漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

きみがいなけりゃ息もできない

通常価格:
800pt/800円(税抜)
(4.3) 投稿数7件
きみがいなけりゃ息もできない(1巻配信中)
作品内容

ルコちゃんという愛称でごくごく一部に熱心なファンがいる(らしい)売れないマンガ家「豪徳寺薫子先生」こと二木。生活能力赤ん坊なみの彼を放っておけず、幼なじみの東海林は文字通り衣食住の面倒を見てやっている。そんな折、二木にメジャー出版社での掲載のチャンスがきた。二人の関係にも微妙な、そして大きな変化が──? 運命の(!?)再会を果たす大学生編「きみがいたんじゃ転居できない」も収録。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
きみがいなけりゃ息もできないのレビュー

平均評価:4.3 7件のレビューをみる

最新のレビュー
高評価レビュー
  • (5.0) 漫画より細かく
    fiona0109さん 投稿日:2015/11/26
    私は漫画からこの作品を知ったくちなんですが、榎田尤利さんの作品いくつか読んでますが、好きな作家さんです。 ストーリーはコミックとほぼ同じです(小説の方では細かいエピソードが分かります)。 子供の頃に亡くなった女の子の話は、そうだったのか 〜とよく分かりました。 コミックのラブシーンで、東海林の独白で「もう代わりを探さなくてもいい」という内容の台詞があったので、東海林はルコちゃんと結ばれるまでそういう関係を他の人と持っていたのか気になっていたのですが、小説の方でもそれが分かる記述がなかったのが少し残念でした。 もっとみる▼
  • (5.0) オススメ
    Ladyさん 投稿日:2014/11/14
    二木のダメっぷりが半端無いですが、そこが面白いです。ストーリーのテンポも良く、安定感のある作品です。
  • (5.0) はふぅ〜
    さいばばさん 投稿日:2014/11/8
    主人公の二木がダメダメな男なので、多少?イライラしてしまいましたが、まぁ東海林的には言えばそれが二木の可愛い所なのか?と多少無理矢理納得しつつ読んでました。最初から最後まで良い意味でバッカプル丸出しの1冊でした。コミックにもなってるのでぜひ ぜひ、イケメン東海林と可愛い二木を2度楽しんで欲しいです。 もっとみる▼
  • (4.0) リズムが良い
    manuさん 投稿日:2018/2/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 テンポが良く、マンガを読んでいるような想像しやすい文体で好みです。二木が東海林に、兄・幼なじみ・恋人・父親をごった煮にして依存しているように見えますが、実は東海林が二木に執着している構図に納得。また、ほんっとうにダメダメな二木ですが、東海林に突き放されても一途に彼を求める姿にはきゅんときました。値段は少し高めですが、読みやすかったし楽しかったです。 続きを読む▼
  • (4.0) 作中の漫画が!
    mk7725さん 投稿日:2015/8/6
    最初の数ページ読むのに少々イライラしたのですが、途中から雰囲気が変わりドンドン引き込まれました。ルコちゃんの作中の漫画の内容も凄くファンタジックな感じですごく読んでみたいと思いました!
広告掲載中タイトル
▲ページTOPへ