漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

この世界の片隅に 1巻

【期間限定】2019/8/7 0:00まで
通常価格:
600pt/600円(税抜)
価格:
300pt/300円(税抜)
(4.7) 投稿数65件
この世界の片隅に(3巻完結)
作品内容

映画化作品「夕凪の街 桜の国」の第2弾ともいうべき本作。戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ。主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。しかし、一日一日を確かに健気に生きていく…。

作品ラインナップ  全3巻完結
レビュー
この世界の片隅にのレビュー

平均評価:4.7 65件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 指定図書にしたい
    edeさん 投稿日:2019/7/13
    号泣しました。中学生の子供にも読ませ2人でいろいろと考えさせられましたました。学校指定にしたいです。
高評価レビュー
  • (5.0) 戦争中の生活
    こばやまとさん 投稿日:2019/5/13
    不思議な雰囲気の作品です。戦争中なんですが、ささやかな日常が描かれてて、主人公の人の良さに、この幸せな日々が続けば良いのにと、思ってしまいます。
  • (5.0) やはり、原作!!
    ronchanさん 投稿日:2018/12/17
    映画を見てから、もっと深い所まで知りたい!欲が出て購入。当時の人々の生活が丁寧に描かれており、また、戦争と違う市民の生活を重点においてストーリが進んでおり、それ故いに身に降り掛かる戦争の悲惨さが胸を締め付ける。 幼馴染のテツとののやりとり や、周作とのデートなど恋愛要素もあるのも良い。、 何より白木りんの登場はやはり、ストーリーに広がり持たせる重要ポイントに思うので、これは原作を是非読んで映画とひと味違う深みを味わって押しい。 もっとみる▼
  • (5.0) 市井の人たちの戦争
    五一さん 投稿日:2018/12/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 夏に連ドラをやっていた&8月6日に広島に行ったこの二つが理由で購入。この物語の舞台は広島県呉市。軍港があって繁栄していたこの地に広島から嫁いだ女性とその嫁ぎ先のでの暮らしを描く。 時限爆弾の存在はこれで知った。あまりにむごい。 リンさんの最期も悲しすぎる。 平和こそ尊い。 続きを読む▼
  • (5.0) 強い人達
    だんさん 投稿日:2018/11/29
    苦しい時代を生き抜いてきた人には根っこからの強さがある。と思わせてくれます。どんなに辛くてもくじけず生きる彼らのその生き様には脱帽です。
  • (5.0) 大好きな本
    ぱんさん 投稿日:2018/11/2
    ドラマが始まったあと、原作を読んで見たくて一気に読みました。戦争の悲惨さとかを伝える本ではなくて、なんというか、とりあえず読むべき1冊だと思います。
広告掲載中タイトル
青年マンガランキング
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 戦争の中の日常
    戦中の広島県・呉を舞台に、すずが新しい世界に戸惑いながら、懸命に生きる姿。描かれている何気ない日常と、戦争の気配が色濃くなり、一般市民が巻き込まれるしかなかった様子が心に深く突き刺さるはず。映画で胸を打たれた方も、ドラマで気になっている方も、ぜひ原作でより深くすず達の懸命な姿に注目です。
    制作担当:あんきも
▲ページTOPへ