漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

青年マンガ
夕凪の街、桜の国 1巻

夕凪の街、桜の国 1巻

通常価格:
500pt/500円(税抜)
(4.5) 投稿数44件
夕凪の街、桜の国(1巻完結)
作品内容

昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。第9回手塚治虫文化賞新生賞、第8回文化庁メディア芸術賞、ダブル受賞。映画化決定!

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
夕凪の街、桜の国のレビュー

平均評価:4.5 44件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 読むべし
    ちゅんさん 投稿日:2018/10/7
    ずっと気になっていて、やっと読みましたが、これはいろんな世代が読むべき漫画だと思いました。 そこに本当にあったリアルな世界観がまさに描かれていて、表現こそリアルでないものの妙に刺さるお話です。
  • (4.0) こうの作品
    中村真夕さん 投稿日:2018/9/29
    この世界の片隅にの話にも少し似ていましたが、この作品も悲しく、そしてほんわかする作者さんらしい作品でした。
  • (5.0) 切ない
    ミミさん 投稿日:2018/9/25
    「この世界の片隅に」を読んでとっても良かったので、こちらの作品も購入しました。原爆という重くて辛いテーマの話ですが、こうの史代さん特有のほのぼのとした可愛らしいイラストでとても読みやすく描かれています。
  • (5.0) もう本当に
    Kaさん 投稿日:2018/9/22
    読んでいて辛い…キツイ それでも読んで良かったと思う作品です
  • (4.0) 廣島で 廣島が 廣島の … ピカッ
    才蔵さん 投稿日:2018/8/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 映画化・ドラマ化 も された 作品 。 この 作家さんは 当時 時代考証・街並み 詳しく 調べて 描いて おられる 。 平凡ながら 慎ましく 明るく 生きていた 主人公 に やはり 同情す 。 何故に 彼女が … 何故 今 その時 なのか …… 。 劇中で 主人公が ポツリと 呟く 心の中の 台詞が 印象的 。 『 原爆を 落とした 人は 私を 見て “ やった ! また ひとり 殺せた ” と ちゃんと 思うて くれとる? 』 もう 二度と そんな事を 口に しなくても 良い 世界が 永遠に 続く事を 祈らん 。 続きを読む▼
青年マンガランキング
▲ページTOPへ