マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
鬼灯の冷徹(1)
この巻を買う/読む

鬼灯の冷徹(1)

通常価格:
500pt/550円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.6) 投稿数587件
鬼灯の冷徹(31巻完結)

作品内容

あの世には天国と地獄がある。地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯(ほおずき)である! ――人にとっての地獄。それは鬼にとっての日常なのです。ドSな補佐官・鬼灯に、上司の閻魔大王は涙、涙……そんな日常です。冷徹でドSな鬼灯とその他大勢のわりかし楽しげ地獄DAYS!

1~3巻パック 8/31まで
お得パック

1,500pt/1,650円(税込)

100pt/110円(税込)

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全31巻完結

  • 鬼灯の冷徹(1)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    あの世には天国と地獄がある。地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯(ほおずき)である! ――人にとっての地獄。それは鬼にとっての日常なのです。ドSな補佐官・鬼灯に、上司の閻魔大王は涙、涙……そんな日常です。冷徹でドSな鬼灯とその他大勢のわりかし楽しげ地獄DAYS!
  • 鬼灯の冷徹(2)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    ドSな閻魔大王第一補佐官・鬼灯(ほおずき)を慕う元・桃太郎のお供3匹、鬼灯を付けねらうゴシップ記者(猫)、鬼灯を知らないおバカアイドルetc.……。誰であろうと相手の心を凍らせる鬼灯様の冷徹交友録。そしてヌルい獄卒はドSな運動会で徹底的に叩き直します! もちろん天国の漢方医・白澤(はくたく)との関係は最悪です! 鬼灯のドSっぷりに中毒者続出!! 今日も地獄はサディスティックワンダーランド!
  • 鬼灯の冷徹(3)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    「こんな地獄なら堕ちてみたいかも……」そんな読者が漸増中!!(※皆様、悪いことはしないようにっ!)吹き荒れるドS旋風!鬼灯(ほおずき)のSadisticが止まらない!鬼灯と閻魔(えんま)様、鬼灯と白澤(はくたく)の相変わらずのエピソードはもちろん、源義経(みなもとの・よしつね)、ヤマタノオロチ、『かちかち山』のうさぎどんの一獄卒としての働きぶりをとくとご覧あれ。ちなみに絶世の美女・妲己(だっき)は衆合地獄でボッタクリ中!
  • 鬼灯の冷徹(4)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    「鬼灯(ほおずき)なんて大っ嫌い!by白澤(はくたく)」鬼灯と白澤。2人の日中関係に正常化の兆しナシ!あなたは鬼灯派?それとも白澤派?――閻魔(えんま)殿の壁画はボロボロ!遺族から亡者への供物が多すぎる!男を誘惑するのが本分なベルゼブブ夫人・リリスが、EU地獄から来日!問題噴出も鬼灯には慣れたもの。そんな鬼灯が唯一処理しきれない問題は白澤ぐらい……?
  • 鬼灯の冷徹(5)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    丁+鬼火=鬼灯(ヨミ:ほおずき/主成分:ドS?)……人の子だった鬼灯はいかにして鬼となり、閻魔大王の補佐官となったのか?――お地蔵様は閻魔大王の化身である。象に酒を飲ませ暴れさせた罪専用の地獄がある。などなど、今回も実生活で全く役に立たない地獄豆知識を織り交ぜつつ、金魚草コンテスト、シロの一日、地獄定例会議etc.……と盛り沢山でお届けします。
  • 鬼灯の冷徹(6)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    現世への視察って鬼灯(ほおずき)は一体何をやってるの? 現世の節分を地獄の鬼達はどう思ってるの? 鬼って天パが多いイメージがあるけど、実際どうなの? なんで秦広王(しんこうおう)の第一補佐官は平安貴族の小野篁(おののたかむら)なの? そんな疑問が氷解する第6巻です! ついでに神獣・白澤(はくたく)が何歳ぐらいなのかもわかっちゃいます!
  • 鬼灯の冷徹(7)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    主役のドSっぷりについてはもはやここでは申しますまい。桃太郎のお供の中で一番地味な雉のルリオ。二巻以来の登場となる「四谷怪談」の提灯於岩(ちょうちんおいわ)。なにげに登場回数の多いデザイナーのカマーさん。六巻の最後にチラッと出てきた記録課の葉鶏頭(はげいとう)さん。などなど脇の脇までしっかりと輝きを放つ第七巻!
  • 鬼灯の冷徹(8)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    八巻だけに冒頭は八寒地獄のお話からスタート! そして牛頭馬頭(ごずめず)による「日本の地獄とギリシャの冥界ってけっこう似てるよねえ」話や、閻魔大王(えんまだいおう)と秦広王(しんこうおう)による「うちの補佐官、大変だよ」話、いつも悪口言い合ってる鬼灯(ほおずき)と白澤(はくたく)による「悪口とは」話、さらに柿助(かきすけ)の「俺」話など、八巻だけど全九話!
  • 鬼灯の冷徹(9)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    イタズラ好きな可愛い双子の女の子なんだけど、鬼灯(ほおずき)に似て無表情で目が怖い。そんな座敷童子(ざしきらわし)が現世に居場所をなくしてあの世にやって来て……桃源郷は大騒動! 可愛いけど怖いと言えば、ギリギリアイドル・ミキちゃんだって負けてません! ん? 都市王(としおう)の補佐官・葛(つづら)も可愛いけど怖いぞ!
  • 鬼灯の冷徹(10)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    最近の鬼灯はというと……小学生相手の講演会に呼ばれるわ、兎の芥子(からし)に合コン誘われるわ、現世を荒らしている鬼の調査に行くわ、八寒地獄のスパイ・春一(はるいち)の相手をしなくちゃいけないわ……。そんな忙しい中でもEU地獄に出向いて、閻魔大王に対してナメた親書を送ってきたサタンにきっちりケジメをつけさせます!! かぐや姫が桃源郷にいると聞けば興味本位で見に行ったりも!

レビュー

鬼灯の冷徹のレビュー

平均評価:4.6 587件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 大好きな作品!
    ルルルさん 投稿日:2022/8/2
    世界観がしっかりしていて、背景も着物も描写が細かく、ちゃんとストーリーに入っていけます!とても大好きな作品です!

高評価レビュー

  • (5.0) 細かい背景知識へのこだわりがすごい
    たかしさん 投稿日:2014/1/6
    私は紙のコミックス派なのですが書かせていただきます。この作品は、細部へのこだわりが素晴らしいです。作者様自身もはしがきで妖怪の類が好きと書かれているだけあって(といっても妖怪の出演は多くはないですが)、地獄の仕組み(八大地獄、八寒地獄、死後 裁判の十王etc)はもちろんのこと、キャラクターひとつ取っても、神話の神々や昔話でお馴染みの面々(中には性格が面白く歪んでいたりする者も)、更には日本を飛び出しEU地獄にまで舞台を広げ、向こうの地獄キャラが登場したりもします。また補足程度のサラリとした感じで話の展開に挟まれる背景知識もしっかりとしており、私の好きな点です。例を挙げますと、鬼灯の仕える閻魔大王。彼は十王のうちの一人なのですが、その十王は人々の死後裁判を順番にしていき、七番目の王(太山王)までで逝き先(天国か地獄か、地獄ならば何処なのか)を決めます。ここが現世でいう四十九日だそうです。では八番目以降の王はなんなのか?閻魔大王は何番目の王なのか?長くなりますので割愛しますが、このような踏み込んだ知識が要所要所に盛り込んであり、私としては読みごたえなるものを感じます。 多少ベタではありますがそこがまた良いギャグテイストのストーリーに、絵柄に癖はあるものの個性ある外見、ユニークな性格のキャラクター達。もちろんオリジナルキャラクターも出てきます。話は基本一話完結型なので、電子書籍でチョイ読みするにはうってつけの作品だと思います。毎月余ったポイントで一話、また一話と読んでいるうちに、あなたも地獄から抜け出せなくなってしまうのでは…? もっとみる▼
  • (5.0) 笑えて意外とためになる
    ゆぬなはりはさん 投稿日:2021/2/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 結構ブラックジョーク的な内容が多い印象。 桃太郎や一寸法師・源義経など日本人に馴染みの深い人物やヨーロッパのサタンやベルゼブブ、エジプトのバステト神やトト神などイロイロごちゃまぜで登場してたりするなかなかのカオスっぷり。 そんな人(神)達に対して真正面から割と力技で対応していく鬼灯が1番カオス。 為になる所としては死後の十王裁判(閻魔大王以外にも9人の裁判官の方々がいる)や地獄の刑場の種類(272個もあるらしい)など普通に生活してればまずわからない知識が増えます。 後、地獄の鬼は罪を犯した人を更生させる更生官なんだと言う考え方は目からウロコが落ちました。 楽しく読んで為になる作品の1つだと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) ハマりました!
    清春さん 投稿日:2013/6/28
    前から気になっていましたがなかなか手を出せず(ちょっとポイント高いし)でも、やっぱり読んでみたーいと、パックで購入。地獄ってただ死んだ人が辛いとしか思っていなかったけど、仕置き人目線で見たらいろいろ大変なのね(本当かどうかは別だけど)私は 、ちょっと仏教を勉強した事があって、地獄には堕ちたくないとか思っていたけど、古い偉業をした人とか、昔話の英雄が地獄でこんな活躍してるって題材がかなり笑えます。地獄のシステムもほほーっとかそうなんだっとかフィクションとは判っていても勉強してる気分で楽しく読めます画風については好みもあるけど、何といっても題材が新しくて面白い。何度読み返しても笑えます! もっとみる▼
  • (5.0) 作者さんの知識がすごい
    みおさん 投稿日:2015/9/12
    作者さんの物語細部へのこだわり&題材に関する知識が凄まじいです。漫画家さんたちは漫画を描く際、みなさん題材についてある程度勉強なさるでしょうし、経験があったりで背景知識をお持ちでしょうが、こちらの作者さんはかなり深くまで勉強されたのだと思い ます。 また、それを素人の私たちにうまく伝える技術もお持ちです。大学で日本画を専攻されていたようですが、この作品と画風がとてもよく合ってます。 さしずめ「よくわかる!楽しく学べる地獄教本」といったところでしょうか。 私はどう足掻いても天国には行けそうにもないので、閻魔大王、鬼灯様、シロちゃんに会えるのを楽しみにせいぜい長生きします。笑 もっとみる▼
  • (5.0) 地獄って
    ユウさん 投稿日:2019/12/9
    こんなに楽しげでラブリーな場所だったっけ?って言う感じの、まるで一度地獄に行ってみたいとさえ思ってしまう作品。地獄を統括する閻魔大王の第一補佐官である鬼灯(ほおずき)。彼は皆から鬼灯様と呼ばれ、地獄の実質的な実務をすべて司っている。そのお供 である犬、猿、キジ。彼らもボケたり、突っ込んだりと縦横無尽の活躍を見せる。週刊モーニングで長年連載中の人気作品であり、唯一無二の存在感を見せている。基本1話読み切りのスタイルなので、『こち亀』と同じくどこからでも読み始められるため、気軽に入っていける。旅行先などで、何か1冊マンガを買いたいときなど最適な作品です。読んでみてください。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 理想の上司、閻魔大王
    伝説上の生き物が所帯染みた生活や、役所仕事をするように罪人への拷問をしている描写は笑えます。主役の冷徹があれだけ有能に働けるのも上司の閻魔様のおかげだと思います。一見、ボンクラですが実は凄いはず?の閻魔様は理想の上司です。
    制作:きりぽよ

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ