漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
ふしぎ遊戯 8巻
この巻を買う/読む
会員登録して購入

ふしぎ遊戯 8巻

通常価格:
420pt/462円(税込)
(4.7) 投稿数330件
ふしぎ遊戯(18巻完結)

作品内容

朱雀(すざく)を呼び出すために、美朱(みあか)たちは神座宝を求め北甲(ほっかん)国へ向かった。しかし途中で、青龍七星士の房宿(そい)の起こした嵐に巻き込まれ、女誠(にょせい)国に流れついてしまった。この国は、女尊男卑の国で、男はみんな目をえぐり取られて、女の道具とされてしまうのだった。美朱以外は、女装して抜けようとしたが、軫宿(みつかけ)だけ捕まってしまう。助けに行った井宿(ちちり)も男とばれてしまい、美朱も含め全員が追われるはめに。分散して逃げて、あとで西の城壁に集まることにした一行。途中、花婉(かえん)という女に助けられ一足早く着いた美朱だが、実は彼女が房宿で…!?

作品ラインナップ  全18巻完結

レビュー

ふしぎ遊戯のレビュー

平均評価:4.7 330件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 今読んでも面白い!
    あおいさん 投稿日:2020/5/9
    中華ファンタジーといえば私の中でこの作品!アニメで好きになって、小さい頃アニメで泣いたのはこの作品が初めてで大好きな作品。ちょっと前の漫画だし、巻数も多いため、電子書籍が重宝します。
  • (5.0) 思春期に一番影響を受けた作品
    つかささん 投稿日:2020/4/15
    テレビアニメでこの作品に出会い、漫画が原作ということを知り、手に取りました。子供の頃は鬼宿ファンでしたが、大人になってからは星宿や唯のファンに変わり、自分の成長と共にいろいろな読み方や感じ方が変化していく、自分の人生の支えになった作品です。 大筋は、主人公の美朱が異世界で七星士を集めて願いを叶えるというストーリーですが、登場人物一人ひとりの背景までしっかり表現されており、感情移入して読めると思います。登場人物の台詞も、心に残るものが多いです。子供の頃から、30代になった今でも大好きな作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) おもしろい
    ちくんさん 投稿日:2020/3/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 子供の頃読んでた『ふしぎ遊戯』 久しぶりに漫画読みたくなって、一気に全巻読んで改めてストーリーにはまった 続きを読む▼
▲ページTOPへ