漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
鋼の錬金術師1巻
この巻を買う/読む

鋼の錬金術師1巻

通常価格:
400pt/440円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数350件
鋼の錬金術師(27巻完結)

作品内容

兄・エドワード・エルリック、弟・アルフォンス。2人の若き天才錬金術師は、幼いころ、病気で失った母を甦らせるため禁断の人体錬成を試みる。しかしその代償はあまりにも高すぎた…。錬成は失敗、エドワードはみずからの左足と、ただ一人の肉親・アルフォンスを失ってしまう。かけがえのない弟をこの世に呼び戻すため、エドワードは自身の右腕を代価とすることで、弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功。そして兄弟は、すべてを取り戻すための長い旅に出る…。
(C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全27巻完結

  • 鋼の錬金術師1巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    兄・エドワード・エルリック、弟・アルフォンス。2人の若き天才錬金術師は、幼いころ、病気で失った母を甦らせるため禁断の人体錬成を試みる。しかしその代償はあまりにも高すぎた…。錬成は失敗、エドワードはみずからの左足と、ただ一人の肉親・アルフォンスを失ってしまう。かけがえのない弟をこの世に呼び戻すため、エドワードは自身の右腕を代価とすることで、弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功。そして兄弟は、すべてを取り戻すための長い旅に出る…。
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師2巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    東部辺境の町・リオール、炭鉱の町・ユースウェルを経て、東部の中心「イーストシティ」へと、エルリック兄弟の旅は続く。『焔の錬金術師』ロイ・マスタング大佐と軍の面々に迎えられた2人は、『綴命(ていめい)の錬金術師』タッカーと、その娘ニーナに出会う。そこでしだいに明らかになる、神に背きし者の背負いし罪と罰…。さらに“神の意思の代行者”をみずから任じ、国家錬金術師のみをつけ狙う宿敵『傷の男(スカー)』との遭遇!! 人ならざる存在であるラスト、グラトニーらも暗躍を開始し、物語は大きくうねり始める!
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師3巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    故郷「リゼンブール」へ戻る途中、元国家錬金術師のドクター・マルコーと出会い、『賢者の石』に関する情報を入手したエドとアル。故郷で2人を待っていたのは、幼なじみで機械鎧(オートメイル)整備師のウィンリィ、そしてその祖母、スゴ腕の機械鎧整備師ピナコ・ロックベルだった。ひとときの休息ののち、2人は意を新たに、ドクター・マルコーが隠した『賢者の石』の秘密を求めて、国家の中枢「セントラル」へ向かう。そこで2人が知る驚愕の真実とは!? そしてついに、エンヴィーとラストがエドの前に姿を現す!
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師4巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    機械鎧(オートメイル)の故障により、エンヴィーとラストを前に為す術もなく敗北を喫したエド。そのときアルもまた、自分と同じく鎧に魂を定着させた存在バリー・ザ・チョッパーとの戦闘で耳にした聞き捨てならない言葉により、心に大きな傷を負っていた…。人間の存在定義、兄弟の絆、『賢者の石』をめぐる人ならざる存在の暗躍、そして軍内部に忍び込んだという不穏分子の存在…。過去の紛争を調べていたマース・ヒューズ中佐が気づき、盟友ロイ・マスタング大佐に伝えようとしたこととは!?
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師5巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    『賢者の石』の秘密を知り、元の身体に戻る別の方法を探すエルリック兄弟。人体錬成のナゾを解くため、2人の錬金術の師匠を訪ねることを決意し、ウィンリィとともに再び列車の旅へ。その途中立ち寄ったラッシュバレーは、「機械鎧(オートメイル)技師の聖地」と呼ばれる新興の街。自身も機械鎧技師であるウィンリィは、見るもの聞くものすべてに興味津々だった。そんな中、エドの機械鎧に興味を持った群集たちが彼を取り囲む。やがて騒動が治まったときには、「国家錬金術師の証」である銀時計が盗み去られていた!
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師6巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    愛する母を亡くした喪失感から、幼き兄弟は錬金術による再生を試みようとする。それが「この世の理(ことわり)」を越える禁忌とも知らず…。2人の前に現れた錬金術師・イズミ。彼女の能力を目の当たりにした兄弟は、即座に弟子入りを申し込む。年端もいかぬ少年の願いに、イズミは1か月の試験を課して兄弟の才能を計ることに。その内容とは、「無人島で1か月間、錬金術を使わずに生き抜くこと」だった。そしてついに、『鋼の錬金術師』誕生の裏に隠された“あの日”の全容が明かされる!!
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師7巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    「おまえの秘密を知っている」。ある日メッセージを受け取ったアルは、それを送りつけた者の正体を探るため、単身、工場跡地へ乗り込む。そこで待っていたのは、人ならざる能力を持つナゾの集団。彼らの正体は、軍の研究機関によってヘビや犬と合成された《合成獣》(キメラ)だった! さらに、集団を率いるグリードは、みずからを《ホムンクルス》(人造人間)と告げ、不死に近い生命力を示す。弟の危機を知ったエドは!? ついに人知を超えた戦いの幕が切って落とされる!
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師8巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    ウロボロスの入れ墨を持つ《ホムンクルス》の集団と『賢者の石』。軍内部にも何らかの繋がりがあると感じたエルリック兄弟は、軍部の動向を探りつつ旅を続けることに。一方、「セントラル」に移ったロイもまた、処刑されたはずの死刑囚バリー・ザ・チョッパーとの出会いによって軍上層部の不穏な動きに注目する。東方の「シン国」からは“不老不死の法”を求める皇子リン・ヤオ、練丹術師メイ・チャン。さらには『傷の男』スカーまでが動き出し、『賢者の石』を巡る物語は複雑な様相を見せ始める!
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師9巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    マース・ヒューズの死。セントラルに戻ったエド、アル、ウィンリィの3人は、期せずしてその訃報を知ることになる。そして、ヒューズ殺害の犯人として連行されたのは、あのマリア・ロス少尉だった!! バリー・ザ・チョッパーの手引きにより、脱獄するロス少尉。しかし、その先にはロイが待ち構えていた…。ロスの死に直面したエドたちは!?今まさにロイが、リンが、ホムンクルスと対峙する!
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX
  • 鋼の錬金術師10巻
    登録して購入
    通常価格:
    400pt/440円(税込)
    バリー・ザ・チョッパーを追って第三研究所へ向かうロイたち一行。そこにはウロボロスの入れ墨を持つホムンクルスのラストが待ち受けていた! 一方、エンヴィー、グラトニーと交戦するリンもまた苦戦を強いられていた。驚異の再生能力を誇るホムンクルスを前に活路を見出すことができるのか!?
    (C)Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX

レビュー

鋼の錬金術師のレビュー

平均評価:4.8 350件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 紙で全巻持ってました
    ぺこさん 投稿日:2021/5/26
    絵も綺麗で、物語や世界観の作り込みもしっかりしていて、周りもみんなキャラが立っていて、尚且つとても綺麗に完結した漫画だと思います。 女性の作者が描く少年漫画が無理…と言うわけでないならおすすめです。 アームストロング少佐のお姉さ んがめっちゃ好きです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 買うしかない
    ありこさん 投稿日:2019/9/26
    わたしは漫画家を目指す学生です。一度小学生時代、借りて読みましたが、買い直すことにしました。そして今、読み終わりました。 読むうちに、エドかっこいい!アルかわいい!キャラデザすごい!セリフ回しすごい!造詣が深い!みたいな感想があふれてきま す。 コマ割りも最高。いい意味ですらすらと読めますし、かといって書き込みが少ない訳でもない。多すぎて目がすべることもない。バトルシーンはわくわくしました。 今でこそ魔法ものが流行っていますが、錬金術なんて、魔法ものみたいにエーテルをどうたらこうたらする訳でもない。表現が、難しいと思います。 魔法ものをけなしているつもりはありませんが、そういうのって大抵、魔力うんぬんでどうにかできるじゃないですか。魔力MAXで転生して俺つえーみたいな。性行為が魔力と関わる設定も多いから、ハーレムを作り上げたり。それに、なんか杖振って魔法陣かいてってすれば、何もないところから炎やら水やらが飛び出してきて、簡単に画面映えしますし。 でもこの鋼の錬金術師は違います。描写をめんどくさがりません。 作中に出てくる錬金術師の、戦闘スタイルもバリエーションが豊富。強敵はさっさと雑魚にならないし、黒幕とその手下たちは、主人公にも読み手にも恐怖を植え付けます。あとちゅうにごころをくすぐられてかっこいい。 物語の終盤では、個の力より皆の力みたいな、熱い展開があります。敵対していた人物が仲間になったりします。主人公も仲間も敵役だれもかれもが魅力的で、ああ……人間ってこんなだよね……でもこういうとこ人間らしくていいよね……と、こころから思えます。 そして、物語は明るく大団円で終わるわけではありません。しかしその結末は、主人公のエドワード・エルリック、たいへん彼らしく、黒幕を倒してみせました。 なんか全部読んだだけで、この鋼の錬金術師すべてを知った気になれますが、映画やってましたよね。あれもいいと思います。それからこの漫画の作者、荒川弘さんのほかの作品も読んでみてはどうでしょうか。 最後に、ほんとうのほんとう、真にこころから出た感想を書きます!!!!!ラストさま!!!!!!!!エロいッッッッッッッッ!!!!!!!!! 以上です。このレビューが、鋼の錬金術師を買うきっかけになれたら幸いです。 もっとみる▼
  • (5.0) 一気読みがおすすめ
    muuebaさん 投稿日:2019/10/16
    バトル物で少年漫画で、苦手なジャンルなのですが、友達がとにかくいいと熱心に押すので最初はレンタル、のちに全巻まとめ買いをしました。 物語としては重い部分もありつつ、主役2人(兄弟)の人間性、周囲の人たちとの関係などから、テンポよく、軽快に 話が進んでいきます。 結構な巻数で伏線回収しきれるのか、うまいこと話しが終点着地できるのか、などという心配は一切無用。 ありがちな最後、駆け足、伏線回収しきれてない、ということは一切なく、見事な最後を迎えます。 小説のナルニア国物語のような、新約聖書のような、教えを受ける部分もあります。 でも説教くさくない。 普通に楽しみたい人にも、いろいろ悩んでいる人にも、読んでいただきたい。 少年少女世代で読んだら、少し大人になったときに、社会に出て疲れたころにも読み返したら、きっとその都度、また違った読み方、楽しみ方ができて、そこから得るものがあると思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 命とは尊きことかな
    ましろさん 投稿日:2020/8/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 漫画を嗜む人で知らない人はいないんじゃないかっていうくらい名作中の名作ですね。 「命」をテーマにした飽きのこない重厚なストーリー構成。最初からどこまで考えていたんだろうと思うくらい綿密で矛盾のない設定。迫力満点のバトルシーン。主人公サイドも敵サイドも魅力に溢れた個性的なキャラクター揃い。どれを取っても満点。 テーマがテーマなだけに結構重めですが、ギャグとのバランスも良く読みやすいです。 ホムンクルスと比べると圧倒的弱者である人間が、知恵と絆を駆使して戦うのが最高にアツかった。人間の底力を見せられた感じ。 そして本丸を倒してハイ終わりじゃないのが彼ららしくて良かったです。 本編でエドとアルは、探究して悩んでは絶望して葛藤して強くなっていきましたが、それは彼らの本質として染みついたもので、きっとこれからの人生でも変わらず続いていくんだろうなぁと思えるラストが素敵でした。 続きを読む▼
  • (5.0) 最も完成度が高く優れてる漫画
    花野さん 投稿日:2020/8/17
    私はハガレンが最も優れてる完成度の高い漫画だと思っています。 最初から最後まで無駄のない構成。必要のない話などなくて、1話から最終話まで全てが繋がっていて、伏線回収も鮮やか。 無駄になる人物もおらず、最後まで登場したりする。 最近 FAのアニメの方を友人に布教するために、共に見たのですが、改めて凄い作品だなぁと思いました。 友人も「ここでこのキャラが生きてくるのか…!」「この人最初に死ぬと思ってたのに…凄く頑張ってくれる……(泣きながら)」「みんないいキャラしてる!」「エンディングが最高すぎる…」とのこと。これから漫画を買うそうです。 是非全世界ハガレンを読んで欲しいし、アニメも再びリメイクとか出して欲しいな〜とか思ってます。ずっと永遠にファンです。 もっとみる▼
  • (5.0) さすがハガレン
    みさんさん 投稿日:2018/7/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 第1巻からいくつもの伏線が張り巡らせてあり、何度読み返してもその度に新しい発見があります。 主役の兄弟、家族の関係性はもちろん、軍やその周囲の人たちとの関係性が素晴らしく、物語が進むごとに少しずつ変化していく様子も楽しめます。 たくさんの登場人物はいるけれど、そのどれもが魅力的で、とくに大人のおじさんお姉さんが物理的にも精神的にも強くてかっこいい人ばかりです。 いろんな困難や鬱展開ありますが、登場人物達がどう乗り越えていくのか、誰が助けてくれるのか、実は味方だったとか、そして敵だったとか、いろいろな視点で楽しむことができます。 手元にずっと所持していて全く損はしない、自信をもってオススメできる漫画です。 続きを読む▼
スタッフオススメ
何回読んでも面白い!
システム担当:ツチノコ侍
「もう一度お母さんに会いたい」その一心で行った禁断の練成。兄弟の気持ち、よくわかります。そして真理は残酷…。彼らの旅に終わりはあるのか?彼らが手にする未来は?少年誌で連載されていた作品なのに、大人でも十分楽しめる深い作品です!
▲ページTOPへ