マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック新書館ディアプラス・コミックスシェリプラスギヴンギヴン(1)
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
ギヴン(1)
9巻完結

ギヴン(1)

650pt/715円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。上ノ山は、壊れたギターを抱えた真冬と出会う。ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さって――。
キヅナツキが描く、裸のオルタナティヴ・ラブ!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全9巻完結

  • ギヴン(1)

    650pt/715円(税込)

    好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。上ノ山は、壊れたギターを抱えた真冬と出会う。ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さって――。
    キヅナツキが描く、裸のオルタナティヴ・ラブ!
  • ギヴン(2)

    650pt/715円(税込)

    初めてのライブに向けて、走り出したバンド。
    作詞を試みるも、言葉が見つけられず歌詞を書けないままの真冬。
    真冬の過去を知り、自分の気持ちに戸惑う上ノ山。
    揺れるバンドが臨む、過去を暴く怒涛のライブ篇!
  • ギヴン(3)

    650pt/715円(税込)

    高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声を偶然聴き衝撃を受ける。上ノ山は梶 秋彦や中山春樹と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させ、ライブ出演を目指して曲作りを始めたが、真冬が担当する歌詞がなかなか出来上がらなかった。だが、ライブ当日、真冬はふっきれたように想いを曲にのせて歌い、ライブは成功を収める。同時に、上ノ山は真冬への想いを自覚し、舞台袖で真冬にキスするが……。
  • ギヴン(4)

    680pt/748円(税込)

    フェス出場を目指して、審査と新曲作りに明け暮れる中、春樹(はるき)は若い真冬(まふゆ)や上ノ山(うえのやま)の才能に圧倒される。息苦しさを感じた春樹は、メンバーに隠れ元カノのバンドのサポートを受けてしまう。だが、春樹が密かに想いを寄せる秋彦(あきひこ)がそれに気づき……。春樹と秋彦の恋が、生々しく軋む。澱のようなオルタナティヴ・ラブ!
  • ギヴン(5)

    720pt/792円(税込)

    フェス出場をかけた二日間のライブ予選がはじまった。秋彦と春樹と雨月の軋んだ恋と、フェス予選。すべてが真冬の歌に引き寄せられる――!! 大人三人の恋の行方が描かれる、話題のオルタナティヴ・ラブ最新巻!
  • ギヴン(6)【電子限定おまけ付き】

    690pt/759円(税込)

    フェス出場は逃したものの、バンド「ギヴン」にプロへの誘いがかかる。真冬とバンドをやり続けることに迷いのない立夏は、当然のように真冬を誘うが、真冬は返事を保留。納得のいかない立夏に、真冬の幼馴染み・柊がギターのサポートを依頼してきた。しかし、頼まれたのはサポートだけではなく……!? 新展開でおくる、大注目のオルタナティヴ・ラブ!
  • ギヴン(7)【電子限定おまけ付き】

    690pt/759円(税込)

    柊の「好き」は綺麗だな。俺のはもう、灼け焦げてるけど。 プロへの誘いを保留し、立夏や柊に頑なな態度をみせる真冬。そんな姿を目の当たりにし、彼を傷つけたと焦る柊に、「お前も、由紀のことが好きだっただろう?」と玄純が切り込む。違う。俺が好きなのは! 勢いで告白した柊を待っていたのは――。柊と玄純の恋が夜を超える、瞬き禁止のオルタナティヴ・ラブ、第7巻!
  • ギヴン(8)【電子限定おまけ付き】

    740pt/814円(税込)

    メジャーデビューを決めた柊のバンド『syh』のサポートにつく立夏。ギヴンへのプロの誘いを保留にした真冬は、どうやって歌っていたかすら曖昧になってしまう。立夏から、柊のバンドのライブに誘われるが、差し出されたチケットを受け取ることもできず――。 惑う真冬と、揺るがない立夏。超人気オルタナティヴ・ラブ、第8巻!!
  • ギヴン(9)【電子限定おまけ付き】【シーモア限定特典付き】

    780pt/858円(税込)

    立夏からと柊からそれぞれ渡された2枚のチケットを握り、柊たちのバンド「syh」のライブ会場がある渋谷に降り立った真冬。立ち止まる真冬に声をかけたのは、東京にいるはずのない雨月だった。とある冬に始まった、真冬と彼を取り巻くひとたちの音楽と恋とのすべてがつめこまれた「ギヴン」いよいよ完結!!

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典の描き下ろし漫画が収録されています

レビュー

ギヴンのレビュー

平均評価:4.6 1,474件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 完結…
    かずさんさん 投稿日:2024/6/20
    新刊出てすぐ読んで。半年以上経って『完結』に気づいた… どうみてもコレから面白くなるだろーって続きを待ってたorz 描いて欲しかったとこ全部ハショちゃ…。 アニメから入った身としては音有きで脳内に音流しイメージしコミックを読んでたんだけ ど音楽系作品は音ナシで入るのは魅力が半減しちゃうのがネックな中よくできた作品だけど本音を言えばもう少し続いて欲しかったなぁ+軽いエロも欲しかったぁあ BLって解釈が深いわぁ もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 星が足りない!!
    アオさん 投稿日:2019/4/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 いやぁ〜。凄い! BL作品で複数巻にわたっているものは、相当、上手な作者のものでないと、途中で飽きたり間延びしたりうんざりすることが多い印象だったのですが、これは一気読みでした。 上手い!!ストーリーも作画表現も、凄いと思いました。 勿論好みもあるでしょうし、私の美術的知識は乏しいものだと思うのですが、「ああ、こういう風に表現できてしまうんだなぁ〜」と感服しました。 画力だけじゃなく、構成力というか、よく、このシーンを思いついたなぁ〜と読みながら何度か思いました。漫画を描いたことがない人間なので、余計ですが、漫画を描かれていらっしゃる方々は、頭の中にこんな風に絵が浮かぶものなのだろうか……と。 BLという枠を超えて、漫画として凄いなと思いました。 アニメ化ということでキャンペーンが実施され、目について購入しましたが、「アニメ見てみようかな」と思いつつ読んだ結果、「これ、漫画が良すぎて、アニメで好みじゃない楽曲や歌を当てられたらイメージ壊れて嫌かもしれない」と思ってしまう程でした。無音なのに音を感じさせるシーンが本当に好きでした。 また、恋人の死など、暗い要素もありつつ、そこに固執するのではなく、あっさりというか、昇華することに焦点が置かれているというか……。暗くなり過ぎず、登場人物たちがワイワイと可愛く楽しく悩ましく頑張っている姿がとても魅力的でした。年上組みのエピソードも素敵で、頼りになると思っていた人物が「え!?」と思うくらいちょっとダメ男だったり、でもそれを脱却すべく奮闘しようとしたり。死という形で恋人を失いどうにもできない辛さと、別れるべきと思いつつも、相手が生きて存在しているからこそ断ち切れず苦しむ辛さとが、上手に描かれていたように思います。それでいて、全体的に優しい空気が流れているのが本当に魅力的だと思いました。引き続き、続巻を楽しみに待ちながら応援したいと思います!!追記→八巻まで読了。ダレて来た的感想を散見し躊躇ったけど読んだら面白かった。タイトル通りギヴンというバンドの誕生と進化の物語で、だから立夏と真冬だけが主役ではないのだろうと。恋愛重視で立夏たちが好きな人には焦ったいよね。個人的に柊たちも好きだし、ユキの事を幼馴染全員で受け止めて行く必要がまだあるのだろうと思うので、真冬の為にも応援してます。やっぱり、凄く好きな作品です! 続きを読む▼
  • (5.0) 柊-mix映画化、番外編10年後
    smiccoさん 投稿日:2024/2/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 アニメから原作に辿り着きました。「いいね」の多いレビューほど低評価で、その理由にも納得します! 良く言えば余白が多く、画力で伝える作品です。逆を言えば、分かりにくい。特に、由紀が◯殺した理由がはっきり描かれてない。(登場人物の設定が4コマで描かれるくらいだから、理由や人物像はあるはず) そして、主人公カップルのイチャイチャが少ないから、立夏を推す読者としてはウジウジする真冬にイラつくのも分かる。もともと真冬は音楽以外での自己表現や意思表示が苦手だから仕方ないんだが。個人的に、立夏が懐のデカいピュアボーイで好感が持てるから、分かりやすく幸せになって欲しい! 由紀=真冬にとって唯一無二の存在、2人で完結している、お互いのために存在している…なんて聞いて気にならない訳がない。でも「由紀のことは分からない」と言いつつ、由紀が真冬に作りたかった曲を完成させて贈るとか…イイ男すぎる。(絵の修復に例えた話がグッと来た)それを立夏に持ちかけた柊もなかなか酷な提案をしたもんだ!いっそシズちゃんくらい「柊の隣にいるため(音楽をやる)」って断言する方が清々しい。キュンとくる。 タイトル「ギヴンgiven」は元カレのギターを貰ったから?立夏(由紀)から曲を贈られたから?音楽の才能を与えられたから?……恐らくいろんな意味合いが込められていそうだ。そして、真冬や立夏の思いが向かう先は、結局のところ相手への愛情なのか、音楽への愛なのか?真冬はプロポーズっぽいことを言っているけど、「音楽に残る」とか「音楽の中に君がいる」みたいなことを言われたら、いつか離れても音楽があるから大丈夫!みたいに聞こえて不安になる。 とは言え、自分が★5つの評価をしたのは、なんだかんだ言っても作品の余韻に浸り、考察したいと思う熱量が持てたから。全てが分かりやすく描かれていたのなら、もしかしたら読み返したい作品にはならなかったかもしれない。 ただ、この声が作者様に届くなら、立夏が真冬を想う気持ちは丁寧に言語化してほしい!!音楽(シーン)で伝える抽象的な表現は分からない。ただ、アニメ主題歌挿入歌は原作の世界観を補完していると思うし、柊mixの映画化や番外編で10年後が描かれる連載が始まり…読み解けなかった部分、消化不良な部分が分かるのかなという点では期待しています。 続きを読む▼
  • (5.0) 今を生きている、真冬と立夏のこれから
    anさん 投稿日:2023/9/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 アニメから続きが気になり、漫画も読み終えました。 とにかく真冬くんの心情が切なくて、アニメから漫画まで涙が止まらなかった。 身近な人間(好きな人なら尚更)を亡くすって、気持ちの整理はそんなに簡単じゃない、そんなに単純なものじゃない。 真冬は一生ユキを忘れられない、それは仕方がない。 それでも前を向いて歩いていくんだって、心に区切りをつけられたのが最初のライブのシーンだと思う。 新しい好きな人の隣で、やっと過去と向き合えた。 これまで流せなかった涙を流すことができた。 真冬は今の自分のことを、「君にもう一度話せたら」と、ユキに伝えようとしていた。 新しく大切なものができたことを、心の中ではっきりユキに伝えられていた。 亡くなった人と、現実に隣にいてくれる人は、天秤にかけられる次元のものじゃ無い。 どちらが好きとか、もうそういうことではないんだと思う。 真冬の中では比べる対象ではなくなってる。 人の心は複雑で、そんな単純じゃなくて、漫画のラストの「穴」はその一部分を描写されているものかなと思う。 真冬自身の気持ちではなくて、自分のことを忘れないでほしいっていうユキの願望だったのかなとも思う。 立夏は、真冬の中で未完成だった亡くなった元カレを、歌の中に乗せてちゃんと返してあげられた。 真冬の中で、ここでもちゃんと、一つの区切りになれたんだと思う。 同時に、自分が好きな人に、元彼が残したものを完成させて届けてあげるって、ものすごく辛い作業だったはずなのに、それでも最後まで完成させて真冬に届けてあげられたのは、立夏にとっても大きな成長に繋がった。 夏休みの喧嘩で言った「ちゃんと確かめないとダメになるから」や、海の帰りの電車のシーン。真冬は今の幸せをちゃんと大切に感じていて、大事に守ろうとしてる。 真冬も立夏も、ちゃんと今を生きてる。 今隣で同じ時間を刻んで進んでいける真冬と立夏ふたりで、これからもっともっと幸せになってほしい。 BLはこれまで避けてきたジャンルだったけど、たまたま動画が流れてきて興味を持ち、アニメから見させていただきました。 見て良かった、私の中で一生心に残る作品になりました。 続きを読む▼
  • (5.0) 胸がギュッとなる…原作+アニメ=最高ー!
    ましろさん 投稿日:2024/2/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 アニメで一気にどハマりし、1週間で漫画読破&アニメ全話鑑賞&劇場にも足を運びました。 漫画だけでは掴みにくかった真冬のキャラクターが、声がついたことで感情が読み取りやすくなり、歌のシーンは原作を読むときも脳内で音楽が流れ、思わず泣きました。 キヅナツキ先生の画力がすごいんかな。静止画なのに、キャラクターが息して、歌って、叫んでる。最後のライブシーンも圧巻で、今後映像でどんな風になるのか今から楽しみです。 実は長く購入を迷ってました。身近でくっつきすぎ!というレビューが気になっていて…でも読んで考えを改めました。そういう世界が好きで読んでるんだから、たくさんくっついたら喜びが増えていいじゃない!というかキャラクター全員好きだから全員ハッピーになってほしい!と思いました。 なんならメインカプが一番進みにくいので、他のカプがしっかりBLしてくれてる感あります。春樹回が好き…胸が苦しいけど。 最後の終わり方、そこだけ抜き出したら「えっ」てなるかもですが、真冬の気持ちが夏に追いついて、前に進めたってことだと思いました。あの日と同じルートを辿って、敢えて同じセリフで。記憶を上書きするわけでもなく、どちらの方がより好きとかでもなく、ただ音楽を通じて過去と未来と共に生きるっていう前向きな姿勢。 由紀に関しては、由紀目線の話が無いので常に想像の世界。真冬からも説明はなく、柊が居なかったら読者にも本当に謎の存在。この世界には居ないのに、ずっと真冬を独占してる…きっとこれからも。それと同じくらい、真冬の背中を押し続けているから不思議で。勝手な解釈ですが、真冬が寂しくないように、由紀のギターを通じて真冬と立夏を出会わせてあげたのかな…とか。そうあって欲しい私の妄想でした。。 ラストは、これは彼らが大人になるまでの話だと思っているので「この道に進んで、彼らはこうなりました。ハッピーエンド!」よりも、この余韻を残す終わり方で良かったです。とか言って10年後のお話もめちゃくちゃ楽しみにしてます笑。 書き下ろし4コマも含めて、全巻通して全部大好きです。出会えて良かった。きっと何度も読み返します。 続きを読む▼
  • (5.0) とてもよかったです!
    あかささん 投稿日:2024/3/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 アニメから入ってきました!とはいってもアニメは結構前に見ていて最近映画化されて盛り上がっていたのでその波に乗って漫画全巻購入に至りました。おもしろすぎて止まることなく最後まで一気に読み切りました。 アニメはストーリーの流れや展開、雰囲気や会話などところどころに気持ち悪い違和感を少し感じ腑に落ちなくてあまりのめり込めなかったのですが、漫画はそれを全て掻き消してくれました! 話の中で重要な個人の感情が漫画の方が解釈しやすくて、話の展開に納得ができました。 口コミではずっと暗いとかイチャイチャが少ないとか、わかりにくいなどの理由で低評価をされてる方がいてモヤモヤしました。 男の子同士がイチャラブしてるとこを見て萌えたい、シンプルで綺麗でわかりやすいストーリーが好き、みたいな方はこの作品は向いてないかもしれません。 愛とか恋とか人間ってそんな綺麗じゃないし不安定だし複雑だよねって思えて、かつそれを面白いと思える人じゃないとこの作品の良さには気づけないと思います。 わかりにくいという方はまだまだ理解力、想像力が足りませんね。私も一回ざっと読んだだけでこの物語の全て読み解けてる気には全くなれませんし、自分なりの絶対的解釈もありません。なので読み返し甲斐がありますよね。 簡単に言語化したり直接的な表現をしてないところが魅力的です。人間に湧く感情ってそんなシンプルじゃないですもんね。 不穏なストーリーが好きな私としてはそんなにずっと暗いストーリーだったとは思いませんが、9巻まで読んで10回くらいは泣いたし読み終わった後も幸せ100%って気持ちにもなりませんでした。 でも傷ついて苦しんでそれでも前に進むため不安だけどいて強く前に進む姿に感動するし、元気をもらえます。 結末は賛否分かれるそうですが、私としては最高のこれ以上にない終わり方でした。 立夏推し、夏冬カップル推しの方が不評をしているようですね。 1話を見れば、ギブンという物語の軸を理解すれば、これ以外の結末はありえないと思います。 全巻一気買いは少し躊躇ったのですが、後悔なしです! とても素晴らしい作品です! 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

もがきながら前へ前へ
分析:海人(シーモアスタッフ)
アニメ化映画化と人気が止まらない「ギヴン」。キヅナツキ先生が描く繊細な心理描写が物語の中へ中へと誘います。時に痛々しくもがきながら前へ前へと進む立夏・真冬・春樹・秋彦。1人1人のバックボーンを知る毎に手汗を握り、ゆっくり進む恋愛模様に萌え転がり必至!切なキュンと甘酸っぱさが眩しい作品です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
映画化

「映画 ギヴン 柊 mix 前編」

【出演】

佐藤真冬:矢野奨吾 / 上ノ山立夏:内田雄馬 / 中山春樹:中澤まさとも / 梶秋彦:江口拓也 / 鹿島柊:今井文也 / 八木玄純:坂泰斗

【あらすじ】

「これは淋しかったこどもたちが大人になる途中の話」高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンド「ギヴン」にボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、立夏は真冬への想いを自覚し、ふたりは付き合い始める。その後も活動を続ける「ギヴン」はフェス出場をかけたコンテストに出場し、惜しくもライブ審査に落ちたものの、ますます注目を集めていた。その頃「ギヴン」が落ちたコンテストに受かった真冬の幼馴染み・鹿島 柊と八木玄純のバンド「syh〈シー〉」はデビューが決まっていた。柊は、「syh」に不在のギターの一時的なサポートとして立夏に白羽の矢を立てる。さらに柊は、立夏に「お前とやってみたいことがあるんだ」ともちかけ……。

【制作会社】

Lerche

【スタッフ情報】

原作:キヅナツキ(「シェリプラス」新書館刊)

監督:橋本能理子

脚本:綾奈ゆにこ / キャラクターデザイン:大沢美奈 / 総作画監督:山形孝二、二宮那奈子、永田陽菜、大沢美奈 / 美術設定:伊良波理沙、須江信人、斉婉廷 / 美術監督:劉洋、関口静夏 / 色彩設計:加口大朗 / 撮影監督:中川せな / CG監督:水野朋也 / 編集:伊藤利恵 / 音響監督:菊田浩巳 / 音楽:未知瑠

【公開日】

2024年1月27日

【関連リンク】

公式サイト「映画 ギヴン 柊 mix 前編」

アニメ化

「ギヴン うらがわの存在」

【声の出演】

佐藤真冬:矢野奨吾 / 上ノ山立夏:内田雄馬 / 中山春樹:中澤まさとも / 梶秋彦:江口拓也

【あらすじ】

高校生の上ノ山立夏は、佐藤真冬の歌声に衝撃を受け、中山春樹、梶秋彦と組んでいるバンドにボーカルとして真冬を加入させる。真冬加入後初のライブを成功させ、バンド「ギヴン」の活動が始動する中、立夏は真冬への想いを自覚し、2人は付き合い始める。夏休みに入り、フェス出場権をかけた次のライブに向け練習を重ねるメンバーたち。しかし、真冬は新曲作りに行き詰まっていた。そんな真冬を歯痒くも見守る立夏だったが、些細なきっかけで2人は衝突してしまい……。

【制作会社】

Lerche

【スタッフ情報】

原作:キヅナツキ「ギヴン」(「シェリプラス」新書館刊)

監督:大橋明代

脚本:綾奈ゆにこ

【関連リンク】

公式サイト「ギヴン うらがわの存在」

ドラマ化

「ギヴン」

【出演】

出演:鈴木仁 さなり 井之脇海 栁俊太郎

【公開日】

2021年7月17日

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ