漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
フルーツバスケット 1巻
少女マンガ
フルーツバスケット 1巻
この巻を買う/読む

フルーツバスケット 1巻

【期間限定無料あり】2019/9/21 0:00まで
通常価格:
450pt/450円(税抜)
(4.7) 投稿数300件
フルーツバスケット(23巻完結)
作品内容

テントで暮らす女子高生・透(とおる)。家事の腕を買われ草摩由希(そうまゆき)の家で暮らすことに。だが、草摩家には異性にふれると動物に変身してしまうという秘密が―。

【期間限定無料あり】「フルーツバスケット」アニメ化記念
今だけ!!無料キャンペーン実施中! 【期間限定】2019/9/21 0:00まで
作品ラインナップ  全23巻完結
レビュー
フルーツバスケットのレビュー

平均評価:4.7 300件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 懐かしい
    rikoさん 投稿日:2019/6/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 連載中に読んでました。由希が好きだったから、透への愛が母親と同じなのは納得出来なかった。それと真知と付き合うのも、わざわざ別の人とくっつけなくていいのにと思いました。 続きを読む▼
高評価レビュー
  • (5.0) アニメ化を期に
    ユキさん 投稿日:2019/6/6
    昔読んだことがありましたが、アニメ化を期に再読。透のキャラがいいよなぁと改めて落涙。干支ってモチーフが新鮮でワクワク詠んだのを思い出しました。
  • (5.0) 大好きです!
    ロッタさん 投稿日:2019/6/2
    何度も読みたくなる作品です。言葉一つ一つが心に優しく響き、気がついたら涙が零れています。大団円で終わり、読後感も最高です。一生宝物にしたい作品の一つです
  • (5.0) 由希の透への想いは絶対に恋
    ゆのさん 投稿日:2019/5/28
    本当に名作ですね。失敗しながら一歩一歩辿り着いて行く、失敗しない人なんていない。肯定してくれてやっと自分を好きになれる。心に染みる素晴らしい言葉が沢山あります。人間の心のドロドロしている所、自分の中の嫌な部分、友情関係、親子関係。全てを透が 包み込んでくれるんですよね。その分透には透のような包応力のある男性が現れて、全てを吐き出してその男性が支えになって欲しかったのですが、まあなんだかんだで夾の不器用な優しさが透を救っているのでしょう。ですか!!由希君が!!真知とくっ付いたのはもう…悲しくて…嫌で…仕方がない…。途中の実は透への感情は母親と同じものだったっていう暴露は本当に強引過ぎてもう笑うしかありませんでしたね。そのくらいショックでした。(ちなみに真知と由希の絡みは全て飛ばした)てか母親に可愛いなんて言わないしキスなんてしないよ由希君…。なんというか作者さん由希より夾を贔屓してる気がします。少なくとも序盤は由希とくっ付けるつもりだったと思いますし。(実は始め辺りは透が顔赤らめるのは由希君だけだった)なんというか…序盤の由希の透への恋愛感情が無理矢理消され、変えられ、否定されて、その頃の由希、由希の感情がこう言ったら変ですが可哀想です。夾エンドでいいから透に想いを伝えて欲しかった、あんな夢オチみたいな母親の様な感情だったっていうオチは本当に哀しい。まあ一番好きなのは紅葉ですが笑 一番男前なキャラでしたよね。紅葉くん。少々話が逸れてしまいましたが、でも由希君関連以外の所はもう本当に素晴らしかったと思います。この様な余韻に浸り感傷的になる名作はもうそうそうでないと思います。気になった方は是非一度読んでみてください。 もっとみる▼
  • (5.0) 無料話だけ
    ろびさん 投稿日:2019/5/28
    懐かしいし良い!!しか言いようがない♪アニメは昔のが好きだけど...本は色褪せないと思わせてくれましたヽ(*´∀`)ノ♪最高の作品です。
  • (5.0) 懐かしい
    ひとみさん 投稿日:2019/5/19
    もうだいぶ前に購入したことがある、お気に入りの本です。深夜のアニメで放送されていたのを見て懐かしくなりました。登場人物それぞれに物語があります。言葉ひとつに色々考えさせられます。
少女マンガランキング
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • やさしい世界
    明るく、素直な女子高生「本田透」は訳あって一人でテント暮らしをしていました。学校が終わればバイトに行き、テントに帰って勉強する。結構ハードな日常でも笑顔を忘れず、どんな時にもめげない透。ある日、テントのある敷地の所有者「草摩家」の人々と知り合い、家に居候する事になった透。そこで、草摩家の人々が十二支の物の怪に取り憑かれている事を知るのでした…読むとやさしい気持ちになれる、コミカルでどこか切ない名作学園ファンタジー。2001年にアニメ化され、「もっとも売れている少女漫画」としてギネスブックに認定もされた本作品。著者は「星は歌う」の高屋奈月先生です。
    制作担当:むりむり仮面
▲ページTOPへ