漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

“文学少女”と死にたがりの道化1巻

通常価格:
571pt/628円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.5) 投稿数2件
“文学少女”と死にたがりの道化(3巻完結)

作品内容

【すべての答えは本の中に!? ビター&ポップなミステリアス学園コメディ!】
“元天才美少女作家”の僕と、“本をちぎって食べる妖怪”の先輩。二人が紡ぐミステリアス学園コメディ! 大人気ライトノベルコミック化!!
(C)2006 Mizuki Nomura・Miho Takeoka (C)2008-2009 Rito Kohsaka Licensed by KADOKAWA CORPORATION ENTERBRAIN

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全3巻完結

  • “文学少女”と死にたがりの道化1巻
    登録して購入
    通常価格:
    571pt/628円(税込)
    【すべての答えは本の中に!? ビター&ポップなミステリアス学園コメディ!】
    “元天才美少女作家”の僕と、“本をちぎって食べる妖怪”の先輩。二人が紡ぐミステリアス学園コメディ! 大人気ライトノベルコミック化!!
    (C)2006 Mizuki Nomura・Miho Takeoka (C)2008-2009 Rito Kohsaka Licensed by KADOKAWA CORPORATION ENTERBRAIN
  • “文学少女”と死にたがりの道化2巻
    登録して購入
    通常価格:
    571pt/628円(税込)
    【それは人間の心がわからない、孤独な“お化け”の嘆きと絶望の物語。】
    ラブレターの代筆を依頼される心葉は、次第に相手の“片岡愁二”先輩のことが気になり始める。しかし先輩のことを探るうちに意外な真相にたどりついて…。古今東西のあらゆる名作文学をモチーフとした青春ミステリー第2巻!
    (C)2006 Mizuki Nomura・Miho Takeoka (C)2009-2010 Rito Kohsaka Licensed by KADOKAWA CORPORATION ENTERBRAIN
  • “文学少女”と死にたがりの道化3巻
    登録して購入
    通常価格:
    581pt/639円(税込)
    【その答えは、きみの足で辿り着いて見つけなきゃ。痛くても、哀しくても、苦しくても…。】
    千愛がラブレターを送る相手“片岡愁二”先輩は、心葉たちの通う聖条学園に、十年前に在籍していた生徒で、三年生の時に屋上から飛び降りて亡くなっていた…。千愛がラブレターを送っている相手とは…? すべての謎が明らかになる第3巻!
    (C)2006 Mizuki Nomura・Miho Takeoka (C)2010 Rito Kohsaka Licensed by KADOKAWA CORPORATION ENTERBRAIN

レビュー

“文学少女”と死にたがりの道化のレビュー

平均評価:3.5 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 個人的な好き嫌い
    猫茶漬け屋さん 投稿日:2017/11/16
    小説を読んでしまった後だと頭で勝手に外見を、想像し過ぎてダメですね。 絵柄苦手だったので、評価低くてごめんなさい。お話は暗いけど、面白いです!

高評価レビュー

  • (5.0) 漫画版も面白いです(^^)
    TOYさん 投稿日:2015/4/18
    元々は小説のファンですが、漫画も面白いです! 文学少女がおやつを食べるシーンとか、遠子先輩の百面相を漫画で読めるのは楽しいです。 高坂先生の絵も作風に合っていて良かったです。 原作知らない人でも気軽に読み始められる内容なので、 是非読んでみてください。 いつかシリーズ全作をきちんとアニメ化して欲しい作品です。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • ひみつの文学部
    普通の文学少女って、文学を愛しすぎて本を食べてしまうもの?いやそれ絶対普通じゃないけど、そんな文学部の天野遠子先輩が普通の文学少女だと名乗るなら、主人公の井上心葉だって普通の男子高生でしょう。彼は生まれて初めて書いた小説が文学賞の大賞を受賞し、天才覆面美少女作家としてデビューしてしまっただけなのですから。遠子先輩に強引に入部させられた文芸部でねだられるままに心葉が“おやつ”を書いてあげるのは、きっと自分の居場所と存在意義を与えられたからではないでしょうか。野村美月原作人気ラノベのコミカライズ第1弾。高坂りとの作画で続刊「“文学少女”と飢え渇く幽霊」も登場!心地良い文学の世界に誘います。
    制作:のぞ
▲ページTOPへ