マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ新潮社バンチコミックスくらげバンチクマ撃ちの女クマ撃ちの女 9巻【電子特典付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
青年マンガ
クマ撃ちの女 9巻【電子特典付き】
13巻配信中

クマ撃ちの女 9巻【電子特典付き】

640pt/704円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

クマに襲われた犠牲者を捜索中、ついにその形跡を発見! 宿敵の気配がする中、チアキが発した問題発言をきっかけに、事態は急展開を迎える……。北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!! 【電子版特典】巻末には電子書籍限定のカラーイラストを収録!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  13巻まで配信中!

  • クマ撃ちの女 1巻

    640pt/704円(税込)

    小坂チアキ、職業・兼業猟師。 彼女が狙うのは、“日本最強生物”エゾヒグマ……!! 北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!!
  • クマ撃ちの女 2巻

    640pt/704円(税込)

    山中で遭遇したクマと死闘の末、これを仕留めたチアキ。興奮冷めやらぬ彼女らを待つのは、大物の解体作業!! 北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!!
  • クマ撃ちの女 3巻

    640pt/704円(税込)

    クマとの死闘の後、山に恐怖を抱くようになったチアキ。山に入れない状態が続くチアキに、“クセ者”師匠から連絡があって――。北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!!
  • クマ撃ちの女 4巻

    640pt/704円(税込)

    師匠の教えを受け、立て続けにクマ仕留めたチアキ。一方、そんなチアキの噂を聞きつけた地元の猟友会が動きだし――。北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!!
  • クマ撃ちの女 5巻

    660pt/726円(税込)

    チアキとの猟を終え、ルポを出版した伊藤。本は好評を得たものの、「本当の狩猟」について書ききれていないと感じる伊藤は、翌年再びチアキの元を訪れるが――。北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇、第2部始動!!
  • クマ撃ちの女 6巻【電子特典付き】

    660pt/726円(税込)

    クマの痕跡が見つけやすい冬。チアキは雪山猟に向けての準備を整えていた。そんな彼女の元に猟友会の北見が現れ、巻狩りへの参加を求めるのだが――。北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!! 【電子版特典】巻末には電子書籍限定のイラストを収録!
  • クマ撃ちの女 7巻【電子特典付き】

    600pt/660円(税込)

    チアキのおじ・カツヤが語るクマ撃ちの恐ろしさ…。仲間を犠牲に逃げ延びた、凄惨な過去が語られる! 北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!! 【電子版特典】巻末には電子書籍限定のイラストを収録!
  • クマ撃ちの女 8巻【電子特典付き】

    600pt/660円(税込)

    クマが家族連れを襲う事件が発生! 警察や猟友会と共に、クマの進路を追うチアキだったが、襲ったクマの正体がわかって――!? 北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!! 【電子版特典】巻末には電子書籍限定のカラーイラストを収録!
  • クマ撃ちの女 9巻【電子特典付き】

    640pt/704円(税込)

    クマに襲われた犠牲者を捜索中、ついにその形跡を発見! 宿敵の気配がする中、チアキが発した問題発言をきっかけに、事態は急展開を迎える……。北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!! 【電子版特典】巻末には電子書籍限定のカラーイラストを収録!
  • クマ撃ちの女 10巻【電子特典付き】

    640pt/704円(税込)

    中野の懇願により、弟子入りを認めたチアキ。猟を通じて、情を深めていく2人だったが、中野にはとある思惑があって……。自然が次々と猛威を振るう! 北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!! 【電子版特典】巻末には電子書籍限定のカラーイラストを収録!

レビュー

クマ撃ちの女のレビュー

平均評価:4.6 40件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) この巻も良かった
    TOMさん 投稿日:2024/5/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 母熊と子熊を撃つ描写、何気ない人間味、良い意味で今ドキの表現に全く合わない漫画だと思う。隣にいるような若者の葛藤が胸に刺さりました。次巻が待ち遠しいです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) ヤバすぎこれ無料1巻胃が痛い
    もんたちさん 投稿日:2020/9/10
    題名まんまで、出版社やめてフリーライターになった男が、狩りガールみたいなキャッチーな感じなら売れるんじゃね的に女性猟師に密着取材するテイの話です。 ちょっとコミカルに描いてる部分もあるけど、熊が怖い動物だという印象ある人はドキドキすると思 います。 いや無くても充分怖いな。 知識系の話も多い。ただ他のに比べるとストーリーメインかな。 狩猟系は結構あるけどやっぱり熊は特別。 山賊ダイアリーみたいなのも面白いけど、私はストーリー性ある方が好き。あと緊迫感。 前半は知識系多くまぁなるほど面白いって程度だし人によっては退屈かもしれないけど、その知識を持って読み進める方がより面白くなってる。緊迫感増す。 ヒグマはホント怖い。 って書いて2巻、3巻、4巻購入。続きはwebで。 やっぱ漫画だろうが熊は怖いわ。 2巻とかほんとクラクラする。 未知なるものという感覚もあるだろうけど、その感覚のままでいいやと思う今日この頃。 かわいい、車で寄ってくとかとんでもない、漫画小説ドラマで充分お腹いっぱいです。 女猟師の口調のですぅは結構キツいけど、ひょっとしたらモデルの人がいるのかもしれない。 (追記)12巻まで読んだけど、狩猟のシーンのみならず説明シーンも、ぐぅうってさせられる。夏場の怪談話が小ネタに思えるくらい。 ためになる話も多いけど、ためにはしたくないな(笑)。 全体通して、怖い話ってだけでなく、現実の法律関係や現場や様々なことを考えさせられる。 そういうアカデミックというか社会学的な側面ではためになる物語だと思う。 フィクションであろうとも、ですね。 12巻もとても良かった。近しい巻の中でも。 もっとみる▼
  • (5.0) うう…辛い(でも読んじゃう)
    anさん 投稿日:2022/9/15
    女性ハンターというだけでもうキャッチーなのに、チアキさんの過去の悲惨なトラウマとピーキーなブッ壊れ具合がとても面白いです。執念が凄い…(いのちだいじに)。 常識的ながらも喰らい付いていける主人公と良いコンビで、併せて美味しい。緊迫した 命のやり取りだけでなく、法的なラインが分かり易く、狩猟の非常識なエピソード回もあって飽きなかった。 何より熊の怖さが存分に見られます。昔からどうにも熊と鮫が怖くて。震え上がるのが分かってるのに手に取っちゃうのは何なんでしょうね…。 軽い気持ちで読んだんですけど、ここまでヘビィなトラウマ描写が度々有るとは思いませんでした。「シャトゥーン」がよぎりました。2巻読み終わった所で、続きを開く勇気が持てず数日寝かせましたもん。 鳥ちゃん解体の一瞬のシーンも思いの外ダメージでっかく…いや鶏肉大好きなんですけど、パックのは平気なのに形があるとどうにも…。死んだ獲物はもう食材だよ、残酷じゃないよって短いコラムが響きました。感謝して頂きます。 残りも全巻ビビって少しづつ買う予定。 もっとみる▼
  • (5.0) 駆除としての狩猟、イヤ復讐、イヤ・・・。
    沈丁花さん 投稿日:2023/1/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 毎日無料で読み始め、こんなに面白いとは思いませんでした。(4巻の最初、1章と半話まで読めます) 6巻読了。 クマに襲われる描写で目が離せなくなってしまいました。 女クマ撃ちの取材のため、フリーライターが同行しての狩猟の世界アレやコレや。読者に分かりやすく説明も兼ねたお話の進め方でしょうか!? 私にとって未知の分野の狩猟の事、獲物である鳥・鹿・そして熊・狩りに必要な携帯用品・獲物を仕留めた後の処理の仕方・運び方・残骸の埋め方・そして銃の事。どれをとっても無知なのに、それほど興味も無かったのに、これ程面白く読めるのは、作家さまの入念な多岐にわたる下調べのおかげかもしれません。 近年、私の実家近くでもイノシシの被害が増えてきていて、昔はよく採れていたタケノコがまるで採れなくなってしまいました。イノシシでさえ、素手の人間の弱い事か、ましてやクマ・・・。 そして害獣駆除としての狩猟の事。 6巻終わり、古株ハンターの嫌味ジジィ達を、どうギャフンと言わせてくれるのか、続きを読むのが楽しみです。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ヒリヒリする生死を賭けた熱い一瞬
制作:クリームめろん(シーモアスタッフ)
「伊藤さんが死んでもいいからクマが撃ちたい」。生死を賭けた熱き狩猟の物語。エゾヒグマに執着する小坂チアキ。若き女性ヒグマハンターという話題性に目をつけたフリーライターの伊藤カズキは彼女の密着ルポで一発当てようと同行取材を申し込むが…。時には過酷で残酷な選択もある。厳しい自然を知らない都会育ちのカズキ。初めはただの荷物持ちとして同行するがストーリーが進むにつれ、成長していく過程に共感を覚えます。安島薮太(あじまやぶた)先生の衝撃のデビュー作でヒグマ、シカなど自然界で共存している動物たちが誇張される事なく、愛情とリアリティを持って描かれています。今日もチアキは愛銃ウィンチェスターM70プレ64を担いで山に向かう。同じ日本にこんな世界があるかと思うと熱い気持ちを抑えられません!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ