マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガKADOKAWAHARTA COMIXダンジョン飯ダンジョン飯 8巻
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ダンジョン飯 8巻

作品内容

不注意でチェンジリングの中に入ってしまったライオス一行。
ライオスはドワーフに。マルシルはハーフフットに、そしてセンシはエルフに……。
種族が入れ替わり、慣れない体で迷宮の最奥を目指す彼らを、
ガーゴイル、バイコーン、そして強くなって帰ってきた歩き茸の軍勢が襲う!

一方地上では、エルフの国からやってきた迷宮制圧特殊部隊、通称“カナリア”が、その活動を開始。
ファリンのため、迷宮を攻略できるのか。
どうなる、ライオス!?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全14巻完結

  • ダンジョン飯 1巻

    620pt/682円(税込)

    九井諒子、初の長編連載。待望の電子化! ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!! 襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!
  • ダンジョン飯 2巻

    620pt/682円(税込)

    餓死の恐れと隣り合わせで、ダンジョンを進むライオス一行。地下3階で彼らを待っていたのは、ゾンビに幽霊、生ける絵画や、ゴーレムといった食べられないモンスターばかり。この未曾有の危機を、どう乗り越えるのか!? 知られざる魔物の生態と、食への活用法が、いま明かされる! 空腹と戦う、全てのダンジョン攻略者に捧ぐ。はらぺこダンジョンファンタジー第2巻!
  • ダンジョン飯 3巻

    620pt/682円(税込)

    地下4階は、強敵揃いの水のフィールド。人魚、ウンディーネ、大ガエル--水の下から急襲してくるモンスター達をライオス一行はどう倒す? どう食べる!? かつての仲間・ナマリも登場し、物語が大きく動く第3巻!
  • ダンジョン飯 4巻

    620pt/682円(税込)

    434pt/477円(税込)
    4/17まで

    ついに炎竜(レッドドラゴン)のいる地下5階に
    たどり着いたライオス一向。
    鉄をも弾く真っ赤な鱗と、骨まで灰にする炎を吐く強敵を相手に
    ライオスは、命をかけた作戦を決行する……!
    妹・ファリンは救えるのか? そして、竜の肉を喰うことはできるのか!?
    腹ペコダンジョンファンタジー、激闘の第4巻!
  • ダンジョン飯 5巻

    620pt/682円(税込)

    434pt/477円(税込)
    4/17まで

    炎竜(レッドドラゴン)を倒し、ついに妹のファリンを救出したライオス。
    ホッとしたのも束の間、彼らの前に、迷宮の主・狂乱の魔術師が現れる……!
    果たして、ライオス達は生きて迷宮を脱出できるのか!? 
    生きて帰るまでが冒険だ! 食事もストーリーも怒涛の第5巻!
  • ダンジョン飯 6巻

    620pt/682円(税込)

    434pt/477円(税込)
    4/17まで

    狂乱の魔術師を退けたライオス達の前に、
    かつての仲間・シュローが現れる。
    凄腕剣士の合流で、ファリンの救出も楽勝…!と思いきや!?
    一緒に食事をすれば仲直り?
    雪と氷の地下6階層で問われる、パーティーの絆。
    新たな仲間が加わる第6巻!
  • ダンジョン飯 7巻

    660pt/726円(税込)

    新しく仲間になった猫忍者のイヅツミ。俊敏さを武器に、魔物を撃破していく彼女の弱点…それは偏食! 野菜嫌い! キノコ嫌い! 魚嫌い! そんなことは許されないぞ。なんでも食べて迷宮の踏破を目指せ!描き下ろし漫画「モンスターよもやま話」も収録。ファンタジー巨編、待望の第7巻。
  • ダンジョン飯 8巻

    660pt/726円(税込)

    不注意でチェンジリングの中に入ってしまったライオス一行。
    ライオスはドワーフに。マルシルはハーフフットに、そしてセンシはエルフに……。
    種族が入れ替わり、慣れない体で迷宮の最奥を目指す彼らを、
    ガーゴイル、バイコーン、そして強くなって帰ってきた歩き茸の軍勢が襲う!

    一方地上では、エルフの国からやってきた迷宮制圧特殊部隊、通称“カナリア”が、その活動を開始。
    ファリンのため、迷宮を攻略できるのか。
    どうなる、ライオス!?
  • ダンジョン飯 9巻

    660pt/726円(税込)

    ”王となれライオス”
    迷宮の深層部で重傷を負ったライオスの前に
    ついに伝説の翼獅子が現れ告げる。
    狂乱の魔術師を倒し、黄金城の新たな主になる運命をーー!

    一方、カブルーとカナリア隊隊長・ミスルンは、
    迷宮の底で、魔物を食べながらのサバイバル生活を送っていた。
    ミスルンが語る、迷宮の本当の姿とは?
    そして、彼の壮絶な過去とは……!?

    運命が交錯する、第9巻。
    描き下ろし漫画[モンスターよもやま話]も、もちろん収録。
  • ダンジョン飯 10巻

    700pt/770円(税込)

    食べた魔物は数知れず。ついに迷宮の最下層、
    狂乱の魔術師・シスルの棲家にたどり着いたライオス一行。
    彼らを待ち構えていたのは、迷宮最強のーーウサギ!?

    ファリンを救うため、迷宮の主となることを決意したライオスは
    パーティーの全滅を回避し、シスルを倒すことができるのか。

    死闘に次ぐ死闘! 200ページを超える大増量でお送りする第10巻。
    毎巻恒例、描き下ろし漫画[モンスターよもやま話]も、もちろん収録。
    お楽しみに!!

レビュー

ダンジョン飯のレビュー

平均評価:4.6 352件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 画力が素晴らしすぎる
    ももちゃんさん 投稿日:2024/4/15
    アニメ1話みてこんな面白いんだ!と気付いたら全巻買っていました。 友人がずっと面白いと言っていたので大人しく早く買っていれば…!と若干後悔しましたが後半の怒涛の展開を待てなかったと思うので完結のタイミングに出会えて良かったです。 タ イトルにも書きましたが本作はなによりも画力の高さが素晴らしすぎます。キャラクターの表情の表現が好きで各コマを拡大してじっくり読みました。紙だと目を近づけるしかないですが、電子だと拡大できるので電子で買って良かったかなーと思います。 読む前はただご飯を食べる話だと思っていましたがもちろんそんなことは無く、各キャラそれぞれにストーリーがありもう今ではみんな大好きです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 三銃士だと思ったら巌窟王だった!
    Ggygaxさん 投稿日:2021/2/17
    あ、分かりづらいタイトルですみません。要するにこの素晴らしい作品は、メタ一杯のドタバタギャグと思わせて、実は複数の伏線を這わせたストーリー&人間模様(ややドロドロ気味)を展開すると言う、実に上手い手法で沢山のファンを作り出している漫画です。 作者九井さんの知識の泉は物凄く多岐に渡って深く(コレは別作品を拝読すると判明)、でもその知識の小箱をこれ見よがしに誇示するような青臭い展開ではなく、読者が物語に引き込まれるスパイスとしてさりげなく使う、その心地よい手管には脱帽ものです。もちろん九井さんも連載初期は、こやつめハハハ、と笑える作品を考えていたんでしょうが、ドラゴンステーキの辺りから良い意味で物語が暴走し始め、自らの作品で遊び始めてアレもコレもと貪欲に盛り込んで来てるんだと思います(流石中原の英雄)。特にチェンジリングネタ辺りからもうブレーキ効かない、暴走特急状態で大変素晴らしいと感嘆します。暴走を許す(寧ろ焚き付けてる?)編集サイドも正しく名コックですね。2021年2月の時点でまだまだ先は長そうですが、これだけ暴走しているのに、最終局面へキチンとストーリーが進んでいるのが分かるのは、これまた素晴らしい。長期連載を強いられ、蛇足をつけられまくってキメラ(笑)へ変化してしまった漫画(正しくダンジョン)が多い中で、この「ダンジョン飯」はそうはならんやろと、ライオスほんま頼むでと予言しつつ、次巻をお待ちしております。 もっとみる▼
  • (5.0) 「食」をコミカルにそして大真面目に
    ミツバチさん 投稿日:2023/12/19
    初連載作、14巻で見事な完結、感無量です。 魔物を食べるダンジョンファンタジー、と言うとゲテモノ感が漂いますが、ものすごく本格派のファンタジー。著者の想像力はただ空に架かるふわふわしたものではなく、ひとつの閃きの細い糸を辿って根にまで行き 着く素晴らしい力で、主人公であるライオスの観察眼にそのまま反映されています。 魔物の生態、ダンジョンの仕組み、本当によく考えられています。コンピューターRPGをプレイしていた時の素朴な疑問が、作者による解釈で明らかに!っていう部分があって、とても楽しかったです。マンドラゴラとか、動く鎧とか、勝手に直ってる壁とかの解釈がとても好きです。 序盤はかなりコミカルで軽い感じだったので、この作品で読者の反応とかをみてから別作品で本格的に行くのかな……と思っていたら、4巻あたりから本領発揮でシリアス分量が増えてそのまま走り切りましたね。 キャラクターもそれぞれに良かったですが、何と言ってもマルシルが可愛い!ちょっと間が抜けてて一所懸命、乙女な趣味、抱えた寂しさ……最高。 魔物食からスタートして、人の欲望、生と死の深さまで進んで行くこの物語というダンジョン、ぜひ多くの人に訪れていただきたい。 ああダンジョン飯。 もっとみる▼
  • (5.0) アニメにどハマり
    maririnさん 投稿日:2024/3/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 アニメから我慢出来ず続きを拝読。 4巻読了。これまでは伏線を散りばめていたと予測。ようやく回収に向かうのかと思いきや、恐らくまだそんな簡単なものじゃないのだろう。続きが楽しみです。 ファリンが蘇生されて、空腹からお腹の音がした時に、生きるって食べること、食べるとは生きることを一瞬で深く感じたように思う。当たり前のことだが生きている証なんだと。 4巻のよもやま話で、チルチャックがファリンをフォークの柄でつつく一コマがとてもエロく見えてしまったことをここで吐き出させてください。キャラの距離感がとても近く、ライオスとファリンの兄妹を超えた空気感は何なんだろ。でもファリンが求婚されていたのを知った時のライオスの反応は、嫉妬では無かった。 躍動感がそこまで溢れる感じは無いのに、竜との戦闘シーンはすっかり引き込まれてしまった。 4巻だけで感想が溢れてくる。この作品の魅力たるやダンジョンのように深いのかもしれない。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ダンジョンでグルメ
編集:鋼女(シーモアスタッフ)
冒険者のライオス一行はダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、仲間を食べられてしまい、金と食料を失ってしまい1度ダンジョンを脱出し態勢を整えることにします。ダンジョンを脱出したものの、ライオスは呆れられ、仲間を数人失ってしまい、どうすることもできずにおり、装備を売ってお金を作り食糧を確保しようとするも、それでは危険なのでダンジョンでモンスターを捕え、食べることにします。スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴンなどの襲い掛かってくるモンスターをたべながらダンジョンを踏破していきます。「ひきだしにテラリウム 」などの著者の他作品もおすすめです。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「ダンジョン飯」

【声の出演】

ライオス:熊谷健太郎 / マルシル:千本木彩花 / チルチャック:泊明日菜 / センシ:中博史

【あらすじ】

「待ってろドラゴン、ステーキにしてやる!」ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう。そこでライオスは決意する。「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ!冒険者よ!

【制作会社】

TRIGGER

【スタッフ情報】

原作:九井諒子(「ダンジョン飯」/KADOKAWA 刊)

監督:宮島善博

シリーズ構成:うえのきみこ / キャラクターデザイン:竹田直樹 / 音楽:光田康典

【関連リンク】

公式サイト「ダンジョン飯」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ