電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

焦がれて焦がして

通常価格:
700pt/770円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数216件
焦がれて焦がして(1巻完結)

作品内容

【君となら、外でだって手を繋げるよ。】再会した幼馴染みは仕事に追われるサラリーマンになっていた。まずは料理で満たして、酒で癒して、笑顔で安心させる。そんな夜を何度も重ねる度に、眠らせていた恋心がふつふつと煮え始める。ずっと片想いだった料理人×仕事で消耗気味のサラリーマン。「あと何回、一緒に食卓を囲めるのかな。」生まれ育った田舎町を出て自分の店『プレール』を持った料理人の悠次(ゆうじ)。美味しい料理と酒を出す、充実した日々…のはずが、心の片隅にはいつも幼馴染みである総一(そういち)への片想いがくすぶっていた。そんな想いを試すように、再会は突然訪れる。仕事でやつれた総一に料理を振る舞うことになった悠次。一目で溢れ出してしまう恋心に戸惑いながらも、彼はただ愛おしい人への食事を作る。切ないのにどこかあたたかいボーイズ・ラブ、nojiデビューコミックス。表題作の他、森の中で変わった男を拾う読み切り作品を収録。※本作品は『Web BABY』に掲載後、加筆修正・描き下ろしを加えたコミックス版です。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 焦がれて焦がして
    登録して購入
    通常価格:
    700pt/770円(税込)
    【君となら、外でだって手を繋げるよ。】再会した幼馴染みは仕事に追われるサラリーマンになっていた。まずは料理で満たして、酒で癒して、笑顔で安心させる。そんな夜を何度も重ねる度に、眠らせていた恋心がふつふつと煮え始める。ずっと片想いだった料理人×仕事で消耗気味のサラリーマン。「あと何回、一緒に食卓を囲めるのかな。」生まれ育った田舎町を出て自分の店『プレール』を持った料理人の悠次(ゆうじ)。美味しい料理と酒を出す、充実した日々…のはずが、心の片隅にはいつも幼馴染みである総一(そういち)への片想いがくすぶっていた。そんな想いを試すように、再会は突然訪れる。仕事でやつれた総一に料理を振る舞うことになった悠次。一目で溢れ出してしまう恋心に戸惑いながらも、彼はただ愛おしい人への食事を作る。切ないのにどこかあたたかいボーイズ・ラブ、nojiデビューコミックス。表題作の他、森の中で変わった男を拾う読み切り作品を収録。※本作品は『Web BABY』に掲載後、加筆修正・描き下ろしを加えたコミックス版です。

レビュー

焦がれて焦がしてのレビュー

平均評価:4.4 216件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 切なさ不足。
    のりこさん 投稿日:2021/9/14
    「焦がれて焦がして」というタイトルと内容が合っていない。切羽詰まった感じが描かれていないし、どこで友情から愛情になったのかも不明瞭。突然入り込む過去に『…???』となり混乱することも多々。コメディタッチに持っていくタイミングがズレズレだった ので個人的に合わない作家さんなのだなと思いました。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 表題作+短編 料理人×リーマン幼馴染再会もの
    nekoさん 投稿日:2020/4/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 表題作+短編+描き下ろし収録。nogi先生、初コミちックス作品。表題作は幼馴染の料理人×リーマンのお話。短編は森で出会った研究者と高校生のお話。ほっこりじんわり癒やし系。★4.5 「焦がれて焦がして」全6話 BLアワードの次に来るBL19位ということでポチり。穏やかそうな表紙も好みです。料理人・悠次は幼馴染のリーマン・総一に子供の頃から片想いしていて…。あたたかみを感じる優しい絵柄がいい雰囲気。二人の感情が丁寧に描かれていて、ちょっとしたことで歌い出したくなる感情や、家族愛のような感情からの移り変わりも納得。気持ちが通じてからの照れくささもなんかわかるなぁ。個人的な萌えポイントは総一の「僕」呼び。どうしたって「俺」っぽいのに「僕…」と話す姿がなんだか無性に可愛くってニマニマしちゃいました。誰よりも理解しあえる二人が、ずっと先まで一緒にいることを自然に考えているあたりにじんわり。優しい気分に満たされる癒やし系作品でした。描写は白抜きにて。 「ある日森の中で」 タイトル通り、森の中で出会った研究者・森杖と高校生・モエギのお話。家に泊まることになった森杖と過ごすうちに、モエギは…。短編です。 「描き下ろし」8ページ バイト・沼亀くんのコンサートに出掛けて…。本編で沼亀くんのちょっとズレた発言が楽しかったので、彼の晴れ舞台(とはいえ1コマ)が見れて良かった。 続きを読む▼
  • (5.0) 優しいお話でした。
    りんさん 投稿日:2021/6/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵の雰囲気もあるでしょうが、お話そのものにも優しさが漂ってました。 心底疲れている時に、それも自分が何がしんどいのかも分からないくらいに疲弊してる時に、いたわりの言葉をもらって美味しいご飯を出されたら、優しさが染みる。ツー…と総一の頬を流れた涙、分かる気がします。何か特筆すべき原因があるわけでもなく、そんな状態になる総一さんは、とっても真面目な性格なんだと思いました。 そんな彼だから、悠次の告白にあっさり OK 出したように見えて、実はめちゃくちゃしっかり考えてからのOK だったのかな。 悠次の気持ちには早くから気がついてたみたいだし。でも、だったら、悠次の気持ちを察してて親友でいた総一の心の変化を知りたいと思いました。 最後の方で悠次の彼女いたよね?的な問いに、「腑に落ちた」と言っていたので、自分が悠次をどう思っているのか、長い時間をかけて考えるともなしに考えていたんでしょうか…。 2人の将来や家族に打ち明ける云々の話になったときも、〈 別れる 〉と言う選択肢がなくて。一緒にいることを考えるのって、素敵です。 堅実で、地に足がついた恋愛。この先も共に歩んで行くことが容易に想像できる2人でした(^^) 読後、穏やかな気持ちになりました。 続きを読む▼
  • (5.0) 幼なじみですが…
    晴晴さん 投稿日:2021/3/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 幼なじみですがそう簡単には くっつきません。攻、悠次くんのほうが 受っぽいけど一途な片想い的な思いで 生きている。受、総一くんはノンケで漢気があり 攻っぽいけど受なんです。 幼なじみで、総一くんが地元から 都会にでてからも、会いに悠次くんは行くけれど 女の子の影ありであきらめようと心に 言い聞かせる。悠次くんも 都会に出て自分のお店(飲食店)を開くのですが ひょんなことから コンビニで再開する。 悠次くんはお店を出したことは 総一くんには言わずでそれは… いろいろと想いが葛藤します。 結局、総一くんも悠次くんへの気持ちを受け止めるのですが 小さい時に七夕の短冊に悠次くんが 総一くんと結婚する と書いていて 総一くんもそうすると思ってたなんて わかってたんなら と思いましたが そういうもんなんでしょうね。 遠回りしましたが、悠次くんよかった。 思いがつながってからは ラブラブです。悠次くんの愛がダダ漏れで 総一くんも満更でもなくラブです。 ドラマチックに激しくもありませんが こういう流れが、普通なんだろうなぁと 思う作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) 受け入れるまでの時間
    えt0せtoらさん 投稿日:2021/5/4
    あと何回、一緒に食卓を囲めるのかな。 突然にその時(お別れ?)は やってきたりします。あたしの場合はそうでした。 人生100年とかいってますが はっきり すっきり楽しめる時間なんて そう長くありません。家族単位でもそうです。 大切 な人が出来て 性別がどうとかあっても 振り返ってみると 時間を大切に共有しなかったら 勿体無い。本当に 二人だけの歴史を重ねてもらいたいです。 今の日本では 大っぴらに生活するのはまだまだ 人目を気にしなくてはなりませんが 還暦過ぎてみたら あたしみたいに子供の出来なかった夫婦なんて 愛情よりも相棒の関係です。 「焦がれて焦がして」は線がシャープというか鋭い描き方では無く どの場面も体温を感じられる優しい作品でした。 若過ぎないし お互い ちゃんと 生活の糧を築いていて そこからの関係って 良いですね。とても好きな作品です。 是非多くの 方たちに 愛されますように。 彼達の場合 パワフルお姉ちゃんが もっと子宝に恵まれたら 跡継ぎ問題とかは 回避できそうですよね・・・・。 もっとみる▼
  • (5.0) 優しい空気と熱い想い
    vamさん 投稿日:2021/3/3
    『先生のせんせい』がとても優しいオメガバースで好きになりました。どちらの作品も共通するのは、穏やかな日常の中の温かい空気感ですねぇ。 今作品は幼馴染みの成長と共に、募る想いの片思い。切ないまではいかないけれど、悠次の一途な想いがひしひしと 伝わって来ます。穏やかな中にも熱を感じます。田舎を離れ、殺伐とした都会の中で再会する二人に、悠次の想いは膨らむばかり。社畜のように疲れきった総一にとっては、悠次の優しさと温かい食事は何よりも癒してくれたんですねぇ。いいなぁ、この幼馴染みたち。『食べる事は生きる事』とても大切な事です。愛情こもった食事は、エネルギー充電と共に、気持ちも勇気づけられた気がします。胃袋つかむって、これですね。悠次の健気な想いを受け止めた総一も優しい。やっぱり幼馴染みって素敵です。わかり合える二人の歴史と、さらにこれから分かち合える未来。きっと、これからも二人は友だちのように、幼馴染みのように変わらず、大切な人と愛情を育んでいくんでしょう。素敵なラブストーリーです。 短編同時収録も、良かったです。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • ご飯がつなぐ幼馴染
    読んだ後は雰囲気のいいカフェでご飯を食べたくなるnoji先生のこちらの作品。ワンコ系シェフ・古山が、幼馴染のリーマン・総一のためにせっせと食事を作るのがいじらしい…付き合えてからも総一が結婚する夢を見たりと不憫な古山ですが、総一が男前で、包容力抜群なので安心できます
    編集:烏龍
▲ページTOPへ