マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
血の轍 14

血の轍 14

700pt/770円(税込)

70pt還元 (最大1,000pt)
12/8まで ポイント獲得12/9

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

死へ向かう僕を止めたのはママだった!?

「もうこのまま…一生会わないでいいんかい?」
それは生前、父からの最期の問いだった。
逝去した父の遺骨を埋めるため久しぶりに故郷を訪れた静一。
「これで、もうこの世に何も思い残すことはない…」
そんな時、偶然にも目の前に吹石さんが現れる。

蘇る記憶と感情ーー
一瞬、時が止まり、空気は張り詰める。
静一は、己の人生を、”無事”に終わらせることができるのか!?

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  14巻まで配信中!

  • 血の轍 11

    650pt/715円(税込)

    65pt還元 (最大1,000pt)
    12/8まで ポイント獲得12/9

    ママ。もう僕は、迷わない。

    「あの山に行ご」ーー
    真夜中に突然現れたしげるは、そう言いながら静一を誘(ルビ:いざな)った。
    静一が連れて行かれたのは、かつて静一が幼い頃にママから突き落とされた
    町の高台だった。

    「ママがよんでるよ」

    しげるが放つ言葉が、静一の深淵に潜んでいたママを呼び起こす。
    ママに対する激情を吐露する静一。
    しかし、静一は再びママに取り込まれてゆく…
    そして導き出したひとつの”答え”が、静一を衝撃の行動に!?
  • 血の轍 12

    650pt/715円(税込)

    65pt還元 (最大1,000pt)
    12/8まで ポイント獲得12/9

    少年審判、開廷…裁きの行方は!?

    高台で向き合った従兄弟の”しげる”は、
    かつてママに高台から突き落とされた”自分”だったーー
    僕が消えることが正しいこと…そう思った瞬間、静一は”自分”を葬るため
    しげるを突き落とし、殺めた。
    それは、己の中のママとの決別の儀式。
    罪悪感を一切感じることなく、静一は鑑別所に収監される。
    そこで静一を待ち受けていたのは「内省」の日々。

    深淵に意識が向かうなか、心の隙間にスルリと入って来たのは
    しげるを殺してまで決別を試みた「ママ」だったーー!!
  • 血の轍 13

    650pt/715円(税込)

    65pt還元 (最大1,000pt)
    12/8まで ポイント獲得12/9

    比類なき物語は、遂に「本章」へ!!

    「ありがとう。ひとごろしになってくれて。」
    そう吐露したママの首を、思わず法廷で絞めた
    衝撃の少年審判から約20年ーー
    静一は、生きていた。
    ママに翻弄され、挙句、人を殺めた。
    でも彼女に何も響くことはなかった。
    それでも、生きてきた。
    なぜーー?
  • 血の轍 14

    700pt/770円(税込)

    70pt還元 (最大1,000pt)
    12/8まで ポイント獲得12/9

    死へ向かう僕を止めたのはママだった!?

    「もうこのまま…一生会わないでいいんかい?」
    それは生前、父からの最期の問いだった。
    逝去した父の遺骨を埋めるため久しぶりに故郷を訪れた静一。
    「これで、もうこの世に何も思い残すことはない…」
    そんな時、偶然にも目の前に吹石さんが現れる。

    蘇る記憶と感情ーー
    一瞬、時が止まり、空気は張り詰める。
    静一は、己の人生を、”無事”に終わらせることができるのか!?

レビュー

血の轍のレビュー

平均評価:4.0 164件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ハマります
    ぱおすさん 投稿日:2022/11/20
    以前テレビで、麒麟の川島さんがおススメしていて気になっていた作品でした。無料分を読み始めたら、すごく続きが気になって、購入しました。漫画なのに、映画のような世界観がとてもすごいと思いました。

高評価レビュー

  • (5.0) どえらいサイコパスホラー
    しんちゃんさん 投稿日:2021/9/16
    正直8巻くらいまではつまらなかったです。あまり話は進展しないし、淡々と共依存親子を見せられて主人公も好きじゃないし何がしたいのと思いました。でも9巻ですごく話が展開して、11巻でもうこれは本当にすごいホラーだと思いました。 昔、悪の華を読 んだ時、絵が下手な人だなと思っていたんですが、この作品ですごく絵が上手くなっていてびっくり。そしてその劇画的な絵が相まって11巻のどんでん返しやサイコパスな表情が本当に怖くて、引き込まれてしまいました。これまでを覆すような流れに本当にびっくりした。 表情を描くのが上手い人って、キュンとしたりドキドキしたり切なくさせたり、少女漫画の作家に多いんですが読んでる人の感情を動かすのが上手い作家っていると思うんですけど、逆に人の気持ちを逆撫でしたりゾッとさせたり嫌な気持ちにさせるという意味で描くのが上手い人もいるんですよね。この漫画は後者で、それも抜群に上手いと感じました。 予想もしない方向に話が転がっていって、正直これがどういう結末を迎えるのか全く予想がつかないし、なぜ主人公がこうなったのかという明確な答えは最後までもらえないかもしれないし、モヤモヤしたまま終わるのかもしれないけど、続きが楽しみなことに変わりはありません。 もっとみる▼
  • (5.0) 圧倒的な画力!衝撃的な問題作品!!
    勿忘草さん 投稿日:2022/5/10
    衝撃的な問題作品です! 素晴らしい画力!!台詞に頼る稚拙な漫画が氾濫している時代に、台詞に頼らない、作画による漫画の表現力を見せつけられました。 この作画で心理描写を表現する構成は本当に素晴らしい!!流石の押見先生による大傑作です! 常にインモラルな作品を創作する押見修造先生の新しい境地を体験出来ます。 これはサイコホラーですね。 押見修造先生が更に禁断の領域まで踏み込んだ作品です!感慨深くも恐ろしい作品です。 闇を見つめる時は、闇も読者を見ているので、その闇に囚われないように講読は注意してください! 個人的には押見先生の傑作短編『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のように、自分の内面を放出出来ない苦悩、抑圧された感情か表現されているように思いました。 抑圧された感情が、押見先生の漫画家への道の原点との事ですので、この作品にも同じようなメッセージを感じます。 母親との禁断の関係にまで踏み込んだ問題作!! 作画も素晴らしいです! ただ閲覧には覚悟が必要ですよ。 (追記) 巻末の過去の思い出のアルバムが切なくて…素晴らしいですね。 もっとみる▼
  • (5.0) 、、
    ゆゆ。さん 投稿日:2019/10/4
    6巻まで読みました... これはなんとも...何故か吸い取られるように引き込まれる。 内容にリアリティがあるからか? 個人的な意見ですが、自分が経験した事がある・経験するような事とは程遠い。 何故こんなにも引き込まれるのか。 この 母親は酷い親、毒親の一言で言い表せるものでは無い。もっと何か、深いものが... 酷い親ではあるが、最低な親だとは言えない、思えない、息子に対しての複雑な愛がしっかりと有る(?)。 その辺に量産された毒親漫画とは違う、母親目線にも、息子目線にも、また、吹石ちゃん目線にも(?)なれる不思議な感覚の漫画。 一つ一つの描写が細かい。 後、絵の書き込まれ方が凄い。トーンをひとつも使わず、背景も影も全て線で描かれており、物語の不気味さを引き立てているように思える。 時間を忘れ、まるで己が漫画の世界に居るかのような感覚に陥ったのは初めてだった。 是非、まだ此方の作品を全て読んでない方にも読んで頂きたい.. そして、私のこの語彙力の無いレビューの意味を少しでも理解して頂きたい... 語彙力が無いせいで、伝わらない感動が沢山有ります。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

平穏な日常に潜む狂気
分析:いっちゃん (シーモアスタッフ)
アニメ化された『惡の華』などでも知られる鬼才・押見修造が「毒親」をテーマに描く作品。静一がまだ小さい頃、母・静子と散歩をしている時に猫の死骸に会うシーンから始まります。その時に母が見せた微笑みの違和感が、その後に続くなんてことのない日常にも静かな気味の悪さを感じさせ、読者を引き込みます!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ