We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
秘密 -トップ・シークレット- 1巻
この巻を買う/読む

秘密 -トップ・シークレット- 1巻

通常価格:
635pt/698円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数239件
秘密 -トップ・シークレット-(12巻完結)

作品内容

変死を遂げた米大統領、自殺した連続殺人犯…。彼らの脳に遺された映像が語る「秘密」とは…!? 大幅加筆の上、シリーズ第1作より収録!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全12巻完結

  • 秘密 -トップ・シークレット- 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    635pt/698円(税込)
    変死を遂げた米大統領、自殺した連続殺人犯…。彼らの脳に遺された映像が語る「秘密」とは…!? 大幅加筆の上、シリーズ第1作より収録!!
  • 秘密 -トップ・シークレット- 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    663pt/729円(税込)
    死んだ人の脳から生前の記憶を映像として再現し、未解決事件に挑む科学警察研究所・法医第九研究室。一家殺害の罪で死刑になった男の脳を映像として再生したところ、事件の意外な真相が明らかになり──!?
  • 秘密 -トップ・シークレット- 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    689pt/757円(税込)
    過去と現在が交錯して起こる惨殺事件…。薪と青木は5年前の秘密を暴き、恐るべき殺人者を突き止めることが出来るのか!?
  • 秘密 -トップ・シークレット- 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    689pt/757円(税込)
    私鉄沿線で起きた連続殺人事件。薪と青木をはじめとする、おなじみ第九のメンバーが事件に挑むが、「恐怖のウィルス」の存在が明らかに…。被害の拡大を防ぐことは出来るのか!?
  • 秘密 -トップ・シークレット- 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    734pt/807円(税込)
    薪警視正率いる第九メンバーが挑むのは…25年前の死体。奇跡的に屍蝋化して発見された脳の記憶再現は可能か…!? コワモテの岡部さんが主役のスピンオフ特別編も同時収録!!
  • 秘密 -トップ・シークレット- 6巻
    登録して購入
    通常価格:
    671pt/738円(税込)
    警視庁捜査一課生えぬきのエリート・岡部は、なぜか急に科学警察研究所第九研究室に配属された。そこでは捜査員すべてを前の事件で亡くした薪警視正が室長を務めていた。今回は「第九」再結成当時の連続殺傷事件を岡部の視点で追っていく。薪の一風変わった人間性・捜査一課との捜査方法の違いに当惑する岡部、そして彼に与えられた真の使命とは!?
  • 秘密 -トップ・シークレット- 7巻
    登録して購入
    通常価格:
    797pt/876円(税込)
    千堂外務大臣の一人娘・咲の誘拐事件が発生! 自殺した容疑者のMRIから咲らしき少女が貨物船のコンテナに閉じ込められていると分かるが…!? 少女救出のため、薪たちは!?
  • 秘密 -トップ・シークレット- 8巻
    登録して購入
    通常価格:
    797pt/876円(税込)
    地震発生後に、ある小学校で死者3名が見つかった。3人の死因は「震災」か「事故」か、或いは「事件」なのか!? 捜査を進めるうち、薪達は思いがけない映像を目にする事に…!!
  • 秘密 -トップ・シークレット- 9巻
    登録して購入
    通常価格:
    797pt/876円(税込)
    犯罪被害者の脳をMRIスキャナーにかけ、生前に見た映像を再現している科学警察研究所 法医第九研究室 通称「第九」。捜査情報漏洩疑惑に続き、室長・薪の車に爆弾が! だが、それは事件の始まりに過ぎなかった!?
  • 秘密 -トップ・シークレット- 10巻
    登録して購入
    通常価格:
    797pt/876円(税込)
    青木の姉夫婦惨殺事件のMRI捜査が開始された。再生された映像には、驚くべきものが…!?

レビュー

秘密 -トップ・シークレット-のレビュー

平均評価:4.7 239件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 素晴らしい作品です
    さしすさん 投稿日:2021/7/15
    これほどまでに私の生活や価値観に影響を与えた作品は今までありませんでした。 少しアホらしく聞こえるかもしれませんが、もし私の脳が将来誰かしら(薪さんや第九のメンバーがいいなと思っています笑)に見られるとして、その絵が私の周りにいる人の笑顔 で溢れていたらなと思います。 清水玲子先生の作品は何作か読ませていただきましたが、ラストが必ずしも簡単なハッピーエンドではないのが印象的です(輝夜姫などがそうかなと個人的には思います)。現在、season0での連載が続いていますが、先生らしい余韻を残すラストも見たい一方で、どうにか薪さんにとって幸せな終わりであればと願っています。 年に一度単行本を手にするのをとても楽しみにしています。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) さすが……!
    カジさん 投稿日:2017/3/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 清水先生の作品は、自分が中高生の頃からとても人気がありました。が、その頃は一度も手にすることがなく、この作品で初めて清水作品との出会いを果たしました。猟奇的な殺人事件の場面なども多く描かれていますが、裸体や死体を描いていても、そこに気味の悪さよりも先生の筆致の丁寧さが見て取れるので、ほんの少し救いがあります。まだ3巻までしか読んでいませんが、自分としては一気に読んでしまうよりも1巻ずつ買いそろえ時間をかけて楽しみたい。何気ない薪のセリフや、事件に関わる者から青木に投げつけられた容赦ない(けど真実を含んだ)言葉などを反芻して咀嚼して、小説を読むように奥深い魅力を味わいながら読んでいます……←ここまでは3巻を読んだ時点での感想でした。全巻読み終え、薪が青木との間に恋愛という言葉では表現しきれない程の深い情に辿りつけたことに深く感動します。彼が、幸せを幸せと感じないぐらい当たり前にそれが傍にある人生を生きられたら。物語に登場する事件は凄惨なものが多いですが、今の世の中で起きていることと同じで、愛されるはずだった命や生きられるはずだった命が、今この瞬間にも奪われていっていることを感じずにいられません。生涯の愛読書です。 続きを読む▼
  • (5.0) 一気読みは注意かも……
    smomonさん 投稿日:2015/8/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 清水先生大好きで、作者買いしてます。秘密は清水先生の作品の中で1、2位を争うくらい好きです。1巻の1999は導入部分みたいなもので、本編は2001から始まります。ちなみに年数は作品が掲載された年なので物語の年数ではありません。近未来、MRI捜査が唯一行われている科学警察研究所法医第九研究室、通称第九。主人公は第九の室長、薪と新人の青木です。MRI捜査とは死者の脳をMRIにかけて、記憶(映像)を調べていくというもの。基本凶悪事件の被害者の脳が調べられていくので、グロいのが苦手な方は注意してください。死者の脳を調べる捜査のため、第九は警察からも世間からもよく思われてません。その苦悩もしっかり描かれています。いじめや拉致など現実の社会問題が背景にされていて、巻を増すごとに内容が重く、深くなっていきます。キリがいいところで巻が終わるので、1巻1巻の長さが違います。読後は何か考えさせられたり、重たい感じが残りますので、一気読みよりは一息つきながらの方がオススメです。 続きを読む▼
  • (5.0) 男同士の友情以上恋愛未満の絆に萌える
    あぶさんさん 投稿日:2016/7/27
    近未来SF刑事モノなんですが、1番の見どころは、主人公青木と上司の薪のブロマンス的な友情だと思います。 近未来の警察では、人間の脳から映像を抽出することが捜査に用いられていて、事件の解決に多大なる貢献を与えている。…という話なんですが、だ いたい1巻につき1事件を解決していて、どれもこれも犯罪者には犯罪者の事情があり、かといって起こした犯罪の重大さを鑑みると(脳を見る部署の第九で扱うのは、凶悪かつ猟奇的犯罪のみ)同情できないため後味はすごく悪い。 でも、やっぱり少女漫画ですから青木×薪、青木×雪子、あと薪×鈴木とか薪×岡部とか萌えどころ満載で面白かったです。事件の解決方法がわりと雑とか、近未来の割に車も携帯も古くさいとか、多少のアラを補って余りある人間模様の面白さ。あと俯瞰の使い方やカメラワークの巧さでまるで映画を見るような立体的な絵。美麗かつ魅力的な人物。十分傑作と言えると思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 天才の所業。他に類を見ない天才の。
    aicka54さん 投稿日:2020/9/9
    清水玲子先生は昔から漫画界で郡を抜いた才能でしたけれども、輝夜姫が余りにも完璧すぎてこれ以上は創れまいとすら思っておりましたけれども。。 この方の『脳』はどうなっているのでしょう‥! おそらく小説の様に緻密なプロット、ネームの上に鳥 肌の立つほど美しい絵をのせて、完璧な構図と表情、人物描写はまるで映画の様な‥いや決して映画では創りきれない世界を創造しておられます。。 ここまでくるとこわい!と叫びたくなる程の才能であります。。 普通こんなに壮大な作品を描こうとすると、優れた漫画家でも『あー‥なんか映画っぽいレベルの話が描きたかったんだろうけど逆に薄さが際立ってしまうなぁ。。』とこっちがこっ恥ずかしいような、ことさめてしまったりするのですが、 一寸の隙も無い!薪さんのように‥! 読んでない方は是非とも読んで頂き、清水玲子様の信者となって頂きたいと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 壮大、どこまでも深い世界観。
    れいさん 投稿日:2016/8/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 はじめて清水先生の描く絵を見たのは中学生くらいだったと思いますが、線の細く独特な、優美な画力に惹き込まれた記憶があります。 男性をすごく中性的に美しく描きますよね。 手足とか、バレリーナみたいな感じ。 二巻の終わりだったかな? 犬から見た飼い主の画、泣きました。 視界のすべてが飼い主だけで、毎日毎日見ていて、愛に溢れていて。 つらいエピソードも多いのですが、ところどころに愛や優しさが散りばめられています。 薪さんと青木くんの深い絆も良いですね。 ストーリーは壮大かつ緻密に作られているので、 その世界にスッと入れるかは個人差があるような気がします。 身につまされるようなエピソードも多くあるので、 読めない方もいるかもしれません。 実写化とのこと。 どうなのでしょう、、、清水先生の優美な世界を作り上げられるものなのか、興味はあります。 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • 死者の脳が語る真実
    2008年にアニメ化され、文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した巨匠・清水玲子がお送りするサスペンス作品!舞台は西暦2060年の日本。「科学警察研究所 法医第九研究室」、通称「第九」で行われるMRI捜査では、死者の脳から記憶を映像として取り出すことができます。新人捜査官・青木一行は、憧れていた「第九」に配属されるが、最先端ともてはやされるMRI捜査とは、死者の脳から被害者と加害者の"秘密"を暴き出す、凄惨な仕事だったのでした…緻密に練られた設定と、重厚でシリアスなストーリーにグイグイ引き込まれます!著者の作品は、このほか「天使たちの進化論」「輝夜姫」「月の子 MOON CHILD」他多数。いずれも傑作ぞろいです!!
    編集:クリアブラック
▲ページTOPへ