電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

狂い鳴くのは僕の番 ;β3【シーモア限定特典マンガ付き】

770pt/847円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

凄艶のオメガバース〈愛と生きたβとΩ〉最上級の愛の帰結――ここに堂々完結!

鵜藤の真意を違え、白取の元へ走った雀部。彼の懇願を受け入れた白取はうなじへと口を寄せる。
雀部は“好きな人の傍にいるために”
鵜藤は“好きな人は幸せであって欲しい”という想いの果て――決定的に断絶してしまった二人。

心では愛を求め、肉体は番を求める。共に生きたいと願いながらもαの番となった身体では抱き合うことも叶わない。
互いを想い、それでも上司と部下に戻った鵜藤と雀部。そんな彼らを見つめる白取は、ある記憶をたどっていた…。

世界の理に抗ってでも、身体は拒絶したとしても。何を引き換えにしても選びたい、恋に逢えたから。

◆収録内容◆
「狂い鳴くのは僕の番 ;β」10~15話
飛永番外編(再録)
単行本収録描き下ろし
シーモア限定特典マンガ

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全4巻完結

  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β1【シーモア限定特典マンガ付き】

    700pt/770円(税込)

    Ωを守りたかったβ×βに裏切られたΩ――俊傑・楔ケリが描く凄艶のオメガバース 待望の続編!
    大手広告代理店に勤め、面倒見がよく部下から慕われる鵜藤の下に新卒・雀部が配属される。出世に燃え、入社早々ナメた態度をとる彼を、生意気ながらも放っておけないと感じる鵜藤。その矢先、雀部の秘密 “人を惑わし、劣情を煽る特異体質” に触れてしまう。
    親友の裏切り、親の虐げ…奪われるだけの人生から抜け出すために――。発情期を持ち差別される身分を隠し、実力でのし上がっていこうとする雀部。見守りながら、時に発情の苦痛を和らげる手を貸す鵜藤。しかし、かつて大事な存在を守れなかった過去が、踏み込むことを躊躇させる。
    一方、二人の思いとは裏腹に上層部の思惑は、雀部を淫らに開花させる方向へと――…。

    ◆収録内容◆
    「狂い鳴くのは僕の番」番外編
    「狂い鳴くのは僕の番 ;β」1~5話
    単行本収録描き下ろし
    コミックシーモア限定特典マンガ
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β2【シーモア限定特典マンガ付き】

    680pt/748円(税込)

    愛は罪と遠ざけるβ×恋を屠ったΩ――俊傑・楔ケリが描く凄艶のオメガバース 待望の続刊!

    烏丸の代替として会社の上層部から枕営業を強要され、雀部は徐々に体も心も壊れてゆく。抑制剤が効かない肉体に変化していく絶望。「信じている」と告げた鵜藤を裏切っている失望。
    鵜藤を想いながらも”Ωの苦しみから逃れたい”と苛まれる中、彼を案じる取引先の社長であり恩人・白取と偶然再会し…。
    一方、かつて烏丸を守れなかった後悔から”βにΩは救えない”と雀部に踏み込めない鵜藤。その優しさは罪深いものだと、知っていたのなら――。

    ◆収録内容◆
    「狂い鳴くのは僕の番 ;β」6~9話
    単行本収録描き下ろし
    シーモア限定特典マンガ
  • 狂い鳴くのは僕の番 ;β3【シーモア限定特典マンガ付き】

    770pt/847円(税込)

    凄艶のオメガバース〈愛と生きたβとΩ〉最上級の愛の帰結――ここに堂々完結!

    鵜藤の真意を違え、白取の元へ走った雀部。彼の懇願を受け入れた白取はうなじへと口を寄せる。
    雀部は“好きな人の傍にいるために”
    鵜藤は“好きな人は幸せであって欲しい”という想いの果て――決定的に断絶してしまった二人。

    心では愛を求め、肉体は番を求める。共に生きたいと願いながらもαの番となった身体では抱き合うことも叶わない。
    互いを想い、それでも上司と部下に戻った鵜藤と雀部。そんな彼らを見つめる白取は、ある記憶をたどっていた…。

    世界の理に抗ってでも、身体は拒絶したとしても。何を引き換えにしても選びたい、恋に逢えたから。

    ◆収録内容◆
    「狂い鳴くのは僕の番 ;β」10~15話
    飛永番外編(再録)
    単行本収録描き下ろし
    シーモア限定特典マンガ
  • 【番外編小冊子】狂い鳴くのは僕の番 ;β-Recollection-1

    300pt/330円(税込)

    凄艶のオメガバース第2シリーズ『狂い鳴くのは僕の番 ;β』もう手に入らない貴重な書店特典をまとめた小冊子第二弾。学園・淫魔・猫パロディなど本編とは一味違ったエロエロショート集!

    【収録内容】
    ◆『狂い鳴くのは僕の番 ;β1』(2017年)
    アニメイト有償特典リーフレット
    とらのあな有償特典リーフレット
    文教堂
    特約店
    ねこんどーむ2.5

    ◆『狂い鳴くのは僕の番 ;β2』(2019年)
    アニメイト有償特典リーフレット
    とらのあな有償特典リーフレット
    特約店

    ◆コラボカフェ描き下ろしイラスト(2018年)ほか。

レビュー

狂い鳴くのは僕の番 ;β【シーモア限定特典マンガ付き】のレビュー

平均評価:4.7 497件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 幸せになって欲しい…
    あないるさん 投稿日:2023/1/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 オメガバースだからというのもあると思いますが、割と雰囲気は重めでシリアス!お互い好き同士なのにぃ!と焦れったく感じるところもありますが、くっついてからは2人の幸せそうな表情に感動します! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 珠玉のラブストーリー!涙
    あいかさん 投稿日:2022/6/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 前作は読んでいて、痛々しい感じとメインカプ以外のエチいのが苦しく、烏丸と高羽がくっついたのは良かったんですけど、なんか色々と爛れてたからか手放しでハッピーになれるような感じじゃなかったんですよね。なので、前作で微妙な立ち位置だった鵜藤のストーリーが気になってはいたのですが、痛々しいのが分かっていたので避けていました。丁度安くなっていたのでそれならと思って読んだんです。結果、素晴らしい作品で、何故今まで読まなかったのかと、その月日が悔やまれます。 前作でもそうだったんですけど、私は鵜藤が一番好きでこの人に幸せになってほしかったんです。オメガバースだからαとΩに目が行きがちですが、βである自分がお呼びでないとわかっていても苦しんでいたら手を差し伸べるし、一緒に闘おうとしてくれる鵜藤さんがかっこよくて、報われないのが切なくて、その明るい性格と懐の広さに尊敬の念さえ抱いています。そんな鵜藤さんに誰よりも惹かれ、恋する雀部が愛しく、だからこそ逃げて番っちゃった彼に、何でー!!泣 と心の中で責めちゃったこともありました。それでも2人の想いと絆は強くて、番になれなくてもいいから、たとえ永く生きられないとしても、一緒にいたい、一緒に生きたいという2人の決断に涙が止まりません!世界でただ1人の人と結ばれて本当によかった…。もうね、涙で顔グシャグシャですよ笑。ようやく結ばれた2人の交わりは何よりのごちそうで、プレゼントでした。そして、最後に双子ちゃんまで!!神作品がすぎる!!本当にありがとうございます!!鵜藤がお父ちゃんになりましたー泣。おすみも鵜藤の側でずっと幸せそうで、私も嬉しいし幸せ…。きっと長生きしてくれることでしょう。 烏丸と高羽も同時並行でちょいちょい出てきて、あの時の気持ちを知れたりとか、2人のラブラブっぷりにホッと安心。続編も単話で追っているので、この2人も引き続き応援していきます。 読んだ後は紙版もすぐに購入しました。運命とか世界の理とか全部吹っ飛ばして、何を引き換えにしてもその人を選ぶという珠玉のラブストーリーに出会えたことに、ただただ感謝です。 続きを読む▼
  • (5.0) ちょっと泣ける
    kuyaさん 投稿日:2022/12/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 シリーズで鵜藤のターン。オメガバβの憂いからの夜明け。 烏丸が番って、見守りが不要になり昇進の話を受け2課の課長になったところ、烏丸より気難しいΩの雀部が新卒入社してきた。烏丸のようにはしたくなく、世話焼きオカン発動。ツンケンする雀部を心配するも、烏丸のことでβの限界を感じて…βではΩを助けてあげられないのか?烏丸のときの苦い思いが、雀部に踏み込めなくしていた。矢先、元社員の顧客である白取と雀部が番われてしまった…このあたり、痛々しく切ない。Ωの世界観でままならないことの1つが、βは番になれないこと。大事に思っても、慈しんでも、Ωはαとしか番えない。バースに囚われ不安に思えば、雀部の手をとることができず。鵜藤って、ホントいい男なんだよねぇ。優しすぎる。白取の鵜藤への八つ当たり復讐に巻き込まれ(自分も望んだが誘導されていた)、番を解消した雀部。身体や寿命のこともあるが、鵜藤は全力で雀部を愛し、結婚し、双子の父となる。いやぁ、ハピエンになってよかった(泣)。ここまでくるのにヒリついて(汗)。烏丸と高羽もちょいちょいアシスト含み出てきていたが、烏丸は子どもが産めない身体になっていたよう。この当たりは続編でもっと描かれるのではないかな。身体が求める本能か、心が求める理性と愛か。番っても、心が伴わなければ幸せになれない、という落とし所。いいと思いますよ。生きていればいいこともある。それがこのお話の根幹なのかも。エチは言わずもがな。オメガバですから。ただ、烏丸のときのようなモブとのシーンはないので。鵜藤が報われて幸せになってよかった。満足。 続きを読む▼
  • (5.0) 辛すぎて幸せで
    naOさん 投稿日:2021/7/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 すみくんが痛くて助けてあげたくて、鵜藤をなんとかしてあげたくて、一瞬も目が離せなかったです。辛すぎました。すみくんが接待に動行したこと、判ってしまった鵜藤の視線の先、初めから仕組まれた優しさ‥どれもすみくんのせいではないのに、Ωだから利用され、愛憎故に利用され、愛する人の手を取れなかったことで揺らいだすみくんの心。βだからと無意識に線を引いていた鵜藤も本心を伝えられないまま、すみくんが選んだ番という逃げ場。2人ともどれだけ自分の選択を後悔しただろう、そして、自身を憎んだことだろう。番より愛を選んだ、番解消とその代償に、どうなってしまうのだろうと胸が痛かったです。βとΩでは、αとの受精率よりも遥かに低く、奇跡のような確率が定説のオメガバです。鵜藤がすみくんを呼んだその背の向こうに見えた小さな2つの影に、えもいわれぬ温かな感情に襲われました。 そして、番外編。巣作りするすみくんは捨てられる鵜藤の熱が入ったソレをどんな思いで毎回見ていたんだろう。作家さんは、うとすみらしい未来を見付けると、2巻のあとがきに書いてくれましたーー信じて最後まで待って、本当によかったです。 βだったのに前回の烏丸と高羽の番生活も覗ける「狂鳴β」でしたが、気になることが‥烏丸は子を宿せない身体になってしまったようなーー続編の「Re」が気になりすぎます。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

切ない!切ない!
分析:海人 (シーモアスタッフ)
鵜藤ーーーッ!(号泣)α・β・Ωが存在するオメガバースでのβの立ち位置、鵜藤の不器用さ。何もかもひっくるめてとにかくやりきれない切なさに胸が締め付けられる…。発情に苦しむΩのスミを、βの鵜藤は救えるのか。目が離せない展開に悶えて息切る。楔ケリ先生の美しい作画が一層切なさを彩っています。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ