漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

ストロボ・エッジ 1

通常価格:
418pt/459円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数662件
ストロボ・エッジ(10巻完結)

作品内容

仁菜子は素直でおっとりした高校生。まだ恋はしたことないと思っている。自分に想いをよせる大樹への気持ちが恋だといわれて、いいヤツだとは思ってるけど…? ある帰り道電車で学校で人気の男子・蓮と出会う。少しの会話や笑顔だけで仁菜子は新しい気持ちを感じる。この気持ちはいったい…!? 仁菜子のほんとの初恋が始まる!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全10巻完結

  • ストロボ・エッジ 1
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    仁菜子は素直でおっとりした高校生。まだ恋はしたことないと思っている。自分に想いをよせる大樹への気持ちが恋だといわれて、いいヤツだとは思ってるけど…? ある帰り道電車で学校で人気の男子・蓮と出会う。少しの会話や笑顔だけで仁菜子は新しい気持ちを感じる。この気持ちはいったい…!? 仁菜子のほんとの初恋が始まる!
  • ストロボ・エッジ 2
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    蓮への気持ちが恋だと気づいた仁菜子。彼女がいると知っても初めて知った気持をただ伝えたくて蓮へ告白する。ふられてしまうが、友達としてつきあうことに。新学期、仁菜子の告白を目撃した安堂と知り合う。蓮と3人は文化祭実行委員会で一緒。蓮を好きな気持を持ち続ける仁菜子と動き始めるみんなの気持…! 蓮と彼女・麻由香の恋模様を描いた番外編も収録。 【同時収録】ストロボ・エッジ~another light~
  • ストロボ・エッジ 3
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    文化祭実行委員の仁菜子、蓮、安堂。突然おでこにキスをしてきた安堂から逃げる仁菜子。避けられていたはずの蓮が抱きかくまってくれる。なぜ――? 3人はカフェの短期バイトで一緒に。安堂はさらに仁菜子のことが気になってくる。そして本人さえもまだ気づいていない、かすかな変化が蓮に静かに訪れ始める……。
  • ストロボ・エッジ 4
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    安堂が仁菜子へ告白――。彼女がいる蓮を好きなままの仁菜子へ、『限界』があると問いかける。仁菜子は、そんなことはないと思うが…。一方、蓮の友人たちは仁菜子といるときの蓮の様子に注目していた。自然な笑顔をみせる蓮。他の子に揺れるという概念がない蓮の性格。もしも変化にきづいたとしたら…。
  • ストロボ・エッジ 5
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    仁菜子への想いに気づいてしまった蓮。しかし父親の再婚に揺れる彼女・麻由香を支えようと気持ちを消すことにする。仁菜子の蓮に会えない冬休みが始まる。蓮への気持ちを知りながら安堂は仁菜子へ想いをぶつけ続ける。バイト先のクリスマス会準備中、安堂の元彼女と偶然出会い、仁菜子は彼の傷を知る…。 【同時収録】ストロボ・エッジ~未完の地図~
  • ストロボ・エッジ 6
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    蓮の彼女・麻由香は蓮の仁菜子への気持ちを察し、かつ自分の変化も認めて、昔の約束にこだわっていた蓮へ別れを告げた。蓮はしばらく誰ともつきあう気はないと女子からの告白は断り続ける。仁菜子もそんな蓮をみて、とても自分の気持ちは言える状態ではないと思う。仁菜子のこともあり、ぶつかる蓮と安堂。中学時代にふたりが感じていた絆とは――。 【同時収録】カラーレス・ドリーマー
  • ストロボ・エッジ 7
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    高2になった仁菜子。蓮と安堂と同じクラスになる。遠足で鎌倉へ。仁菜子と蓮、仁菜子の友達・さゆりと蓮の友達・裕太郎は同じ班。仁菜子は今の蓮と自分の関係について「友達」だからすごく近くにいれると思うと切ない。さゆりと裕太郎は、過去に何かがあったらしい。2人になった機会に裕太郎が告げたのは…。さゆりと裕太郎の中学時代を描いた番外編も収録。 【同時収録】ストロボ・エッジ~きのうを願う人~
  • ストロボ・エッジ 8
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    蓮が自分と変わらなく接してくれるのは、恋愛対象外の「友達」だからなんだ――。でも蓮の仁菜子への態度が、仁菜子の心を揺らす。誰かと恋する蓮を見るくらいなら「カノジョ」になれるようがんばる。そう決意した矢先に――。安堂の中学時代の元カノ・真央が入学してきていた。真央は中学時代、特別な友達だった蓮と安堂の仲をはなれさせた原因をつくった。真央の言葉をきいた仁菜子の選んだ道は――。
  • ストロボ・エッジ 9
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    自分の蓮への告白が蓮や安堂を傷つける――。仁菜子は蓮への気持ちを再度押しとどめようとするが、心にムリを強いることは、思ったようにはうまくいかず、苦しさ、もやもやのほうが大きくなってしまった。安堂は体育祭で、元カノ・真央とリレーで一緒になることになる。そこで思わぬ出来事が起きる。そして、仁菜子に体育祭が終わったら気持ちを伝えると決めた蓮。行動を起こすがそのタイミングは‥‥。
  • ストロボ・エッジ 10
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    蓮のことが好き。わかってるのに――。けんかから守ってくれた安堂が傷ついている姿を見て蓮からの告白を受け入れられなかった仁菜子。でも、断ってしまった本当の理由はもっと別のところにあるのではないか、とぐるぐる悩む仁菜子に安堂がある行動を――。そして、仁菜子がやっとみつけた自分の気持ちとは? みんなの「好き」が積もる感動の最終巻。がっちゃんこと三好学が主人公の番外編と仁菜子・蓮のその後を描いた特別編も収録。 【同時収録】ストロボ・エッジ~三好学~

レビュー

ストロボ・エッジのレビュー

平均評価:4.6 662件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 都合のいい話
    サイさん 投稿日:2021/6/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 始め大樹との三角関係になるかと思ったら、あっさりさゆりとくっついたのが(いや、そういう事もあるといえばあるが)安堂投入するから大樹いらなくなったのかな、ていう展開で。というか、常に想われる人も置いときたいの?蓮も、告白された女の子と仲良くし続けるのって、彼女に対してどうなんだろ、と思っちゃいました。仁菜子の言動いろいろも蓮の気持ちを動かす為の展開て感じで、都合良すぎな気がしました。(部長はさすがにあざとすぎる)あと、仁菜子の友達誰が誰やら顔の判別ができません…。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 電車に乗る仁菜子を追いかける蓮くんが好き
    romance2さん 投稿日:2017/1/15
    電車で顔を会わせる度親しくなっていく中、気持ちが膨らんで伝えたくて口にして、早くもゴメンされるシーンの蓮くんは、初恋がこういう人でよかったねと思わせる所。 安堂くんのグイ感が適度なイケメンぶりで、もうこっちにしちゃったらと思うほど。喫茶店 でセンターの袖口摘まむシーンは、キュン死。 意図無くもたれかかられた腕の記憶に、バイバイ後独り苦悩する印象的な光景。 イヤホンの場面、医務室でのコップのやりとり、鎌倉でのエピソード一つ一つ、全て鮮やか。 蓮くんが安堂くんに校舎裏で「俺は引かない」、というシーン、水道前での「元気ないね」のシーン、応援団で受け止めシーン、どれも男性力満載。 先輩を駅で追いかけようとする仁菜子を追う蓮くんが一番胸に来る。 安堂くんに背中を押された仁菜子。やっぱり伝えたい。走る走る。一方仁菜子の様子がどうしても気になる蓮くん。やっぱり確かめようと戻ろうとする絵。 電車に乗ってから降りる蓮くんと、必死に走って気持ちを伝えたい仁菜子が、やっと向き合うシーンも大好き。髪の揺れや、時間経過による電車の場面の断片的動きで視線を変え、そして二人がただ一切を視界から斥けて向かい合う。再び二人が始まるシーン。このあとの、両想い確認場面とクラスの野次馬の突っ込み、それをかわす蓮くんの返しに、読み手のこちらもあてられる。 どこをとってもいい場面ばかり。 ただひとコマだけ、頁右に「私の好きなひと」、と入るところだけは、ガソリンスタンドのシーンとの繋がりの為なのだろうが、読むたびに違和感。 どの番外編も登場人物の周辺を彩り、全巻まるごとザ、「ストロボエッジ」世界に入れる。特に、祭りのシーンと、鎌倉シーンの、さゆちゃんのダブらせ方に、行き当たりばったりに描いてない感じがして唸らせられた。 何度も読んでるが、青春の煌めきの素敵さが、人を好きになるっていいな、との追体験感動をもたらし、そのキラキラとしたものを手にした二人の両想い光景に高い満足。 冒頭初登場時、主人公の口元が私の好みではないため、期待しないで読み進めるも、ありそうでなさそうな胸に来るエピソードで引き込まれた。 何年も、新生児名前ランキングに一位に輝いた男児名が蓮だったことに少し貢献した作品なんじゃないかと思っている。もちろん、少女マンガでは、ほかに、演劇系長編ものにも、有名な蓮さんがいるが。 もっとみる▼
  • (5.0) オススメです!
    しぃちゃさん 投稿日:2013/11/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公の女の子が好きな男子に告白してから実るまで実に10ヶ月かかった!これは私が読んだ漫画の中で最長かもしれません 主人公の仁菜子は、好きな男子・蓮に告白するも、相手には彼女がいてあっさり振られてしまいます この漫画の魅せどころは、仁菜子の忍耐強さだと思います。目の前で蓮と彼女がイチャイチャしてるのは見せつけられるし、辛くて弱ってる時に他の男子・安藤くんに告白されたり・・・普通なら、相手は彼女持ちなんだから諦めようとか、自分に好意を持ってくれてる人に逃げちゃえ、とか弱気になってもいいはず仁菜子は本当に自分の気持ちを大切にし、そして周りのみんなの気持ちを考えられるとても素敵な女の子だなぁと思いました そして、サブキャラが生きてるのもいい 出番が少なく、ほんとチョイチョイしか出て来ないんですが、個人的には裕ちゃんや団長が好きです安藤くんが、蓮に抱く劣等感もすごく分かるなと思えたし、気持ちを共感できる場面がたくさんありましたあとは過去の恋愛のおまけページも面白かった すっごい切ないラブストーリーで、それぞれの心情がそれぞれの場で溢れてるとってもいいお話です。パック買いしても絶対損はしないと思います。オススメです 続きを読む▼
  • (5.0) きゅんの宝石箱やぁ
    ムギさん 投稿日:2020/5/15
    かつてこの漫画ほど、私を「きゅんきゅん」させたものがあっただろうか、いやない。というやつですね。 おデコごしっとかたまんねーな、オイ。 すき。すき?すき!なんじゃそらー!! 至る所にきゅんが散りばめられていて、何度悶えたか分かりません 。何回目であってもなかなか読み進められないよ。蓮くん恐ろしい子! 恋を知らない仁菜子ちゃんが蓮くんを好きになるきっかけが多少ふわっとしてなくもないけどもー?まぁあの蓮くんだものね、カッコいいって、そりゃちょっとしゃべっただけでコロっと惚れちゃうか。イケメンが優しかった(思ったより)、これ正義。 途中「なんでー?」って思う箇所もあるにはあるけど、そんなものは次々と押し寄せる萌え責めの嵐にどうでも良くなります。こちとらきゅんを求めてるんで!! 蓮くんに対してどこか引け目を感じていた安堂くんに、蓮くんが本音を伝えるところも良き良き。D K素直でかわいいわー。 これぞ少女漫画という作品ではないでしょうか。あー楽しかった! もっとみる▼
  • (5.0) 大好きな作品です
    はなさん 投稿日:2016/9/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 少女漫画で私の中で三本指に入るほど大好きな作品です。最終話が発売されたのが自分が高校生の時でしたが、大人になった今でも大好きだと、人にオススメしたくなる作品です。 主人公は愛着が持てるキャラですが、少しだけ面倒だなと感じる性格でもあります(笑)しかしこの作品の良いところは人の心理描写に加え、やはり主人公が好きになる蓮くんだと私は思います。 とにかく、ひたすら、かっこよすぎる。こんなかっこよすぎる男子、この世に存在しないのがつらい!と思うほど最高に完璧な男の子です。(笑)主人公のことを好きになってから出てくる嫉妬部分もかっこよくて可愛くて、きゅんきゅんが止まりません。 私ももう若くなくなり、高校生が主人公のものはあまり読まなくなってきましたが、これだけはオススメです。 1巻の絵柄からどんどん作画も良くなるので、是非3巻くらいまで読んで好みかどうか判断して頂きたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 恋することで感じる日々の小さなキラキラ
    ねこさん 投稿日:2014/1/23
    片思いの切なさやキラキラがぎっしり詰まってます。 元気で頑張り屋さんで一途なヒロインと見た目も性格も男前なヒーロー。 純粋に片思いをしたことのある女の子だったら、きっと共感できる気持ちがたくさん描かれてると思います。 報われないとわか っていても止められず、頭では理解しているのだけれどそれについていけない心。心理描写をとても細かく丁寧に描いてると思います。 全体を通して、嫌な悪役とかも出てこないのでハラハラした感じは無いですが、それはこの漫画には必要が無い要素だとも思います。 セリフは短めですが心の声が細かく書かれてるのでとても伝わりやすく、たまに長いセリフだと素敵な事を言ってたりします。 この作家さんは今作の途中くらいから、絵の柔らかさが断然、増したように思います。 丁寧に描かれているのが伝わるような、綺麗で見やすい絵です。 年代性別問わずオススメです! もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 恋ってなあに?
    本当の「恋」ってなんだろう?まだ恋愛をしたことの無い主人公仁菜子が自分の中にある、大樹に対する気持ち、蓮に対する気持ちに戸惑い、揺れ惑う姿を見ていると、しみじみとそう考えさせられます。また、仁菜子をはじめとした様々なキャラクターの「恋する気持ち」がとても丁寧に描かれているので、初恋の思い出や、片思いをしていた時のことなどを思わず思いだし、「ああ、この気持ちわかる!」と共感できる部分がたくさんありました!「アオハライド」や「私の恋人」の作者、咲坂伊緒が描く、映画化も果たした甘く切ない青春ラブストーリーです!
    制作:クリームめろん
  • 初恋のキラキラが詰まった究極のピュア青春ラブ「ストロボ・エッジ
    別冊マーガレットで大人気を博した咲坂伊緒先生の学園ラブストーリー。初恋のもどかしさ、はがゆさ、ドキドキ感がとてもリアルに丁寧に描かれていて、恋をしたことのある人はおもわず共感するシーンも多いはず!2015年には人気俳優陣によって実写映画化もされ、人気はさらに拡がりました。きっとあなたも恋をしたくなる!その時にしか見えないあのキラキラまぶしい光を感じてみませんか?
    広報:あずき
▲ページTOPへ