ替わっていて…。 容姿も性格もまったく違うふたりの運命が、奇妙にねじれながら交錯していく――。

作品ラインナップ  全3巻完結

レビュー

宇宙を駆けるよだかのレビュー

平均評価:4.2 348件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 心が大事
    junさん 投稿日:2019/12/10
    なんて綺麗事だし、姿形で左右される現実はやっぱり歴然としてあるんだけど、人を羨んでも仕方ない。自分をありのまま受け入れで前を向いて生きることが幸せの近道なんだと思う。そういう作品です。

高評価レビュー

  • (5.0) よく出来たストーリーです
    Snowcone さん 投稿日:2019/11/21
    低評価の口コミには然子よりの偏った意見が多いですが、単純に然子は彼女自身をさらに醜くする言動をしてるのは明らかなので、同情の意見は当てはまらない気がします。確かにあゆみは恵まれた容姿と家族、周りの環境を持っていますが、人はそれぞれ持って生ま れたモノを含め生きている環境が皆違います。一般的に恵まれていると思われている人でも陰ながらに人間が成長するための試練をいくつも潜り抜けてきているわけで、前向きに嫌な状況を向上させるかさせないかで違いが出るのです。あゆみは前者で然子は後者ですね。たしかにお年頃の女の子は自分の容姿に敏感な時期ですが、努力して痩せることや清潔感のある髪型にすることなどを怠っているのは然子自身です。自分の試練を何か(誰か)のせいにしているままでは人生の試練がなくなるどころか増えていく一方です。人は内面が成長するために試練があるのです。そんな内容をこの作品は伝えているわけでは、最終的にこのストーリーで伝えたかった、人は顔ではなく内面という趣旨は十分に表現されている作品です。ただ火賀くんファンの私としてはあゆみと両想いになれず寂しいです… もっとみる▼
  • (5.0) 面白いです
    zariさん 投稿日:2019/11/4
    無料分を読んでから全巻購入しました。設定が突飛であるのに気にならない。読後感の良い話です。
  • (5.0) お薦めです
    ぷりんさん 投稿日:2019/10/9
    すごく面白ろかったです。見た目より心が大切だよなぁと色々考えさせられました。
  • (5.0) 作者さん買い
    くらまれさん 投稿日:2019/8/26
    川端先生の作品は人間の感情をすごく細かく捉えてそれを上手に表現してて凄く好きです。絵も美しい。ダラダラとしてなくて読みやすいし引き込まれていきます。この作品も買ってよかったです!!
  • (5.0) すてき
    ゆゆきさん 投稿日:2019/8/6
    絵が好きから購入しました。主人公がすごく好感を持てて良いです。3巻だけど内容は濃いめ。良い作品だと思います。
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 入れ替わってる…ッ!
    大好きな人との初デート、そこへかかってきた一本の電話。その電話によって、あゆみの人生は大きくねじれてしまう…!あゆみと然子、入れ替わることによって周りの人間性や環境が客観的に見え、さらには味方が少ない当たりなんとも辛い。醜いところも綺麗なところも全部集まった入れ替わり話。注目です!
    店舗スタッフ:あんきも
▲ページTOPへ