マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックシュークリームfrom REDこの手を離さないで【単行本版】この手を離さないで 2【20P小冊子】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

この手を離さないで 2【20P小冊子】 NEW

200pt/220円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

大喧嘩からの仲直り旅行――。
本音をぶつけ合い、これまでの寂しさを埋めるように身体を重ねた二人は
部屋についている露天風呂に一緒に入ることにしたが――…!!
※本電子書籍は2023年7月7日発売 紙コミックス『この手を離さないで 2』のアニメイトセット小冊子と同じ内容です。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

  • この手を離さないで【単行本版(シーモア限定&電子限定描き下ろし付)】

    750pt/825円(税込)

    唯一無二の才能、鮮烈デビュー!

    《持てる者×持たざる者》が互いを求め合う
    極上のジュブナイル・オメガバース。

    つなぎとめたい
    恋に出逢った。

    とある問題を起こし、
    αのエリート校から一般校へ転校してきた晴斗。
    季節はずれの転校生に色めき立つ教室で
    1人だけなぜか当たりが強い、生徒会長の雅と出会う。

    まるで正反対な性格と境遇の2人は、
    反発しながらも強く惹かれあい
    次第にお互いの心の奥へと踏み込んでいく。

    しかし、晴斗のフェロモンにあらがえない雅の身体は、
    やがてコントロールがきかなくなっていき――。

    未熟で、痛くて、壊れそうな――美しき青春の日々。

    「俺は絶対離さない、お前のこと」
    「ヒートなんて、死ぬほど嫌だったのに…」

    ◆収録内容◆
    「この手を離さないで」1~5話
    あとがき
    単行本収録描き下ろし4P
    シーモア限定描き下ろし(おまけ漫画1P)
    電子限定描き下ろし付(おまけ漫画1P)※「電子限定描き下ろし付(おまけ漫画1P)」は他の電子書店にて配布されているものと同様のものが収録されています。
  • この手を離さないで 2【単行本版(特典付き)】

    780pt/858円(税込)

    極上のジュブナイル・オメガバース【大学生編】

    「俺はもう、弱いままじゃ嫌だよ…」

    高校卒業の春、<番(つがい)>となった晴斗と雅。
    大学進学と同時に、夢のような甘い同棲生活が始まった。

    しかし――雅の世界が日に日に広がってゆくことに、
    心が落ち着かない晴斗。

    「対等な存在になりたい」と願う雅の自立心は
    「全てを与えてあげたい」晴斗の愛情により
    無意識に抑え込まれてしまい…。

    そして想いがすれ違ったまま
    雅は家を飛び出していき――!?

    <世話焼き溺愛α×愛を知らないトラウマ持ちΩ>
    同棲、大喧嘩旅行、帰省…
    ハッピーエンドのその先を描く、熱望の第2巻。

    早くも累計30万部突破!
    ちるちるBLアワード2023
    BEST次に来るBL部門 第1位ランクイン!

    ◆収録内容◆
    「この手を離さないで2」6~10話
    単行本収録描き下ろし4P
    あとがき
    特典(おまけ漫画1P)
    ※「特典(おまけ漫画1P)」は紙コミックスの応援書店にて配布されているものと同様のものが収録されています。
  • この手を離さないで【20P小冊子】

    180pt/198円(税込)

    初めての遊園地デート、そして初めてのキス――。
    二人の距離が一気に近づいたあの日の夜、
    雅の部屋に泊まることになった晴斗は……?
    ※本電子書籍は2022年4月7日発売 紙コミックス『この手を離さないで』のアニメイトセット小冊子と同じ内容です。
  • この手を離さないで - second time - 【商業未発表作品70P】

    800pt/880円(税込)

    番になった後、初めてお泊まりをすることになった晴斗と雅。ようやく番になれた幸福感に浸りつつも気恥ずかしさを隠せない二人は傍で感じる互いの熱に浮かれ…。
    また、雅に似合うチョーカーを購入した晴斗。雅の反応は―…!?
    大人気シリーズ「この手を離さないで」1巻高校生編の晴斗と雅のイチャラブが見られる大ボリューム70P豪華2本立て描き下ろし!(※表紙・奥付等含む)

    ※こちらは同人誌で発売されたものと同内容になります。重複購入にご注意ください。
  • この手を離さないで 2【20P小冊子】

    200pt/220円(税込)

    大喧嘩からの仲直り旅行――。
    本音をぶつけ合い、これまでの寂しさを埋めるように身体を重ねた二人は
    部屋についている露天風呂に一緒に入ることにしたが――…!!
    ※本電子書籍は2023年7月7日発売 紙コミックス『この手を離さないで 2』のアニメイトセット小冊子と同じ内容です。

レビュー

この手を離さないで【単行本版】のレビュー

平均評価:4.7 1,156件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 幸せになれよ
    sayaaさん 投稿日:2024/7/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 愛を受けていっぱい幸せになって欲しいです。切実に。 苦しい展開もあるけれど、最後はハッピーエンドしか受けいれられなくなりますよ。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 本当に素晴らしい作品です。大大満足です。
    みささん 投稿日:2023/7/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 最高でした。こんなに泣いたの久しぶりです。 一巻を数ヶ月前に購入し、感動して、あ!続編があるのか!と楽しみにしながら、しばらく本棚に眠っていたのですが、先日、新刊通知でハッと読み返し、また泣いてしまいました。 雅の心情がとても丁寧に描写されており、繊細な世界観に心から没頭できます。私が特に感心したのがカレーの描写。 幼少期の雅にだけ配られなかった、食卓のカレー。αである父と弟にのみカツが乗っていて、母にはカツがのっていないことから、家庭内(父親の)差別主義が強く印象付きます。 母もΩであるせいで虐げられ、弟がαだったおかげで、やっと食事を与えられているのではないかと想像でき、雅を救える人間が幼少期の純粋な弟以外、誰もいなかったのだろうと、描かれていないシーンまで質感高く感じ取れます。 そして、一条と出会って、暖かさを知り、好きな食べ物はカレーだ、と答えるシーンでは、胸がギュッとなりました。 雅がメンヘラのように見えるというコメントを見かけましたが、私の意見は違います。雅はメンヘラで当たり前です。親から最初に与えられるはずの愛情を与えられなかったのだから。 だから、一巻で雅は親の愛を得るために完璧になろうと、Ωの自分を極限まで忌み嫌い、捨てようとしていました。 けれど、一条と出会い、無条件の愛を知り、家族の愛を知り、親への執着を手放して、一条と2人、生きていく決意をするんです。うまく笑っていても、勉強ができていても、雅の経験値は小学生にも満たないはず。初期の箸やフォーク、スプーンの持ち方が物語っています。 そんな中で、一条から与えられる愛に応えたいと、自分を囲う一条に反発し、自分が正しいのかも分からず不安なまま、もがく姿が二巻なのではないでしょうか。 素晴らしい心理描写だと思います。 だいぶ語ってしまいましたが、キャラメイクも凄いです。 一条も雅も、魅力的な容姿と、案外なんでもできそうに見えて、実は歪な人間性、完璧に描き切らないところに、話を奥深くする工夫が感じ取れます。 応援しています。 三巻も思うまま、自由に描いてみていただきたいです。 どんな形になろうとも、最後まで雅と一条を見守りたいと思っています。 こんな素敵な作品をありがとう。 続きを読む▼
  • (5.0) 尊いな…
    しゅうさん 投稿日:2023/12/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 ●4巻まで拝読しました。1,2巻は本編、それぞれ1冊の中で区切りついてますが、まだ続きます。3巻は1巻付属の小冊子、4巻は同人誌。これらを配信して下さり、本当にありがとうございます!(号泣) ●「尊い」っていう表現があまりにも陳腐すぎて、この言葉しか出てこなかった自分が悔しい。でも、尊すぎるんです。つらい生い立ちで気の強いΩ雅と、光属性だけど激情型でもあるα晴斗。こんな尊い番があるかい…!! ●1巻は晴斗による雅の救済です。そして1巻がお好きだったなら、2巻も是非お読みいただきたい。しっかり1巻の二人がベースにありながら、その後の変化がとても良い。 ●晴斗のおかげで雅の世界が広がってきたのに、晴斗はそれがおもしろくない。雅も雅で、晴斗にただ優しくされるだけでは嫌だと思うようになって。ぶつかって、離れて、もう一度ちゃんと話して…番として一段成長する二人がとても愛おしいです。 ●セリフやコマの間とか表情がすごく良くて、胸がギュウ…となる。感情移入しちゃう。はらはらと流れる雅の涙。晴斗と「こうなりたいんだ」っていう気持ちがすごく伝わって…それに呼応する晴斗の涙も、とても美しかったです。 ●2巻の最終話と、最後の「Season3 coming soon」の2Pを見て、次のテーマは“家族”かな…と期待せざるを得ない。1巻でも2巻でも、雅は晴斗の家族に温かく迎え入れられます。それは晴斗にとっても嬉しいことで、雅との“その先”を意識させる。(晴斗の幼い頃のアルバム最高でした!) ●また、1巻の、雅が弟の大和(α)と決別するエピソードがとても切ないんですが、雅側の家族関係はもう修復されないのかな…って悲しく思ってたんですよ。次巻!!もう期待しかないです!!!お願い〜雅と雅の家族にも救いを…! ●1巻で急に出てきた晴斗の協力者たち(いつの間に友だちできてたん?笑)ですが、うち一人が2巻で同じ大学に進学してて、三島という名も与えられて、二人にナイスアシストしてます!あぁ…二人の周りがもっともっと優しく幸せな世界になってほしい…最後まで見守りたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 愛…というものを教えられた…
    りゅまるさん 投稿日:2023/8/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 ◎2巻+小冊子配信中(2巻まで購入)☆5.0。 《1巻》表題作のみ+描き下ろし/P219/白抜き修正/重め/ハピエン/〜番になるまで〜。 《2巻》表題作のみ+描き下ろし/P185/白抜き修正/ハピエン/〜大学生へ、同棲編〜。 重めのΩバース作品です。読むとタイトルが凄く合ってるのがわかります。世話焼き溺愛α愛を知らないトラウマ持ちΩ。攻めが転校してきて受けと出会うところから始まります。愛を知らず1人で頑張って来た受け。Ωって不憫な背景が多いけど、色々読んできた中でもトップクラスに入るくらい不憫な受けです。特に家族からの扱いが酷すぎる…。胸が苦しくなるくらいです。家族に捨てられ、骨だけのガリガリ…、Ωってだけでこんな扱い酷すぎる…。 必死で努力して優秀で生徒会長まで努めて、強い薬で抑えて…見ていて痛々しい。転校して来た攻めと出会い、ヒートを起こしてしまい、他の生徒にもΩであることがバレてしまい、襲われ酷い扱いをされてしまいます。もう涙が…。攻めとの出会いで抑制が効かなくなった受けですが、それはきっと、2人が運命だったからじゃないかなと私は思います。2人を出会わせてくれて神様に感謝したいです。攻めの優しさと愛の深さ、本当に人としてすごいと思います。受けは愛を知らずに育ってきたので攻めの愛が大きすぎて戸惑ったり、お互いがお互いを想い過ぎてすれ違いもありますが、本当の『愛』と言うものを教えてもらったと思います。攻めの家族も良い人で家族の愛を知らない受けの事も大切に思ってくれてるのはすごく嬉しいです。まだまだ続きますが2人の幸せを祈りたいです。表紙とタイトルがピッタリ。絵も綺麗で内容もしっかりしています。心を掴まれました〜。とっても大好きな作品に出会えて良かったです。続編では受けの弟の話がありそうな描写があり、受けが傷付かないか心配ですが、続き待ってます。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

話題沸騰オメガバBL
分析:さーちゃん(シーモアスタッフ)
発売前に重版決定!咲本﨑先生のデビュー作はスパダリα×不憫Ωの青春ラブストーリーです♪問題を起こして転校してきた晴斗と、気が強い生徒会長・雅。互いのフェロモンに翻弄される2人、繊細で美しいイラスト、そして甘く切ないストーリーが魅力の本作。不遇の受を救う攻のギャップにやられること請け合い!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ