漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

ライトノベル
緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】
この巻を買う/読む

緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】

通常価格:
1,300pt/1,300円(税抜)
(4.9) 投稿数62件
緑土なす(2巻配信中)
作品内容

山奥で野人のように暮らしていた“足弱”は、初めて上京した都で、今世王レシェイヌの庶子の“兄上さま”だと発見され、宮殿に保護される。国土に緑をもたらす奇跡の力を持つ王族は、血族しか愛せない宿命。しかし流行病により、今や生き残っているのは今世王ただひとりだった。孤独のために死にかけていた今世王は足弱に夢中ですがりつき、愛を捧げる。王族命の家臣一族「灰色狼」もまた、足弱に尽くそうとする。自分が王族だとは思えない足弱は耐えられず、ついに宮殿をあとにしようとするが……。電子限定の書き下ろしショート付き!

作品ラインナップ  2巻まで配信中!
レビュー
緑土なすのレビュー

平均評価:4.9 62件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 後半動きが
    Kenken1690さん 投稿日:2018/5/4
    上巻はあまり山などない感じでこの話どーなっちゃうの.って思ったけど 下巻に来てようやく山がきました。泣ける というのもこの辺かと納得できます。私的には狼達の忠誠心がツボでした。親父受けが苦手なので始めは抵抗もありましたがだんだん慣れてきまし た。ウブなアシさんにキュンとくる王様が面白かった。早く続きが読みたいです。発売が待ち遠しい。 もっとみる▼
  • (2.0) 高評価ばかりでびっくりだよ
    もちさん 投稿日:2018/5/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 どうしても、レビューを書く方は作品が好きな人が多いと思います。けど高評価なので買ってみようとすると、私みたいにがっかりする人もいると思います。なので、できるだけ試し読みをしてから購入することをお薦めします。買ってから後悔してもお金は戻ってきません(>_<) わたしの一番もやもやしたところは、攻めの今世王が受けに惹かれた理由は「血族だから」というところ。後で受けの人格にも惹かれていく描写はありますが、今さら言われても愛する理由としては弱く、後付け感満載。 あと、王族は愛する相手には一途な一族だとありますが、(゜Д゜≡゜Д゜)どこが? 攻の今世王は父姉の間に生まれたということは、父には別に血族の正妻がいたはずだと思うんですよね。正妻を思うとつらい。どこが一途なんでしょうか。ひどい裏切りです。 受けには、血族が現れてもあなただけにしか好意は持たないみたいなこと言ってたのに、攻めは少年時代に別の血族に惹かれてたって書いてたし、複数体の関係もあったってあるし、どこが一途なのかなって。受けとの間にこどもが出来たら容易にそっちにいきそう。 受けが流されてるだけのように思えるし、一巻なんか攻めは受けを血族だからすき!どこへも行かせない、即体の関係ですが、受けの教え込まれた血族を拒否してしまう気持ちおいてけぼりですよ。 心のPTAがざわざわします。 よくも悪くもWeb小説だなと思ってしまいました。 高評価ばかりでなくこんな感想をもつ人もいるってことで… イラストはとてもきれいで素敵でした。 続きを読む▼
  • (5.0) レビューデビューしちゃいます
    とらじろうさん 投稿日:2018/5/3
    思わずレビューするほどよかったです。前々から気になっていたものの、高いお値段なので好みじゃなかったらもったいないなぁと思ってなかなか手がでなかったのですが、某サイトさんで無料で読めることを知って(検索するとすぐヒットしますよ!)読み始めたら 、じわじわと独特の世界観にはまりこみ、また、弟君のぶれない溺愛がステキでさくさく読みたい!と思って購入しました。購入を悩んでらっしゃる方は某サイトさんで試し読みしてから判断されたらよいと思います。2巻目の短編「祝詞にて若葉に命ずる」が好きなお話で、この女の子と兄弟のふれあいのお話が読みたいなぁと思いました。灰色狼一族の脇役も魅力的で、読み終わってしまうのが残念に感じたほど。内容のあるBLを求めておられる方には満足な作品だと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) ずっと読んでいたい感じ。
    zzz.bookさん 投稿日:2018/5/1
    いろんな人達の視点で気持ちや行動が細やかに綴られていて、日常や騒動、事変などファンタジー世界に誘い込まれます。行間を読まないでよい感じが新鮮でした。ストーリーの本流自体もおもしろくて、尋常ではない愛慕が胸を打ちました。
  • (5.0) ☆を減らす気になれない!
    プープーさん 投稿日:2018/4/21
    語りは情景描写が多く、淡々と進んでいきます。それでも飽きることなく物語が展開していき、この長い小説を一気に読んでしまいました。BLの枠を超えた価値ある作品だと思います。他の方も書いておられますが、ちょっとH多すぎです…。それと兄上は絶対に中 年のオジサンでないといけなかったんでしょうかね?私はどうしてもHが頭に入って来ません〜!(笑)なのに多すぎ〜!(笑)それを鑑みても☆を減らす気にはなれない素晴らしい作品、お薦めです。 もっとみる▼
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ