We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

少年のアビス 1

通常価格:
599pt/658円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.4) 投稿数57件
少年のアビス(9巻配信中)

作品内容

何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは――。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイ・ミーツ・ガール、開幕――。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

  • 少年のアビス 1
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    何もない町、変わるはずもない日々の中で、高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、“ただ”生きていた。家族、将来の夢、幼馴染。そのどれもが彼をこの町に縛り付けている。このまま“ただ”生きていく、そう思っていた。彼女に出会うまでは――。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイ・ミーツ・ガール、開幕――。
  • 少年のアビス 2
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。そんな時、大好きなアイドル・青江ナギと出会い心躍らせる令児だったが、彼女が差し出した救いの手は“心中”だった――。令児はその手を自ら握り、川へ向かった。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第二章――。
  • 少年のアビス 3
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    高校生の黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。青江ナギとの心中未遂。令児に固執する担任教師。そして、憧れの小説家に出会ってしまった幼馴染。それぞれの想いは深く暗い“アビス”で交差する――。生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第三章――。
  • 少年のアビス 4
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。息子にすがる母親。そして、令児に固執し続ける教師。“アビス”は令児の周囲を巻き込み大きく深くなっていく――。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第四章――。
  • 少年のアビス 5【コミックシーモア限定特典付き】
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。令児に固執する教師。そして息子を縛り続ける母親。“アビス”は町すらも取り込み次第に大きくなっていく――。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第五章――。
  • 少年のアビス 6
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。令児に固執する教師。息子を縛り続ける母親。そして“アビス”は小説家の少年時代にまで遡る――…。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第六章――。
  • 少年のアビス 7
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。令児に固執する教師。息子を縛る母親。そして、親友だったヤンキー。収束したかに見えた問題は新たな想いを生み…。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第七章――。
  • 少年のアビス 8【シーモア限定特典付き】
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、町や家族に縛られながら“ただ”生きていた。アイドルとの心中未遂。町を出ると約束した幼馴染。令児に固執する教師。息子を縛る母親。親友だったヤンキー。年が明け、季節が移ろうも、また同じ日々が始まり…? 少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第八章――。

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典が付与されています
  • 少年のアビス 9【シーモア限定特典付き】
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    黒瀬令児(くろせれいじ)は、家族、教師、幼馴染、アイドル、小説家、そしてこの町。そのすべてに縛られながら“ただ”生きていた。それでも少年は、雪が降り注ぐ深淵(アビス)から、遠くにぼんやりと見える光のような何かに向かって歩き出す。少年の生きることに希望はあるのか。この先に光はあるのか。“今”を映し出すワールドエンド・ボーイミーツガール、第九章――。

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典が付与されています

レビュー

少年のアビスのレビュー

平均評価:4.4 57件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 面白いけども
    さきさん 投稿日:2022/6/30
    暗すぎるんですよね。皆不幸すぎて不幸すぎて、なんというか救いようがない漫画です。果たして最後はどうなるのか。。先が読みたいけどほんと、この作者さんどういう性格なのだろうと思ってしまう。面白いけど、どんどん救いようがなくなってきて最近は読むの をちょっと躊躇してしまう。 でも星5です。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 昭和夕子役は小松菜奈さんでお願いします。
    たまえさん 投稿日:2021/12/17
    はじめは絵が綺麗だと手に取りました。絵のタッチ的にソフトだったので、まあ読んではまってもまた忘れちゃうんだろうなと半ば思いながら。読み始めた時は6巻までしか出ていなくて、一気に読み終わった後にはどっぷり世界観に沈んでしまっていました。はまる というよりも、沈むという表現がこの作品にぴったりでしょう。普通、煌びやかで鮮やかな世界に憧れますよね?不思議なことにこの作品は真逆で、灰色によどんだ沼へ惹き寄せられるかのように、病みへの憧れがあります。しかも、登場人物だけでなく読者の私達も気づいたらもう、深みから抜け出せない所まで沈んでいるのです。7巻が待ち遠しかったです。今は8巻が待ち遠しいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 「君の人生この先絶対つまんないだろーし」
    ほとほとさん 投稿日:2021/6/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 なんて言われて「初めて自分を理解してもらえた」と喜んでしまうくらいには屈折した男の子が主人公の群像劇。『ヒメゴト』に続き、思春期の行き場のない感情や人間関係のもつれ具合が秀逸です。一巻では主人公にとって害にしか見えない人物ばかりですが、それが徐々に本音や事情をさらけ出し「ああ可哀想な人なんだ」「理由があったんだ」なんてホッとしたところで別の顔を見せられる。はたまた悪人でしかないような奴が意外な切実さを覗かせる。万華鏡みたいに見える世界がクルクル変わって翻弄されます。二十九年前の心中未遂で死んだのは誰? なんてミステリー要素もあり、あっという間に読んでしまいました。 続きを読む▼
  • (5.0) めちゃめちゃ面白かった。
    ユリーカ さん 投稿日:2021/5/21
    これこれこれ!待ってましたー!峰浪りょうさんのダークな作品。作者にしか表現できない性と闇の世界、美しい描写が素晴らしいです。ヒメゴトで衝撃を受けてから作者の作品を何作か読みましたが、ポップな少年マンガを連載されていたので物足りなさを感じてい ました。知らない間にまたダークなお話を書いてらしたのですね!4冊一気読み、なんともいえない充足感で満たされました。早く続きが見たーい! もっとみる▼
  • (5.0) 7巻まで読んで
    ももさん 投稿日:2022/1/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 峰浪先生の思春期を描いた作品、ヒメゴトよりさらにパワーアップしています。狭くて密な人間関係、プライバシー問題、男尊女卑、介護、貧困などの闇…子どもは親を選べない。田舎ならではの増幅もある。 現実的にはやっぱりそうなるよね…という展開だけれども、苦しみの中の救いが見れると良いな。 好きが異性としてなのか、執着の情なのか、家族兄弟的な親愛なのか、明解を待ちます 続きを読む▼
  • (5.0) 歪つな裏世界ハーレム
    KKさん 投稿日:2021/4/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 幼なじみ(男女共に)、学校の先生、ある日突然出会った元アイドル、そして実の母。周り全てから愛されて、どう?幸せですか?この主人公になりたいですか?と問い掛けられているかのような、いわゆるハーレムものへの最高のアンチテーゼのような作品。 この物語がどう終着するのか、今からとても楽しみで、それでいて恐ろしくて震えます。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 人生は自分のもの
    峰浪りょう先生の描く作品です。チャコちゃんやナギさんの言った「令くんの人生は 令くんのものだよ」ってセリフが好きです。でも令くんの事情も相当辛いものだよなぁ。ナギさんとタバコ吸うシーンは惚れました(笑)久々にこんな面白い漫画に出会えた!
    広報:熊五郎

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ