マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック祥伝社onBLUEonBLUE comics悪人の躾け方悪人の躾け方【コミックシーモア限定特典付】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
悪人の躾け方【コミックシーモア限定特典付】
2巻配信中

悪人の躾け方【コミックシーモア限定特典付】

700pt/770円(税込)

490pt/539円(税込)
6/23まで

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【電子限定!描き下ろし特典ペーパー収録さらにコミックシーモア限定描き下ろしペーパーも収録】
余裕最強若造 vs 元バリタチ悪態社長
最低最悪に不機嫌で、…甘い関係。

「あんた、手錠で繋がれてもエラそうなんですよね。そこが良い。」
20年バリタチでやってきた俺・雨津木正継は、雇っている清掃員にいいように抱かれているのが屈辱でたまらない。
余裕たっぷりで生意気な、逞しい体躯の若造・針間一郎。
ヤツに口説かれ、のしかかられる受け身の快楽は、不覚にも体になじんできてしまった気がするが、ヤツのことなど、俺は絶対認めない。あんな憎たらしい男の手に落らてたまるかーー。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 悪人の躾け方【コミックシーモア限定特典付】

    700pt/770円(税込)

    490pt/539円(税込)
    6/23まで

    【電子限定!描き下ろし特典ペーパー収録さらにコミックシーモア限定描き下ろしペーパーも収録】
    余裕最強若造 vs 元バリタチ悪態社長
    最低最悪に不機嫌で、…甘い関係。

    「あんた、手錠で繋がれてもエラそうなんですよね。そこが良い。」
    20年バリタチでやってきた俺・雨津木正継は、雇っている清掃員にいいように抱かれているのが屈辱でたまらない。
    余裕たっぷりで生意気な、逞しい体躯の若造・針間一郎。
    ヤツに口説かれ、のしかかられる受け身の快楽は、不覚にも体になじんできてしまった気がするが、ヤツのことなど、俺は絶対認めない。あんな憎たらしい男の手に落らてたまるかーー。
  • 悪人の躾け方 番外編 SWEET MOMENT(1)

    150pt/165円(税込)

    105pt/115円(税込)
    6/23まで

    【電子限定配信!】
    余裕系最強ド攻×元攻・ふきげん社長受の、その後。
    恋人同士になってからも相変わらず針間に振り回される雨津木。
    出勤時間が迫っているのにベッドの中で雨津木の体をまさぐる針間の手は止まってくれなくて──!?
    「お前が朝っぱらから俺を汗だくにさせるからこんなハメになったんだろうが」
    針間と雨津木のラブラブモーニングが読めちゃう番外編!!
    ※本作は「onBLUE vol.54」に掲載された番外編作品です。

レビュー

悪人の躾け方のレビュー

平均評価:4.7 374件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 史上最高のおじさん受け
    sunさん 投稿日:2024/5/9
    雨津木さん好きです!!!!!! 綺麗で美人で品があってなのに口は悪くて… 前髪下ろしてる時の色気はんぱないよお〜 ロンリープレイグラウンドより私はこっちのがすごく好きです! とりあえず雨津木さんが最高!!! そして針間がスパダリす ぎる!れ! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 最っっっっっ高!!!!!星5ーーー↑↑↑
    M2さん 投稿日:2022/1/8
    やっっと読めました‥。 長らくカートにいたスピン元のロンリープレイグラウンドがセールになり、即ポチして本作までノンストップ! あぁぁぁぁ!!これは最高です!! コーフンしたままレビューを書くとロクなことがないのですが、書かずにはい られない。だって最高以外の言葉が見つからないんです。 傑作の映画って始まってすぐ予感があるけれど、本作もそんな感じ。あぁ、これは面白いに違いないと。 ラストシーンまでもう‥かっこ良すぎる‥。このまま画面が暗転してエンドロール流れて、爆音でかっこいいED曲聴きながら立てなくなってる気分です。 たまにこういう大当たりがくるから、BL読むのをやめられない!!!!! ロンリー..個人的には少々期待どおりではなかった(雪文くんが可哀想な割に意外と切り替えが早く、私の感情がついていかず‥)のですが、下巻・短編での針間の登場が華麗で鮮やかで、ワクワクが止まらず。こっちの方が断然面白い!!と。 ただ本作を存分に楽しむために、雨津木さんという人を知ることが出来るロンリー..は必須ですね。 どクズだった雨津木さんが振り回されて、見たこともない表情してる。支配する側の男がアタフタしてるって‥いいですよね笑。 とにかく脚本が非常にいい!テンポがよく、ウィットに富み、シニカルもあり、読んでて心が躍る躍る〜。雨津木さんお金待ちなので、行くホテルやお店、自宅などもハイクラスでウキウキ。 そして何よりも針間くん。いやーー、君はすごい男だ。 雨津木さんの相手、こりゃ雪文くんにはムリだ‥。 徹頭徹尾カッコ良い。文句なし!雨津木さんを見つけてくれてありがとう!!と言いたいです。 このシリーズで色んな愛の形、見せてもらいました。 始まりは純粋で愛おしい感情のはずなのに、愛はこんなにも重くなり、持て余し、傷つける。それでもまた、相手次第でその姿を変えていくんだな。雨津木さんの愛は相当狂ってたけれど、あれは彼なりの純愛だったんだ。 こんな面白い作品を知らなかった昨日までの自分に戻って、もう一度この作品をイチから楽しみたい! 未読の方が羨ましい!是非是非楽しんでくださいね〜!! 修正は白抜き、トーン、消えちゃったり。 *9/15追記。番外編20頁読みました。またこの2人に会えるなんてどんな幸せですか。くぅ!イチャラブじゃんかっ!最高! もっとみる▼
  • (5.0) ミステリアスな青年×傲慢ツンデレおじさま
    ヒヤシンスさん 投稿日:2021/6/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 いじめっ子受けが好きなので購入。 この本は、「ロンリープレイグラウンド」の悪役のスピンオフとなります。 この、「ロンリー〜」では、可愛い受けを調教する悪いおじさま役だったキャラが今回の受けですね。 ちなみに私は「ロンリー〜」の方も読んでいます。これを読んだ頃は、綺麗で可愛い受けも楽しめていたので、面白く読んだ記憶がありますが、現在の私は腐海の海に潜り過ぎてガチムチ受けか男前受けしか楽しめなくなったので、「ロンリー〜」は現在は読めません。残念ながら。 しかし、悪役の雨津木さんは好きだった記憶があり、この本では彼が主役ということで購入しました。 雨津木さんは別にガチムチでもないし男前でもないタイプのおじさまですが、こういういじめっ子気質の高慢な受けは大好きだし、嫌いから好きになるBLが大好きなので。 前作、「ロンリー〜」で、飼っていた美青年に振られた雨津木さん、悪役ながらに意外とショックを受けており、そこを自分の会社の清掃員である針間(攻め。イケメン)につけ込まれ、無理やり抱かれてしまうエピソードがあるのですが、 本作はその続きです。 雨津木さんは長らく攻めだったので、針間のせいで20年ぶりに受けにさせられてしまい、しかもその後もズルズル体の関係を持ってしまい、どんどん絆されていきます。 この、バリタチが歳下にネコにされる系の話はド性癖なので…。しかも、雨津木さんは針間を好きになりたくないのに、気持ちと裏腹に心はどんどん惹かれてしまい。 ここのくだりが甘酸っぱくてすごくいいです。ツンデレおじさま受け…!素晴らしい。 そもそもソックスガーター着けてる時点で雨津木さん、ネコの要素ありすぎて…。 欲を言えば、攻めの針間は本当にただの清掃員だった方がグッときたかな。個人的にはその方が立場的にも下克上で性癖。 あと、ラストの、世間体を気にするはずの雨津木さんが殻を破ったカフェのシーンはものすごくグッときました。 ラストページの美しさよ。針間への想いを自覚し、過去の呪縛から解放された象徴だと思う。あと指輪のくだり、あれは針間じゃなくても全私がオチました。 シリーズ化しないかな。是非とも同棲編、結婚編も欲しいです! 続きを読む▼
  • (5.0) すごーい躾けられてる〜!!
    めめめさん 投稿日:2021/7/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 ハァ〜っよかった! 難攻不落の受け、好きなんですよね…。結局落ちますが、本当に骨があります(俺は抱く側に戻る!のシーンとか性悪クソガキおじさんとか棒としては認めるのところ笑ってしまいました、あれ?名言多しでは) 落ちてなお、素直にはなりますが反抗の意思は忘れません(笑)いつまでも口喧嘩してるんだろうなぁと微笑ましくなります。 試し読みで期待大だったので、この2人目的でロンリープレイグラウンドの後編を買いましたが、出会いはやはり知っておきたいところなので読んでよかったです。また、バリバリ攻め時代の雨津木さんを見ているとより有難みが増しますので、やはり前後編読んでからここへ来るのが1番良いと思います。あちらでは結構クズだけど人間味を感じるキャラだなぁという印象でした。調教不倫男ですからね(公式煽り文) プライドエベレストなばかりに自分に正直になるのがへたくそな雨津木さんですが過去苦労もあったようで、心を許せる相手に出会えてよかったなぁ…と嬉しくなりました。 針間くんのずっと見てたよ〜という言葉に嘘はなく、一途です。好きな相手の為ならなんでも手間を惜しまず、何かを捨てろと言われたら潔く捨てられる…。随所で本当に好きなんだなぁ〜と言うのがわかります。ヤバい!だれか助けて〜!というシーンでスッと出てきてくれるので、本当に素晴らしいスーパー彼氏。あと脚長い。雨津木さんが体調を崩してエスカレーターから転落した時身体を張って助けてくれるのですが、その時自分が助けた!という恩着せがましい主張はなく、ただ甲斐甲斐しく看病してくれるのがグッときます…………。 ガツガツ行くタイプの攻めで自分本位に突っ走りすぎると相手の尊重が出来てないなと萎えてしまうのですが、針間くんはその辺り暴走することなく、気遣いが上手いので安心して読めました。 ほかにも雨津木さんの靴下ガーターがすばらしいとか寿司食ってるだけでエロいとか、針間くんの挙動がいちいちイケメンだし顔もいいので無限に褒めどころがあるのですが、書ききれませんね。とにかく楽しませていただきました、サイコーです! 続きを読む▼
  • (5.0) めっちゃ良かったぁぁ。
    vamさん 投稿日:2021/7/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 すご〜く面白かったです!痛快で、爽快で、恋模様にキュンとして、読後の満足感ハンパないです。さすがのダヨオ先生です。 『ロンリープレイグラウンド』で雪文を愛人として7年囲っていた傲慢・雨津木のスピンオフです。今作品を楽しむ前に、予習でスピン元を読まれると、より一層面白いです。前作の雨津木のクズっぷりが、今作品でどう料理されるのか興味深いですよ。 フォロー様のレビューが面白くて、「おのれ雨津木め〜怒」に笑いました。ツボです。可愛いらしい表現で、そういう見方をすると嫌な感じが和らぎます。いつも楽しいレビューありがとうございます。 早く繁忙期から閑散期フォロー様になるといいですね。 『ロンリー…』で雪文に去られてしまった雨津木が、番外編で会社の清掃員に返り討ちにあったのが、私的に痛快でもあり、新しい恋の予感にワクワクもしました。その二人の関係が始まります。 20年ぶりにネコにされてしまった雨津木ですが、身体は正直に落ちても、心は落ちたくない意地っ張り。だけど、上手いこと針間に翻弄されるんです。いいように手玉に取られてるのに、素直じゃないのが面白くて。 針間も弄んでいるようで、実は深い想いがあって… 雪文に対する雨津木の歪んだ愛情は、自分自身の家庭環境の呪縛のせいだったのかなと思うと、なんともやるせない気がします。ほんとに、愛し方を間違えてた。前作で流した涙が府に落ちた思いです。 そんな雨津木を翻弄しながらも、見つめてきた針間の心も切なくて…うーん、やっぱりダヨオ先生の心情の描き方がぐっときます。 身体から攻めた針間だけど、ちゃんと雨津木の心に寄り添っているのも素敵だし、反発しながらも徐々に針間に傾いていく雨津木もいいんです。 最後までカッコ良かった針間。 素直になった雨津木が可愛いく見えました。 と〜っても面白かったです! 続きを読む▼
  • (5.0) ソックスガーター=ネコの法則
    ダダさん 投稿日:2021/9/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 おじさん受けはそんなに得意ではないんですが、フォローさせて頂いている方々が皆さん高レビューを付けられていたので、これは読むしかない!と購入。スピン元(前日譚)のロンリープレイグラウンドから読んだ方が良いとのことだったので、そちらから読みました。本作品だけでも読めなくはないと思いますが、前作から読んだ方が雨津木さんの可愛い変わりっぷりに尚悶えることができるかと思います。さて本作品は表題作のみ全7話+描き下ろしで合計239ページ。前作で愛人をかっ攫われてしまった雨津木さんが、自分の会社で雇っている清掃員の針間にめちゃくちゃにされてしまって…というお話です。元タチでちょっと傲慢な不動産会社の社長・雨津木さん。字面だけ見ると絶対私の好みではないし、おじさんが可愛いわけない!…はずなのに、なんで雨津木さんがどんどん可愛く見えてくるんでしょう?!無理やりネコにされても、いつでも上から目線で傲慢な物言いで、だけど実は針間の手の上で転がされている感じがなんか良いんですよね。チョロいというか振り回されているというか、年下の針間が一枚上手という関係がとても良かったです。針間の方も最初はただの遊びなのかと思いきや、蓋を開けてみればスパダリハイスペな執着攻めだったというギャップが良かった。二人とも悪態を付いているのに、根っこのところが真面目で裏がなく、テンポ良い二人のやり取りの中で愛情が少しずつ見えてくるそのバランスが最高でした。針間が雨津木さんに惹かれるきっかけのエピソードは、え?それだけ?と正直拍子抜けでしたが、それも敢えての計算だったのかな。ともあれ、まだまだ続きが読みたくなる二人でした。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

エラそうですね!
分析:まゆびー(シーモアスタッフ)
ダヨオ先生の前作「ロンリープレイグラウンド」で登場した悪態社長・雨津木がメインとなった今作!ド攻めの飄々とした年下清掃員・針間の手によって、バリタチからネコにされてしまった俺様社長・雨津木のロマンチックでスケベなラブコメディです!ハマること間違いなし!年の差好きはぜひ読んでください!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ