マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
恋は雨上がりのように 1
この巻を買う/読む

恋は雨上がりのように 1

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.5) 投稿数297件
恋は雨上がりのように(10巻完結)

作品内容

橘あきら。17歳。高校2年生。
感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。
その相手はバイト先のファミレス店長。

ちょっと寝ぐせがついてて、
たまにチャックが開いてて、
後頭部には10円ハゲのある
そんな冴えないおじさん。

青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、
人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす、
恋と青春の物語。」

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全10巻完結

  • 恋は雨上がりのように 1
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    橘あきら。17歳。高校2年生。
    感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。
    その相手はバイト先のファミレス店長。

    ちょっと寝ぐせがついてて、
    たまにチャックが開いてて、
    後頭部には10円ハゲのある
    そんな冴えないおじさん。

    青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、
    人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす、
    恋と青春の物語。」
  • 恋は雨上がりのように 2
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    第1集発売直後に注文が殺到し、
    異例の緊急大重版が決まった
    正統派 恋愛叙情譜 第2集。

    胸に秘めた想いを抑えきれず
    ついに打ち明けた少女――

    17歳。無表情女子高生と
    45歳。バツイチの冴えないおじさん。
    28も年の離れた二人の恋の行方は――!?
  • 恋は雨上がりのように 3
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    1集6刷、2集3刷突破
    老若男女を虜にして
    現在、空前の大ブレイク中!!

    店長への想いに胸を焦がす あきらと
    彼女の真っ直ぐな瞳に心揺れる店長。

    そんな2人がそれぞれ
    心の奥に閉じ込めた過去の夢--

    17才の少女の
    一度しかない
    真っ青な季節が流れてゆく
  • 恋は雨上がりのように 4
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    陸上部の親友・
    喜屋武との間に起きる摩擦。
    店長がかつて抱いた夢――

    思春期の少女と思秋期のおじさん
    立ち止まったままの2人。
    その想いの行方は…!?
    今、17歳の夏が過ぎゆく――
  • 恋は雨上がりのように 5
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    ユイ、吉澤、そして加瀬。
    それぞれが胸に抱える
    かなわない想い。

    本当に好きな人に、
    ひとりの友達として
    向き合ってゆくことを決めた あきら。
    そんな彼女に店長は――!?

    17歳。新たな季節のはじまり。
  • 恋は雨上がりのように 6
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    「橘先輩、
    こんなところで
    何やってるんですか?」

    陸上部の頃のあきらに憧れていた
    倉田みずき。

    その純粋すぎる鋭い言葉に、
    心を揺さぶられつつ、
    あきらはクリスマスに向けて
    店長に対して“あること”を決意する。

    揺れるあきらに、
    店長のかける言葉は――!?

    17歳。季節は秋にさしかかる――。
  • 恋は雨上がりのように 7
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    「他にやりたいことなんて、ありません。」

    周囲の声によって陸上への想いを揺さぶられるなかで、
    気遣う店長と、それを突き放してしまったあきら。

    ハロウィン、誕生日、海、
    それぞれに自分と向き合ってゆくなかで、
    店長がついに……?

    そしてなんと今回、喜屋武にも恋の雨が降り注ぐ!?

    17歳。季節は冬へと加速する――。
  • 恋は雨上がりのように 8
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    (俺は、橘さんのことが好きなんだ…)

    あきらへの気持ちに気付いた店長、
    しかしその表情は恋の喜びとはほど遠く、厳しく、切ない。

    ついにマフラーを編み上げたユイが吉澤に想いを…?
    そしてあきらも!?
  • 恋は雨上がりのように 9
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    クリスマス前にマフラーを編み上げ、
    吉澤に想いを伝えたユイ。
    その結果を知らぬまま、あきらは…!

    季節が巡り、人も、場所も巡りゆく中で、
    店長が手にするもの、
    そしてあきらが見つめる瞳の先にあるものは――?
  • 恋は雨上がりのように 10
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    橘あきら17歳。高校2年生。

    ガーデンで過ごした大晦日から
    年が明け大雪の元旦。

    部屋で一人黙々とペンを走らせる店長。

    編み上げたマフラーを下げ
    あきらは傘をさし、家を発つ。


    「きっと、すぐやみますよ。」
    あの出会いの日から季節はめぐり、
    二人が雨上がりの空に描くのは―――


    『恋は雨上がりのように』 ついに完結――!

レビュー

恋は雨上がりのようにのレビュー

平均評価:4.5 297件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) すごくさわやか
    tomimさん 投稿日:2022/8/20
    無料期間に試し読みしたところ、先が気になってしまいまとめて読みました。 店長の人柄がすごく誠実なので、主人公の惹かれる気持ちがよく分かります。

高評価レビュー

  • (5.0) 心身にケガをした女子高生が雨やどりする話
    umy5さん 投稿日:2019/2/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 昔単行本で買っていていつの間にか面倒になり放置していましたが、完結したのを見て電子コミックでまとめ買いしました。読了後、なんだろう…年の差恋愛が好きな自分は結構期待していたんです。小説家の夢破れて枯れた中年店長と、陸上の夢破れた女子高生。そんな2人が惹かれあってあの狭いアパートで欲望にまみれた日々を過ごすのも良いなと思ったんです。でも店長は手を出さなかった。17歳という人の人生の中で限りある、最も美しい年齢。そこを汚さなかった。自分の中で忘れていた夢と熱さに溢れた学生時代の気持ちを思い出させてもらった、それだけで満足して、あんなに可愛い女子高生に言い寄られても折れなかった。そんな人だからこそあきらは店長を好きになったのかな。理由は分からないけど雪のシーン、涙が出ました。店長は最後なんて言ったのか。純文学は読んだことないけれどこんな感じなのでしょうか。勧善懲悪のようにハッキリとしていてスッキリとした終わり方じゃなく、読む人それぞれの心に何かを残すような終わり方。巻末にあった登場人物が読者の人生を応援しているとはまさにこのことでしょうか。ファミレスや学校などどこにでもある日常をこれほど面白く描ける作者は凄いと思いました。次回作も楽しみにしています。 続きを読む▼
  • (5.0) どこまでも瑞々しく。
    れいさん 投稿日:2018/6/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 読むまでは、もう少し俗っぽい、欲にまみれた感じなのかな?と思ってました。 いい意味で裏切られた素敵な作品です。 色んな目線から読める所が最大の魅力なのではないでしょうか。 あきらちゃん側に立って読めば学生時代の甘酸っぱい感覚が甦るし、店長の側から読んでみると、若さへの憧れや懐かしさや、通りすぎてきた時間のあまりの儚さとか、色んな感情を楽しむことが出来ます。 ストーリーの合間に、あきらちゃんの色っぽいカットがちょいちょい入るのは店長的な読者層へのサービスなのでしょうか。 誰かを好きになることや、それによって救われること、日常がふいに、それこそ雨上がりのように輝きはじめる感覚が切なく描写されています。 ラブストーリーであると同時に、何て言うんでしょうか、あの頃の校舎やグラウンド、好きだった人のこと、雨上がりの道。そういった様々な情景を思い出させてくれる、とても素敵な作品だと思います。 かつて好きだった誰かのことを、これを読むと思い出す方は多いのではないでしょうか。 店長が最後まで店長のままで安心しました。 あきらちゃんが20歳になったら付き合おうとか言い出すこともなく、一人の大人としてあきらちゃんをきちんと見守る感じが良いです。 続きを読む▼
  • (5.0) 映画化にされたと聞いて
    ペぇたさん 投稿日:2018/9/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 映画化で話題になった当時に一度読みました。 また読み返したくなり再読しましたが一度めと同様に爽やかな切なさが残りました。 おじさんと少女の恋愛物語。だけどそんな簡単な言葉では表現できないお話です。 現実に流されているけれど夢を忘れられないおじさんと、可能性を秘めているのに夢を失っている少女。お互い惹かれあっていきに遠回りをしたけれど足りない何かを埋めあって前に進んでいく過程が繊細に描写されています。 夢に向かって努力をする姿は歳なんか関係なくカッコいい。お互いに心地の良い関係に惹かれあっているからこそ、お互いの為に結ばれないことが最善の場合もあるんだと、そう思わせてくれるお話でした。結ばれないことで現実味があって余計に共感できました。 だけどやっぱりこのご時世ハッピーエンドが溢れている中で、結ばれないと切なく感じてしまいますね(笑) あきらの手紙にはなんて書いてあったのか、最後の別れ際店長はあきらになんと伝えたのか、答えが描かれていないからこそ読み終わった後の爽快感と切なさが残ります。 きっとまた店長とあきらにまた会いたくなって読み返すと思います。 最初から最後まで素敵なお話でした。 続きを読む▼
  • (5.0) 全ての恋物語が成就するから
    ほんじょ。さん 投稿日:2020/1/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 いい物語だとは限りません。 全巻読んでからの、感想です。 出てくるのは、気弱なファミレスのバツイチ店長。 あることがきっかけで恋心を抱くようになった女子高生は 最初は気持ちをかくしていましたが、途中からまっすぐに気持ちをぶつけてきます。若い、自分とは年齢差もあり釣り合わないと店長は諭しますが、胸の中で膨らみ続ける店長への想いに恋はどうして苦しいの、と言ってしまいます。もうこの言葉は核心を尽きます。本当に誰かを好きになったとき大事なのはその人の姿形では無くてその人を想う自分のどうにも出来ない気持ち。 店長は定番のイケメンではありません、女性の扱いにも慣れていません。でも、そこがいい。若くて真っ直ぐで、それでいて、視野が狭い笑若いってこういうことなんだろうなあと実感させられます。大人は打算的で色々考えてしまいがちですが、女子高生の真っ直ぐ向けてくる気持ちに夢を諦めていた店長は琴線に触れてしまいます。 成就しない恋物語も読み終えたあとは、清々しい気持ちになれます。 映画化になりましたが、私は漫画の方が行間の気持ちや切ない気持ちは現れていると思います。 続きを読む▼
  • (5.0) この作品に出会えて良かった!
    タカッチさん 投稿日:2018/5/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 ノイタミナのアニメを何気なく見たのがきっかけ。 アニメの放映が待ち遠しくなり、やがてアニメも最終回。 きっと本編ではアニメの続きがあるんだろうと思い探したら連載もちょうど最終回! 最初から読みたくなり一巻から全部購入して一気読み。 アニメには出て来なかったエピソードもあり充分に満足できました。 それと同時に言い表せない寂しさも… きっと2人の主人公に恋をしてたのかな? それとも、近藤店長と自分を重ねていたからなのかな? あきらと近藤店長ほどではないが、自分にもそれに近い年の差の彼女がいる。だから近藤店長の心境が本当に共感できた。 ただ店長… あきらの事を思って自分の気持ちをグッとしまい込んだままでいいの?せめて5年後、あきらが立派に独り立ちした頃にまだ、今の気持ちが変わらずに残っているのなら、今度は店長からあきらに自分の気持ちをぶつけて欲しい。 そんな風に思いました。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • ときめくもの
    高校2年生、彼女の好きな人はバイト先の店長。10円ハゲがあり、たまにチャックが空いてたり、親父臭いし冴えないと言われても、好きな人であることは変わりないのです。純粋すぎるが故のまっすぐさと、長い人生で経験を積んできたからこそ揺れる心。じれったくてたまらなく、どこか切ない恋をぜひとも!
    設計:わかちゃん
  • 店長、好きです
    橘はクラスの男子にはなびきません。それはバイト先のファミレスの店長のことが好きだからです。客からのクレームにヘコヘコ謝っていても、頭の後ろにハゲを見つけても、あまりに店長を見すぎて店長に「睨まないで」と言われても、沢山話せて嬉しかったり、ライバルが少ないことに喜んだりしていました。橘には足に傷を負っていましたが、今はバイトに行くことが橘の全てでした…。あまり表情が変わらない橘ですが、店長との絡みでは不器用さが伝わり、可愛いです。橘と店長がこれから距離が縮まるのか、楽しみです。著者は「いろもん!」の眉月じゅん。
    設計:わかちゃん

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ