漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > みんなのレビュー高評価!

みんなのレビュー高評価!

  • romance2さんがつけた評価

    出会った夜から

    ぶれずにずっと気持ちは続くが、互いに一歩踏み込めていない二人。しかし会えば求める気持ちを抑え切れないのも確か。 子どもっぽいキャラが不思議に割と闊歩するHQコミック界で、篠崎先生は、ちゃんとヒロインは大人。ラブシーンの空気を艶めいたものとしてしっぽり描ける。再会を相互確認した後の二人のコマは、二人が二人の間に妖しく漂う雰囲気に呑まれ、いつでも性的関係にもつれ込みそうな、ギリギリに立っている感じが出ている。 ヒロインの抱えていることは、伝えるタイミングが難しいし、言えるムードもなかなか無かったけれど、互いに二人の関係を相手がどういうつもりかも知り損なって従兄弟の結婚式の日まで来てしまったけれど、伝えられたのがそのタイミングだったのは悪くなかった。それは意外に(?)相当に相手を好きなことを伝える事にも繋がる訳だから。 彼のヒロインへの執着が結構私は好きだ。要するに忘れられない一夜だったのはどちらも同じだったわけだ。 そういう二人になってしまったら、気まずくなったり、喧嘩したりするといたたまれずやめることになるのは部下だから、会社組織の中での恋愛は味方が居てもいずれ出るのは自然だ。但しあのきっかけは、もののはずみ的だったかなぁ。 公私混同するなと理屈はわかっていても、実際、確かに彼の心配はその通りだったろう。 それにしても西洋物では、映画でもお話でも、頻繁に家族がオフィスを訪れるので、これこそ公私混同との謗りを受けないものなのだろうかと、よく思う。職場恋愛は公私混同の極み、ひかれあっているならなにも言うことはないが。 また、二人各々優秀な筈だが頭取職辞して早期隠居?凄い資本家設定の話。 118頁、ナタリーが、ではなくナタリーを、だと思う。ベス宛の手紙は二人の仲から自然だが、彼の母親イレーネやナタリーとのウマの合いそうなヒロインのキャラが親しみを感じさせ、その反面フレッチャーの馴れ馴れしさをも呼び込んでしまったとは思う。売り言葉に買い言葉のように離れた前の職場から送別会の企画。ヒロインの人柄のそんな描かれ方に、落ち着いた周囲を想像させ、舞台には安心感がある。 銀行トップに来てから再会後のところ、時間経過変と思う。他の秘書とのことからして面接に来るように言うタイミングと、「数ヵ月後」の関係が。 月夜は描かれなかったが、邦題は好きだ。(原題の素っ気ない客観的なものよりも)

    >> その他のレビューを読む

  • 和無田さんがつけた評価

    安心して読めました

    素敵な作品でした。半額で買ったからかな…お得感◎です! 裏切りも勘違いもなく安心して読めたなぁ ちょっとチープなコマ割りとか心理描写はあったけれどヒーローヒロインがかわいく魅力的で気になりませんでした ヒーローの女癖が…とあらすじにありますがあんまり本編内では感じないです…まあハーレクインはどれもそんなものですが…

    >> その他のレビューを読む

  • のりさんさんがつけた評価

    読み返しました

    最後まで読んでから、答え合わせとヒーローのセリフ、表情を確認するためにモ一度読みました。なるほどーと二度楽しみました。

    >> その他のレビューを読む

  • トマトさんがつけた評価

    素敵なおはなし

    この作者さんの作品は大好きです。 この作品もとても面白く愛らしく素敵な作品でした。 オススメです。( )

    >> その他のレビューを読む

  • みーさんがつけた評価

    シリアスでコミカル

    さちみりほさんの漫画はいつもどこかにコミカルな要素が入っていて、地味にツボります。

    >> その他のレビューを読む

  • あみちーさんがつけた評価

    陰日向でデレッデレ

    結局、彼がずうっっとデレッデレで、彼女にふさわしい人間になろうとかなり努力しながら、影で支えてきたお話でした。途中に何気に壁ドンがあったりします。

    >> その他のレビューを読む

  • あみちーさんがつけた評価

    お兄さんも幸せになれてよかった

    絵の端々に前作の双子ちゃんがひょっこり出てるのがかわいいです。

    >> その他のレビューを読む

  • でめたんさんがつけた評価

    かっこいい!

    想像もできないほどの辛い思いをしたヒロインが かっこいい! 苦しんで、自分の中に閉じこもっていても ずっと、戦っている 幸せになって欲しいと 願わずにはいられません

    >> その他のレビューを読む

  • ちゃんたまさんがつけた評価

    良かった

    とにかく絵が綺麗で最高でした!何気なく買った作品でしたが満足です!

    >> その他のレビューを読む

  • tomoさんがつけた評価

    ハッピー!

    読み応えがあり、どの作品も終わりが ハッピーエンドで期待を裏切りませんでした。

    >> その他のレビューを読む

  • romance2さんがつけた評価

    シーリア リューク レイフ イザベル

    ライオネルという男には、死ぬまで手放せなかった女ジェシカがいた。家庭とは別に愛する女と出会ってしまった。家庭には妻と息子1人。息子はリュークといった。 そのリュークには婚約者が居て物語は始まる。名はイザベル。 冒頭でリューク編の女主人公はシーリアと判らせる紹介から、この話はHQの性質上、婚約の行方は想像出来てしまう。 「女神の誤算」「仮面のラブゲーム」の二本立て。 前者はリュークとシーリアがメインキャラ。後者はイザベルと、結婚式の写真を依頼された写真家レイフ。 このセットの一作目は、父子二代が夫々愛する人に出会った話。こうした経過を嫌悪する人はこのストーリーは向かない。買わない方がいいだろう。 私は、白か黒かで割り切れぬのが浮き世だと思っているため、純粋に、ままならぬ世の男と女の在り方を考えさせられた。 そして、父子二代に掛けて父の念が通った気もしたし、シーリアには非はなかった筋立てから、息子リュークが自ら婚約者との縁談が進行中にも関わらず恋愛に落ちることによる、その恋愛感情を通じて真の恋とはどんなものかを知る、という構成にして、父の不義への捉え方が変わる作り方を、楽しんだ。 きっちりと話は罪深さに応じて罰を下してあって。 二作目はイザベルがその経験則から本能的に警戒するタイプの典型であるレイフに、センチメンタルジャーニーを持ちかける趣向で物語は語られていく。二人はイザベルの結婚式2週間前に出会ったのだった。互いに心ひかれたものの、将来の無い恋に身を投じる勇気は彼女はもう持ち合わせてはいなかった。 だが、心地よい夢のひとときのなか、氷の仮面の奥の彼女を知ったレイフは彼女との日々の継続を望む。 段々と詰めが入り、最後のチェックメイトは、氷の女王のドラマとしては、女性冥利に尽きる、と、私は思った。 高井先生の絵は、女性はアンニュイな感じがあり、「いい女」と信じ込ませる絵が多いように思っていたが、強がってる女の脆さ弱さをこの作品で味わえて良かった。 男性は元から、つかみどころが無かったり、実力者で常識人だったり、魅力的な人物像を描いてくれる頼もしい腕前。時々軽く流すように描かれた気がすることがあるにはあるが。とあるBLノベル(多分作画担当された表紙を見ただけで未読だから確信はない)のたった一枚の絵にすら片鱗がバッチリ明らかなほど、画風は男性を描いた絵の方で人目を引く。

    >> その他のレビューを読む

  • ウサモサさんがつけた評価

    温かい涙

    じんわりと感情を取り戻していく都会男ヘイミッシュがぽややんとした田舎未亡人スージーの温かな涙と芯の強さに惹かれ、愛を知っていくストーリー。 お城って王子的な話しかと思いきや、家族愛、村の人との慰め料理の習慣や収穫祭の交流など。ディズニー童話のような感動的な良作品でした。 恋愛バトル的なハラハラドキドキは少ないけど、都会の婚約者が冷めきった女だったのがより温かな愛を強く印象づけていて、8話完結でも読みごたえ十分でした。

    >> その他のレビューを読む

  • ありす3 さんがつけた評価

    きゅ〜ん

    とっても楽しめました。 心身共に美しいのだけれど、長身のため自信喪失しているヒロイン。 イケメンなのに自己評価が低い?キュートなヒーロー(^o^) ヒーローの画策が空回りでヒロイン悩んでしまい、さぁどうなる、ドキドキでした。 苦行のようにベッドを共にしたヒーローがかわいくて。 王道ロマンス、幸せな気持ちになれる話でした。

    >> その他のレビューを読む

  • うささんがつけた評価

    苦しみを乗り越える人たち

    辛い過去や、様々な問題を抱えたひとたちがそれと向き合ったり乗り越えたり闘ったりするお話で、ミステリー的な側面もあり、読み応えがありました。読むたびに泣いてしまうのです。絵も美しく魅力的で素敵です。大好きなお話。

    >> その他のレビューを読む

  • トマトさんがつけた評価

    素敵な出会い

    かつて使用人だったヒ−ロ−と恋に落ち愛していたのに父親の愛が欲しいため父親の言うがまま別の相手と結婚をしてしまったヒロイン。 その後成功を収めたヒ−ロ−と墜落したヒロインが融資の助けを求める為ヒ−ロ−を訪ね再び愛の歯車が動き出す。 絵も綺麗で読みやすくお話も面白かったです。 オススメの1冊です。

    >> その他のレビューを読む

  • スタンさんがつけた評価

    やりとりがいい!

    コメディータッチの作品、2人のやりとりが軽快でとっても楽しいです。というか、ポンポン言葉が出てくるヒロインに振り回される独身主義ヒーローがたまらない(笑) ラストの2人の絵、愛が溢れてる感じで大好きです。

    >> その他のレビューを読む

  • さーさんがつけた評価

    誰も悪くないのに皆んながそれぞれ罪悪感を抱いていたのかと思うと、とても切ないものがあります。ジェイミーも自分の現実を秘めて辛い思いをしていたのかな。でも、彼がいなければシェイの今は無かっただろうと思う。

    >> その他のレビューを読む

  • あおなさんがつけた評価

    凄くいい!

    レビュー件数少ないからどうしようかなぁと思いながら、 評価の高さと、無料試し読みが良かったから購入(o^^o) めっちゃ好みな漫画だったー!すっごい好きな一冊が増えたー!!

    >> その他のレビューを読む

  • haruhiさんがつけた評価

    僕の奥さん

    僕の奥さんってセリフが似合ってますね、今回のヒーローは。またがんばるヒロインにも良かった。

    >> その他のレビューを読む

  • にゃんこにこさんがつけた評価

    幸せに

    ハーレーならではの設定とは違っていて、ゴーマン男性に飽きたら読んでみては。大人なシーンと純粋に相手を思う気持ちが良くでています。欲を言えば兄弟対決の葛藤がもう少しあったらなと思います。なので、4.5が本音です。

    >> その他のレビューを読む

  • romance2さんがつけた評価

    幼子に愛を注げる男性は無条件に好き。

    このシリーズ、お父さんがトンでも遺言を焚き付ける点が、ファムファタールの息子たち(羽生シオン先生)を彷彿とさせる。いや、アリスン先生の「ラミレス家の花嫁」のほうか。親に、親の死後も振り回され続けている共通点において。 藍先生は絵がきれい。女性が美しくて品がある。男性も見目麗しい。坊っちゃま的であり、なかなかからだ作り熱心なところもあり、努力家に見える。自ら動くことをもったいつけず、部分的にとても献身的。そこがわかる見せ方をしてると思う。 過去を結婚前に洗い出ししてハピエン。 ヒロインへの愛を彼が証明するために取った行動を描写する一幕のところの、ヒロインのセリフが気に入った。こんな頼もしい女性がヒロインなのも好き。

    >> その他のレビューを読む

  • トトロさんがつけた評価

    早く許しすぎ

    いつもの王道な話だけど、こんなにひどい仕打ちをされてもなお惹かれる思いを断ち切れない主人公。早く許しすぎでしょうって気もしましたが、だんなが嫉妬ゆえの態度と反省していたので、★5つ。

    >> その他のレビューを読む

  • 亮香さんがつけた評価

    野獣顔が面白い(笑)

    主人公がたまに顔を狼と言うかなんというかそういった顔になるのが結構面白い(笑)ホテルの娘にはムカッとしててでも最後にギャフンと言わせられてスッキリしました!(^^)

    >> その他のレビューを読む

  • romance2さんがつけた評価

    夢じゃなくて目標だった 次の目標はー

    ☆は4つと迷った。人物以外が隙間ガラガラで、肝心の人物も薄く白っぽい。男性が見るからに幼く頼りない。二人の組合わせは、話の設定上の職業を伝えられても、人前で話をすることがその職業必須で、多数の聞き手を前に、自分の言いたいことを理解してもらう、そういう人物には見えない。コマの大きさがスマホでは耐えられるが、私が本来読みたいサイズでは間延び感はあったろうと残念。(曜名先生ファンには申し訳ありません。) しかし、二人とも頑張り屋と話では紹介があり、友達同士のサラリとした間柄の居心地よさは、よく伝わる。二人の草食系っぽさがまたなんとなく、ここから一体いつ、どう友達以上になるのか、という期待を生む。 定番の看病シーンはそこまで淡白さを打ち破れなかった。 その前のパーティシーンで一歩歩み寄った感もあったが自制心強く。 そんな、なかなか入り口で踏み込みへの思い切りがない中で、念願のキャリアの一里塚へ。 お話の世界のこととは言え、羨ましい。 ひと昔以上前日本は、退場を迫られることが多くて、社会がそれを暗黙の強制をしたし、女性を含めた周囲も女性の下車を望んでた。いつも女性が引かなくてはならず、元から応援者不在だった。 アメリカはそれでも「翔んだ」女性が道を作って社会が容認していたと考えられていたのに、こと男女の小単位となれば、別れ話がそれを理由に成立するほど、環境がまだまだだったとは。 そんな、男性の都合に合わせて生きることを求められがちな女性が、自分の人生は自分で切り開くために、恋愛を捨ててキャリアを優先。彼の態度にも共感。 この話は、どっちが大事なのか、といった次元の話ではない。 私も「近頃の女は結婚しても会社をやめず厚かましい」と言われた過去を思い出す。ヒロインは優秀な研究者の設定なので、折角築き上げて来て今さら夢を捨てられない、との構図で、この決着は、私的には心の何処かに引っかかるものはある。優秀でないと現役続行を望んではダメなのか、というのはこれは解消されてはいないのだ。 お姉さまそれぞれ強烈な存在を誇っているのに、その姉達が介入しているのに、その忠告は軽く受け流され二人の関係には影響を与えていないのが、楽しい。 二人の人格形成を決定付けた、二人それぞれの母親の生き方、それが女性を巡る生き方の小さなカタログのようで、実は啓発と示唆に富むストーリーだなと感心した。

    >> その他のレビューを読む

  • ありす3 さんがつけた評価

    ええやん

    スルタンったらお人が悪い!(*^-^*) 強気で真っ直ぐなヒロインが、実は愛されまくりじゃん。 愛されてますます可愛くて、美しく強くなる。 HQはある意味ファンタジー、現実離れした世界に入れるかどうか。 キレイな絵で読みやすくて、さっぱりした読後感でいいと思う。

    >> その他のレビューを読む

  • つねっこさんがつけた評価

    命知らずのラング

    ついに来ました!って感じでしょうか、お決まりのハッピーエンドですが、読み終わった後の何とも言えないほっこりする感じが私は好きです。

    >> その他のレビューを読む

  • モリコさんがつけた評価

    少しずつ縮まっていく二人の距離感が◎

    ヒロインのくるくる変わる表情がすごく可愛くて良かったです。 そんなヒロインに少しずつ惹かれていき、最初は無愛想な感じだったヒーローが、優しくて頼もしいヒーローへと変わっていく感じがとても好感持てました。ヒロインが動物好きうウサギを飼いたがるのを最初は却下するのに、結局は寂しそうな顔のヒロインに負けて買ってあげるとこなんて、すごくいい。ほんとヒロインには弱いってことですね。他にもなんやかやとヒロイン願いを叶えてあげてるし。 若干盛り上がりにかける部分もあるかもしれないけど、それ以上にキャラクターが魅力的だったので楽しめました。

    >> その他のレビューを読む

  • ありす3 さんがつけた評価

    三兄弟の長男

    よかったー。油断してたら、泣けました。他の兄弟とまた違ってズキューン。家族に乾杯!幸せの涙だけを流す人生を!

    >> その他のレビューを読む

  • のりさんさんがつけた評価

    勝ち気

    ヒロインがスゴく勝ち気。だけどこのくらいでないと、あのヒーローは惚れないんだろうなあ。ナイスカップルでございました!!

    >> その他のレビューを読む

  • あずきさんがつけた評価

    楽しい

    何だかとても楽しくて購入正解ヒロイン&ヒーロー共に好感が持てます。ヒロインのコンプレックスをものともせず愛してくれるヒーロー素敵コミカルな場面もあってとても楽しめました。もうちょっとイチャイチャしてくれたら最高!でも、ラストも素敵で満足です

    >> その他のレビューを読む

  • 新人さんがつけた評価

    浮わつかない話でした

    華美さや、激しさ、無駄な虚栄が全くなく とてもシンプルだけれども、 いまも、誰かが抱えているであろう悲しさや迷いや不安。そしてそこから見いだす希望のようなものを感じられた作品でした。 とてもすてきな話でした。

    >> その他のレビューを読む

  • romance2さんがつけた評価

    相手に尽くす事に喜びを感じる愛の形

    特徴ある人物画。そこしか記憶していなかった。 以前読んだHQコミックとはこれは随分印象が違う。佐々木先生の絵がこれまでこんなにも面白くて楽しませるとは思ってなかったので、本作は新鮮な気分でタップリ楽しめた。大きな満月、三日月。ヒロインの家の寝室も素晴らしかった。服装に個性が出ていてまた良い。 話はHQの1類型だが、絵が良いので、ヒロインの心情描写も陳腐に見えない。 人物画の特徴が強く出すぎた既読の先生のHQより、本作品は人物画以外から魅力を負けずに溢しているので、全体が躍動的。俺様キャラでも(要は、彼は独りよがりで事を進める、という、キャラ)、それを受け止める皆がネチッとしたメンタリティではなくさばけていて、くどい面倒臭さ(親切心ありすぎて省力してもいいようなところをいちいち入れてくる)がなく、逆に言い足りてないこともなく、カラリと明るくチャーミングなやり取りと展開だった。 最後のヒロインの台詞は原作のストーリーなのだろうが、その辺りも意外感に何故か引っ張られ、ヒロインの饒舌は気にならなかった。

    >> その他のレビューを読む

  • ひためさんがつけた評価

    良いです!

    気に入ったので、小説も買ってしまいました!小説の方が、より詳しく心理描写や背景が描かれていますが、このコミックスは大事な部分を上手にまとめられていて読みやすく、スラスラ、キューンと読めました

    >> その他のレビューを読む

  • romance2さんがつけた評価

    大変勇ましく主体性のある姫君に陥落の騎士

    なかなか居ないタイプの女にはまって、何度も拒絶の目に遭いながらそれでも手に入れる男の話。 押し掛け婚約者が居座り、父を人質に取られている姫が、野に下り事態の打破を狙っているところで、彼との手荒な出逢いをする。 殆どの女が男のいうがままのような生き方を強いられていた古い時代の話。 ヒロインは武器を手にし、扱える。才長けて人を動かす難しさを知っており、先を見通す戦略眼を 持ち合わせる。 騎士の方も腕に覚えある、肉体はもちろんのこと、歴戦を戦ってきて敵に応じたやり方を採ることの出来る知将。 両人のその勇気と知性とは、このストーリーのメインキャラの二人の相手として互いにふさわしい。 ヒロインの行動力は鮮やかで見事。着飾ってきゃぁきゃぁというタイプでないカッコよさ。その代わり、殺されるか、殺されたくなされば殺すか、ということ。死と隣り合わせの状況で、綺麗事の通用する所に居られなかった。 強い男が認めた強い女として、ストーリーは彼女を気持ちよく活発に動かし、窮地に男に助けられるのでなく自力で立ち向かい、手加減無しの凄みがある。 さっぱりとして、女としてというより、人間として自立しているヒロイン。女にはそれが認められなかった時代に。結婚の受諾時も然り。 自分の道を失わずに一緒の道を歩けるかも知れない、とあとから考える。堂々と従順な妻にはなれないと宣言。羨ましくもあり、逞しさに圧倒される点でもある。 彼女はなんと、自分の要求を未来の夫に自分がこれまでのように過ごせるように、結婚後の生活について注文を付けるのだ。自分は戦士なのだからと。 また、この話の素敵なところは、話冒頭時点の彼とは思えぬほど、ヒロインの要求を全て快諾するのだ。 「強さ」対「強さ」型の男女の構図のラブ。 経験豊かではないヒロインの露骨な挑発的シーンが時々あるが、これも、かなり主体的で活発なヒロインのキャラを最後までブレなく見せた。読んでスッキリの作品。 ただし、デイ・バラのシリーズを他にも読んでいないと、兄弟とか領地とか、固有名詞の多さが大変なので、脚注を付けるなり、巻末に人物関係図を入れるなりの工夫が必要だったのではないだろうか。 注意する点として、この話は性的にヒロインはかなり大胆なため、その描写が強く実に多くあること。また、男性のマスターxxxxxのシーンが二巻目にある。電車内では開けない。

    >> その他のレビューを読む

  • ゆうさんがつけた評価

    ストーリー全体がまとまっていて読みやすかった(^^)たまに『どうしてこうなった?』と思う作品がありますが、疑問に思うところも無く楽しく読めました。誠実なヒーローで、盗作後の処理もスマートだった。

    >> その他のレビューを読む

  • romance2さんがつけた評価

    キスしたい されたい そんな気持ちになる人

    二人が知り合うことになったきっかけ、企画が、互いに正反対の生活を知るいい機会となった。 知れば知るほど、相手の事を解るし、違いもまた、より意識する。 けれど、頭で考えるのとは別に、キスをしたい、キスをされたい、とは感覚の問題。この衝動が沸き上がるのが、このストーリーのなかでいいと思うところ。 そして、彼ウィルが、キスをしたい。と口にするシーンも良かった。 好きという感情は理性でどうこうできないけれど、彼は終始ちょっと積極的で、しかも、どうしたら二人がやっていけるか真摯に考えるような、誠実で、想いにはまっすぐ行動するような人柄。むさくないのにほどほどに熱く、なのに冷静、そんな、豊かな感受性とさらりとした彼のメンタリティが共存するのが魅力的だ。力みが空回りせずに、結末まで、望んだものを諦めることなく達成を、目指す。ヒロインは力んでいるが、仕方ない。何であいつが出世を?、との思いは、女性ならば、そしてそれが企業の勤め人なら、日本なら、もっともっと、何度も心の中で叫んできたことだろう。 HQはお伽噺とわかっていても嬉しかった。 家事も子育てもしっかり日常生活として、その中に入り込んで取り組んでくれて、かつ優しくて観察力洞察力も優れ、社会人としても確かな基盤を築いている素敵な人、いないいない、居るのはHQの中にだけ。やっぱりこのひととき、読んでる時間というのが私には幸福感をもらえる小さな休憩時間。つかの間の幸福感を味わった。 MBAは会社を休まないと取れないような厳しい資格だが、軽やかに全部捨てずに乗り切る様を描写してくれるなら、話中の、何であんなのが出世するんだろう、という、誰もが会社で抱くようなヒロインの悔しさまで、見事晴らしてくれていたら、いうことなかった。 牧先生の絵は好きで、特に人物絵が可愛らしいと思っているが、時折左目が右よりも、寄り目か、マンガ的な殴られたよう眼に見えることがある。

    >> その他のレビューを読む

  • うさぎさんがつけた評価

    良かった〜

    愛なき億万長者の嫉妬のヒーローの弟の話しです。絵がきれいで好きなのでほとんど作品読んでます。今回も良かったです。

    >> その他のレビューを読む

  • ウォーレンさんがつけた評価

    変える

    新たに生き抜く ハーレクインにしては異色でリアルな重いテーマだと思いました。 (ダジャレじゃナイヨ) 特殊部隊出の教官と教え子が惹かれ合い 同じ境遇を経て愛に気付き、過去と向き合い新たな現実に一歩踏み出す事が出来るか 自分自身と対峙する勇気を問われるストーリーで今の自分を180℃変えて生きる これはもう恋愛物語ってよりもヒューマニティ ザックとジェイミーが苦悩しながら乗越えようとする微細な心情に感動しました 最初は画風が好きではなく馴染めなかったのですが、コマ割や編集が見事で読み応えがありました お互いの背負ってきた物も辛くこの二人は今後も心の傷に苛まれるのだろうけど、2人の幸せを願わずにはいられない作品でした。 私は結構好きなお話なのでお薦めです

    >> その他のレビューを読む

  • 華はなさんがつけた評価

    良かったです。

    夢があるストーリーでした。ハーレクインってこういうファンタジー系の作品も扱うんだって初めて知りました。最後のおまけ漫画が良かったです。

    >> その他のレビューを読む

  • チョビこさんがつけた評価

    シルビー最高

    通常の脇キャラだったら恋のライバルで嫌がらせしまくりでやきもきが当たり前なんだけどシルビーさんは自分の気持ちをおさえてずっと二人の応援をしてくれて自身がやきもきしてくれて… 久しぶりに温かな気分になれました

    >> その他のレビューを読む

▲ページTOPへ