漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して購入

神様も知らない

通常価格:
543pt/597円(税込)
(4.8) 投稿数6件
神様も知らない(3巻配信中)

作品内容

若い女性モデルが謎の転落死!? 捜査に明け暮れていた新人刑事の慧介。忙しい彼が深夜、息抜きに通うのは花屋の青年・司の庭だ。自分を語りたがらず謎めいた雰囲気を纏う司。刑事の身分を隠し二人で過ごす時間は、慧介の密かな愉しみだった。けれどある日、事件と司の意外な接点が明らかに!! しかも「もう来ないで下さい」と告げられ!? 隠された罪を巡る男達の数奇な運命の物語が始まる!! ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

レビュー

神様も知らないのレビュー

平均評価:4.8 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 物語も感情の変化もじわじわと進む
    ミロボシさん 投稿日:2020/8/24
    本編と何の関係もないのですが、同じ作者さんの「愛と混乱のレストラン」で出てきたフレンチ店「ゴルド」が(字面だけだけど)出てきて、世界がつながってる?と嬉しくなりました。それはさておき、お話としては重いけれども読み応えがありました。司に幸せに なって欲しい。ずっと野菜作りを続けるのかな。いつか慧介の家で庭づくりしながら仲良く穏やかに暮らして欲しい……というのは私の勝手な願望です(笑) もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 余りにも悲しい
    あおさん 投稿日:2020/4/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 犯罪者と警察の立場からそれぞれの愛が感じられるお話でした。 かなり面白いサスペンスで、始めはその謎や仄暗い秘密を楽しんでいましたが、徐々に余りにも悲しく可哀想な2人の子供に胸が痛んで中断してしまいました。 只々サキが悲惨で可哀想で… 大人に弄ばれ虐げられ続けた非力な子供が、ただ生きのびる為だけに愚かな選択を繰り返すのが悲しくて。 孤独な子供同士でしか愛し信じるものがなかったのか、警察官2人が自分に抱く悔しさや不甲斐なさや怒りが良くわかります。 ただ余りにも悲しいです。救いが欲しかった。 司の幸せな後日談がもっと欲しかったです。 続きを読む▼
  • (5.0) 作家買い
    おもちさん 投稿日:2019/8/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 主要キャラクターが事件に関わっているからなのか、終始祈るような気持ちで読んでいたような気がします>_< 最後は決してハッピーエンドではないけれど、もう彼は罪を重ねなくていいんだとホッとしました。もう1人の彼も歯を食いしばって太陽の下で生きていって欲しい!! 続きを読む▼
  • (5.0) これ以外の結末はない
    美都んさん 投稿日:2019/4/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 ストーリーにのめり込んだ割には運命に流されるまま罪を重ねていく2人に共感できない部分もありました。本当に仕方がなかった訳でも誰も助けてくれない訳でもないと思います。佐季にも司にも運命を切り開いていく強さみたいなものがあれば、全く違う道を歩く事もできたのではと思います。「神様なんていないし例えいたとしても何もしてくれないし、できない」と言った司の生き方が悲しくて読むのが辛いほどでした。2人の間にあるものは執着や依存だったのかもしれませんが、"ラブレター"に遺された佐季の最期の想いに泣けました。慧介という光を見つけ闇から抜け出そうとする司と闇に飲み込まれたまま司にしがみ付く佐季。佐季を本当の意味で救えるのは流でしかなく、流の涙を温かいと感じて死ねた事が救いでもありました。共感しきれなかったせいか人物像がどこか遠いままでしたが、3巻を通して最初から最後までとにかく苦しかった。佐季が死に、司の中に消えない想いを残したままの結末は切ないですが、でもこのラストでいいのだと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 読み直さないと…
    samさん 投稿日:2014/7/5
    キーワードがたくさん散らばっていて、熟読しないと堪能できません。最初は佐季が憎らしかったけど、最後は誰より恋しくなりました。それでも、ちゃんと全員救われた気がします。また最初から読み直したくなりました。
  • (4.0) おもい
    もぅいッさん 投稿日:2017/4/6
    BL要素は淡白ですが著名作家の白夜行を彷彿させる感じで面白かったです。其処彼処に共感と教訓の内容がありました。
▲ページTOPへ