漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

青年マンガ
恋は雨上がりのように 1巻
この巻を買う/読む

恋は雨上がりのように 1巻

通常価格:
550pt/550円(税抜)
(4.4) 投稿数205件
恋は雨上がりのように(10巻完結)
作品内容

橘あきら。17歳。高校2年生。
感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。
その相手はバイト先のファミレス店長。

ちょっと寝ぐせがついてて、
たまにチャックが開いてて、
後頭部には10円ハゲのある
そんな冴えないおじさん。

青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、
人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす、
恋と青春の物語。

作品ラインナップ  全10巻完結
レビュー
恋は雨上がりのようにのレビュー

平均評価:4.4 205件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 賛否ありますがラストは意味深
    いっちゃんさん 投稿日:2018/10/30
    あきらと正己という女子高生と中年男性の恋物語。 年齢とあきらの事情もあり正己が一歩引いてるので、2人の関係はプラトニックに進んでいきます。 ラストは賛否ありますが、完全にくっ付くのもアリとは思いますが、作品タイトルと日傘で一時の恋が終わ り本物の愛がはじまった様にも感じさせる締め方は心に残ります。 もっとみる▼
  • (5.0) すごい好き
    おーちゃんさん 投稿日:2018/9/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 面白いし、ドキドキさせられました!すごく文学的で素敵な作品。あきらと一緒に店長に恋した気分でした。くっついて欲しかったけどやっぱりそこは現実的ではないんですよね。こっちの方がキレイな終わり方なんですよね。雨上がりの恋ですもんね、わかります。わかるんですけど… 残念だな。 あと、うまくいきそうだったもう一つの片思い、西田さんの恋も、どうした!? 吉澤くん…バカな奴。トホホな終わり方でしたね。これも仕方ないのかな。高嶺の花を追いたいお年頃ですもんね。はぁああ。ガックリ。 続きを読む▼
  • (5.0) 映画化にされたと聞いて
    ペぇたさん 投稿日:2018/9/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 映画化で話題になった当時に一度読みました。 また読み返したくなり再読しましたが一度めと同様に爽やかな切なさが残りました。 おじさんと少女の恋愛物語。だけどそんな簡単な言葉では表現できないお話です。 現実に流されているけれど夢を忘れられないおじさんと、可能性を秘めているのに夢を失っている少女。お互い惹かれあっていきに遠回りをしたけれど足りない何かを埋めあって前に進んでいく過程が繊細に描写されています。 夢に向かって努力をする姿は歳なんか関係なくカッコいい。お互いに心地の良い関係に惹かれあっているからこそ、お互いの為に結ばれないことが最善の場合もあるんだと、そう思わせてくれるお話でした。結ばれないことで現実味があって余計に共感できました。 だけどやっぱりこのご時世ハッピーエンドが溢れている中で、結ばれないと切なく感じてしまいますね(笑) あきらの手紙にはなんて書いてあったのか、最後の別れ際店長はあきらになんと伝えたのか、答えが描かれていないからこそ読み終わった後の爽快感と切なさが残ります。 きっとまた店長とあきらにまた会いたくなって読み返すと思います。 最初から最後まで素敵なお話でした。 続きを読む▼
  • (5.0) アニメから
    ナミ109さん 投稿日:2018/9/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 アニメで好きになり、映画も見て漫画のラストでやっとふたりの進んだ道が理解できました。高校生と大人の男性の恋だなと…。タイトルと描写、ストーリーがとても合っていて綺麗な作品だなと思います。数年後に再開した2人が雨上がりの晴れたような恋愛をするといいなと終わったあとでも期待してしまいます。 続きを読む▼
  • (4.0) 文学的
    みんとちょこさん 投稿日:2018/8/30
    店長が大人です。精神的にとても好感が持てます。 女子高生に想いを寄せられていても浮つかない。すぐにどうこうしちゃうお話が多いけれど、小説的というか文学的というか。 最後は大人なハッピーエンドなのかな。 見つめられているのに睨まれている ?と勘違いするところとか、実際はありそうな心理描写がうまいなと思います。 映画化で店長役が大泉洋さんなのもぴったりだなと思います。 もっとみる▼
青年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 店長、好きです
    橘はクラスの男子にはなびきません。それはバイト先のファミレスの店長のことが好きだからです。客からのクレームにヘコヘコ謝っていても、頭の後ろにハゲを見つけても、あまりに店長を見すぎて店長に「睨まないで」と言われても、沢山話せて嬉しかったり、ライバルが少ないことに喜んだりしていました。橘には足に傷を負っていましたが、今はバイトに行くことが橘の全てでした…。あまり表情が変わらない橘ですが、店長との絡みでは不器用さが伝わり、可愛いです。橘と店長がこれから距離が縮まるのか、楽しみです。著者は「いろもん!」の眉月じゅん。
    制作担当:ふにゃらん
▲ページTOPへ