漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

地雷震(19)

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.3) 投稿数9件
地雷震(19巻配信中)

作品内容

殺し屋・天海(あまみ)ケイは、心臓の移植手術を受けてから嗜好(しこう)が変わり、毎晩夢に出てくる見知らぬ“アツコ”という女と“男”のことに悩まされていた。そんなとき、医師から「提供者の記憶が臓器を介して影響を与える」という症例があることを聞かされた天海は、“アツコ(心臓)”が“成田敦子”であり、“男”が“飯田響也”だということを調べ上げ、自分の中の「敦子の記憶」を摘み取り「自分の記憶」に書き換えるために動きだす……!!

作品ラインナップ  19巻まで配信中!

レビュー

地雷震のレビュー

平均評価:4.3 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 好みの分かれるハードボイルド
    かにみそさん 投稿日:2019/9/28
    高橋ツトム先生のデビュー作。凄く好きな作品です。 内容は少しエグいシーンもあり 女性は嫌だと感じる内容も含みますが とにかくグイグイ読ませるんです。 そして、主人公の飯田響也に惚れます。 10巻くらいから絵が格段に上手くなり 世 界に引き込まれていきます。一読してほしい作品。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 渋味がある
    マリ坊やさん 投稿日:2019/8/22
    絵やストーリーから割りと大人向けな作品のため 悲しい部分も多いと思うため、ハマるかどうかは人を選ぶと思う。
  • (5.0) NeuNが良かったので…
    リンゴさん 投稿日:2019/3/10
    NeuNが良かったので、作者さんの過去作も気になり読んでみました。これがデビュー作?信じられない!レベル高すぎでしょう!某キャラが線路に寝かされ、首切断されるシーンの描写とか天才です(グロが上手いという意味ではなく)。主人公の飯田さんがひた すらハードボイルドでかっこよく、男性受けも女性受けもしそうなキャラ。漫画とは言えパンパン拳銃撃ちまくってるのが時代を感じますが、面白さは現代でも普通に通用します。話が進むにつれ画力が上がり、絵が驚異的に変わっていきますが、初期作なら致し方ないので自分はそんなに気になりませんでした。それにしても作者さんは、クールで寡黙でプロフェッショナルな主人公を描くのが上手ですね。 もっとみる▼
  • (5.0) 後味は悪いけど良作
    さやぽんさん 投稿日:2017/8/19
    小学生の頃、おこづかいで買った記憶があります。懐かしい!本誌で勇午と共演したのも好きでしたね。プレゼントで、響也のカラー原稿(立派な写真立てに入ってた)が当たったときは本当に嬉しかった。しかし当時は私が幼すぎて、響也がなんとなくカッコいいか ら好きなだけでした。お話は面白いけど大人になってからじゃないと深読み出来ない部分もあるし、共感も出来ないので…。ただ、毎回後味は悪いんです。「ハッピーエンドなんかないんだ、この世界には」と突きつけるお話です。その読後感の悪さが好きで読んでました。ハッピーエンドは勇午で味わえばいいや、と思ってたので。小学生の頃に本誌で、勇午、ガンスミ、地雷震、むげにんを読んでたのが懐かしい…。当時の本誌は重すぎて漬物つけれそうでした(笑) もっとみる▼
▲ページTOPへ