漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む

緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】

通常価格:
1,300pt/1,430円(税込)
(4.8) 投稿数131件
緑土なす(3巻配信中)

作品内容

山奥で野人のように暮らしていた“足弱”は、初めて上京した都で、今世王レシェイヌの庶子の“兄上さま”だと発見され、宮殿に保護される。国土に緑をもたらす奇跡の力を持つ王族は、血族しか愛せない宿命。しかし流行病により、今や生き残っているのは今世王ただひとりだった。孤独のために死にかけていた今世王は足弱に夢中ですがりつき、愛を捧げる。王族命の家臣一族「灰色狼」もまた、足弱に尽くそうとする。自分が王族だとは思えない足弱は耐えられず、ついに宮殿をあとにしようとするが……。電子限定の書き下ろしショート付き!

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

レビュー

緑土なすのレビュー

平均評価:4.8 131件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) はまりました
    YU〜さん 投稿日:2020/1/20
    セールで1巻が、次々購入ですよ!王族に仕える一族、主従関係に頷きながらはまりました。子供編とか読みたいです。

高評価レビュー

  • (5.0) アラフォーおじさんに初めて萌えた
    cocoさん 投稿日:2020/1/19
    無垢なアラフォーに萌えるとは(笑)物語が大きく動くのは2巻から。1巻は足弱が弟に押し倒され情熱的に愛されるという展開が続きますが2巻からぐっと面白くなります!2冊あわせてのボリュームだから1巻はこれで良かったと言えます。足弱が「もういいじゃ ないか」とレシェに会いたがるシーンは泣ける。老人にとって足弱はどんな存在だったのか。名前といえない呼び名で呼び体を打ちながら山で生きる術を教える。自分のアイデンティティーに惑いながら一生懸命な足弱がけなげ。レシェの愛や灰色狼の献身が微笑ましかったりコミカルで笑えたり。「最後の王族」という悲哀と緑土なす奇跡の力を背景に読みごたえある中華風ファンタジーでした。 もっとみる▼
  • (5.0) 壮大なファンタジー!
    tomさん 投稿日:2020/1/16
    読み始めてすぐに絶対に面白いことを確信しましたが、読み進めてみるとワクワクが止まらない!世界観が確立しているので安心して読める。攻めの愛が深い。BLでこのお話を書いてくれてありがとうございました!続編を楽しみに待ってます。
  • (5.0) 面白かった…
    ルカさん 投稿日:2020/1/14
    キャンペーンで目にして試し読みしたところ、読みやすい文章だったので購読。気がつけば徹夜して3巻読み切ってしまいました。なんだこれ面白いー! 世界設定もキャラ設定もしっかりしていて夢中で読みふけってしまいました。続き出ないのかな? 長身おじさ ん受けもっと読みたい! もっとみる▼
  • (5.0) 夢中になって読んでしまいました。
    とんさん 投稿日:2020/1/8
    物語の世界観も好みだったし、話も面白くて 何度も読み返しています。 兄弟間で濃いな~と思いますが、 それが普通の世界ならいいのでしょう。 もう、続きはでないかな?
  • (5.0) やっと、
    関根栄子さん 投稿日:2020/1/5
    新刊読めました! 今回は結構アッサリとした感じ、、 でも面白かったです(*´∇`)
▲ページTOPへ