マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックリブレビーボーイコミックスDXラスト・ノートが香るときラスト・ノートが香るとき 1【電子限定かきおろしマンガ付】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
ラスト・ノートが香るとき 1【電子限定かきおろしマンガ付】
1巻配信中

ラスト・ノートが香るとき 1【電子限定かきおろしマンガ付】

718pt/789円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

御園 馨は人を誘惑してしまう自分の香りがコンプレックス。他人と距離を取るのが常になっていた。
ある日、香水開発のタッグを組むことになった調香師・黒蜂翔生に自身の香りを嗅ぎ取られ秘密が露呈してしまう。
また自分の香りで人を溺れさせてしまう――と思いきや、翔生は正気を保っていた。
翔生なら「香り」ではなく「俺自身」を好きになってくれるかもしれない…そう思い始めるが――。
電子書籍は雑誌掲載時のカラーページを再現&電子限定描き下ろしマンガ3Pも収録。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • ラスト・ノートが香るとき 1【電子限定かきおろしマンガ付】

    718pt/789円(税込)

    御園 馨は人を誘惑してしまう自分の香りがコンプレックス。他人と距離を取るのが常になっていた。
    ある日、香水開発のタッグを組むことになった調香師・黒蜂翔生に自身の香りを嗅ぎ取られ秘密が露呈してしまう。
    また自分の香りで人を溺れさせてしまう――と思いきや、翔生は正気を保っていた。
    翔生なら「香り」ではなく「俺自身」を好きになってくれるかもしれない…そう思い始めるが――。
    電子書籍は雑誌掲載時のカラーページを再現&電子限定描き下ろしマンガ3Pも収録。

レビュー

ラスト・ノートが香るときのレビュー

平均評価:4.8 231件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) .
    YYさん 投稿日:2024/5/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 においが気になっている人はたくさんいると思うけど、いいにおい(エロいにおい?!)すぎても大変ですね…。全体的に色っぽい感じがよかった。あと、Another note好きです。 続きが気になる! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 見目麗しき男が放つ 甘い蜜の香りに酔う…
    humanさん 投稿日:2023/4/15
    初読み作家さん。表紙の美しさに惹かれましたが、本編の絵がちょっぴり好みでないし、過去作品をチェックしても、うーん 何か合わないかも… でも やっぱり気になる! ので、タイミングを計りクーポン+還元+ハッピーランチアワーのフル活用でポチリ。 WAO!! これは思いがけずお宝に出会えた気分。「挙体芳香」という、身体から人を惹き付ける甘い香りを放つ体質の主人公 馨。オメガバやフェロモン症という架空のBL設定ではなく、極稀ながら実際にいらっしゃるそうな。香りにだけ惹かれて自分を見てくれない周りに傷付きコンプレックスを抱いて、ソレを消す為の香水 0番を作ろうとする馨。そこへイタリアから天才調香師 翔生がやって来て2人で作品を作る事に。まず出会いのシーン。花束を抱えていた所、蜂に襲われて階段を踏み外しそうになった馨を翔生が助けるのです。そして一輪の花を落とした事に気付かずに去って行く。それを拾い、後ろ姿を見つめる翔生。会社に戻りポピーが足りないと気が付くと「忘れもの」と、花を持った翔生が。何でポピー?何でわざわざ花名を?と、妙に気になり花言葉を調べてみると…「恋の予感」じゃないですか キュン発動!こういう細やかでひっそりとした伏線、素敵です!!私、ポピーがシンデレラのガラスの靴に見えましてよ。香水作りの為にはまず馨の身体の解明をと、鋭敏な嗅覚を働かせる訳ですが 濃い匂いの元といったらソコしかない… 嗚呼 欲情した男の破壊力、下着を剥ぎ取ろうとする強い意思の視線と指先に馨同様 目を見開き仰天、ゾクッと致しました!が、それだけでなく馨は自身の一筋の糸に驚きと恥ずかしさを?「すんすん」そうね、嗅いでみないとね。「れろっ ちゅうっ」… に、匂いと味は密接だものね。「ツプッ ヌププ… ぢゅぷんっ」!?あぁ もう、ここからは耳が染まる擬音… そしてストレートなのに受けの素質ありありのトロ顔と感度の良さは無自覚煽りの極み!きちんと気持ちを確かめていないし、挿れられる側になる覚悟が出来ていないから最後までシてないけれど、ちゃんと「待て」を聞いてくれる翔生の忠犬ワンコさに信頼感を持ててホッ。するまでの焦れた感じの方がエロくて好きですよ。だから心も身体も、急がすじっくり開いてあげて欲しい〜。0番の出来も知りたいので2巻発売迄は予告?を眺めて待ってます!P.158の「買うよね?」の1コマが凄く好き。眉毛にエロみを感じたのは初めてです もっとみる▼
  • (5.0) 物語と共に香る2人のノート
    冬眠中さん 投稿日:2023/3/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 んー、これは。完成された美しい絵、そして1話2話…が1ノート、2ノート(香調)になっていて、2人の出逢い、深まる仲、スンスンといたします…の心理描写や情事描写が香調として表現されている。もうなんだかこちらまで良い香がした気がして、ドキドキしました。 人の体臭を消す香水、0番を作る為始まった御園と黒蜂の関係。相手を誘惑してしまう良い香りの御園の特殊な体臭。それを嗅ぐ黒蜂。人の体臭は頭、首うしろ、脇、股、足からの臭いが強いかな?と思うので、スンスンしているうちに…そんな所まで嗅ぐ?と驚く冒頭の御園が可愛かったです。黒蜂が自分を求めるのはこの体臭?心は?と悩む御園の姿も初々しかったです。 恋愛に性別は拘らない黒蜂。そんな彼は第六感的に匂いを嗅ぎ分け、香りを作る才能を持った調香師。美しい東京の街中を歩く2人のコマはまるで何か、個展で飾られてる写真作品の様で。1巻最終話の頃にはもう、モブ女子も霞んでしまうくらいの綺麗な2人でした。(ノートの仕上がりの良さを感じました。) 個人の好みだと思いますが、もう少しゆっくり2人の関係が深まっても良かったかな?と一方では感じました。横切った御園から感じた匂いから始まった冒頭、蜂が結んだ黒蜂との出逢い。そこから次が黒蜂の部屋…というのがこの歳だからか少し展開が早いかな?と。 付箋の散りばめ方や2人の服装や小物に都会的なおしゃれを感じ、香水というテーマも良かった。 ラスト、ノートはどんな香りになるのでしょうか…?。より大人な展開を期待して、次巻を楽しみに待ちたいと思います。 御園の様な体臭ではないですが、実際に40過ぎても良い香りの体臭の方はいるなと。汗をかいた彼女からフルーツの様な匂いがして思わず嗅いでしまった事があるのですが、話をよく聞くと食事が特徴的で(野菜、フルーツがメインでタンパク質、穀物がその半分。お菓子類は無し。)。読みながらその時の事を思い出して、だからか普通に体臭のある私には0番の香水が実際にあったら、自身の体臭を消してから香水をつけれたら理想的だろうなと。意外と需要は大きいのでは?とそんな事を思ってしまいました。(御園、頑張って。。) 続きを読む▼
  • (5.0) 匂い立つ作者様の新境地に惹き込まれました
    みりみゆさん 投稿日:2023/3/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 今回、作者買いだったのだけど、良い意味で裏切られました。絵柄が変わり、画力も向上してて、コマ毎に構図も、ダウナー系蜂×嗅覚ワンコ攻め黒蜂のちょっと何考えてるのか分からない瞳の表現や表情もいい…と、まず絵が魅力的。ストーリーも、人を誘惑してしまう香りを放つ御園が、その秘密を隠すため体臭をリセットする0番の香水を製作しているところにずば抜けた嗅覚の持ち主の調香師が現れ、他人と違って匂いだけに惹かれない様子が気になっていたら、あれよあれよと劇的に!サンプル採取され…って、そこまでするんかーいっ!!と、突っ込まずにはいられない鮮やかな手際と、剥き出しの雄みがエグくてエッチで、誠に良いッ(歓喜)。 この御園の体質、本人の意思と無関係に他人を誘惑してしまう、というところが若干オメガバを彷彿とさせながら、身分差などの問題は生まず、御園と黒蜂2人の秘密として慎重な御園が黒蜂に惹かれる役割を果たすのと同時に、匂い立つような絵柄と相まって、読み手にもどのような香りがしているのか想像させ、そうすることによって世界観に引き込む役割も果たしていると思う。黒蜂はムスクのような香りがするとある一方、御園の香りは、甘くて官能的な香りとあるので、イランイランとかジャスミン系の香りかな?などと想像すると、それが体温や感情で変化してしまう御園が、豊潤な香りを放つ一輪の花のように思えてくる。そして黒蜂はその花をかき乱す蜂のよう。清楚な受けが、乱れに乱される姿のエロさも、前作から引き続き最高! 1巻ラストの黒蜂のセリフ、ひたすら御園の魅惑の香りを引き出したいという好奇心を漂わせているように読めて、自分自身を愛して欲しいと切実に願っている御園の思いとのズレを産みそう。次巻で一波乱起きるの?起きないの?どうなるのおぉぉ?続きが気になる〜〜ってところで終わってるんです。 1巻は匂いで惹かれあった2人が距離を縮める途中までで(が、無茶苦茶エロい)、次巻でミドルノートに変化し、最後は甘々のラストノートに落ち着くところまで見たいです。は〜、見事に進化し、新境地を見せてくれた作者様に感謝感激ですっ(T ^ T)!! 続きを読む▼
  • (5.0) 「すんすん」のワードと描写に萌えまくり
    あいかさん 投稿日:2023/3/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 とろ開読んで先生のファンになった者です。新作をずっと待ってて、本作は雑誌から追っていました。コミックス発売嬉しい!紙版を注文しているのですが、皆様のレビューから興奮が伝わってきて、私も仲間に入りたくて電子も購入しちゃいました。 主人公の馨は、人を誘惑する匂いを発する特異体質で、体温が上がると匂いはより強くなるし、治ることはない。そこで、自分の匂いをリセットする香水0番の開発を進めている中、人並外れた嗅覚の持ち主で、調香師の翔生と出会い共同開発することに…というストーリー。本来匂いをつけるための香水が、匂いを消すという発想が斬新で、それ故完成までの道程は困難なもの。サンプルを理由に翔生は馨の体を嗅いで嗅いで嗅ぎまくります笑。これがめちゃくちゃエロい!(//∇//)動物的でもあるし、人間の欲望もたくさん詰まっていて、けど艶やかさや美しさもあるんです!こっちも、キャー(//∇//)ってなりながらガン見です笑。匂いだけ嗅ぐはずだったのが、するりと剥かれて翔生のペースにされてるのに、馨は逃げられない。めくるめく甘美な世界…。はぁ…しゅがーぺろぺろ先生、さすがです!本当に大好きです(*´`*)すばらしい!じーん(生きてて良かった)と感動しました。 話が進むにつれて、恋愛要素も色濃くなってきています。翔生からの「好き」がどのように引き出されていくのかに注目して、2巻もくまなく読みたいです。ラブラブな2人の『全部』エチ、楽しみにしていますね!2巻発売は来年ということで先は長いけど、1巻を一年中読みまくります! ガチでテンション上がるワードは、「すんっ」「くんくん」「すんすん」で間違いないでしょう!本当に、最後までしたらどうなっちゃうんでしょうね?(*゚∀゚*)ドキドキワクワクが止まりません! 電子特典は3P。電子も買ってよかったぁ…。先生の特典は、いつもエロ甘だから豪華なんですよね!目が喜んでいます。これからもすんすんしながら、ピッタリくっついてとことんイチャイチャしてほしい(≧∀≦) まだ完結していませんが、大満足すぎて心震えてます。本当にすごいので、ぜひ! 続きを読む▼
  • (5.0) ある1コマにブッ飛びました…是非見てホシイ!
    *****さん 投稿日:2023/3/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 めちゃくちゃ面白かった!! 絵がグッと洗練されて、キャラの表情もより繊細に。インテリアやファッションなど細部に渡り先生の拘りを感じ、すぐに作品の世界へ引き込まれました。 今回は香りを仕事にする人たちのお話。 香りで人を引き寄せる特異体質といえば、オメガバが浮かびますが、調香というモチーフに特化し、お仕事BLの要素も存分に楽しめ、オメガバとは異なるジャンルとして世界観を確立しています。 ぺろぺろ先生(呼び方あってます…?)の描く、ブルドーザー並みに押しツヨな攻め様と、困惑トロけ顔の受け様が本作でも健在。特に攻めの翔生、若干ホラーじみたアブナイ表情が最高です。そして、香りのサンプル採取という名の2人の交わり…控えめに言って、クッソエロぅございます。特に『お股からコンニチハ』の一コマ…、どうすんのコレェ…。この一コマ見るだけでも買う価値ありです笑! 本能の赴くままに、馨の首筋クンクンスンスンしまくって、喜びのブンブン尻尾が見えるよう。グイグイくるエロい雄みに圧倒されて、気づいたら後ろ壁だったみたいな状況なのに、その押しの強さが嫌じゃない。いや、むしろ好き!「がっつきすぎ」が許される、最高の攻め様でした。 香りって、精神性と密接な関わりを持っていると思うので、誰彼かまわず引き寄せちゃう良い香りと、好きな人が放つ良い香りはエロみも心の有り様も全く違うのではないかと思います。気持ちの前に本能でシンパシーを感じあった2人ですが、2巻以降は気持ちの答え合わせをしていく大切な「note」が始まると思われます。波乱の予感にワクワク…な1巻ラストでした。 2巻、2024年発売予定ですと!!また生きなきゃいけない理由ができてしまった…← 修正は、水彩っぽいトーン(これ好きー)とか白抜き。凹は大きめの白短冊で何も見えない。エロみトロみがすごいので、修正は是非トーンでお願いしたく。描き下ろしは1巻の先を描いてるようです。そこまで見せちゃう?!…バッチリ見ましたよ、フフ。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

むせかえるような色香
設計:AI王子(シーモアスタッフ)
香水研究員・馨と天才調香師・翔生の物語であり、馨が誘惑香を放つ特異体質に苦しむ身であり、さらにしゅがーぺろぺろ先生の美作画でもって、全ページから花の香が湧き立つような1冊!特に濃密えっちシーンはもう!エロい芳香でむせかえるよう。香りを消す香水の開発に臨む2人の今後が楽しみすぎる、第1巻。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ